生活110番辞典 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

外断熱方法にはメリットがたくさん!暑い夏も寒い冬も乗り切ろう!

2018-10-02

外断熱方法にはメリットがたくさん!暑い夏も寒い冬も乗り切ろう!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

窓などに結露が発生しているまま放置していませんか?そのままにしておくとカビが発生したり、窓枠の金属部分などがサビついてきたりします。結露が発生する原因は部屋の中と外の温度差が関係しています。

そのため断熱性を高め、部屋の中と外の温度に差がですぎないようにすることが重要になってきます。
家の断熱性を高くすれば、結露の発生を防ぐだけでなく、外気からの影響を受けにくくなります。冷房や暖房も効きやすくなり、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができるのです。

もっとも効果的な断熱方法として外断熱工法があげられます。そこで今回は外断熱工法のメリットを詳しく説明していきます。

断熱材にはどんな種類がある?

断熱材とは、外からの熱などが部屋に入らないように遮断をし、温度を一定に保たせるために使用する素材になります。部屋の中と外の温度が違うと結露が出てきやすくなるため、断熱材を使用することで防ぐことができるのです。

断熱材には、繊維系断熱材と発泡系断熱材の2種類があり、それぞれ代表的なものを紹介します。

繊維系断熱材

・グラスウール
リサイクルできるようなガラスを溶かして繊維状にしてあるものです。低コストででき、吸音性もあるため、断熱材の中でも色々な場所に使用されている素材です。

・ロックウール
火山岩や鉱石などを溶かして繊維状にしたものです。採取しにくく手間もあるため、コストがグラスウールより高めですが、耐熱性や防音などの効力はロックウールの方が高いです。

発泡系断熱材

・ポリスチレンフォーム
発泡スチロールとも呼びます。ポリスチレンと火が燃え広がらないようにするために使う、難燃剤を混ぜて作られます。発泡スチロールは98%が空気でできているので軽量であり、保温性、クッション性も高いです。

・フェノールフォーム
フェノール樹脂を使ったプラスチックの断熱材です。断熱性が高く、特に外断熱工法などに向いています。また他の素材と比べても経年劣化しにくく、長期間で高い断熱性を維持できます。

断熱材にはどんな種類がある?

室内温度が一定!外断熱工法のメリットとは?

外断熱工法のメリットは、部屋と外の温度差から出てくる結露を防ぐことができることです。結露が発生すると、そこからカビが発生してしまったり、サビやすくなってしまったりしまいます。

外断熱とは、外の温度と部屋の温度の差があまりでないように外に断熱材を設置するため、寒い時期でも結露が発生しにくくなるのです。家の内側にも外側にも強くなるので家自体も劣化しづらく長持ちします。

費用がかかる…外断熱工法のデメリット

設置した後のメリットが非常に多い外断熱工法ですが、費用の高さがデメリットの一つです。
外断熱工法の場合は断熱材を家の外側に設置するので天気が良くないと作業ができません。天候が次第では、工事自体の期間も長めになることがあります。

また、日本では他の国に比べると外断熱は、まだあまり主流ではないため外断熱専門の業者さんが少なく、どうしてもその分コストもかかってきてしまうのです。

費用がかかる…外断熱工法のデメリット

充填断熱と外断熱の比較

充填断熱工法(じゅうてんだんねつこうほう)とは家の内側でも外側でもなく、家を支える柱と柱の間に設置する断熱工法です。外断熱工法に比べると費用も安く、家の中に組み込むので敷地に余分なスペースを確保しなくていいのも大きな利点です。

充填断熱工法のデメリットはこの工法で作業する場合、通気性などがよくないと結露が発生しやすくなってしまい、カビやサビなどが発生しやすくなってしまうので注意が必要です。

しかし、充填断熱工法を取り入れるときに、防湿・気密シートを使用すると結露の発生を防ぐことができます。

木造住宅は木が使われていることから、結露が発生して劣化させやすくしないよう断熱性を高める必要があります。
そのため、この充填断熱工法は木造住宅を建築する場合は主流になっている方法なのです。

充填断熱と外断熱の比較

まとめ

外断熱工法は家の外に設置する工法なので、外との温度差をでにくくして結露を防ぐことができます。
結露は放置しておくとカビやサビが発生しやすくなり、家にも負担がかかって劣化も早くなってしまいます。結露を防ぐというのは、家を長持ちさせるためにはとても重要なのです。

断熱を外に設置するためにはそれなりの費用がかかってしまいますが、結露の発生を防ぐだけでなく、外との温度差を出にくくして夏は涼しく、冬は暖かくなることから設置した後のメリットが非常に多いです。

自分の自宅が木造住宅の場合は充填断熱工法を取り入れる場合が多く、外断熱工法と比べると少し費用も安くなる傾向があります。

しかし、自分だけではどの断熱方法がいいかわからないことも多いかと思います。夏も冬も過ごしやすい快適な日々過ごすために、一度業者さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

断熱工事のできる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「断熱工事」をご覧ください。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

おすすめコンテンツ

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-10-02 09:42:02
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_insulation/68592/
家のリフォーム
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 断熱工事

お住まいの地域の断熱工事業者を検索

北海道・東北

関東

東海

北陸

  • 石川県0
  • 富山県0

関西

  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県1
  • 和歌山県0

中国・四国

  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0

九州

詳細検索で探す

おすすめ記事

断熱工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

断熱工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986