生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

おしゃれなアイランドキッチンへのリフォームで注意したいことまとめ

更新日:2021-04-30

おしゃれなアイランドキッチンへのリフォームで注意したいことまとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

アイランドキッチンスタイリッシュで高級感があり、あこがれる人も多いと思います。しかし、アイランドキッチンのリフォームには様々な注意が必要です。

リフォームで失敗しないためにもメリットだけでなく、デメリットもしっかりと理解しておく必要があります。リフォームで気をつけたいことについてみていきましょう。

アイランドキッチンって何

アイランドキッチンとはどのようなキッチンでしょうか。

アイランドキッチンは「島」という意味を持つ言葉通り、壁から離れ、島のように作業スペースが独立したキッチンのことです。ダイニングやリビングに面しています。

また、作業スペースが独立しているので、周囲に余裕があるのが魅力です。アイランドキッチンのリフォームで快適なキッチンにしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

アイランドキッチンのメリット・デメリット

アイランドキッチンにはどのようなメリットがあるのでしょう。また、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
アイランドキッチンのメリット・デメリット

アイランドキッチンのメリット

開放感がある
アイランドキッチンは作業スペースが独立しているのでとても開放感があります。背面キッチンと比べると、作業スペースも広く、リビングやダイニングに面しているので視界も広がり、とても作業しやすいです。

複数人で作業ができる
壁に接続するタイプのキッチンは、複数人で作業すると動きづらいということがあります。しかし、アイランドキッチンの場合、作業スペースが独立しているため、複数人で作業をしても、動きやすく快適です。

また、ダイニングと組み合わせることでダイニングをキッチン台としても利用できます。

家族とコミュニケーションが取れる
アイランドキッチンはリビングやダイニングに面しているので、キッチンで作業をしていても孤独になりません。リビングに設置してあるテレビを見たり、家族と話したりしながら作業することができます。

また、リビングに近い場所に設置することができるので、来客の多い家庭に向いています。

おしゃれでスタイリッシュなデザイン
アイランドキッチンは開放的で「魅せるキッチン」を演出できます。デザインにこだわる人にお勧めです。
ダイニングテーブルをくっつけたり、カウンターを設置することもできます。どちらか一方の面を壁と接続するなど配置の仕方も自由です。

アイランドキッチンのデメリット

開放感があり、おしゃれで快適なアイランドキッチンですが、デメリットもあります。

設置するには広いスペースが必要
アイランドキッチンはキッチン台の四方に通路を設けるため、広いスペースが必要になります。一般的にキッチンの空間は4.5畳程度ですが、アイランドキッチンの空間は7.5畳程度になります。

さらに、冷蔵庫を運ぶことなども考えると、廊下の幅も750㎜ほど確保しておく必要があるので、3畳ほど広さに余裕を持つ必要があります。どうしてもアイランドキッチンにしたいという場合は、背面にキッチン台を設けて、Ⅱ型キッチンというタイプにするのもいいでしょう。

においや油はねが気になる
アイランドキッチンは周囲に壁がないのでリビングやダイニングににおいが広がってしまします。防火制限からアイランドキッチンにはIHクッキングヒーターが使用されることも多いのですが、IHクッキングヒーターは上昇気流が弱いので、余計に湯気やにおいが広がってしまうでしょう。アイランドキッチンを取り入れるなら、換気設備にも気を配らなければいけません。

また、壁がないため、においだけでなく、コンロの周囲に油などが飛び散り、汚れてしまうというデメリットもあります。

作業スペースが丸見え
アイランドキッチンはオープンなキッチンのため、洗い物をためていたり、散らかっているのがとても目立ちます。日頃からきちんと手入れをしなければいけません。

収納スペースが少ない
アイランドキッチンは独立している分収納スペースを確保しにくいです。使いやすくするためには、シンクの下や背面のスペースをうまく活用することが重要です。

価格が高い
アイランドキッチンのリフォーム費用は従来のキッチンよりも高いです。収納スペースなどの設置も含めるとかなりの高額になる可能性があります。

開放感があり、作業スペースが広いのが魅力ですが、デメリットも多いです。アイランドキッチンへのリフォームのときだけでなく、このようなキッチンを取り入れる際は、よく考えましょう。

アイランドキッチンのリフォームで気をつけたいこと

アイランドキッチンのリフォームではどんなことに気をつけたらいいのでしょう。

アイランドキッチンへリフォームする際、既存のキッチンは壁付タイプがほとんどのため、配水管や排気ダクトの移動工事が必要になります。特に換気口が壁付近に設置されている場合、外部とつながっている部分を移動することは難しいです。そのため換気ダクトを新たに設置するコンロ上まで延長させる工事を行わなければいけません。

また、天井の構造によっては梁が通っており、排気ダクトを通すのが難しいこともあります。必ず確認してから見積りを行う必要があります。
アイランドキッチンのリフォームで気をつけたいこと

アイランドキッチンのリフォームにかかる費用

アイランドキッチンのリフォームにはどのくらいの費用がかかるのでしょう。

アイランドキッチンは従来のキッチンよりも1.5~2倍の価格になります。床や壁などの解体や張り替えの工事を行います。補修工事や電気設備、排気設備などの付帯設備工事の内容によっては200万円程度になることもあります。

不要なオプション品を避け、高価な素材を選ばなければ、150万円以下で設置することもできるでしょう。

まとめ

アイランドキッチンは広くて開放感があり、作業がしやすいなどのメリットがあります。しかし、収納がしにくい、においが広がるなどのデメリットもあります。

また、設置に必要なスペースがない、配管などの移動ができないなどで設置できないこともあります。

とてもおしゃれで、スタイリッシュなアイランドキッチンですがリフォームの際は、メリット・デメリットを知ることが大切です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家のリフォーム キッチンリフォーム

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!