生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリカプラダンの2重窓で断熱して結露も防げるおしゃれなDIY をご紹介

投稿日:2017-12-19 更新日:2018-10-29

ポリカプラダンの2重窓で断熱して結露も防げるおしゃれなDIY をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

寒い冬は少しでも部屋の中をあったかくしたいし、結露だって嫌ですよね。
そんなときにピッタリなのが『ポリカプラダン』です。簡易2重窓をDIYしてみませんか?これなら、「従来のようなダンボールやプチプチで寒くないけどダサいしかっこ悪い……」ということなく、おしゃれでかわいい窓にアレンジできます。
しかもポリカプラダンなら安価で手に入れることができるから経済的に見てもうれしい断熱素材です。色も豊富なので、小さなお子さんがいる家庭でも楽しく断熱できます!

どうして結露がヒドイのか。断熱と結露の関係

『結露』は気温差が大きく激しいと起こる現象です。
今の季節、温かい室内の気温は外の冷たい空気に冷やされた窓ガラスに触れて、急激に冷やされてしまいます。すると、暖かい空気が含んでいた水蒸気が水に戻ってしまい、ガラスに付着します。その付着した水が結露と呼ばれるものなのです。夏ではよく冷えた飲み物をグラスに注ぐとグラスが汗をかくという状態になります。これも結露の現象です。
これを放置してしまうと窓周辺がかびてしまったり、シミを作ってしまったり、木を劣化させる原因になってしまいます。

そうさせないために、ポリカプラダンを使い2重窓を作ると、ポリカプラダンと窓の間に空気の層が生まれます。空気が急激に冷えることが緩和されるので、結露しにくい状況を作り上げるのです。

下部だけ被うのは2重窓ではありませんが、冷気を入れないということには効果はあります。しかし今回は、窓全体を覆うことで結露と冷気を両方防ぐ方法をご紹介します。
      どうして結露がヒドイのか。断熱と結露の関係

ポリカプラダンで2重窓を自作!作り方

用意するもの

・ポリカプラダン
・カッター
・枠(窓専用の商品が売っていることもありますが、木枠で作っても可愛いです)
・レール
・強力両面テープ
・ネジ
・ドライバー
  

作り方

①採寸
窓の大きさに合わせてポリカプラダンを採寸します。ホームセンター等でカットしてもらえるので、先に測っておくと便利です。

②枠
枠はポリカプラダンがちょうどはまるほどのものであれば大丈夫です。カラーパネルフレームが売っているので色で楽しむのもよいかもしれません。サイズに合わせたものを購入するか、なければ採寸して切ってしまうことも可能です。

③窓枠にレール設置
窓枠にレールを設置します。できることならばネジで固定したほうが安定しますが、使わなくなってしまったらパテで埋めてしまえば問題ありません。
穴を開けられないときは、後から剥がすことができる両面テープ等でできる限り固定しましょう。

④はめ込む
レールにポリカプラダンをはめ込んで動くようなら成功です。これでポリカプラダンの2重窓の完成です。

③の後にポリカプラダンの窓側の面にウォールステッカーを貼ってからはめ込むと、ステンドグラスの様になって可愛らしい仕上がりになります。ポリカプラダンは段ボールのような構造になっています。透かせるとモザイクのようになり、中にウォールステッカーを貼るといい具合のモザイク感が出て、本物のようなステンドグラス風の窓に仕上がります。

おしゃれすぎる!ポリカプラダン仕様の2重窓のDIY例

簡単だけどしっかり結露を防いでくれるポリカプラダンの2重窓DIYを少しだけ紹介します。
 


窓にポリカプラダンを貼り付けそこにランダムに文字を書くだけでも何かカフェのようで可愛らしいです。光もしっかり入ってくるので、ぽかぽか暖かく過ごすことができます。

 


小窓に簡易の棚を作り、そこにアイテムを並べるのもすごくおしゃれです。ライトがまたおしゃれな雰囲気を醸し出していますね。

 


無機質なポリカプラダンの雰囲気を木のぬくもりが暖かくしてくれています。金物の取っ手がさらに暖かな雰囲気を醸し出しています。

窓の断熱だけじゃ、光熱費は安定しない?家全体を快適にするには

ポリカプラダンの2重窓で寒い冬を快適に過ごす準備が整いましたが、実はこれだけではまだ冬の寒さを何とかしたにすぎないのです。
というのも、窓の断熱だけでは実は1年を通すと冷暖房は効果を発揮しきれません。冬は冷気を断熱することで入ってこないようにシャットアウトできるうえに、夏も暑い空気は外から入ってこられないのです。

しかし、太陽の熱は窓を通して入ってきてしまいます。それを止めなければ、冷房をかけているのにじりじり焼かれるように暑いということは改善されないのです。
これを解決してくれるのが『断熱』でなく『遮熱』ということなのです。輻射熱を遮断するのには光を遮るのがよいのですが、光を遮ると部屋が暗くなるというデメリットがあります。これに対処してくれるのが『Low-E複層ガラス』という特殊なガラスです。複層ガラスの一種で、金属膜を加工することで遮熱性も高めた高性能のガラスです。詳しくは「断熱・遮熱の強い味方!『Low-E複層ガラス』とはどんなガラスか」でもご紹介しています。

まとめ

窓を自分で作るというと難しそうに思えるかもしれませんが、比較的に加工のしやすいポリカプラダンの2重窓のDIYの紹介をさせていただきました。初めてやってみると難しいかもしれませんが、慣れてくると楽しくできるのではないかと思います。ポリカプラダンは1畳辺りのサイズで販売されており、200円~500円程で販売しているので、気軽に試せるDIYのひとつです。
冬の対策だけでなく、夏の対策を同時に行いたいのであれば、思いきって窓のリフォームも検討してみてもいいかもしれません。

断熱工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「断熱工事」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:いさむ
家のことはなるべく自分でなんとかしたい、という思いからさまざまなDIY方法について学んできた。最近は壁紙張り替えなど、家のリフォームにも興味が出てきている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:3.4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-29 17:31:19
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_insulation/26490/
家のリフォーム
寒い冬は少しでも部屋の中をあったかくしたいし、結露だって嫌ですよね。そんなときにピッタリなのが『ポリカプラダン』です。簡易2重窓をDIYしてみませんか?これなら、「従来のようなダンボールやプチプチで寒くないけどダサいしかっこ悪い……」ということなく、おしゃれでかわいい窓にアレンジできます。しかもポリカプラダンなら安価で手に入れることができるから経済的に見てもうれしい断熱素材です。色も豊富なので、小さなお...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 断熱工事

お住まいの地域の断熱工事業者を検索

北海道・東北
関東
東海
北陸
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県1
  • 和歌山県0
中国・四国
  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州

詳細検索で探す

断熱工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

断熱工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!