生活110番辞典 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローリングの凹みには「アイロン」!?傷や剥がれの対策法もご紹介

2018-04-03

フローリングの凹みには「アイロン」!?傷や剥がれの対策法もご紹介

フロア施工・コーティングの無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ
フロア施工・コーティングの無料相談はコチラSPフォームでの無料相談はコチラ

生活をしているとフローリングを傷つけてしまうことがあります。新築でなくても、あまりにも大きくフローリングが剥がれてしまったりするとショックですよね。お掃除が行き届いた空間ではなおさら傷が目立ってしまいます。

フローリングの傷はどうにもならないの?とお困りの方に朗報です。傷や剥がれを無かったことにはできませんが、限りなく目立たなくさせることは可能です。手軽に使えるものだけでなく、徹底的な修復に対応できる修復グッズもあります。その一部と使い方をご紹介します。

フロアコーティングのおすすめサービス

フローリングの細かい傷の対処法

細かい傷の対処法は、基本的に目立たなくすることを目指します。上からシートを張って見えなくするか、傷に色を付けることによって目立たなくしましょう。使いやすい2つのアイテムをご紹介します。

フローリング用キズかくしテープ

フローリング用キズかくしテープ
Photo by Amazon
フローリングにそっくりな木目のシールです。軽い傷なら、このシールを必要な大きさにカットして上から張ってしまいましょう。色や柄のラインナップは豊富のようです。

自宅のフローリングに合ったものを選べばほとんど気が付かないほどに隠すことができます。小さな傷をそのままにしておくと少しずつ大きくなってしまうものですが、シールで隠すことによって傷を保護することもできそうです。本格的な修復にはある程度時間を要するものですから、一時的にしのぐなら傷を隠すテープがおすすめです。

ただし、フローリングにワックスをかけるときには剥がす必要性が出てきます。張ったまま忘れてしまうことがないように注意しましょう。

住まいのマニキュアミニ

住まいのマニキュアミニ
Photo by Amazon
フローリングだけでなく、木製品の補修ならオールマイティに使用できるのがうれしい商品です。10色セットになっています。その中から一番近い色目を選んで、気になる傷をなぞるように塗れば小さな傷が目立たなくなります。

カラーワックス

カラーワックス
Photo by Amazon
ワックスがけと同時に傷を目立たなくすることができます。フローリングの保護ができるので、傷を隠すだけでないというのがいいですね。フローリングのお手入れと一緒に、広範囲で傷かくしができるでしょう。

ベッドや食器棚によるフローリングの凹みの対処法

重たいものの角が床に落ちると、フローリングに凹みができてしまうことがあります。また、家具の移動時についついぶつけてしまって、ベッドや食器棚の一部が凹んでしまうこともあります。木材は柔らかいものですので、衝撃が強いと凹んでしまいます。家具が凹んだ場合も、フローリングの凹みも同じ手順で修復することができます。

アイロンを使って凹みを修復

【揃えるもの】
・少量の水
・針
・アイロン

凹み小さい場合には、この方法をまずは試してみましょう。木材は水を吸収すると膨脹します。その性質を利用して凹みの部分を目立たなくする方法です。下の手順で行ってみてください。

①凹んだ部分に数滴の水を垂らす
②針を使用して、水の上から3~4カ所ほど刺す
③水がしみこむのを待つ
④布を当て、アイロンを5~10秒ほど押し当ててから離す。アイロンは2~3回は押し当てるようにします。

注意すること

針を使って開けた穴もほとんど目立たなくなるようです。しかし、凹みが大きい場合やフローリングが合板である場合にはおすすめできない方法です。
合板フローリングには表面にウレタン塗装がかかっていることが多いので、アイロンの熱によって塗装が剥げたり白くなったりする可能性があります。

フローリングの大きな傷の対処法

補修材で凹みを直す

ホームセンターにはフローリング補修のためのキットが豊富にそろっています。補修材は仕上げ材とも呼ばれます。よほど大きな凹みでない限りは、補修材を直接凹みに使用して直すことができます。

補修材の多くはクレヨンのような形をしています。そのまま使用できる場合でも、なかなか凹みの上にのせることが難しいようです。そこで、100円ライターを使用して補修材を温めるとキレイに仕上げることが簡単になります。補修材でおすすめなのは以下の商品です。

