生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

低温調理器でおいしい料理を作ろう!選び方とおすすめ商品紹介します

投稿日:2019-01-23 更新日:2019-10-30

生活・低温調理器でおいしい料理を作ろう!選び方とおすすめ商品紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

普段の料理を美味しく食べることができる「低温調理」ってどのようなものかご存知ですか。低温調理をすれば、お肉から水分が抜けることなくジューシーな料理が作れるのです。美味しい料理が作れたとしても、手間がかかると考えている人もいらっしゃるでしょう。

フリーザーバッグに下味をつけた食材を鍋に入れて低温調理器のボタンを押したら、あとは時間が経つのを待つだけなのです。調理を待っている間は、目を離して別の料理を作る時間にあてることができます。

低温調理器にもさまざまな種類が販売されており、自分に適したものを選ぶことがうまくできないかもしれません。そこで、低温調理器を選ぶときに役立つポイントを紹介します。ポイントを押さえておくと、低温調理器が選びやすくなるでしょう。

低温調理ってどういうもの?

低温調理ってどういうもの?
お肉を調理するときにフライパンを使って焼くことが一般的ですが、いきなり温度の高い状態で加熱するとお肉が硬くなりやすいです。この硬くなりやすいお肉を柔らかく美味しく調理する手法のひとつとして、低温調理が使われています。

お肉を焼いたときに硬くなる原因は、お肉に含まれているたんぱく質のひとつであるアクチンの性質が変わることでおきます。高温で焼くとアクチンの性質が硬くなり、水分を減らしてしまうのです。この変化がおきる温度は66~73度くらいといわれており、低温調理で加熱すればアクチンが変化せずにすみます。

低温調理は、低い温度で調理することができるだけではありません。低温調理をすると、お肉や野菜の中心までムラなく火を通すことができるのです。フライパンなどでお肉を焼くときは表面から中心に向かって熱が入るため、中心までしっかりと加熱しようとすると表面がこげてしまいます。

対して、低温調理の場合は低い温度でじっくりと時間をかけるため中心まで熱を通せるのです。表面と中心の温度が変わらないため、加熱しても美味しい状態を保てます。また、中心まで熱が通っておらず、生焼けになってしまうこともないでしょう。

低温調理の仕組みは、熱伝導と呼ばれる温度が高いものから低いものに移動する特性を使っています。鉄やステンレスなどの金属は、熱伝導率が高くフライパンですばやくものを加熱することが得意です。しかし、金属は食材を覆うことが難しいため低温調理には適していません。

空気の熱伝導率は、金属や水よりも低いため低温調理には向いていないです。冷凍食品を空気で解凍すると時間がかかることに近いものになります。さらに、空気中に食品をおいておくと食中毒の原因となる細菌が繁殖するおそれがあるのです。

そこで、金属でも空気でもなく低温調理には水が使われています。水は、金属と同じように熱伝導率は高いわけではありませんが、空気の10倍以上も熱伝導率をもっているのです。低温調理したい食材を水に入れれば、しっかりと覆うことができ空気に触れないため細菌が付着する可能性を減らすこともできます。

低温調理器で簡単にプロの料理が作れる!

低温調理器で簡単にプロの料理が作れる!
低温調理器を使うと温度の管理がしやすいので、自分で作ることが難しいと感じる料理も中心まで火が通った状態にすることができます。低温調理を使って作った料理は、お肉も柔らかく水分が含まれたジューシーなものになるのです。野菜を低温調理しても、柔らかく甘みを感じるものになります。

低温調理器を購入したら試してほしい料理のひとつが、ローストビーフです。ローストビーフを一般的に作るには、フライパンにお肉を塩、こしょうを塗り込んで5分ほど入れます。5分ほど火を通したら、お肉に焼き目をつけるために2分程度焼きましょう。すべての面に焼き目がつけば、さらに6分焼いた後にアルミホイルで30分おいておけば完成です。

