生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロパンガスの違約金は払わなきゃだめ!?【トラブル回避術】

投稿日:2019-12-17 更新日:2020-02-27

プロパンガスの違約金

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

「今のプロパンガス会社を解約したいのだけど、解約すると違約金が発生するのでは?」

なにか契約したものを解約するとなると、「違約金」という言葉が脳裏をよぎることは少なくないでしょう。結論からいいますと、プロパンガスを解約するときには違約金が発生することがあります。しかし、場合によっては払わなくても済むこともあるのです。

なぜなら、新規契約するプロパンガス会社が違約金を肩代わりしてくれることがあるからです。ただし、肩代わりされた違約金も月々のガス代に上乗せされるため、結果的には利用者が支払うことになります。悪徳な会社だと、このときに不当に値上げしてくることがあるので注意が必要です。

違約金を肩代わりしたあとでも不当な値上げをしないプロパンガス会社をお探しの方は、スマホやパソコンで簡単にガス会社を比較できるenepi(エネピ)を利用することをおすすめします。

エネピに違約金の相談をする

プロパンガスを解約する際には違約金が発生する

プロパンガスを解約するとき、その時期によっては違約金が発生します。プロパンガス会社は契約を結ぶときに、契約期間というものを設けるからです。この契約期間を満了せずに解約をしてしまうと違約金が発生する、という仕組みになっています。

本章では違約金について掘り下げて解説していきますので、プロパンガスの解約を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

違約金の正体は「残存価格」

違約金とは、具体的には「残存価格」のことを指します。残存価格とは、ガス会社が負担した初期費用のうちで利用者から回収できなかった分の費用のことをいいます。

しかし、いきなりこのようなことをいっても、違約金と残存価格がどのように結びつくのか理解しづらいですよね。違約金についてしっかりと理解するために、まずは残存価格がどのように発生するのかについて触れておきましょう。

【残存価格が発生する仕組み】

プロパンガスを使用するに際して、「無償貸与契約」を結ぶ方は多くいらっしゃることでしょう。無償貸与契約とは、こちら(プロパンガスが高い理由!あなたのガス代、5分で下げてみませんか?)でもご紹介しているとおり、初期費用をガス会社に負担してもらえる契約です。

プロパンガスを使用するために必要な配管工事費用や、給湯器購入費用および設置費用などのすべてをガス会社が負担してくれます。

ただし、初期費用を負担してくれる分、ガス会社は負担した費用を月々のガス代に上乗せして時間をかけて回収するようにします。そして、無償貸与で負担した費用をすべて回収するまでの期間を設け、それが「契約期間」となるのです。

この契約期間が満了する前にプロパンガス会社を解約してしまうと、回収できなかった費用、つまり残存価格が発生してしまいます。残存価格を違約金として解約時に回収することは、ガス会社側としても不利益を出さないためにおこなう当然の手段だといえるでしょう。

以上がプロパンガスの違約金が発生する仕組みになります。また、負担した初期費用をガス会社は契約期間を通して回収するわけですから、契約期間を満了していれば解約したとしても、本来違約金が発生することはありません。

違約金のほかにも解約金が発生する

違約金は契約期間を満了していれば、基本的に発生することはありません。しかし、それとは別に「解約金」は発生することがあるので注意してください。解約金は、契約期間に関係なく支払わなければならないものです。

解約金の額はプロパンガス会社によって異なり、一律設定になっていることがほとんどです。また、解約金の値の幅は大きく、0円~30,000円だといわれています。ただし、契約書に「解約時に解約金を支払う」という旨が表記されていない場合は、支払う必要はありません。

不必要に解約金を支払うなどという事態を避けるためにも、契約書にはしっかりと目を通しておくようにしましょう。

残りの違約金がどれくらいあるか算出しよう

プロパンガスでは無償貸与契約をすると、ガス会社の負担した初期費用が、月々のガス代に乗せて回収される仕組みになっていることはご紹介しました。契約期間中に回収しきれなかった初期費用を違約金として回収するわけですから、プロパンガスと契約を結んでいる期間によって、解約時の違約金の額も変動してくるのです。

例えば、契約期間を15年と定められたとしましょう。この際に3年利用して解約するのと、10年利用して解約するのとでは、10年利用して解約したほうが、発生する違約金が少ないということになります。

