生活110番ニュース その他防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

車にイタズラをされてしまった……被害にあわないための方法とは

投稿日:2018-06-21 更新日:2018-10-02

車にイタズラをされてしまった……被害にあわないための方法とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

大事に使用してきた車がイタズラをされてしまった経験はありませんか?「車の窓ガラスを割られてしまい車内の盗難被害にあってしまった……」なんてことはショックですし、ツラいものです。

車のイタズラ被害にあう前に事前にさまざまな対策をしておけば、被害を防ぐことができます。今回は車のイタズラ被害にあわないためにできる対策方法をご紹介いたします。

車のイタズラにはどんなものがある?

毎日使用する車にイタズラされてしまったときはとてもショックですよね。車にされるイタズラにはどのような種類があるのかを紹介します。

車のボディにキズをつけられてしまう

車のイタズラでよくあるのが、キズをつけられてしまう行為です。
小さなかすりキズのようなものから、石などで削られてしまった大きなキズをつけられてしまう可能性もあります。キズを治すためには車の修理に出すか、小さなキズであれば自分で補修することもできます。

車のボディにスプレーやペンで落書きされる

落書きをされてしまった場合には専用の洗剤を使用して、落書きを消していきます。
自分で落書きを落とすことが難しい場合は、車の修理に出す必要があります。

窓ガラスを割られる

車の中にあるものを盗難するときに使われる手段として、窓ガラスを割ることがあります。
窓ガラスを割られないようにするには、車に貴重品を置いたままにしないことや、ガラス強化シートを貼る方法があります。

タイヤがパンクしている

車のタイヤがパンクしてしまっていると、車を動かすことができないため、車の専門業者に依頼をしてタイヤを交換しなければいけません。
その場合はタイヤ費用や出張費用が発生することがあります。

車のイタズラにはどんなものがある?

車のイタズラにあったときにやるべきこと

車のイタズラにあってしまったときは、とてもショックを受けてしまいます。しかし早めに警察や保険会社に連絡することが必要です。連絡をする際は、「どこで、どのように被害にあったのか」を詳細に聞かれるため、自分で状況を整理しておきましょう。

早めに警察に被害届を出そう

大事にしている車にイタズラの被害にあってしまったときは、早めに警察へ連絡をして、被害届を提出しましょう。
車のイタズラに関しては、現場の証拠があまりないことが多いため、犯人を捕まえることが難しい場合があります。ですが犯人が見つかれば、車の修理費用を犯人に負担してもらうことができます。

保険会社に連絡

契約をしている保険会社に、車にイタズラをされてしまったことを連絡しましょう。
保険の契約内容によっては、修理費用を負担してくれることがあります。保険会社に連絡をする前に自分が加入している保険で適応ができるのかを確認しておくとよいでしょう。

車のイタズラにあったときにやるべきこと

自分でもできる!車のイタズラ対策

車のイタズラ被害を受けないために、日ごろから対策をしておくことがとても大切です。また、車のイタズラにあってしまった際に、犯人を捕まえやすくすることもできます。

・ステッカーをつける
車の目立つところに、「防犯警戒中」や「防犯カメラ設置」などのステッカーを貼っておくことで、犯人が車のイタズラをするのを防ぐことがあります。ステッカーは車の専門店やホームセンターで購入が可能です。

・ボディカバーをつける
車にボディカバーをつけることで、車へのイタズラを防止することができます。高級車を狙ったイタズラの場合、ボディカバーをしておくことで車種をすぐに判断することができず、被害にあう可能性を低くします。

・カーセキュリティをつける
カーセキュリティとは、車に設置することで車に異常があった際にアラームなどで知らせてくれる機能です。車の窓ガラスを割られてしまうことや、車の盗難被害を防いでくれます。

・センサーライトをつける
人が近づいてきた際に自動的にライトが点灯するものです。犯人が車にイタズラをしようとしたときに、ライトで照らされることでイタズラを防ぎます。

自分でもできる!車のイタズラ対策

車のイタズラ防止には防犯カメラが効果的

車のイタズラ被害にあわないための対策を紹介いたしましたが、犯人を捜す際に証拠が必要になることがあります。車に防犯カメラを設置することで、犯人を撮影することができるため、警察に映像を提出して、犯人を捕まえることもできます。

自分で取り付けることができる防犯カメラがありますが、ドライブレコーダーと防犯カメラが一緒になった製品もあります。車種によっては取り付けができないドライブレコーダーもあるため、防犯カメラを取り付ける際は専門業者に相談して設置することもできます。

ドライブレコーダーを選ぶ際に注意する点は、バッテリーと録画時間です。ドライブレコーダーの種類によってバッテリーの量と、録画できる時間が異なってきます。購入する際はこの2点に注意して購入しましょう。

まとめ

車にイタズラをされてしまうと、とてもショックなものですし、修理に出して使用することができない期間がでてきてしまいます。車のイタズラは高級車だけではありません。どんな車でも被害にあってしまうことがあります。車のイタズラ被害にあわないためには、事前にできる対策をしておくことがとても大切です。

車をイタズラした犯人を捕まえるために、防犯カメラを設置することで被害の状況を録画し、犯人を特定できる可能性が高くなります。最近ではドライブレコーダーと防犯カメラが一緒になったのもでてきていますよ。防犯カメラの設置について相談したいことがあれば、経験豊富な専門業者に相談することもできます。一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

防犯カメラ設置を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防犯カメラ設置」をご覧ください。

防犯カメラ設置で安心を!
最適な場所の設置をご提案。
※対応エリアや加盟店によって変わります
防犯カメラの設置は犯罪を未然に防ぐためにも役立ちます。お客様のご予算・ご要望に合わせて、防犯設備士が最適な台数・場所への設置をご提案。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ご家庭・店舗・企業・教育機関など、個人・法人問わず設置対応
防犯カメラ 89,800円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 12:24:00
https://www.seikatsu110.jp/prevent/pr_camera/86771/
その他防犯
大事に使用してきた車がイタズラをされてしまった経験はありませんか?「車の窓ガラスを割られてしまい車内の盗難被害にあってしまった……」なんてことはショックですし、ツラいものです。車のイタズラ被害にあう前に事前にさまざまな対策をしておけば、被害を防ぐことができます。今回は車のイタズラ被害にあわないためにできる対策方法をご紹介いたします。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他防犯 防犯カメラ設置

防犯カメラ設置のお問い合わせ・ご相談はこちら

防犯カメラ設置についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!