生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

壁式構造の耐震性や特徴について!ラーメン構造との比較も

投稿日:2019-01-31 更新日:2019-02-04

壁式構造の耐震性や特徴について!ラーメン構造との比較も

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

新しい家に移転されるかたも、今お住いの家に長く住むことをお考えのかたも共通して気になるのが「耐震性」です。最近の建物の建築には鉄筋コンクリートが使われることが多く、木造よりも耐震性が高いことから、注目されています。

そんな鉄筋コンクリート造には、壁式構造とラーメン構造があります。より耐震性の高い家にするには、どちらの構造がいいのでしょうか?このコラムでは、壁式構造とラーメン構造について解説します。

フロアコーティングのおすすめサービス

壁式構造の耐震性は高い!

壁式構造とは柱や梁を使用せずに壁と床、天井をつなげて家全体を支えていく構造のことです。おもに、一般の住宅や中高階層のマンションの構造として使用されます。

階数が多いマンションなどはこれを重ねていくといったイメージです。そのため、地震が発生したときに壁、天井、床のすべてで揺れを受けることになります。

そのため1か所に力が集中することがなく、地震の揺れを分散させて吸収することができます。地震の力が分散することによって、全体へ加わる力は弱くなり、倒壊するまでにおよばないという結果になります。

震度6強の地震が発生した際も、壁式構造の家はほとんどと言っていいほど倒壊しなかったという実績があります。これにより壁式構造の家は、地震のときに倒壊しにくい建物といえるのではないでしょうか。

耐震性以外の壁式構造のメリットとデメリット

耐震性に優れる壁式構造は、ほかにもさまざまな利点があります。耐震性が高いほかに、どのようなメリットがあるのでしょうか?その構造には、大きく分けて3つのメリットがあります。

まず梁や柱を使用しないつくりであることから、その分スペースが生まれて、部屋を広々と使うことができると考えられます。また壁だけで家全体を支えるためには、ある程度の厚さが必要になってきます。そのため音が響きにくくなり、防音効果にも役立つでしょう。

さらに壁の厚さや柱などで熱を遮ることがないため、熱を逃げにくくして、冷暖房が部屋に行き渡りやすくなります。しかし、壁式構造には2つのデメリットも存在するのです。壁全体で家を支えているため、リフォームなどによる間取り変更が難しく、間取りの自由さはあまりありません。

しかし、直接建物の構造に関わっていないようなものであれば、撤去して間取りを変更することも可能です。さらに、窓の大きさや場所などにも制限があります。光を取り入れるためにあとから窓を設置したくても、建物の耐力に関わるため難しいことが多いそうです。壁式構造は壁の位置を変えたり、取り壊したりすることは比較的難しいと考えたほうがいいでしょう。

ラーメン構造と壁式構造を比較!建物の高さによって向き不向きが

鉄筋コンクリート造には、壁式構造のほかに「ラーメン構造」という種類があるとお話しましたが、ラーメン構造とはどのような構造なのでしょうか?

このラーメンという語源は、ドイツ語で「枠、額縁」といった意味があるそうです。ラーメン構造とは、壁式構造と違い、梁や柱を利用して建物全体を支える構造になっています。そのため、家族構成や子どもの成長に合わせて、広い空間をリフォームすることも可能です。

しかし、梁や柱が邪魔になって家具が置きづらかったり、耐震性も基本の構造が枠でつくられているため、横揺れに弱く壁式構造に比べて劣ると考えられています。

また、建物の高さによっても構造は異なります。壁式構造は柱がなく広く使えるため、マンションやアパートにも向いているように感じるでしょう。しかし、建築基準法や施行令にとって壁式構造は5階以下と定められています。

これは、壁の量や壁の厚さから重みが増すため、下の階になればなるほど負担がかかりやすいからといえるでしょう。そして、大きな地震がやってきたときに上からの重みで最下層が倒壊してしまうことも懸念されます。

そのため6階以上の建物は、梁や柱で支えるラーメン構造のほうが軽量化され、高層階のものをつくりやすいのです。

ラーメン構造と壁式構造を比較!建物の高さによって向き不向きが

壁式構造でも劣化すると耐震性に不安が…心配なら耐震診断を

前章でもお話ししましたが、壁式構造の住宅は壁の配置や厚みなどで建物全体を支えています。そのため壁自体も年月が経ち、劣化してきたり、ひび割れなどが起こったりします。

壁をバランスよく配置して地震時も力が分散するようにつくられている壁式構造は、一部が劣化することによって、その部分がもろくなります。そうすれば支える力のバランスが崩れてしまい、同時に建物の倒壊につながるのです。

もし壁のひび割れや腐食などを発見したときは、そのままにしておくのは非常に危険です。しかし、見た目だけではどのくらい耐震性があるのか素人には判断できません。そんなときは業者依頼して、耐震診断をおこないましょう。

耐震診断では業者の知識や経験を活かして、設計図や現場調査から正確な上部構造評点を算出します。上部構造評点とは、建物の構造の強度を数値化したものです。この評点が1.0以下の場合は、建物は倒壊の危険性が予想されます。その際には、業者に耐震工事を依頼することをおすすめします。

壁式構造でも劣化すると耐震性に不安が…心配なら耐震診断を

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

壁式構造は四方にある壁と天井、床の6つの方向から家を支えるため、地震時も力がバランスよく分散され、非常に耐震性が高いとされています。また構造上必要な、壁の厚みから遮熱性や防音性に優れています。さらに梁や柱がないため、広々と使えるスペースも魅力のひとつです。

そのいっぽうで間取りが変更しづらい点や窓などの開口部を取りづらい点、マンションなら階数は5階までとの制限もあります。また壁式構造は、壁の劣化が直接耐震性の衰えにつながってきます。ひび割れなどを発見して不安なときは、業者に依頼して耐震診断をおこないましょう。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-04 10:03:57
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/130937/
家のリフォーム
新しい家に移転されるかたも、今お住いの家に長く住むことをお考えのかたも共通して気になるのが「耐震性」です。最近の建物の建築には鉄筋コンクリートが使われることが多く、木造よりも耐震性が高いことから、注目されています。そんな鉄筋コンクリート造には、壁式構造とラーメン構造があります。より耐震性の高い家にするには、どちらの構造がいいのでしょうか?このコラムでは、壁式構造とラーメン構造について解説します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!