生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋の防寒対策、疲れない?工事で解決するならどこから?

投稿日:2017-12-19 更新日:2018-10-02

部屋の防寒対策、疲れない?工事で解決するならどこから?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

最近、気候の変動のためか夏の暑さが増しているだけでなく、冬の寒さも厳しくなっているようです。「部屋の中がまるで外のように寒い」「暖房をつけても部屋が温まらない」などとお悩みの方も多いと思います。

ここでは、簡単にできる部屋の防寒対策から、本格的な断熱工事のことについてご紹介していきます。そのような悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてください。

部屋の防寒対策――床にできること

床の冷え込みは時に、スリッパなしでは歩けないほど冷え込んでしまうケースもあるようです。ここではそのような場合、部屋の床の防寒対策はどうしたらいいかご紹介していきます。

・床にコルクマットを敷く
床にコルクマットを敷くと、床からの冷気を防ぐことができます。コルクマットは、簡単に手に入れることができます。

・床にタイルカーペットを敷いていく
タイルカーペットは100均でも購入できるので、安い費用で床の防寒をすることができます。うまく組み合わせることで、オシャレな部屋にすることもできます。

・床にダンボールを敷く
床に敷くのはダンボールでも防寒対策になります。ダンボールなら安く済ませることができますが、見た目がよくないのがネックになります。
      部屋の防寒対策――床にできること

部屋の防寒対策――窓にできること

窓の断熱や気密性が不十分だと、部屋が寒くなる原因になります。そのため、窓の断熱をしたり、気密性を上げることで部屋の防寒対策になります。その方法は以下のような方法があります。

・窓に断熱フィルムを貼る
断熱フィルムはホームセンターなどで購入できます。しかし、断熱フィルムの中にはその効果に根拠がないといわれているものがあるので、注意しましょう。

・窓にプチプチを貼る
プチプチを窓に貼ると空気の層ができるため、断熱効果があることが確認されています。窓に貼るために作られたプチプチもあり、通常のプチプチより高い効果があります。

・窓に断熱ボードを立て掛ける
窓に断熱ボードを立て掛けて、窓のすきまをカバーします。空気が窓で冷やされて起こる『コールドドラフト』の対策としても有効です。
      部屋の防寒対策――窓にできること

部屋の防寒対策――カーテンの選び方

カーテンを選ぶ際は、部屋の防寒を考えて選ぶようにするといいでしょう。厚めのカーテンや、ビニールでできたカーテンを選ぶことで、窓からの冷気を防ぐことができます。

性能がいいカーテンを選んでも、どうしても隙間ができてしまいます。上述した断熱ボードやカーテンのレールにカバーをつけるなどして隙間を塞ぐと、より防寒効果を上げるこができます。
      部屋の防寒対策――カーテンの選び方

それでも防げない問題とは

ご紹介した部屋の防寒対策は手軽にすることができます。しかし、これらの効果はあまり高くなく、とくに寒冷地では効果を感じることができないかもしれません。これらの防寒対策に使用するものは耐久性もあまり高くないため、頻繁に取り換えたりする手間も出たりします。

また、自分で簡単にできる防寒対策は部屋の見た目が悪くなってしまうものが多いです。とくに頻繁に来客があるようなお宅だと、それらの防寒対策をするのは避けたいのではないかと思います。

そのような場合は、断熱リフォームをして本格的な断熱を行うといいでしょう。費用は掛かりますが効果は高いですし、見た目も気になりません。また電気代の節約につながるので、将来的には元が取れるかもしれません。
断熱リフォームにかかる費用については「断熱リフォームにかかる費用は?床下・天井・壁別にみていきましょう」で解説していますので、不安な方はあわせてご覧ください。

部屋の防寒対策に有効な断熱工事で選ぶなら何をすればいいか

断熱工事をする場合は、まずどの場所の断熱工事を行うべきかしっかり検討しましょう。断熱工事をする場合、まず最優先で検討すべき場所が「窓」です。部屋の熱が逃げていく原因の約50%が窓によるものだといわれているからです。
賃貸の場合、個人で他の部分の断熱工事をすることは難しいですが、窓は内側にもうひとつ窓を設置するという方法で断熱工事することができます。

窓の断熱が十分である場合は、「壁→床→天井」の順番で検討しましょう。この順番は熱が逃げていく率の高い順となっています。

断熱工事をすることは、一番効果的な部屋の防寒対策になります。本格的な防寒対策を考えている方は、断熱工事を行うようにしましょう。すでに申し上げたように、断熱工事によって電気代の節約もできます。費用が高いという理由だけで避けないようにしましょう。
      部屋の防寒対策に有効な断熱工事で選ぶなら何をすればいいか

まとめ

部屋の防寒対策は、自分でできることもいろいろあります。見た目が気になるものも多いですが、手軽に費用をかけずにできる方法が多いです。防寒対策で費用をかけたくないという方は、それらの方法を試すといいでしょう。

それらの防寒対策は、簡単に安い費用で行うことができますが、その分効果は低くなります。本格的に防寒対策をしたいのであれば、断熱工事を検討しましょう。

断熱工事を検討するのであれば、まずは窓の断熱を検討しましょう。賃貸物件に住んでいる方は、事前に大家さんや管理会社に相談するようにしましょう。

断熱工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「断熱工事」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:いさむ
家のことはなるべく自分でなんとかしたい、という思いからさまざまなDIY方法について学んできた。最近は壁紙張り替えなど、家のリフォームにも興味が出てきている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 09:59:06
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_insulation/26412/
家のリフォーム
最近、気候の変動のためか夏の暑さが増しているだけでなく、冬の寒さも厳しくなっているようです。「部屋の中がまるで外のように寒い」「暖房をつけても部屋が温まらない」などとお悩みの方も多いと思います。ここでは、簡単にできる部屋の防寒対策から、本格的な断熱工事のことについてご紹介していきます。そのような悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 断熱工事

お住まいの地域の断熱工事業者を検索

北海道・東北
関東
東海
北陸
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県1
  • 和歌山県0
中国・四国
  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州

詳細検索で探す

断熱工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

断熱工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!