生活110番辞典 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

給湯器交換の前に知っておきたい!種類・メーカー・費用について

2018-07-03

給湯器交換の前に知っておきたい!種類・メーカー・費用について

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

水回りリフォームの無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラ

快適な生活に欠かすことのできない給湯器ですが一度購入して設置すると、次に交換する機会は数十年先という方も多いはずです。給湯器の交換を検討しているけれど、今ある種類やメーカーがたくさんあってどれにすればよいのか分からなかったり、迷ったり、交換するのを先延ばしにしたりしていませんか?
ここでは給湯器選びのポイントや掛かる費用の目安、交換を依頼する業者について説明していきます。

水回りリフォームのおすすめサービス

給湯器の種類について知ろう

給湯器の種類には、給湯システムによって分けたものと、電気やガスなどの熱源によって分けたものがあります。
給湯システムで見た場合は、「貯湯式」と「瞬間式」の2つに分けられます。

給湯システムにみる種類の違い

■貯湯式
「貯湯式」は、電気代やガス代が安価になる深夜から早朝にかけてお湯を沸かしておき、貯湯タンク内に蓄えられるシステムです。ですので光熱費の節約が期待できる一方で、使えるお湯の量に限りがあります。お湯を使い切ってしまうと、新しいお湯が沸くまでに時間がかかってしまうのが難点です。

■瞬間式
「瞬間式」は、お湯を使いたいタイミングで瞬間的にお湯を沸かせるシステムです。貯湯タンクの設置が不要で本体そのものがコンパクトであるため、場所を取りません。ただし、瞬間式は構造が複雑であるため故障しやすく、維持費がかかります。

熱源別にみる種類の違い

熱源別に分けた場合は、以下のものになります。

■ガス給湯器
都市ガスやプロパンガスを燃料とする給湯器がポピュラーなものと言えます。
一度にいろいろな場所でお湯を使用しても水圧が安定し、大きさも大小さまざまであるため、都市部で密集している住宅にも取り付けられるものですが、運転音が大きいため、設置場所には気を付ける必要もあります。
また、屋内に設置する場合は、給排気設備が必要です。

■電気給湯器
電気による給湯器には「電熱ヒーター式」と「熱交換式」の2種類があり、いずれも「貯湯式」になります。

「貯湯式」ですので、電気料金が割安となる深夜から早朝にかけてお湯を蓄えてくれるため、光熱費の節約が期待できます。給排気設備や配管工事も必要ありません。ただし、水圧が低いので使えるお湯の量に限りがあるというデメリットは頭に入れて置きましょう。

■石油給湯器
石油を燃料とする給湯器です。給湯力が高く、比較的ランニングコストがかからないタイプです。主に寒い地方で使われています。しかし、運転音が大きく、定期的に給油する必要があります。設置場所も屋外が一般的です。

■ハイブリッド給湯器
電気とガスを用途によって使い分けられる給湯器です。電気式とガス式、両方のメリットを備えているため、ランニングコストを削減できると言われています。ただし、導入費用が高く、サイズが大きい傾向があります。

給湯器の種類について知ろう

給湯器の人気メーカーってどこ?購入先の選択肢は?

日本国内では、約20のメーカーが給湯器を製造しています。その中でも代表的といわれている企業は、Rinnai(リンナイ)、NORITZ(ノーリツ)、Paloma(パロマ)、PURPOSE(パーパス)の4社になります。

熱源別にメーカーシェアを見ると、上位企業はそれぞれ大きく異なります。
ガス給湯器ではリンナイ、ノーリツが市場をほぼ2分、電気給湯器(エコキュート)では、パナソニック、三菱電機、ダイキン工業、コロナが上位を占めます。そして、石油給湯器ではノーリツ、長府製作所、コロナが市場を寡占している状態です。

給湯器の性能・品質は、メーカーによって大きな違いがあるというわけではありません。しかし、メーカーごとの特徴はあります。代表的な給湯器メーカー4社の特徴を見ていきましょう。

リンナイ

国内のガス器具メーカーとしては、最も知名度の高いメーカーだと思われます。そのため、リンナイの給湯器を扱っている設置業者は数多く存在しています。リンナイの給湯器は、省エネと軽量小型化にこだわったものがそろっています。

ノーリツ

ガス器具メーカーとしては、最大手といわれています。ノーリツの給湯器は、熱効率が高く、様々な設置状況にも対応することができます。故障を前提とした設計・アフターサービス体制を持っているため、スピーディにメンテナンスできるのも特徴です。

パロマ

商業用・家庭用大型ガス給湯器で全米No.1のシェアを誇るリーム社を傘下に入れる世界的なガス給湯器メーカーです。パロマの給湯器は扱いやすく、多彩な機能がついています。
また、事故やトラブルを未然に防ぐための部署が設置されています。

パーパス

上記3大メーカーに比べると知名度は低いですが、すぐれた機能が多いのが特徴です。半身浴モードや入浴時の消費カロリー表示など、ユニークな機能も備えられています。

給湯器の人気メーカーってどこ?購入先の選択肢は?

