生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

地震で倒壊しない建物を作るためには?原因を知って壊れない家を作る

投稿日:2019-01-31 更新日:2019-02-04

地震で倒壊しない建物を作るためには?原因を知って壊れない家を作る

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

日本では、1年に約2,000回を超える地震が起きているそうです。大きな地震が起こるたび、建物や家を守るため耐震基準や建築法は都度改正されています。しかし、実際基準などが変わったからといっても、どのような建物が地震の際に倒壊してしまうのかはあまり知られていません。

そこでこのコラムでは、どのような家や建物が地震の際、倒壊しやすいか、またどのようなことで対策をおこなえばよいかなどを紹介していきます。

フロアコーティングのおすすめサービス

地震による倒壊の原因①建物が古い

地震の被害で家や建物が倒壊する原因のひとつに、建物が古いことがあげられています。建物が古い場合、目視では確認することができない場所の老朽化や破損などがあるため、地震が起こった際に倒壊してしまうのです。

建物には築年数というものがあり、これは対象の建物が完成してからどれだけ日数が経過しているかをあらわしています。建物のメンテナンスのタイミングをはかる際にもつかわれている築年数は、いつの建築法をもとに建てられているのかを調べることが可能なのです。

1968年に起こった北海道にある十勝沖地震の1971年後や1995年の阪神淡路大震災の後の2000年に建築基準の法改正がおこなわれました。しかしこれ以降、大きな改正はおこなわれていません。

そのため、築年数が古い物件などの場合には、もともとの法律基準も以前のものとなるため地震による倒壊を防ぐ耐震工事などがされていない場合があり、倒壊の原因にもなっているといわれています。

地震による倒壊の原因①建物が古い

地震による倒壊の原因②壁が少ない

地震による倒壊が起こってしまう理由には、壁の枚数が極端に少ない場合があるそうです。家には、家全体の重さがかかる重心と家が崩れないようにする強さの中心である剛心というものがあります。この剛心は壁の配置や数で剛心の位置が決まり、壁の配置や枚数が少ないとバランスが悪くなり倒壊につながってしまうのです。

重心と剛心のずれによる倒壊を防ぐためには、耐力壁などを使い、重心と剛心の位置をなるべく近づける方法があります。重心と剛心を近づけることで、地震が起きた場合にねじれを生じさせることを防ぎ家へのダメージを抑えることができるのです。

地震による倒壊の原因③共振

地震には周期というものがあります。周期は、地震の揺れが往復するのにどれだけの時間がかかるかをあらわしています。この周期のタイミングと建物が揺れる周期が重なることで「共振(きょうしん)」が起こるのです。

共振は身近なものでも利用されています。公園などにあるブランコはこの共振を利用した遊具なのです。ブランコに乗っている人を建物とし、ブランコを押す人を地震の揺れだとします。ブランコを押す人はブランコに乗っている人の背中を戻ってくるタイミングにあわせて押すことで力をつかわずブランコを大きく揺らすことが可能です。

上記のように、揺れの力はタイミングがあってしまうと大きな力に変わります。古い建物の場合にはこの揺れの力を吸収するための対策が取られていないことが多くあるそうです。一戸建ての建物は地震の周期が短いほど倒壊しやすいといわれています。

地震の周期が約1秒から2秒という短い周期の揺れを「キラーパルス」といわれており、木造住宅のような戸建住宅が地震の際倒壊する原因だとされています。共振によって建物の骨組みが外れてしまうことが倒壊の要因ですが、地震対策で利用される制震などを使い建物の揺れを吸収することで共振を防ぎ倒壊を回避することが可能です。

耐震診断を受けて地震での倒壊に備える

日本には、建築法にあわせて耐震基準というものが定められています。耐震基準は、過去に起こった大きな災害を機に何度も改正されているのです。

耐震診断は改正前に建てられた建物を新しい耐震基準で審査することで、地震が起きた際の倒壊を防ぐ目的があります。耐震診断では、下記のようなことを主に診断します。

現地調査

現地調査では、実際に建物を目視で確認します。その際、設計図や建物をいつのタイミングでどこを直したのかなどを確認することでレベル分けします。レベル分けに応じて、建物の基盤や劣化状況などを調査し、診断します。

詳細診断

詳細診断には、1次診断から3次診断までがあり、それぞれによって壁や鉄筋などの耐震強度を調査します。対象の建物がどの診断になるのかは、現地調査によって決まります。昭和56年より前に建物が建設されている場合や耐震工事を希望される際には、2次診断が有効的だといわれています。

2次診断では、建物の柱や壁の耐震性能を調査します。その際、鉄筋なども調査することで構造全体を考えた耐震診断が可能です。

耐震調査をしっかりと受けることは、建物が地震の時倒壊してしまうのを防ぐことができる場合があります。そのためしっかりとした調査を受けておくことが重要です。
耐震診断を受けて地震での倒壊に備える

地震で倒壊しない家を作るためには

では実際、地震で倒壊しない建物や家を作るにはどうすればいいのでしょうか。倒壊しない建物や家を建てるのに必要なのは、「根本的な要因」をしっかりと見つけることだといわれています。

根本的な要因を見つけるには、定期的な調査によるメンテナンスが必要です。築年数が経過することで建物は目視できない場所の老朽化が進みます。建物や家のどこが悪くなっているのかをしっかり把握しておくことが重要です。

家や建物の補強をする際には壁などにも注意が必要です。壁が揺れを吸収できるようにする免震装置や制震などをおこなうことや、耐震壁などを使い部屋の数を増やすことで壁の枚数を増やし建物全体の補強を施すのも有効的でしょう。

その際、一部の場所だけを考えるのではなく、家や建物全体を考慮しどのように地震の揺れを対処したいのかをしっかりと考えておくことが重要です。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

地震大国と呼ばれている日本には、耐震基準というものがあります。耐震基準は、日本で大きな地震などの災害が起きたことを機に都度改正されています。

そのため、新しい耐震基準によって自身の建物や家がしっかりとした耐震強度を有しているかを把握するため耐震調査を受けておくことで、地震の際倒壊を防ぐことができます。

また、耐震調査を機に家や建物を補強する場合には、壁や建物のバランスを考慮し必要な箇所を補強することが必要です。地震はいつ起こるかわかりません。大切な家や建物を守るのと同時に住んでいる人達を守るためにも、一度地震対策について家や建物を業者に調べてもらってみてはいかがでしょうか。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-04 10:29:26
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/130869/
家のリフォーム
日本では、1年に約2,000回を超える地震が起きているそうです。大きな地震が起こるたび、建物や家を守るため耐震基準や建築法は都度改正されています。しかし、実際基準などが変わったからといっても、どのような建物が地震の際に倒壊してしまうのかはあまり知られていません。そこでこのコラムでは、どのような家や建物が地震の際、倒壊しやすいか、またどのようなことで対策をおこなえばよいかなどを紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!