生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

耐震の技術は大きくわけると3種類!効果的な使用例も解説します

投稿日:2019-02-01 更新日:2019-02-01

耐震の技術は大きくわけると3種類!効果的な使用例も解説します

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちが住む日本では、さまざまな場所で地震が発生しています。そのため、新たに建物を建てる際には、耐震性にも気を使うことが重要になっているのです。また、築年数の古い家に住んでいる場合も、耐震性が十分かどうか気になりますよね。

では、建物の耐震性を上げるための方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。今回は、何度も地震を経験してきたからこそ培われた、さまざまな耐震技術をご紹介します。

フロアコーティングのおすすめサービス

耐震の技術は大きくわけて3つある!それぞれの特徴をご紹介

地震に強い建物にするための耐震技術には、大きくわけて3つの工法があります。建物によって有効な工法は異なるので、それぞれの特徴をまとめてみました。

耐震

壁や柱の強度を上げて、地震に耐えられるようにする方法です。そのため、家の構造自体が、そのまま地震への耐性に直結します。ただし、地震の揺れは軽減されないため、建物が上に長くなればなるほど揺れはどんどんと強くなってしまう特徴もあります。

免震

地震の揺れを、建物に伝えないようにするのが免震です。基礎の部分に免震装置と呼ばれるものを設置し、地面と離すようになっています。「キラーパルス」と呼ばれる家を破壊しやすい周期の揺れにとくに強い特徴があります。

制震

できるだけ、建物を揺らさないようにするのが制震技術です。これは、建物の内部の重量を増やしたり、制震ダンパーと呼ばれる緩衝材のようなものを柱に組み込んだりすることによって発揮されます。

耐震の技術は大きくわけて3つある!それぞれの特徴をご紹介

具体的な耐震技術についてその①:耐震の技術

一般的な家の耐震性を上げるのであれば、壁の補強が一番効果的な方法といわれています。壁の補強にもいろいろな種類がありますが、一番代表的なのは特殊なパネルを家の内側や外側につけ、壁の厚みを増すことで耐震性を上げる方法です。

また、学校などでよく見る耐震技術のひとつに、「鉄骨ブレース」と呼ばれるものがあります。これは、鉄などの鋼材でつくられた補強材のようなもので、主に建物の柱に設置されます。施工時に大きな音がでないことや粉塵がでないことから、住宅地でもよく利用される工法です。

施工時に室内を圧迫することなく、外側にも設置することができるので自由にレイアウトすることができるのが特徴です。ただし、外側に設置する際には鉄骨が丸見えになってしまい、建物のデザイン性が損なわれてしまうおそれがあるので注意しましょう

具体的な耐震技術についてその②:免震の技術

免震は、地震の衝撃を建物まで伝えないことによって倒壊を防ぐ工法です。衝撃を伝えないようにするために、基礎の上に「免震装置」と呼ばれるものを設置する必要があります。この装置がつくと、地震の際には建物が水平に移動し、急激な揺れを抑えることができるようになります。

ただし、高層マンションやビルの場合、一階と最上階の振れ幅が異なってくる場合があります。そんなときに役に立つのが、「中間階免震」という技術です。

この中間階免震という技術は、建物の途中に設置することで最上階への揺れをさらにカットすることができます。この技術により、高層ビルなどの建設が可能になっているのです。

されに、免震には「レトロフィット」と呼ばれる歴史的建造物を守るのに適した技術も開発されています。これは、建物の見た目を変えることなく補強をすることが可能な耐震技術です。地下に空間をつくり、そこにゴムのような素材をつけることによって衝撃を逃すようになっています。

免震技術は、すでに建ってしまっているものに対しては使用が難しいというデメリットもあります。

具体的な耐震技術についてその②:免震の技術

具体的な耐震技術についてその③:制震の技術

制震は、揺れをできるだけ抑えることに特化した工法です。その制震の技術として有名なのは「制震ダンパー」と呼ばれるスプリングのようなものです。これは、建物の柱に設置することによって効果を発揮します。

耐震技術のように制震ダンパーにも種類があり、それぞれに効果的な建物が異なるのです。ここでは、代表的な制震ダンパー3つをご紹介します。

鋼材ダンパー

金属の制震ダンパーです。この制震ダンパーは、金属が内部にエネルギーを吸収できる性質を利用してつくられたものです。強い揺れがくるとこの鋼材ダンパーが揺れを吸収し、熱に変換します。そのため、家に伝わった地震の衝撃は比較的早く収まるようになっているのです。

この制震ダンパーは構造が単純なため、ほかの構造のものと比べて安価で手に入るという特徴があります。また、金属でできているためメンテナンスの必要がほとんどないのもメリットです。

オイルダンパー

エンジンなどに使われている、ピストンのような形です。地震がくるとこのピストンが衝撃に応じて押されたり元の位置に戻ったりを繰り返します。ピストンの内部には粘性の高いオイルが入っており、ピストン運動を繰り返すたびに衝撃が急激に減衰していきます。

粘弾性ダンパー

ゴムのような素材を、金属のパネルで挟み込んだダンパーになっています。地震が来た時には、金属のパネルがそれぞれ水平に移動するので、地震の衝撃を逃すことができるのです。

このダンパーは水平方向の揺れに強く、風などの小さな振動にも反応して軽減してくれるという特徴があります。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

より大きな地震が発生するたびに、その当時に高い耐震性があると判断されていた建物が倒壊し、建物の耐震基準は改正されてきました。このように、現在では想定もしていないような規模の地震が起こる可能性は、決してゼロではありません。

地震は、発生するまえにどれだけの対策ができているかによって被害が大きく変わります。最新の耐震技術でお住まいの安全性を高め、身を守るために一度、業者に耐震工事を依頼してみてはいかがでしょうか。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-01 13:57:00
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/131073/
家のリフォーム
私たちが住む日本では、さまざまな場所で地震が発生しています。そのため、新たに建物を建てる際には、耐震性にも気を使うことが重要になっているのです。また、築年数の古い家に住んでいる場合も、耐震性が十分かどうか気になりますよね。では、建物の耐震性を上げるための方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。今回は、何度も地震を経験してきたからこそ培われた、さまざまな耐震技術をご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!