生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

高耐震の天井に改修して脱落を防ぐ!天井の耐震性の基準とは

投稿日:2019-02-01 更新日:2019-02-04

高耐震の天井に改修して脱落を防ぐ!天井の耐震性の基準とは

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家で地震が発生した際の危険は、家具などの転倒だけでなく天井の落下にもあります。たとえ建物が倒壊していなくても、天井が脱落してしまうと押しつぶされてしまうなど命を落としてしまう危険があります。

脱落のおそれがある天井は、高耐震な天井へとかえる必要があるでしょう。そこで今回は、天井の耐震基準から脱落の要因、さらには耐震天井への改修内容までご紹介していきます。天井のことをよく理解して、地震のときでも安全な天井に改修しましょう。

フロアコーティングのおすすめサービス

改正後の建築基準法で定められた天井の耐震基準とは

建築基準法とは、建物に対する基準を定めることで人々の安全や財産となる家を守ることを目的として制定されています。建物を建てる際は、この建築基準法の基準を必ずクリアしなければいけません。

しかし当時の建築基準法を満たしていた建物が、2011年に発生した東北地方太平洋沖地震では、天井が落下してしまうという事態が続発しました。この東北地方太平洋沖地震をきっかけに、今までの建築基準法は2013年に改正されました。また新たに改正された建築基準法の基準の中には「特定天井」という言葉が新たに加わっています。

特定天井

特定天井とは、脱落のおそれがある天井のことをいいます。建築基準法で定められたある一定の条件を満たすと、特定天井とみなされてしまうのです。

特定天井の定義の中に、つり天井であることがふくまれます。つり天井とは、天井部分が上からつられた構造の天井のことをいいます。このつり天井は、脱落するおそれが高いため危険なのです。

次に、天井を構成する部材が1平米あたり2キロを超える重量の場合という条件があります。天井を構成する部材が重いと、天井が脱落する危険性が高まります。そのため、1平米あたり2キロを超える重量のある天井は注意しなければならないのです。

また天井の高さが6メートルを超えるものも、特定天井の条件の中にふくまれます。天井が高いと、それだけ脱落したときのリスクが高まってしまいます。

これらの条件は一部ですが、このような条件を満たすと、特定天井という危険な天井と判断されてしまうのです。特定天井は危険ですのでそのままにはせず、早期に高耐震の天井にかえることをおすすめします。

改正後の建築基準法で定められた天井の耐震基準とは

耐震性の低い天井は地震で脱落してしまうかも…脱落に至る経緯とは

ショッピングモールなどをふくめたほとんどの建物は、つり天井になっています。このつり天井は、天井部分がつられた状態になっているため高耐震な天井とはいえません。

このようなつり天井は地震が発生した際、ブランコのような動きをして大きく揺れるおそれがあります。つり天井が大きく揺れると、そのまま壁に衝突してしまいます。そしてこの壁にぶつかった衝撃で、天井は脱落してしまうおそれがあるのです。

また耐震性の低さに加え、湿気の多い場所になると天井がさび劣化してしまうこともあります。このような劣化による耐久性の低下により、さらに落下のおそれを高めてしまうのです。

天井の耐震改修ではどのようなことをするのか

危険な天井であった場合、早めに工事をしないともしものときに命の危険にさらされてしまうおそれがあります。そのため、天井の耐震改修は早めにしなければなりません。しかし、工事方法について詳しく知っているかたは少ないのではないでしょうか。そこで、主な4つの工事方法をご紹介します。

耐震天井にかえる

もともとある天井を取り外し、建築基準法を満たす安全な耐震天井にかえる方法があります。天井自体を一新する必要があるため、時間がかかったり費用が高くついたりするおそれがあります。

直天井化する

直天井化とは、もともとある天井をなくした状態にすることです。天井をなくすことによって、天井落下の危険性を激減させることができます。

落下防止措置

落下防止措置とは、もともとある天井はそのままで、天井に脱落防止のためにネットやワイヤーを取り付ける措置のことです。この落下防止措置は、比較的作業に時間や費用をかけることなく、耐震のある天井にかえることができます。

軽くて柔軟な天井にかえる

天井を軽くて柔軟なものにかえる方法もあります。軽くて柔軟な天井にかえることにより、万が一地震で天井が脱落してしまったとしても、被害を抑えることができるかもしれません。

天井の耐震改修をする流れについて

工事方法は家の天井によって違いがあります。しかしどういった手順で高耐震な天井にするのかも知っておくことが重要です。

まずは耐震改修をしてもらうために、業者に問い合わせて依頼をする必要があります。業者を選ぶ際は、すぐに決めるのではなく複数の業者から相見積もりをとりましょう。費用は業者によって変わってきます。費用を抑えるためにも、複数の業者から相見積もりし、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

依頼する業者が決まったら、具体的にどのよう耐震改修をするのか打ち合わせをします。その際に、家の設計図や図面が必要となる場合もあるので、事前に準備しておくと打ち合わせがスムーズに進むでしょう。

具体的な耐震改修の内容が決まったら、実際の施工が始まります。施工の規模や内容によってもかかる期間は異なりますが、その間は仮住まいで暮らさなければいけない場合もあるので事前に確認するようにしましょう。

耐震改修は、人命にかかわる重要な工事になります。安易に業者を決めてしまうのではなく、時間をかけてじっくりと信頼のできる業者を選ぶことが大切です。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

地震の際は、天井が脱落してしまうことが非常に多いです。そして、そのほとんどが、つり天井と呼ばれる脱落の危険性が高いつくりのものになっています。

地震による天井の脱落は、つり天井がブランコのように揺れ壁にぶつかることで起こります。落下の危険があるのなら、高耐震の天井にかえるとよいでしょう。安全な天井にかえておくことで、地震による天井の脱落を未然に防ぐことができます。

天井の耐震改修を検討している場合は、信頼のできる業者を探すことから始めましょう。耐震改修は、人命にかかわる重要な工事になるので、時間をかけてじっくりと信頼のできる業者を選ぶことが大切です。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-04 09:42:18
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/130705/
家のリフォーム
家で地震が発生した際の危険は、家具などの転倒だけでなく天井の落下にもあります。たとえ建物が倒壊していなくても、天井が脱落してしまうと押しつぶされてしまうなど命を落としてしまう危険があります。脱落のおそれがある天井は、高耐震な天井へとかえる必要があるでしょう。そこで今回は、天井の耐震基準から脱落の要因、さらには耐震天井への改修内容までご紹介していきます。天井のことをよく理解して、地震のときでも安全な...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!