生活110番辞典 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

クッションフロアのつなぎ目処理が耐久度につながる!補修方法を解説

2018-11-01

クッションフロアのつなぎ目処理が耐久度につながる!補修方法を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

床のクッションフロア施工は費用が安く済み、DIYでの施工が楽に行えるといったメリットがあります。しかし補修は難しいとされ、劣化が目立たないうちの定期的な張り替えが推奨されていることも確かです。

しかし一部分の補修であれば、全面張り替えを行うことなく行うことができます。そのため張り替えて間もないなど、ほかに必要な部分がなければ補修に留めることもひとつの手でしょう。

今回はクッションフロアの補修方法について解説していきます。

クッションフロアはつなぎ目から剥がれやすい?DIYで大切なポイント

クッションフロアは一体的なシートであることから防水性などに優れていますが、幅が1820mmのものが多く、クッションフロアの「つなぎ目」ができることも少なくありません。

このつなぎ目部分はクッションフロアの弱点ともいえ、家具を床に引きずるなどの要因で力がかかりクッションフロアがずれると隙間ができます。隙間が空けば防水性能が低下するとともに、端までしっかりと固定されていなければ剥がれにつながりやすくなります。

つなぎ目の処理に便利なのは

つなぎ目の処理をするためには「シームシーラー液」と呼ばれる専用の薬剤を使います。これは継ぎ目処理剤とも呼ばれ、継ぎ目部分のクッションフロアを溶かして一体化するものです。

ただ、この処理をしてもつなぎ目はほかの部分と比較すると弱い部分であることは確かです。施工の際、クッションフロアの端まで確実に接着することが必要でしょう。

その他、クッションフロアの施工方法については「簡単、お手軽にDIY施工可能!クッションフロアの貼り方2選」をご覧ください。
      クッションフロアはつなぎ目から剥がれやすい?DIYで大切なポイント

クッションフロアのつなぎ目の補修に役立つグッズと使い方

クッションフロアのつなぎ目がはがれてきた場合、補修するには次のアイテムが役に立ちます。

はがれ用接着剤

              クッションフロアのつなぎ目の補修に役立つグッズと使い方

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

キャップ部分に筆が付いているため、クッションフロアと下地の間に塗りやすくなっています。つなぎ目の剥がれた部分にボンドを塗ったあと、圧着ローラーなどでしっかりとくっつけます。

シームシーラー液(継ぎ目処理剤)

            クッションフロアのつなぎ目の補修に役立つグッズと使い方

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

施工時のつなぎ目処理に使用する薬剤ですが、補修時にも役に立ちます。つなぎ目部分に塗り、クッションフロア同士をつなげてはがれにくくします。

クッションフロアに傷が!――1部分だけの補修方法

クッションフロアはシート状であるため、大きく傷がつくと全面を施工しなおすことが必要になってきます。ただ小さな傷であれば補修できることもあります。

準備するもの

必要になる道具や材料は次の通りです。

・シームシーラー液(継ぎ目処理剤)
・同じ柄のクッションフロア
・両面テープや接着剤
・仮固定用のマスキングテープ
・カッターナイフ
・圧着ローラー
・クッションフロアを剥がすためのへらなど(必要に応じて)

小さな傷であればシームシーラー液を塗るだけでも効果がありますが、傷が大きくなるとその部分のクッションフロアを張り替える必要があります。同じ柄のクッションフロアを探すことは容易ではないため、DIYで施工する際は端切れを保管しておくと役立ちます。ほかの道具もクッションフロアのDIY施工で使用するものであるため、この際買い揃えておくのもよいかもしれません。

手順1)クッションフロアを切り取る

クッションフロアの柄を合わせ、補修したい部分に重ねマスキングテープなどで固定します。その後補修したい部分より一回り大きくなるようにしつつ、カッターナイフで2枚同時に切れ目を入れます。とくに両面テープの場合は貼り付けやすいよう、定規を使って直線で切り取ると仕上がりがきれいになります。

手順2)クッションフロアの交換

先ほど切れ目を入れた部分を剥がし、接着しやすいよう清掃を行います。その後両面テープや接着剤で接着面を作り、補修用のクッションフロアを貼りつけます。貼り付けたら圧着ローラーでしっかりとくっつけます。

手順3)シームシーラー液で一体化

シームシーラー液で継ぎ目部分を処理し、交換していない部分のクッションフロアと一体化させ剥がれにくくします。

クッションフロアはどうやったら剥がせる?剥がし方

クッションフロアは張り替えることを前提にした素材であり、ほかの建材と比べると剥がしやすくなっています。しかしきれいに剥がすためにはコツがあります。

使う道具

クッションフロアを剥がすためには次の道具を準備しておくと便利でしょう。

・カッターナイフ
・スクレーパー

スクレーパーは「へら」や「こて」とも呼ばれる道具で、表面を削りなめらかに仕上げることができます。わずかな隙間にも入れやすいため、クッションフロアと床の間に入れて接着剤や両面テープを剥がすことにも使いやすいでしょう。

カッターナイフの使い方

クッションフロアはシートになっているため、大きなシートの状態で一度に剥がすと剥がした部分が作業の障害になってきます。カッターナイフで切り目を入れて細かくちぎっていくことで、作業が楽に進むようになります。

ただ、剥がしたクッションフロアを型紙として使う場合はあまり細かくし過ぎないことが必要でしょう。
壁との境を剥がれにくく処理している場合も、切れ目を入れる必要があります。そのため壁に沿ってカッターナイフを使い、剥がれやすくします。

スクレーパー

カッターで入れた切れ目にスクレーパーを入れ、クッションフロアを剥がすのに使います。
また剥がした後、下地に接着剤やクッションフロアの裏紙が残っている場合も多くあります。この処理にもスクレーパーを使い、剥ぎ取っていきます。

特に目が細かい仕上げ用のものを使うと、下地が傷つきにくくなるでしょう。
      クッションフロアはどうやったら剥がせる?剥がし方

まとめ

クッションフロアのつなぎ目部分は比較的弱い部分ですが、DIYで作業する際はきちんと対策することで剥がれを防止することができます。また補修が難しい素材であることは確かですが、一部を交換して補修することは可能です。

ただ、交換しての補修はシートが別のものになってしまうため、柄によっては補修部分が目立つようなこともあります。そのため傷や剥がれが多い場合は、補修ではなく張り替えを検討した方がよいでしょう。あくまで補修は応急処置と考えておくことが大切です。

クッションフロア施工を業者に依頼する際は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「クッションフロア施工」をご覧ください。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:3.3

おすすめコンテンツ

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-11-01 16:24:03
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_cushion_floor/10748/
家のリフォーム
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム クッションフロア施工

お住まいの地域のクッションフロア施工業者を検索

北海道・東北

  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0

関東

  • 東京都0
  • 神奈川県・横浜市0
  • 埼玉県0
  • 千葉県0
  • 栃木県0
  • 群馬県0
  • 茨城県0
  • 山梨県0

東海

  • 長野県0
  • 静岡県0

北陸

  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0

関西

  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県1
  • 和歌山県0

中国・四国

  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0

九州

  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

おすすめ記事

クッションフロア施工のお問い合わせ・ご相談はこちら

クッションフロア施工についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986