ローストビーフを作るときに一番重要なことは、火加減であるといわれており、火が強すぎるとお肉の中心まで焼けてしまい赤みがなくなってしまいます。赤みがなくなってしまうほど焼けてしまうとローストビーフにはならず、ステーキになってしまうでしょう。さらに、お肉の表面がこげてしまい残念なものになってしまうかもしれません。

しかし、火が弱すぎると中心まで適切に火が通っておらず、生焼けのローストビーフができます。生焼けだと、お肉含まれている細菌が残ったまま死滅していないことがあるのです。もし、細菌が残ったままのローストビーフを食べてしまうと、食中毒になってしまうおそれがあります。

このようにローストビーフのようにお肉の中心に赤みを活かしたい料理を作るときは、温度管理が重要になるのです。フライパンだと火が通っているかいないか、火加減を調節することが難しいかもしれません。低温調理器を使えば、一定の温度を保つことができ、お肉がこげてしまうことや生焼けになってしまうことを簡単に防げます。

ローストビーフを低温調理器で作るときは、お肉を加熱するまえにあらかじめ下ごしらえをしておきましょう。お肉に塩、こしょうを塗り込んで1日程度漬け込みます。1日程度漬け込むと、お肉の中までしっかりと下味が染み込むのです。

お肉に下味をつけたところで、軽くお肉に焼き色をつけます。低温調理器は、加熱する温度が低く焼き色がつかないので、あらかじめフライパンで焼き色をつけていきます。フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて、強火でお肉の全体を焼きましょう。軽く焼き色がついたら、フライパンから取り出してあら熱を取り除いておきます。

あら熱を取り除いたら低温調理器を使って、お肉の中まで火を通すことが大切です。低温調理する時間や温度はお肉の種類や状態によっても変わってきますが、60℃で2時間じっくりと加熱しましょう。一般的に温度があがればあがるほど、加熱時間が短くてもよい特徴があります。

決めた時間まで加熱できたら、低温調理器からお肉を取り出して10分ほどかけて熱を冷ましましょう。最後にお肉を食べやすいサイズに切ったら、ローストビーフの出来上がりです。お肉の表面は焼き色がついているにもかかわらず、中身は柔らかく赤みがきれいなローストビーフになります。

赤みの部分にしっかりと火が通っているか心配があるときは、低温調理器を加熱するときに温度計をお肉に入れておくとよいかもしれません。お肉の中心の温度がどれくらいなのか把握できるため、食中毒を防げます。

作ることができる料理はローストビーフだけでなく、食材にあわせてさまざまな料理が作ることができるのです。たとえば、鶏肉を活かした料理になると、低温調理器で鶏肉を加熱するまえにねぎと生姜で簡単な味をつけるだけで美味しいものができます。

牛肉や鶏肉を使った料理だけでなく、魚料理も下味をつけて低温調理器で加熱すれば作れてしまうでしょう。まぐろをフリーザーバッグに入れたら赤ワインを少々入れたら、低温調理器で加熱するだけでまぐろのコンフィが作れてしまうのです。どの料理も下味をつけたら、低温調理器で加熱するだけなので誰でも簡単に作れてしまいます。

低温調理器の使い方

低温調理器で調理をするには、いくつか準備をする必要があります。あらかじめ用意しておくものは、「低温調理器」「食材」「フリーザーバッグ」「鍋」です。鍋に入れた水の温度をあげるために低温調理器を鍋に設置します。

低温調理器を鍋に設置する方法は、低温調理器の機種によって異なりますが、そのまま鍋に入れるだけのものや低温調理器にねじを調節して、鍋を挟むものがあります。鍋に入れるだけのものは、すぐに使えるので使うまでの手間が少なくてすむでしょう。

鍋を挟むものはしっかりと安定して設置できるため、水や食材を入れても低温調理器が動いたり邪魔になったりすることはありません。垂直に設置できるので、低温調理器本体にある最低水位と最高水位をしめした線を把握して水の量を調節しやすい特徴もあります。

低温調理器を鍋の中に入れたら、鍋に水を投入していきましょう。低温調理器ごとに適切な量が決まっており、その範囲を超えないように気をつけながら注ぎます。低温調理器の上部に水がかかると故障するおそれがあるため、鍋のふちから水を注ぐことが大切です。水を鍋に注いだら、電源プラグをコンセントに差し込みます。