違約金 例

プロパンガス会社の解約を検討していて、違約金の額が気になっている方もいることでしょう。じつは、違約金はおおよその額を算出することが可能です。以下で具体的な計算方法をご紹介します。ぜひ、ご自宅のガスの使用状況に合わせておおよその違約金の額を出してみてください。

残りの違約金を算出する計算式
初期費用÷契約年数=年間に回収する費用 [A]
A×利用年数+(A/12)×利用月数=回収済み費用
初期費用-回収済み費用=発生する違約金

 

計算例

条件
  • プロパンガスの初期費用は150,000円
  • 契約期間は15年
  • 現在プロパンガスを契約して5年と3か月

上の条件を計算式に当てはめて残りの違約金のおおよその額を算出していきます。

・150,000(初期費用)÷15(契約年数)=10,000(年間に回収する費用)

つぎに1か月に回収されている費用を算出します。

・10,000円÷12=833.3……円(少数第二位以下は切り捨て)

「10,000円/1年」と「833.3円/1か月」を現在契約している期間に当てはめていきます。現在の契約している期間は5年3か月です。

・(10,000×5)+(833.3×3)=52,499.9円(回収済み費用)
・150,000(初期費用)-52,499.9=97,500.1円(発生する違約金)

以上の計算は例として取り上げた数字ですが、このようにおおよその違約金の値を算出することはできます。契約書に無償貸与で発生した金額が記載されていれば、「初期費用」に当てはめてより精度の高い数値を出すことも可能です。気になる方はぜひ試してみてください。

また、現在契約中のプロパンガス会社と解約し、つぎに契約するプロパンガス会社を選ぶ際の判断基準として、プロパンガスの料金相場(プロパンガスの料金相場【地域別の平均】あなたの家は二部料金制?)を知ることも大切でしょう。

違約金は肩代わりしてもらえることがある

契約期間が満了していないときに解約を申し出れば、違約金が発生してしまうことは免れません。しかし、プロパンガス会社を乗り換える際には、新しく契約する会社が違約金を肩代わりしてくれる可能性があるのです。

違約金を精算するのは、新たに契約するプロパンガス会社が肩代わりするか、自分で支払うかの2通りに分かれます。

新しく契約するプロパンガス会社に肩代わりしてもらう

たとえ現在契約しているプロパンガス会社の契約期間が満了していなくても、契約するプロパンガス会社によっては、違約金を肩代わりしてくれるかもしれません。

ただし、新たに契約する会社が肩代わりしてくれるからとはいえ、やはり肩代わりした費用は月々のガス代に上乗せされます。結局は利用者がすべて自己負担することになるのです。

違約金を肩代わりしてもらうには、貸与契約を結ばなくてはいけなくなりますが、会社により貸与契約の内容は異なります。それはおもに以下の3パターンです。例をあげながら紹介していきます。

【残った契約期間をそのまま引き継ぐ】
例:前のプロパンガス会社と10年の契約を結んでいて、5年利用して解約した場合、残り5年の貸与契約を結ぶ。

【残りの期間とは関係なしに一定期間の契約を結ぶ】
例:前のプロパンガス会社との契約期間が残り2年であっても、10年などの一定期間の貸与契約を結ぶ。

【違約金の額によって契約期間を定める】
例:違約金が50,000円以下であれば5年契約、50,000円以上であれば、10年契約を結ぶ。

ここで紹介した3つの肩代わりの方法はあくまで例ですので、実際に契約する会社に尋ねてみなければわかりません。そして中には、肩代わりをしたあとにどんどん値上げするプロパンガス会社も残念なことに存在します。

違約金を肩代わりしてもらう際は、どのような契約を結ぶかを把握し、肩代わりしたあとの月々のガス代がどのくらいの値段になるかまで確認をとるようにしましょう。

自分で支払う

引越しなどに際して、プロパンガスから都市ガスやオール電化へ契約変更することになったときは多くの場合、自分で違約金を支払わなくてはいけません。

もちろん、契約変更先がプロパンガス会社であっても肩代わりをしてくれない会社であれば、自分で違約金を精算することになります。また、プロパンガス会社のなかには、違約金がどれくらい発生しているかで肩代わりをするかどうか、審査をするところもあります。

違約金を肩代わりしてもらうつもりでいたのに、いざ契約を結ぶ段階になって肩代わりをしてもらえなかった場合は、思いもよらない経済的打撃を受けることになるでしょう。このような事態を防ぐためにも、契約内容は事前にしっかりと確認することをおすすめします。

