生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロック塀にリフォームは必要?劣化しているなら直さないと危険かも

投稿日:2019-01-10 更新日:2019-01-31

ブロック塀にリフォームは必要?劣化しているなら直さないと危険かも

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ブロック塀はわたしたちの生活に身近なものとして、よく作られてきました。しかし、そんなブロック塀は地震によって簡単に倒壊してしまう場合があります。ブロック塀はメンテナンスの必要がほとんどないという点から、耐震基準の変更があっても補強されずに、そのままになっているケースが多くあるからです。

もし不安ならば、ブロック塀をリフォームして耐震性を確保することをおすすめします。どんなブロック塀を補修するべきか、どのくらい費用がかかるかを確認しましょう!

フロアコーティングのおすすめサービス

ブロック塀をリフォームする意味とは?

ブロック塀は外からの視線をさえぎり家族のプライバシーを守るものして、多く作られてきました。また、よじ登りづらく外から人がいるかどうかもうかがえないため、泥棒に入られづらくなり防犯性を高めることも可能です。

しかし、ブロック塀は屋外建造物の中でも、震災時にとくに危険になりうるものです。ブロックの中に鉄筋が入っていないブロック塀は地震の際に崩れ、なにを下敷きにしてしまうかもしれません。ブロック塀のリフォームをして、このようなアクシデントが起きるリスクを減らしましょう。

・古いブロック塀は倒壊してしまうかも
2018年6月に起きた大阪の地震で学校のブロック塀が転倒し、小学生が下敷きになった事件を覚えていますか。あのブロック塀は1974年に造られており、現在の耐震基準を満たしていないものでした。

現在、ブロック塀に言及する耐震基準の改正は2000年が最新のものです。それ以前に造られたブロック塀は、今後の地震で倒壊するおそれが高いかもしれません。人が良く通る場所の近くに倒壊しやすいブロック塀があるならば、かならず補修して倒れないようにし、トラブルを回避しましょう。

・ブロック塀をリフォームするタイミング
ブロック塀はメンテナンスが必要ない、ということがメリットのひとつです。だからこそリフォームしなくても大丈夫だと思いがちですが、安全性などにも影響してくるので、ブロック塀をよく確認してリフォームすべきかを検討しましょう。

たとえば、耐震基準が変更される2000年以前に造られたブロック塀は鉄筋が入っていなかったり、基礎の深さが十分でない場合があったりと、現在の耐震基準を満たしていないことがあります。ほかにも、ヒビ割れていたり、鉄骨がむき出しになっていたりするブロック塀は劣化によって耐震性が損なわれているかもしれません。

透かしブロックや控壁の配置、厚さや高さの基準など多くの判断基準があります。もし家のブロック塀は絶対に安全だといい切れないのであれば、一度業者に相談してみましょう。

劣化したブロック塀のリフォームは自分でもできる?

耐久性が変化しない程度の劣化ならば、ブロック塀のリフォームをせずとも補修が可能です。こまめに補修をすれば今後の劣化を抑えることができるため、まずは自分でできることをやってみましょう。

緑色・白色の汚れ

緑と茶色が混じったような汚れや白い筋状に浮き出るような汚れは、耐久性に直結しない汚れとされています。緑と茶の汚れはコケやカビで、日陰にできやすいです。これはブラシや高圧洗浄機で落とすことができます。コケやカビは水分を含みやすく、鉄筋のサビにつながる可能性があるのでこまめに落としてあげるとブロック塀が長持ちしやすくなります。

白い筋状の汚れはでき立てのブロック塀内部に水が染み込むことで発生します。これは白華現象といい、強度には問題ないといわれています。放置していても白色は抜けていきますが、気になるならば酸性洗剤やエフロ除去剤というものを使いましょう。

ヘアークラック

髪の毛のように細い裂け目をヘアークラックといいます。幅が0.3ミリメートル以下、深さが4ミリメートル以下のものであり、鉄筋にまで届かないため耐震性に影響があるとはみなされないことがほとんどです。

しかしいくら問題ないヘアークラックでも、放置してしまうとより大きな割れにつながります。大きな割れになると、ただ補修するだけでは耐震性が回復しないため、業者に依頼をする必要がでてきてしまう可能性があります。

ヘアークラックは補修材を塗っておくと隠すことができ、大きな割れを予防することも可能です。ブロック塀用の補修材がホームセンターなどで売られているため、それを利用しましょう。

劣化したブロック塀のリフォームは自分でもできる?