コンセントに差し込むと低温調理器の電源が自動的に入り、液晶画面が搭載されていると、現在の水の温度が表示されることが多いです。

低温調理器によっては、Bluetooth接続をするとスマートフォンのアプリで設定を操作できるのです。低温調理器本体でも操作できますが、手間がかかるためスマートフォンをもっている人はインストールしておくとよいかもしれません。低温調理器には温度を設定するだけでなく、タイマー機能を使ってあらかじめ加熱時間を決めておけるのです。

低温調理器の準備ができたところで、つぎに食材を鍋に入れる準備をします。食材を鍋にそのまま投入すると水に浸かってしまうため、食材が水に触れないようにフリーザーバッグに入れましょう。食材を入れたら空気が入らないように閉じておくと、食材が加熱されやすくなるのです。

食材の準備ができたら低温調理器を設定して水温をあげます。温度が高くない状態から食材を鍋に入れてしまうと、細菌が活動するおそれがあるため、設定した温度になってから鍋に入れるようにします。

低温調理器は、水の温度が低く沸騰することがないため、放っておいても問題ありません。待っている間に別の料理を作る時間にあてることができるのです。目を離しても沸騰をすることはないことから別のことをしてもよいでしょう。

低温調理器を選ぶときにチェックしておくべきポイント

低温調理器で作ることできる料理や使い方を押さえたところで、低温調理器を選ぶときにチェックしておきたいポイントを紹介します。自分が重要としたいポイントを見つけると、ぐっと低温調理器が選びやすくなります。

加熱できる温度

低温調理器によって、加熱できる水の温度が異なります。一般的に低温調理するときに使う50~80℃程度の温度は、どの低温調理器でも加熱できるため問題ありません。しかし、90℃を超えるような高い温度で加熱したい人は対応しているものを選ぶとよいです。

必要な消費電力によっても、加熱するときのパワーが異なります。大きな食材を加熱したい人は、消費電力が大きいものを選ぶとよいかもしれません。低温調理器によって設定できる温度の単位が異なるため、丁寧に料理を作りたい人は0.1℃単位で調節できるものを選ぶとよいでしょう。

一度に加熱できる水量

低温調理器によって一度に加熱できる水量が異なり、大きな食材を加熱したいときは水がたくさん必要になります。水を加熱する以外にもスープを保温することにも低温調理器が使えるのです。

普通の鍋を使って保温すると、スープがこげることもあり保温が難しいかもしれません。低温調理器を使って設定しておけば、スープがこげることや冷めることなく保温できます。

フリーザーバッグを真空にできるか

低温調理器によっては、食材を入れたフリーザーバッグを真空にすることができるものがあります。フリーザーバッグを真空にできると、食材に直接熱を通しやすくなるのです。空気が含まれていると、食材に熱が通りづらく加熱してもおいしくなりづらいです。

日本のコンセントに対応しているか

低温調理器は海外製のものも多く、電源プラグが2ピンではなく3ピンになっているかもしれません。これは変換プラグを使えば、日本のコンセントに差し込むことができますが、手間がかかります。日本製の低温調理器を購入すれば、日本の電源プラグと同じであるため安心です。

アプリを使って遠隔操作できるか

スマートフォンのアプリを使って、遠隔操作できるものもあります。アプリを使って操作できれば、低温調理器が目の前になくても温度調節が簡単にできるのです。アプリを切り替えれば、レシピを見ながら料理することもできるので手間も少なくなります。

お手頃価格で最低限の機能の低温調理器

低温調理器を試してみたいと考えている人に、おすすめの低温調理をするのに必要な機能を備えているものを紹介します。どの低温調理器も扱いやすいため、低温調理した料理を食べてみたい人に適しています。


【真空低温調理器】欧米で人気 ミディアムレアのお肉が作れる BONIQ ボニーク (黒)