違約金トラブルを回避しよう

通常、違約金が発生するのは契約が満期を迎える前に解約したときですが、ある特定の条件によっても発生することがあります。また、悪徳な会社が不当な違約金を請求してくることもありうるので注意が必要です。

太陽光発電などは違約金が発生する原因になる

プロパンガスの契約中に太陽光パネルを家庭に導入し、発電したエネルギーで電気給湯器などを使用すると、違約金が発生してしまうことがあります。じつはプロパンガスの契約内容に「太陽光発電や電気給湯器の使用でエネルギーをまかなった場合、違約金が発生する」という記述は意外と多くあるのです。

そのことを知らずに太陽光パネルなどを家庭に導入して、違約金を請求されてしまった、というケースも珍しいことではありません。このようなトラブルを避けるためには、契約書の料金面以外の内容もしっかりと把握しておくことが大切です。

また、違約金に関することが契約書に記載されていない場合でも、太陽光パネルなどの設備を導入する際に契約しているガス会社に確認をとれば、トラブルを回避できます。

契約書にしっかりと目を通す

悪徳なプロパンガス会社であると、契約期間が満了したはずなのに、なにかと不当な理由をつけて違約金を請求してくることがあります。このようなトラブルを回避するためには、契約書にしっかりと目を通し、保管しておくことが大切です。

契約書に記載されていない違約金を支払う必要はありません。もし、疑わしい違約金の請求をされたのなら、契約書を手元に「契約書に記載はありませんが、どうして払う必要があるのですか?」と対抗しましょう。

悪徳業者とのトラブルを避けるためには、プロパンガスについての正しい知識を事前に得ておくことも大切です。こちら(プロパンガスは高いのか?会社変更で劇的プライスダウン!)では、プロパンガスの特徴から会社を変更するうえでのポイントまで、幅広い情報をご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

エネピで優良なプロパンガス会社を見つけよう

プロパンガスの違約金を肩代わりしてもらうためには、肩代わり後に不当な値上げをおこなわない、信頼できる会社と契約を結ぶことが大切です。しかし、実際に契約をしてみるまでは、その会社が信頼できるかどうかの判断はつけにくいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、プロパンガス一括見積りサイトの「エネピ」です。エネピでは、簡単な情報を入力するだけで、お住まいの地域に対応しているプロパンガス業者の情報や見積りを取得することが可能です。

なお、エネピが紹介するプロパンガス会社は、厳しい審査をクリアした信頼できる優良業者のみです。安心安全なプロパンガス会社をお探しの方は、ぜひエネピを利用してみてください。

エネピの利用方法

では、具体的なエネピの利用方法をご紹介します。まずは、エネピの公式ホームページへアクセスしてください。(「エネピに無料でプロパンガス乗り換えを相談する」)その後は、以下の流れで情報を入力するだけで、簡単にプロパンガス会社から見積りを取得することができます。

  1. お住まいの建物の種類を入力する
  2. お住まいの住所を入力する
  3. ガス代や契約しているガス会社の情報を入力
  4. 契約者の名前、連絡先の情報を入力する

エネピなら以上の4ステップで簡単に、複数のプロパンガス会社の見積りを入手することが可能です。そのなかで料金やサービスを比較し、一番気に入った会社と契約をすれば、不当な値上げの影におびえることもなく、安心してプロパンガスを使用することができるでしょう。

なお、エネピは解約手続きの代行もおこなっています。もし、現在契約しているプロパンガス会社に解約を申し出ることに抵抗がある場合は、ぜひこのサービスも利用してみてください。

プロパンガス会社を変更したいけど、なんだか自分でするのは自信がないな

このように不安を抱えている方はぜひエネピの力を借りて、一緒にプロパンガス会社の変更に踏み出しましょう。オペレーターが丁寧に契約変更まで導いてくれます。

エネピに違約金の相談をする

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-27 15:15:42
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_propane/180057/
家のリフォーム
「今のプロパンガス会社を解約したいのだけど、解約すると違約金が発生するのでは?」なにか契約したものを解約するとなると、「違約金」という言葉が脳裏をよぎることは少なくないでしょう。結論からいいますと、プロパンガスを解約するときには違約金が発生することがあります。しかし、場合によっては払わなくても済むこともあるのです。なぜなら、新規契約するプロパンガス会社が違約金を肩代わりしてくれることがあるからです...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム プロパンガス比較

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!