かくれん棒 フローリング用 ヘラ付 4色セット ハードタイプ FB-30
かくれん棒 フローリング用 ヘラ付 4色セット ハードタイプ FB-30
Photo by Amazon
専用のクレヨンを温めて柔らかくし、傷の部分に塗りこむだけです。あとは冷ますだけで傷の修復が完了します。補修後にワックスがけも可能なのが魅力です。
 
ハウスボックス イージーリペアキット
ハウスボックス イージーリペアキット
Photo by Amazon

ウッドパテだけでなく、補修材を溶かして埋めるためのホットナイフが付属されています。単三電池を2本使用しますが、電池は別売りであるところは注意しましょう。電池以外の道具はすべてセットになっているため、知識がなくても満足のいく修復ができるでしょう。傷の上に温めた補修材を置いたあとに余分な部分を削る必要がありますが、そのためのスクーパーもセットになっているので仕上がりもキレイにできます。また、何度でもやり直しが可能です。

【大きな傷の補修方法】

①補修箇所をきれいにします
フローリングが剥がれており傷口がささくれ立っている部分は、カッターを使って取り除きます。凹み傷の場合はナイロンパッドを使って傷口を軽くこすりましょう。

②傷を埋める
透明のハードスティックをホットナイフで溶かします。少し盛り上がるぐらいまで傷に流し込むようにします。

③固まった部分を平らにする
スクーパーを使って盛り上がった部分を平らに削ります。

④木目を描く
アートマーカーを使用して、木目を描くことで修復部分を目立たないようにします。
完成度は木目の仕上がりに大きく左右されるので、大切に行ってください。

フローリングの傷防止のためのグッズ

傷の修復は時間もかかりますし、お金もかかってしまいます。いくら目立たないように修復できたとしても元通りになるわけではありません。目立つ傷の修復が終わったら、今度は傷防止の対策を徹底していきましょう。

フェルトシート

フェルトシート
Photo by Amazon
フローリングの傷は椅子などを移動させたときの摩擦で起こりがちです。家具の足に張り付ければ摩擦を減らすことができます。
フェルトシートはさまざまなタイプが出てきています。

硬質タイプ
普通のものよりも厚さと硬さがあります。床と家具の摩擦を減らすためのフェルトも、長く使用しているうちにすり減って薄くなってしまいます。硬質タイプであれば、張り替える頻度を減らすことができるでしょう。

滑り止めタイプ
フェルトシートを貼ると摩擦が減らせる分、家具が動きやすくて困ることがあります。家具が動きやすくて困る場合には、滑り止めのあるタイプを使用しましょう。ソファやベッドなど普段動かすことがないような家具の脚におすすめです。

打ち込みタイプ
両面テープでフェルト張り付けるタイプは剥がれやすいのが難点です。そこで便利なのが打ち込みタイプです。ただし、フェルトそのものに厚みが出るので家具に高さが出てしまうことがあります。

チェアーキャップ・チェアソックス

家具の脚に被せるタイプの傷防止グッズです。着脱させやすいのが魅力です。フェルトの裏にはゴミが付きやすいでというデメリットがありますが、着脱の手軽さを利用すればお手入れが簡単です。デメリットとしては、家具のデザイン性を損ねる場合がある点です。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

諦めていたフローリングの傷や凹みも修復できそうです。傷を全く無かったことにはできませんが、修復グッズを使えばそれに近い状態にできます。
しかし、深い傷の修復は傷を埋めた後に、木目を描くことで目立たなくするテクニックが必要です。傷を塞ぐことは難しくなさそうですが、色を合わせる作業は慎重に行わなくてはなりません。ホームセンターに行くだけで、修復のプロが使用する道具と変わらない質で手に入れることができます。道具を選ぶだけでなく使いこなせるかどうかを考えて、DIYを行ってみてください。もし困った場合には、「生活110番」「フローリング」のプロに相談してみましょう。

フロアコーティングのおすすめ業者を見る

フロア施工・コーティングの無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ
フロア施工・コーティングの無料相談はコチラSPフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0
このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-04-03 10:57:14
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_floor_coating/6511/
家のリフォーム
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム フロアコーティング

最新記事

おすすめ記事

フロアコーティングのお問い合わせ・ご相談はこちら

フロアコーティングについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986