すっきりとしたデザインで、キッチンにおいても雰囲気を損ねずに高級感を高めた低温調理器がほしい人におすすめです。質感を高めると同時に触り心地をよくするため、本体上部はラバーコーティングがされています。キッチンに新たな場所を用意する必要がない、スリムなデザインです。

操作がしやすいようにボタンが3つしか用意されておらず、温度と時間を設定したらスタートボタンを押すだけです。温度や時間を把握しやすいよう、ディスプレイは大きく作られています。

さまざまな低温調理が楽しめるように、120以上のレシピが公開されているのです。レシピを参考にすれば、お肉やお魚料理はもちろん簡単に作れ、スイートポテトやヨーグルトといったスイーツも作ることができてしまいます。


AUKUYEE 低温調理 真空調理法 簡単に水温調整できる 調理器具 Sous vide 水温制御クッカー 肉や魚などの食材を美味しく調理 低温調理器 日本語マニュアル付き

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

低温調理器を試してみたいと、考えている人におすすめです。お手頃価格で購入できるものであるため、低温調理を試してみるには一番適したものになっています。設定温度やタイマーの時間が見やすいように大型のディスプレイを備えているのです。

最大温度は99.9℃で0.1℃刻みで調節できるため、低温調理をするのには困りません。電源コードの長さも1.2m用意されていることから、十分に距離があります。90日間の保証が用意されているため、もしものことがあっても安心です。電源プラグの形が3ピンなので、日本で使う場合には変換プラグを用意する必要があります。


TINTON LIFE低温調理器 お料理用 水温制御クッカー スロークッカー 真空調理器 家庭用

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

鍋の中の水温を均一にする機能が搭載されているものがほしい人に、おすすめの商品です。サーキュレーションを使うことで水温を均一にでき、食材の熱の通り方に偏りがない仕組みになっています。ねじを使って鍋に設置するため、安定した使い方ができるでしょう。

最大で100℃まで水の温度をあげることができ、0.1℃ずつ調整することも可能です。電源プラグは3ピンであるため、あらかじめ変換プラグを用意しておきましょう。鍋の容量は最大で19Lまで対応しているので、2人分の料理をまとめて作るようなときに適しています。製品保証も1年間あるので壊れてしまったときも安心です。


簡単に低温調理ができる「マスタースロークッカー」 SOVDCOOK ※日本語マニュアル付き サンコーレアモノショップ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

低温調理器だけでなく、簡単にフリーザーバッグを真空にできるハンディ真空パック器がついているものがほしい人におすすめです。フリーザーバッグを真空にするとより食材に味が染み込むため、美味しくなります。

25~99℃の間で0.1℃刻みで自由に温度を調整できるため、決められた温度を維持できます。水を循環する機能も搭載されているので、水温を均一に保つことも難しくありません。日本語の取扱説明書もついているため、はじめて低温調理をするときも困ることもないでしょう。保証期間も1年間ついていることもうれしい点です。


サンセイア SANSAIRE スーヴィードシェフ SA15jp Sous Vide 恒温調理器 真空調理法 低温調理法 スロークッキング ローストビーフにもおすすめ 真空パック調理

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

コードの長さが、一般的な低温調理器よりも長いものがほしい人におすすめです。この低温調理器のコードの長さは1.75mもあるため、コンセントから離れた場所でも低温調理をすることができます。

対応している温度も0℃から99.9℃までと幅広くとられているため、料理にあわせた使い方ができるのです。対応している鍋の大きさも、深さが16.5cm以上で最大16.7Lまでのものになります。低温調理をしたことなくても料理ガイドがついているため、調理には困りません。

日本製の低温調理器

品質が高いといわれている日本製の低温調理器を紹介します。日本製の低温調理器であるため、壊れにくいだけでなく、電源プラグを変換する必要もないので安心して使えるものです。


ROOMMATE 低温調理器ビストロ・リッチ EB-RM45D

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

電源を入れてボタンを押すだけで、低温調理器を使うことができるものがほしい人におすすめです。使うときには、コンセントに差し込んで電源を入れたら必要な温度まで簡単にあがります。タッチパネルではなくボタンを採用しているため、ぬれた手でも誤作動がおきず操作しやすいです。

