生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

窓断熱はなにが一番効果的?断熱効果が高いものを紹介します

投稿日:2017-12-19 更新日:2019-08-16

窓断熱はなにが一番効果的?断熱効果が高いものを紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

窓から熱が出入りすることが多く、夏も冬も快適に過ごすことができる鍵を握っている重要な場所です。夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたいものです。
このようなときに窓から断熱する方法はないのでしょうか。簡単に100円から低コストでできるお手軽な方法や、窓の周りに何か取り付ける方法、断熱効果のあるガラスに替える方法と様々ですが、なにがいいのか選び方も紹介します。

窓断熱をするメリットは?断熱で光熱費は変わるのか

冬になると暖房を使うので光熱費が気になってきます。室内を暖かい状態に保っておくことは窓断熱が重要です。断熱することによって電気代の節約だけではなく、結露防止にもなるのです。

窓は住宅の中で一番熱を逃がしてしまう場所です。壁は厚く断熱材も入っているので熱を通しにくくなっているのに対して、窓のアルミサッシは断熱性が低く熱を通しやすいので、暖かい空気を逃がし、冷気を取り込んで室内の温度が下がってしまいます。そうすることにより、室内を暖かくしようと暖房も多く使い電気代がかさんでいきます。

冬になると結露も窓にできますが、これは断熱不足により熱が窓から逃げていくため起こります。
窓の断熱をすることにより、同時に結露対策になるということです。これが断熱することのメリットです。
      窓断熱をするメリットは?断熱で光熱費は変わるのか

ガラスは熱を伝えやすい性質!2重構造にするのが断熱になる

窓断熱の方法は様々ですが、先述のように窓ガラスやサッシは熱を通しやすい性質を持ってします。窓ガラスを断熱性の高いものに替える方法もあり、窓ガラスのみ替える方法や内窓を取り付け窓ガラスも替える方法とあります。

断熱ガラスは、複層ガラスをいう2枚のガラスで空気の層をつくり断熱効果を高めたガラスのことです。また複層ガラスの室内側に低放射性能を発揮する特殊金属膜をコーティングしたガラスもあります。
二重窓とは、既存の窓に室内側に内窓を取り付け、断熱ガラスをはめ込む方法です。この方法は断熱効果が非常に高いですが、費用がかかってしまうので気にする方もいるでしょう。
そのほかには、窓をガラス専用の断熱コーティング材で塗り乾燥させる窓断熱コーティングもあります。
      ガラスは熱を伝えやすい性質!2重構造にするのが断熱になる

100均グッズでできる窓断熱とは

コストをできるだけ抑えて窓断熱をしたいという方のために100円均一でそろえることができる断熱方法をご紹介します。

断熱カーテン

これがあるだけで窓との空気の層ができ、熱を外へ逃がしません。室内の空気に窓が触れる面積が減るので結露防止にも効果的です。また、アルミでできているカーテンもあるので、アルミの発熱を利用しているので窓につけると効果が得られます。

窓用の断熱シート

これを貼ることによって外からの冷気をシャットダウンできます。こちらは霧吹きなどで窓に水を吹きかけ、断熱シートをくっつけるだけで、簡単に貼ることができるようです。表面がプチプチの気泡をシートも窓に霧吹きして貼りつけるだけなのでとても楽です。

すきまテープ

窓からの隙間風を防ぐ『すきまテープ』も効果的です。
窓に隙間があるとそこから熱が逃げてしまい、冷気が入ってしまいます。テープの裏面に両面テープが貼ってあり、隙間に取り付けるだけなので簡単です。

断熱できるシートは?おすすめの商品紹介!

窓断熱は自分でできるので安く手に入れられますが、おすすめを紹介していきます。

・透明の断熱フィルム

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

窓に貼るだけで二重ガラスの構造がつくれるフィルムです。断熱効果が高く、内部結露の発生を抑えることができます。

 
・窓ガラス用の発熱シート

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

窓に貼ることによって昼間は、特殊フィルムが太陽光を吸収して発熱します。窓際の冷えをブロックして断熱・保温・結露抑制をトリプル効果で暖房効果も上がります。窓の断熱もしてくれて、同時に結露も防止してくれるので、自分で貼るだけで手軽に断熱効果が得られます。

窓そのものを変えるのが長い目で見ると一番お特な理由

窓を断熱ガラスに替える方法を紹介しましたが、費用が大幅にかかります。
夏は日射によって暖められた空気が室内に入ってきます。窓の遮熱と断熱を高めることによって暑い空気を伝えにくくし、室内の気温の上昇を抑えることができます。
冬は室内で温められた空気が窓から逃げてしまいます。窓の断熱性を高めることによって室内で暖められ空気を逃がしやすくするため、室内の気温の低下を防ぎます。

このように、窓断熱の効果により夏の冬も少ないエネルギーで保冷保温効果が生まれて快適にすごすことができます。断熱シートやフィルムを貼ることは手軽にできますが、長い目で考えたときに1度窓を替えれば長い期間断熱効果が続くので、光熱費も抑えられ経済的です。

まとめ

住宅の中で最も熱が逃げやすい窓ですが、窓断熱をすることにより夏は太陽の熱を伝えにくくし、部屋の温度を快適に保ち涼しく、冬は部屋の暖かい空気を窓から逃がさず冷気をシャットアウトして暖かく過ごすことができます。
安く断熱できる方法も紹介しましたが、最も効果的な方法で末永く住んでいく家なので、費用をかけて断熱ガラスに替えてみてもいいかもしれません。専門の業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:いさむ
家のことはなるべく自分でなんとかしたい、という思いからさまざまなDIY方法について学んできた。最近は壁紙張り替えなど、家のリフォームにも興味が出てきている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
6投票,  平均評価値:3.2

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-16 12:44:07
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_insulation/26361/
家のリフォーム
窓から熱が出入りすることが多く、夏も冬も快適に過ごすことができる鍵を握っている重要な場所です。夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたいものです。このようなときに窓から断熱する方法はないのでしょうか。簡単に100円から低コストでできるお手軽な方法や、窓の周りに何か取り付ける方法、断熱効果のあるガラスに替える方法と様々ですが、なにがいいのか選び方も紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 断熱工事

お住まいの地域の断熱工事業者を検索

北海道・東北
関東
東海
北陸
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県1
  • 和歌山県0
中国・四国
  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州

詳細検索で探す

断熱工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

断熱工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!