生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

耐震工事をして木造住宅を強化しよう!耐震工法や費用についてご紹介

投稿日:2019-01-26 更新日:2019-01-31

耐震工事をして木造住宅を強化しよう!耐震工法や費用についてご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

大きな地震が発生した現場で倒壊の被害を目にしたとき、木造住宅の耐震性に疑問を感じることがあるかもしれません。古き良き日本を感じさせてくれる木造住宅ですが、最近では耐震性を高める努力がされています。

ご自宅が木造住宅のかたは、これまでの地震の経験から、耐震工事をお考えなのではないでしょうか。このコラムは、耐震工事で木造住宅の耐震性を高めるための方法と費用についてご説明します。木造住宅の良さを残しながら、地震に強い家にしていきましょう。

フロアコーティングのおすすめサービス

木造住宅の耐震工事はどんな方法なの?部分別にご紹介

耐震工事をして木造住宅の耐震性を高めるには、さまざまな方法があります。耐震基準に満たない部分を強化するだけで、家の耐震性能は非常に高まります。どのような部分を耐震工事すればいいか、部分別に検討していきましょう。

●建物の基礎工事
建物全体の要となる基礎がしっかりしていないと、大きな地震が来たときに建物自体が倒れてしまう危険性があります。基礎に不備がある場合は、鉄筋コンクリートをつなぎ合わせて補強しましょう。

●壁の補強工事
「壁」の補強工事も耐震には重要な役割を果たします。壁に厚みがなく、窓などの開口部が多い壁は耐震には不十分です。新しく壁を増設したり、筋交いや補強用合板などを打ち入れて強化しましょう。

木造住宅の特徴として、壁と柱、はりが一体化して家を支えている構造になっています。この構造が崩れると家が倒壊してしまいます。必要な部分は金物を使って、外れないようにしておきましょう。

●屋根の軽量化工事
さらに考えておきたいのが「屋根の重さ」です。重い屋根は振り子の役割をして、地震での揺れを増大させます。屋根の素材を軽いものに交換するだけで耐震性を高めることができます。

●耐震シェルターの設置
耐震シェルターは、家の一室に設置することで地震に強い部屋を作り上げます。耐震シェルターは地震に耐えうる十分な力を持っています。木造住宅の1階に設置しておけば、他の部分が倒壊しても下敷きになる危険から守ってくれるでしょう。

部屋の部分的な工事になるので、工事期間も約2日間で、工事費用も比較的低価格で抑えることができるのでおすすめです。

木造住宅の耐震工事はどんな方法なの?部分別にご紹介

木造住宅の耐震工事をする際の流れについて

木造住宅の耐震性を強化するためには、耐震工事をおこないます。では、どのような流れで耐震工事をしていくのでしょうか?

まずは、耐震診断士などの業者によって、木造住宅が地震に対して耐えられるかを知る耐震診断をしなくてはなりません。耐震診断を業者に依頼するには、お住まいの地域にある自治体の窓口にご相談してみるといいでしょう。

耐震診断では、設計図通りに家が建設されているか、不備はないかなどもチェックします。また、現地調査をおこない、壁や柱などのひび割れや劣化箇所がないかをすみずみまで確認します。それらをふまえたうえで建物が地震に耐えられるかを評価し、構造強度を算出します。

もし、評点が1.0未満の場合、建物は倒壊の危険性があるとされています。この場合、耐震工事をして木造住宅を強化する必要があります。耐震診断の結果から、現状を教えてもらい、耐震工事が必要な場所を把握しましょう。その際は予算や疑問点などをしっかり伝え、希望に近い形で設計書を作成します。

設計書ができあがったら、耐震工事の業者に依頼して見積もりを作ってもらいましょう。このとき、1社に絞らず、複数の業者へ見積もりをとることで費用を比較して検討することができます。業者が決定すれば、日程を決め、耐震工事に取り掛かります。このような流れで耐震工事をおこなっていくのです。

木造住宅の耐震工事にかかる費用の目安とは

耐震工事をして木造住宅を強化するには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?木造の住宅の耐震性を高めるためには、一般的には約100~150万円の費用がかかるといわれています。

これはどのくらいの規模で耐震工事をおこなうかによっても、大きく差が出てくるので注意しておきましょう。

また、旧耐震基準と新耐震基準、どちらを満たしているかによっても費用は異なります。新耐震基準を満たしている建物であれば、現存の建物でも耐震性があることが多いので約100~140万円程度で費用を抑えることができるようです。

いっぽう、旧耐震基準しか満たしていない建物は約150~190万円程度まで費用がかさんでしまうことは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

また、木造住宅の耐震工事をおこなう建物の多くは、築年数が経過しており老朽化していることが考えられます。耐震工事はもちろんですが、内装や外装が古くなっていたり、家族の増加による間取り変更を希望されたりなどと考えているかたも多いはずです。

実は耐震工事をおこなうときに、一緒に内外装のリフォームをおこなった方がお得なのです。工事のときの手間も無駄にかからず、別々におこなうより費用をおさえることができます。もしリフォームも一緒にお考えのかたは、約500~1,000万円程度は考えておいた方がいいかもしれません。

木造住宅の耐震工事にかかる費用の目安とは

木造住宅の耐震工事には助成金が出ることも

多くの自治体では、街の耐震化の促進に積極的に取り組んでいます。特に耐震工事をして木造住宅の倒壊を防ごうと努力している自治体も多いようです。

お住まいの自治体によって異なりますが、耐震工事をおこなう際に助成金が出ることがあります。個人でおこなう耐震工事では、費用が高くつくからあきらめてしまうことも少なくはないでしょう。多くの自治体が提示している条件や助成金額は、以下のようなものが多いので、その一例をご紹介しますね。

多くの自治体が提示している助成金を受け取るための条件
・建物の所有者が助成金対象の住所に居住していること
・昭和56年5月31日以前の耐震基準によって設計・建設された木造住宅
・従来の軸組工法の一戸建てで、2階以下のもの
・市民税、固定資産税、都市計画税の滞納がないこと
・精密診断の結果、評点が1.0未満であること

また、助成金額は工事費用の約2/3~4/5を助成金として助成している自治体が多いそうですが、上限を決めていることがあります。上記の条件や助成金額は、お住まいの自治体によって異なるので、くわしくはお住まいの地域の自治体に直接問い合わせてみてください。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

耐震工事をして木造住宅の強化をしていくには、いろいろな方法があります。まずはお住まいの自治体に相談してみましょう。耐震診断をおこなうことで、どの部分を耐震強化しなければならないのか、おのずと知ることができます。

また、木造住宅の耐震工事をおこなうときの費用はどの程度おこなうか、新・旧どちらの耐震基準を満たしているかによって大きく変わってきます。もし、内外装のリフォームもお考えのようでしたら、一緒におこなう方が費用をおさえることができるでしょう。

さらに、耐震工事には多くの自治体が積極的に取り組んでいます。そのため、助成金が出る地域が増えてきているので興味のある方は、自治体に確認してみましょう。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-01-31 10:21:53
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/129893/
家のリフォーム
大きな地震が発生した現場で倒壊の被害を目にしたとき、木造住宅の耐震性に疑問を感じることがあるかもしれません。古き良き日本を感じさせてくれる木造住宅ですが、最近では耐震性を高める努力がされています。ご自宅が木造住宅のかたは、これまでの地震の経験から、耐震工事をお考えなのではないでしょうか。このコラムは、耐震工事で木造住宅の耐震性を高めるための方法と費用についてご説明します。木造住宅の良さを残しながら...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!