設定できる温度の範囲は、室温から最大で95℃までになっています。水の温度を効率よくあげるために、本体の下部にスクリューが用意されているのです。スクリューが回転すると水全体に熱がいきわたるため、偏りなく食材を加熱できます。コードの長さは1.2mほどあることを活かして、コンセントから距離が離れた場所で使ってもよいでしょう。


調理器具 家庭用真空低温調理器 ギンザオリーバル スーヴィードクッカー 幅13cm 奥行7.2cm 高さ36.5cm

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

食材ごとに適した加熱時間を設定して、加熱時間が過ぎたら教えてくれる低温調理器がほしい人におすすめです。食材ごとに最適な温度が決められているため、自分で調べたり試したりする必要なく調理できます。

シェフが監修したオートメニュープログラムが用意されているため、この機能を使えば簡単に低温調理を使えるようになります。クールダウンと呼ばれる機能が搭載されており、加熱する時間が終わると自動的に鍋の温度が下がらず温かい状態のままです。

専用のフリーザーバッグがついているため、食材さえ用意すれば届いたその日から低温調理を楽しめます。温度の調整は0.1℃刻みに調整でき、0~99.9℃までの幅広い範囲で加熱することもできるのです。


低温調理器/62-9238-81

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

低温調理器が、水にぬれても壊れない防水性能に優れたものがほしい人におすすめです。IPX7と呼ばれる防水規格に対応しているため、水が液晶や本体にかかっても問題なく使えます。

パワフル循環機能と呼ばれるポンプを使って、水全体が均一な温度にすることも可能です。電源プラグの規格はAC100Vであるため、変換プラグを使わずに動作できます。鍋に設置する方法は、ねじを使って挟むだけなので誰にでも使えるのです。

温度調整は0.1℃刻みで調整でき、最大で95℃までの温度にすることもできます。最大で30Lもの大型の鍋にも対応しているため、大きな食材やまとめて加熱することもできるのです。


Kai House 低温調理器 The Sousvide Machine [DK-5129]

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

フリーザーバッグを真空にできる機能が、搭載されている低温調理器がほしい人におすすめです。真空にしてから低温調理をおこなうと、食材に無駄なく火が通りやすい特徴があります。

0.1℃刻みに最大95℃まで温度をあげることができるため、さまざまな料理に活かすことができます。タイマー機能も搭載しており、作る料理に応じた使い方もできるでしょう。

低温調理器を使った専用レシピを用意されているので、どのように使ったら美味しい料理ができるかわからない人でも安心して使えます。お肉やお魚の料理だけでなく、温泉卵やデザートなども作ることができるため、料理の幅が広がるかもしれません。

デザインがカッコいい低温調理器

低温調理器にもおしゃれでカッコいいデザインをしているものが販売されています。おしゃれなものだと、キッチンにおいてもインテリアのひとつとしておいておくことができるものです。そんなデザインに優れたカッコいい低温調理器を紹介します。


富士商 Felio Sousvide cooking 低温調理器 F9575

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

上下が白と黒を基調としたシンプルなデザインの低温調理器がほしい人におすすめです。上部の操作画面は大きなボタンが5つあるだけで温度やタイマーを設定することも簡単にできます。

水温は0.5℃刻みに、最大で95℃までにすることができるようになっています。タイマーの設定も99時間まで対応しているため、低温調理に欠かせない時間管理もばっちりです。タイマーが完了したときには、電子音がなって知らせてくれる機能も搭載されています。電源プラグも2ピンになっているので、変換プラグを使用する必要はありません。


AUKUYEE 低温調理器 Sous Vide 真空調理器 お料理用 水温制御クッカー スロークッカー 日本語マニュアル 1100w HQ03

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

低温調理器の状態が、一目でわかるデザインをしているものがほしい人におすすめです。全体のデザインは、黒を基調としたもので落ち着いた雰囲気があります。使用するときは、背面にクリップで鍋を挟むだけで低温調理ができるので、すぐに低温調理をおこなえるでしょう。

