生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

結露しない家にするには?結露のメカニズムを理解して効果的な対策を

投稿日:2017-12-12 更新日:2018-10-30

湿気臭い原因は?湿気のニオイを取り除く方法と手順を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

本格的に寒くなってきたこの季節ですが、結露が家のなかにできて困ってきたという方もいらっしゃるのではなでしょうか。結露は冷たい空気と、暖かな空気の衝突によって起こります。また結露には2種類あり、その種類によっては状況がひどい場合住宅の寿命に影響がでてしまいます。

今回は結露しない家にするための対策と結露の特徴についてご紹介します。

結露してしまう家の特徴

結露しない家にするために、どのような場合や住宅が結露の発生がしやすいのかを知る必要があります。結露が発生してしまう家の特徴として、断熱効果が薄いということが考えられます。断熱効果の低い住宅は室内の温度の変化が大きく、その分結露もあらわれやすくなります。

また結露は室内の湿度が高いほど発生しやすいといわれており、換気がおこなわれておらず湿気が室内に溜まっている場合は結露が発生しやすいといわれています。

平成15年以降に建てられた住宅は24時間換気の設備が導入されていることが多くなっています。しかし、それ以前に建てられた住宅は結露が発生しやすい住宅といえるでしょう。また戸建住宅よりも気密性の高いマンションのほうが結露は発生しやすいといわれています。

 結露がでてしまうと、以下のような被害がでてきます。

・壁やカーテンにカビやシミが発生しやすくなる
・湿気を好むダニが発生してしまうため、アレルギーの原因になってしまう
・柱や木材の浸食をうながしてしまうため、住宅の寿命を短くしてしまう

結露の発生によって健康に被害を与えてしまうこともあるため、結露しない家にすることが大切です。また結露は壁の中に発生する場合もあるため、事前に発生を抑えることが内部に結露を溜めないことにつながります。

      結露してしまう家の特徴

結露が発生するのはなぜか

結露しない家にするために結露発生の原因をおさえる必要があります。空気には水分が含まれており、その量は空気の温度によって異なります。温度が高いほど、多くの水分を含むことができます。

空気の温度が下がると含むことのできる水分の量も減ってしまい、含むことのできなかった水分は水滴となって窓ガラスなどにでてきます。

結露は温度差によって引き起こされます。室内の温度は暖かくなっており、一方窓ガラスの外は外気温が低くなっています。この温度差が大きくなるほど結露の量も多くなります。

結露は発生個所から2種類に分けられる

結露しない家にするために結露の種類を把握し、その種類に応じた対策をする必要があります。結露には大きく2種類あります。表面結露と内部結露です。

表面結露は窓ガラスやサッシの部分に水滴がつくものです。一般的にはこちらが目にする機会が多く、車のフロントガラスやメガネのレンズの結露も表面結露です。表面に水滴が付着するものが表面結露です。

もう1つは内部結露です。内部結露は普段目にする機会は基本的にはありません。壁のなかや天井裏、断熱材のなかや床下などに発生します。

内部結露も発生する仕組みは同じで、冷たい空気と暖かな空気がぶつかることによって水滴が発生します。しかし目が届かないところに発生するということもあり、悪化しやすいようです。

      結露は発生個所から2種類に分けられる

結露を防ぐ方法

結露しない家にするためにも対策をしっかりとすることが大切です。結露を防ぐ方法として以下のことが挙げられます。

断熱効果のある窓ガラス(ペアガラスなど)に交換する

1枚ガラスの場合は、外気と直接窓が触れているため窓ガラスに結露が発生しやすくなっています。

換気をうながす

押し入れなどの湿気が溜まりやすいところなどは、こまめに開閉して湿気を出すことが大切です。

温度を高くしすぎない

温度を高く設定すると、外気との温度差が大きくなるため結露が発生しやすくなります。また空気中に含まれる水分量も少なくできるため室温を低めに設定することが大切です。

DIYやグッズを使用する

窓にプチプチシートやダンボールを貼ることで結露の発生を防ぐことができるほか、水分を吸収することもできます。また市販で結露防止シートが売られており、気軽に結露対策ができます。近年は透明の断熱フィルムもあり、窓の視界を遮ることなく結露を防ぐこともできます。

    

まとめ

結露は住宅の構造によって発生しやすい場合もありますが、対策をすることで防ぐことができます。また2種類ある結露のうち、内部結露には直接住宅に影響があるため注意が必要です。壁や天井裏の結露は断熱材の施工や交換などによって改善できることもあるので、業者に相談することをおすすめします。

またこれからの時期、結露が発生しやすくなります。今のうちに結露対策をして結露しない家にして被害を出さないように準備をしましょう。また断熱材などの工事をして結露対策をしつつ本格的に冬に備えるのもいいかもしれません。

断熱工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「断熱工事」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-30 14:54:14
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_insulation/24925/
家のリフォーム
本格的に寒くなってきたこの季節ですが、結露が家のなかにできて困ってきたという方もいらっしゃるのではなでしょうか。結露は冷たい空気と、暖かな空気の衝突によって起こります。また結露には2種類あり、その種類によっては状況がひどい場合住宅の寿命に影響がでてしまいます。今回は結露しない家にするための対策と結露の特徴についてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 断熱工事

お住まいの地域の断熱工事業者を検索

北海道・東北
関東
東海
北陸
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県1
  • 和歌山県0
中国・四国
  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州

詳細検索で探す

断熱工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

断熱工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!