ブロック塀のリフォームは業者に依頼したほうがいい?

自力でもブロック塀のリフォームをすることは可能ですが、手間がかかりすぎたり、重機を用意する必要があったりと、現実的ではありません。そのため、できるだけ業者に頼んでリフォームしてもらうことをおすすめします。

リフォームしたいブロック塀に大きな割れがあったり、内部の鉄筋がサビていたりするならば、撤去してしまうと手間がかかりません。大きな割れや鉄筋のサビは、ブロック塀を一度崩す必要性があるため、撤去後に新しくブロック塀を新設していることが多いようです。

新しくブロック塀を作り直す場合は、現在の耐震基準を満たしたものとなるため耐震性は十分です。ブロック塀を建築し直している途中には、プライバシーや防犯性が確保できない状態になることには注意しておきましょう。

現在の耐震基準を満たしていないブロック塀も総取り換えを考えるかたも少なくありません。ブロック塀に大きな傷などがなくキレイな場合、撤去するのはもったいないと感じますよね。そんなときは鋼材で裏打ちするなどの、ブロックの表面に影響のない補修方法で耐久性を確保することができます。

ブロック塀の再積み立ての必要がなく、費用も安くなることが最大のメリットです。しかし、これはリフォームではなく補修のため、安全性が確保される期間は新しく積み立てた場合と比べてどうしても短くなってしまいます。

ブロック塀のリフォームは業者に依頼したほうがいい?

ブロック塀をリフォームするときかかる費用

ブロック塀のリフォームにかかる費用は細分化されており、各家庭で条件が違うためほかの家庭の参考価格が参考にならない場合があります。業者に声をかけ、自分の家庭の場合ではどのくらい費用がかかるのか試算をしてもらいましょう。

ブロック塀を補修する費用

汚れの洗浄や割れの補修など、補修する内容によって費用が変わります。

・洗浄:1平方メートルあたり約1,500円

・補修:一か所あたり約5,000円~

ブロック塀を作り直す費用

ここでは、1平方メートルあたりの参考価格を表示します。

・解体撤去費:約1.5~2万円
・基礎工事費:約5千~1万円

・コンクリートブロック:約1万円
・化粧ブロック:約1.5万円
・レンガ:約1万~1.5万円
・塗り壁:約2万~5万円
・アルミフェンス:約2万~3万円 自治体によって補助金あり


新しくブロック塀を作る場合、既存のブロック塀を撤去したり、新しくブロックを買ったりする費用などが必要になってきます。一部の自治体では、ブロック塀を軽いフェンスなどに変更することで補助金がでることもあるので、自治体のホームページなどを確認しておきましょう。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

ブロック塀を長く使うためには、こまめなメンテナンスも重要です。ブロック塀のリフォームをすることで、耐震性や耐久性を大幅に引き上げることが可能です。もし、今のブロック塀がボロボロであったり、耐震基準が変わる前のものならば、今すぐにでもリフォームをすることをおすすめします。

もし、ブロック塀をリフォームするならば、しっかりと見積もったうえで検討することが大切です。まずは業者に連絡し、自分の家の場合ではどのくらい費用がかかるかを教えてもらいましょう。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:いさむ
家のことはなるべく自分でなんとかしたい、という思いからさまざまなDIY方法について学んできた。最近は壁紙張り替えなど、家のリフォームにも興味が出てきている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-01-31 17:26:38
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/128231/
家のリフォーム
ブロック塀はわたしたちの生活に身近なものとして、よく作られてきました。しかし、そんなブロック塀は地震によって簡単に倒壊してしまう場合があります。ブロック塀はメンテナンスの必要がほとんどないという点から、耐震基準の変更があっても補強されずに、そのままになっているケースが多くあるからです。もし不安ならば、ブロック塀をリフォームして耐震性を確保することをおすすめします。どんなブロック塀を補修するべきか、...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!