本体の上部にはライトが搭載されているため、低温調理器がどのような状態かを瞬時に判断できます。ライトの種類は、水温をあげている状態の青色、低温調理ができる状態の緑色、タイマーが完了した赤色です。Wifiに接続すれば、スマートフォンやタブレットから遠隔で低温調理器を操作することもできます。

0.1℃刻みに25~99.9℃の範囲内で水温を設定できるのです。水を循環させる機能が搭載されているので、水温も均一に保つことができます。明るいところや暗いところでも操作できるタッチパネルを採用しているため、凹凸が少ないすっきりとしたデザインです。


Anova Culinary Precision Cooker Bluetooth対応 800ワット Black PCB-120US-K1 [並行輸入品]

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

BluetoothやWifiに接続すると、スマートフォンやタブレットのアプリケーションから操作できる低温調理器がほしい人におすすめです。iOSとAndroidに対応しているため、安心して購入することができます。

水温は前面にあるホイールを動かすと操作でき、最大で99℃まであげられるのです。最低水量に満たない場合には、警告音を出して知らせてくれるため安心して使えます。電源プラグは3ピンが使われているので2ピンにする変換プラグを用意しておきましょう。

低温調理時に注意すること

低温調理時に注意すること
低温で調理をするため、細菌が繁殖してしまうおそれがあります。細菌が繁殖している食品を食べると食中毒になるかもしれません。

食中毒を防ぐために、食材ごとに必要な温度と時間を把握しておく必要があります。たとえば、牛肉だと58℃の温度で60分、鶏肉だと60℃の温度で60分です。どれも安全に食べるために必要なことになっています。

低温調理をする温度や時間だけでなく、料理をするときに衛生管理は重要なことです。料理をするときに使う包丁やまな板は、清潔であることを維持し細菌が増殖する環境を防ぎましょう。使用する食材もできるだけ新鮮なうちに使いきるようにして、細菌がたくさんいる食材を減らすことが大切です。

ほかにも細菌が多い手で、直接食材に触れないようにグローブをするとよいかもしれません。低温調理が終わって保温するときは、細菌が増殖しづらい温度である55℃以上を保つようにします。調理した料理はできるだけ早く食べることも、細菌が増殖しないためおすすめです。

まとめ

高温で焼くとお肉に含まれているたんぱく質が変化して水分が少なくなることや硬くなってしまいます。低温調理器は、フライパンを使って高温で焼くのとは異なり、60~70℃の温度でじっくりと食材に火を通せるものです。そのため、低温調理器を使うとお肉の水分を保ちつつ、ジューシーな状態を維持して美味しいお肉ができるのです。

低温調理器を使うと、美味しく作ることが難しいローストビーフも簡単にできます。ローストビーフだけでなく、お魚や野菜を低温調理して美味しく作れるのです。多くの料理は、フリーザーバッグに食材を入れて下味をつけるだけなので手間がかからずに作れるでしょう。

低温調理器を選ぶときのポイントは、加熱できる温度や水量を考えておくとよいかもしれません。料理によって必要な温度が異なり、食材の大きさに応じて必要な水量も異なるからです。また、Wi-FiやBluetoothに接続するとスマートフォンやタブレットから操作できるものもあったりします。どの商品も低温調理をするために必要な機能が搭載されているため、安心して購入できます。

低温調理器をおく場所がなくキッチンのスペースを広げたいときには、キッチンリフォームを依頼するとよいかもしれません。使いやすいキッチンにすると料理もはかどることでしょう。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-30 11:49:29
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_kitchin/129975/
家のリフォーム
普段の料理を美味しく食べることができる「低温調理」ってどのようなものかご存知ですか。低温調理をすれば、お肉から水分が抜けることなくジューシーな料理が作れるのです。美味しい料理が作れたとしても、手間がかかると考えている人もいらっしゃるでしょう。フリーザーバッグに下味をつけた食材を鍋に入れて低温調理器のボタンを押したら、あとは時間が経つのを待つだけなのです。調理を待っている間は、目を離して別の料理を作...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム キッチンリフォーム

キッチンリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら

キッチンリフォームについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!