生活110番辞典 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

もしものときに役に立つ!?キッチンの垂れ壁ってどんな壁なの?

2018-10-02

もしものときに役に立つ!?キッチンの垂れ壁ってどんな壁なの?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ふとキッチンから出ようとしたときにゴツン!
なんて、背の高い方なんかは経験があると思いますが、キッチンに天井から生えているような妙なサイズの壁がありますよ。他にも、「あれがなかったらキッチンがもう少し明るいのに……」「なんだか圧迫感があってキッチンに閉じ込められているような気分になる……」など様々な不満が上がるあの壁は、いったい何なのでしょうか。

あの壁の正体は「垂れ壁」です。ほとんどのキッチンには垂れ壁が設置されています。今回はこの垂れ壁についてご紹介していきます。

キッチンの垂れ壁って何?

垂れ壁とは天井から垂れ下がった壁で、途中までしかない壁のことをいいます。床の間の上部の壁や、対面キッチンにて流し台の上部に吊戸棚を付けるために設けられており「下り壁」とも言われています。

よく見てみれば各部屋に設置されていて、同じ家の中でも様々な高さになっていたりします。また、オシャレなものになるとガラスでできているものもあったりなど、近年はデザインの幅も出てきています。

キッチンに垂れ壁を設置する理由

ではなぜ、ほとんどのキッチンに垂れ壁が設置されているのでしょうか。これは、「防煙壁」の役割を果たしているからといえます。

防煙壁とは火災により発生する煙の拡散を防ぎ、避難を容易にするための設備の一つと建築基準法でいわれているものです。キッチンと他の居室との間に設けられ、天井面から50センチメートル以上、下がった垂れ壁が防煙壁と定義されています。

火災の際に煙の上に上がっていく性質を利用して、部屋中に煙が充満しないようにする役割を担っています。キッチンだけでなく部屋と部屋仕切りの壁等にも利用されています。

キッチンの垂れ壁の高さや構造

キッチンの垂れ壁はどのような構造になっているのでしょうか。

前述したように、キッチンの垂れ壁は防煙壁として天井面から50センチメートル以上、下がったものと定義されています。天井の高さにもよりますが、あまり大きすぎても頭をぶつけてしまいますし、一般的な家庭では50センチメートルを大幅に超えるサイズのものはあまり見られないでしょう。

構造としては普通の壁と同じで、木と石膏ボードでできていることがほとんどです。この石膏ボードが高い断熱性や遮音性を発揮しています。キッチンでご飯を作っているお母さんに声をかけてもなかなか気づいてもらえないのもこう理由があるからでしょう。

キッチンの垂れ壁は絶対に必要なのか?

ところでこのキッチンの垂れ壁、絶対に必要なのでしょうか。法律の名前がでてきたので必ず必要に思えますが、実はそうではないのです。戸建住宅の場合は、ある条件を満たせば垂れ壁が撤去できます。

その条件とは、キッチンのガスコンロ(火回り)に不燃材料を使うことです。不燃材料とは、火災が発生して火熱が加えられた場合に、20分間は燃焼しないという素材のことです。火や煙を防ぐために設置されているため、他に火災の対策ができれば撤去することも可能、ということです。
キッチンの垂れ壁は絶対に必要なのか?

キッチンの内装制限について

ここで、キッチンの垂れ壁にも大きく関わってくる「内装制限」についてもまとめておきましょう。

内装制限とは、建物内部で火災が発生した際に、内装が激しく燃えて火災や煙が広がったり、有毒なガスが発生したりして、内部にいる人間の非難を妨げる状況がないように規定されているものです。先ほど挙がったキッチンの垂れ壁もこの内装制限に規定されているものですので、撤去には他の火災対策が必要だということです。

そもそも、垂れ壁は「キッチンとダイニング」にするか「ダイニングキッチン」にするかというスペースを分けて、内装制限の適用範囲を調節したりする役割もあります。また、IHコンロだとガスコンロのような内装制限が適用されないなど、素人には判断が難しい部分もあります。

このように垂れ壁を取り巻く内装制限は複雑な規定であるので、気になる方は専門家に相談したり、話を聞いてみたりするとよいでしょう。
キッチンの内装制限について

まとめ

いかがでしたでしょうか。気になる方にとっては目についてしょうがないキッチンの垂れ壁。頭をぶつけたり、キッチンを暗くしてしまったりと嫌な面に目が行ってしまいがちですが、火災などいざというときには私たちを守ってくれる大切な存在です。

しかし、一方で条件さえ満たせば撤去も可能ということもあり、リフォームとしてこの垂れ壁の撤去を検討される方も多いようです。

もし撤去をお考えの際は、建築基準法であったり、内装制限であったりといった様々なルールがありますので、必ず専門家にご相談ください。当サイトをご利用いただければ、あなたにぴったりの業者がきっと見つかることでしょう。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-10-02 10:20:08
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_kitchin/15762/
家のリフォーム
[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] ふとキッチンから出ようとしたときにゴツン! なんて、背の高い方なんかは経験があると思いますが、キッチンに天井から生えているような妙なサイズの壁がありますよ。他にも、「あれがなかったらキッチンがもう少し明るいのに……」「なんだか圧迫感があってキッチンに閉じ込められているような気分になる……」など様々な不満が上がるあの壁は、いったい何なのでしょうか。 あの壁の正体は「垂れ壁」です。ほとんどのキッチンには垂れ壁が設置されています。今回はこの垂れ壁についてご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム キッチンリフォーム

キッチンリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら

キッチンリフォームについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!