生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

地盤が地震の揺れやすさに影響する!調査方法と地震対策について解説

投稿日:2019-01-30 更新日:2019-01-30

地盤が地震の揺れやすさに影響する!調査方法と地震対策について解説

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

地震の揺れやすさは、どのようなことが影響しているのかご存知ですか?じつは、建物の耐震性はもちろんですが、地盤の状態も揺れに影響するのです。

この記事では、地震が起こったときに揺れやすい地盤やその調査方法、さらには耐震性の低い建物の地震対策までご紹介していきます。自分の住んでいる場所の地盤を知って、しっかりと地震対策をおこないましょう。

フロアコーティングのおすすめサービス

自分の住んでいる場所がどんな地盤なのかチェックする方法

先ほど触れたように、地盤が地震の揺れやすさに影響するおそれがあるので、自分の住んでいる場所の地盤を知っておくことが大切です。地盤のチェックはおもに、自分でおこなう方法と業者に依頼する方法の2つがあります。

自分でおこなう地盤のチェック方法

1つめとして、明治以降の昔の地図を確認する方法があります。古い地図は、図書館や地図を公開している自治体の施設などで確認することが可能です。しかしあまり正確な情報ではない場合もあるので、あくまで大まかな地盤の状態を知る方法の1つとして考えておきましょう。

2つめの方法は、インターネットやスマートフォンのアプリを使用する方法です。地盤の調査結果が地図になって見られるものもあります。さらに地盤の強さや、航空写真、そして昔の地形を比較していたり、災害のリスクを示していたりするものがあるでしょう。

3つめに、ハザードマップを使って地盤の特性を知るという方法があります。ハザードマップとは、自然災害でどの場所がどれほどの被害を受けるおそれがあるかを示した地図です。お住まいの市役所や自治体に問い合わせると、手に入れることができるでしょう。

業者に調査を依頼する

自分でおこなう地盤調査は手軽にできますが、そのぶん正確性には欠けてしまいます。そこで、業者に地盤調査を依頼すると、より詳しく自分の住んでいる場所の地盤の状態を知ることが可能です。業者がおこなう主な地盤調査は、「スウェーデン式サウンディング試験」、「ボーリング調査」、「表面波探査法」の3つの方法があります。

①スウェーデン式サウンディング試験

3つの中でもっとも一般的で安価な調査方法です。ドリル状の装置を地面に回し入れることで、地盤の強さを判断します。

⓶ボーリング調査

さきほどのスウェーデン式サウンディング試験より費用はかかりますが、より正確に地盤調査をおこなうことが可能です。調査はハンマーを使い、そのハンマーが地中の決められた地点まで、どれだけの回数で打ち込むことができるのか調査します。この打ち込む回数が多いほど地盤が強いという結果になります。

③表面波探査法

振動をつくる装置と振動を検知する装置を使って、振動が地面にどれほどの速さで伝わるかを調査します。費用は先ほどの2種類ある調査方法の中間ぐらいで、正確性はスウェーデン式サウンディング試験より高いようです。

自分の住んでいる場所がどんな地盤なのかチェックする方法

地震の揺れやすさは地盤で変わる!揺れやすいところとは

地震の揺れやすさの目安として、地盤が弱い傾向のある場所の特徴を知っておくとよいでしょう。地盤が弱い場所で地震があった際は、揺れやすくなってしまうことがあります。

地盤が弱い場所の特徴として、海や川などを埋め立ててできた土地や、かつて水害があった土地など、水が関係していることが多いです。水分量の多い土地だと、地震などの外部からの力が加わったときに変形しやすいため、地盤が弱い傾向にあるのです。近くに用水路や水の通りがさかんな場所がある場合は、注意したほうがよいでしょう。

また、高低差のある土地も地盤が弱いおそれがあります。とくに周りよりも土地が低くなっている場所は、豪雨などがあった際に水が溜まることが多く、地盤も弱くなってしまうのです。

さらに、周辺の電柱や家の基礎部分も確認してみてください。電柱が傾いていたり、家の基礎にひび割れが多かったりする場合は、地盤が弱いおそれがあります。合わせて見ておくとよいでしょう。

地震の揺れやすさに関係なく建物の耐震性は確認しておこう

もしも家の地盤の強さが、地震があった際も心配がないとわかった場合でも、家自体の耐震性も確認しておくことが大切です。地震による揺れやすさは、地盤だけが関係しているのではなく、家自体の耐震性ももちろん大きく影響します。

耐震性の確認も、自分でおこなう方法と業者に依頼する方法の2つがあります。まず自分で耐震性を確認する場合は、家が建設された年を確認します。耐震性が高い耐震基準が用いられているのは、おもに1981年6月以降に建設された建物です。

これ以前の建物は、耐震性の低い基準を用いられて建設されているため、大きな地震で倒壊してしまうおそれがあるでしょう。また、家にひび割れや痛みがある場合は、強度が弱くなっている危険性があるため注意が必要です。

耐震性のチェックを業者に依頼する場合は、耐震診断をしてもらうのが有効です。耐震診断では家の強度を調査し、大きな地震があった際に家が受ける被害の度合いを調査してくれます。この耐震診断は、自治体によっては補助金が出る場合がありますので、耐震診断をおこなう際はお住まいの自治体に補助金制度があるか確認するとよいでしょう。

地震の揺れやすさに関係なく建物の耐震性は確認しておこう

耐震性が低い建物の地震対策をする方法について

耐震性の低い家だと、地震の際の揺れやすさが高まってしまいます。地震から家を守るためにも、地震対策をおこないましょう。

自分でおこなう地震対策

手軽におこなうことができる地震対策としては、まず転倒するおそれのある家具は固定金具などで固定するという方法です。地震の際に家具が転倒してしまうと、それによって怪我をしてしまったり、避難経路をふさいでしまったりするおそれがあります。できる限り固定をしておくと安心です。

次に食器棚や窓ガラスには飛散防止フィルムを貼り、ガラスが飛散しないようにしましょう。地震の際に食器棚や窓ガラスが割れてしまうと、避難するときにガラスの破片で怪我をしてしまうことがあります。怪我をしないためにも、飛散防止フィルムを貼っておくとよいでしょう。

業者に任せる地震対策

上で挙げたように、自分でできる地震対策は、どうしても家の中に限られます。家の耐震性が低い場合は家ごと倒壊し、その下敷きになって命を落とすことが十分考えられるので、安全な家にするためにも業者に耐震工事を依頼することをおすすめします。

耐震工事をすることで地震に強い家にするだけでなく、避難する際の安全も確保することが可能になるでしょう。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

地盤は地震の揺れやすさにも影響するおそれがあります。そのため自分が住んでいる地盤の調査や、地盤の弱い場所の特徴を知っておくことはとても大切です。

地震対策は自分でおこなうことも可能ですが、業者に耐震工事をおこなってもらうとより安全な家を手に入れることができます。耐震性に不安がある場合は、耐震工事を検討するとよいかもしれません。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:いさむ
家のことはなるべく自分でなんとかしたい、という思いからさまざまなDIY方法について学んできた。最近は壁紙張り替えなど、家のリフォームにも興味が出てきている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-01-30 15:21:19
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/130552/
家のリフォーム
地震の揺れやすさは、どのようなことが影響しているのかご存知ですか?じつは、建物の耐震性はもちろんですが、地盤の状態も揺れに影響するのです。この記事では、地震が起こったときに揺れやすい地盤やその調査方法、さらには耐震性の低い建物の地震対策までご紹介していきます。自分の住んでいる場所の地盤を知って、しっかりと地震対策をおこないましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!