交換するのにかかる費用の相場と内訳について

給湯器の交換で、もっとも気になるのは交換にかかる費用でしょう。給湯器の交換には、給湯器本体を購入する費用と、給湯器を交換・設置するための工事費用がかかります。
給湯器の交換に必要な費用は、どのくらいのものなのでしょうか?

給湯器の本体価格

給湯器は、性能や機能など仕様の違いによって価格が大きく異なります。また、給湯器メーカーや給湯器販売業者によっても大きく値段が異なります。

メーカーの小売価格は、仕様によっては約10万円のものから90万円を超えるものまで幅広く設定されています。
しかし、給湯器の取り扱いが多い販売業者は、メーカーから安く仕入れることができるため、ほとんどの業者はこの値段から割引してくれます。

そのため、リンナイ、ノーリツなど給湯器メーカーから購入する場合は、販売業者から購入するよりも割引が少ないと言われています。反対に給湯器の販売業者は3~6割程度、給湯器のタイプによっては8割近く割引してくれるそうです。
その場合の相場は、約2万円から約42万円まで引き下がります。

同じ給湯器でも、業者や給湯機の機種によって割引後の金額にはかなりの幅があります。業者選びは慎重に、複数の相見積もりをとって検討しましょう。

交換工事費用

給湯器を同タイプのものに交換し、配管や給湯箇所を変更しない標準工事の場合、給湯器メーカーでも販売業者、施工業者でもほとんど変わらず3万円~5万円が相場です。
給湯器の号数によって工事費用が変わることはありませんが、給湯箇所の変更や設置方法の変更を行う場合、部品の交換が必要な場合は、別途その分の費用がかかります。

交換工事の費用は、次のような内訳になっています。費用は目安ですが、見積りを取った時などの参考になります。

・取り付け工事費   15,000円
・給水結び替え費   8,000円
・給湯結び替え費   8,000円
・リモコン結び替え費 12,000円
・ガス結び替え費   12,000円

交換するのにかかる費用の相場と内訳について

業者を選ぶとき、何をポイントに決める?

過度に安い業者に頼んだ結果、手抜き工事をされた。費用が高くつくのに保証やアフターフォローがない。そんなトラブルにみまわれないために、業者を選ぶときの注意点について説明します。
▼他社の見積りと比較して費用が安すぎないか
相場や他社に比べて費用が安くつきすぎている業者があった場合は、担当者に説明を求めましょう。対応が親切で丁寧、納得のいく説明をしてくれる業者は信用できます。

▼保証やアフターフォローはあるか
万が一に備え、保証やアフターフォローのある業者を選んだ方が良いでしょう。地元の業者であれば、再度の依頼にもすぐに駆けつけてくれるというメリットがあります。

▼必要な資格を持っているか
給湯器の交換作業を行うには、資格が必要です。しかし、無資格で工事する業者が多いのも事実です。必要な資格を調べた上で、それらの資格を有している業者かどうかを調べましょう。

水回りリフォームのおすすめサービス

まとめ

毎日温かいお風呂に入るために、給湯器はなくてはならない機器です。給湯器交換には高い費用が必要ですが、それだけに慎重に本体と業者を選ばなければなりません。
また、給湯器の寿命は10年といわれています。トラブルにみまわれる前に、給湯器の交換を検討してみるのも良いかもしれません。
また、本当に交換が必要なのかどうか迷われているなら、過去コラム「給湯器は10年目くらいが寿命?お湯が出なくなったら、まず確認しておくべき故障パターン別のチェックポイント 」をご参考ください。

給湯器の交換をご検討中の方は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番 」の「水回りリフォーム 」をご覧ください。

水回りリフォームのおすすめ業者を見る

水回りリフォームの無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-07-03 18:03:31
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_kab/8014/
家のリフォーム
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 水回りリフォーム

おすすめ記事

水回りリフォームのお問い合わせ・ご相談はこちら

水回りリフォームについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986