生活110番ニュース その他防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダミーであっても抑止力に!偽物の監視カメラでの犯罪予防

投稿日:2017-08-29 更新日:2019-03-22

ダミーであっても抑止力に!偽物の監視カメラでの犯罪予防

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

どんなに厳重な戸締りをしていても泥棒の被害をゼロにすることはできません。
そこで防犯対策の一環として監視カメラを設置したいけど高価格のため手が出しづらいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなときに利用されるのがダミーカメラです。ここではそんなダミーカメラについて説明をしていきます。

監視カメラのダミーって何?

監視カメラにダミーなんてあるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その名が示す通り偽物の監視カメラは存在します。
当然、見せかけだけの偽物ですので映像を映すことはできません。
しかしいくらダミーとはいえ、やはりカメラがあるのとないのとではその効果は全然違うものになると思います。

カメラが設置されているところで犯罪行為はしたくないでしょう。証拠として映像に残ってしまっては言い逃れができません……相手側としては監視カメラが設置されているという事実だけで十分警戒に値します。たとえそれがダミーだとしても、本物かもしれないと思わせることで、犯罪を未然に防ぐことができる可能性があります。

また、ダミーといえどもその品質は本物と全く同じタイプのカメラです。偽物だと見極めることは、たとえプロの目を持ってしても難しいでしょう。そのため、ダミーでも十分に犯罪を防ぐ抑止力になる可能性が高いです。

ダミーであっても抑止力に!偽物の監視カメラでの犯罪予防

ダミーの監視カメラのメリット・デメリット

当然、本物ではなくダミーの監視カメラですので、それがもたらすメリットがあればデメリットだって存在します。
ダミーを使うメリットとしては、やはり本物を購入するよりも低価格で済むという点が一番に上げられます。物にもよりますが、2,000円以下で購入できる商品もあり、手軽に設置が可能です。

また、上記でも書きましたがダミーカメラの品質は本物と一緒のため、カメラを見ただけでは偽物かどうかなど判断できないという点も魅力です。
なにより、ここは監視されているという精神的な効果が期待できますので、犯罪を未然に防ぐことができるかもしれないというのがメリットなのではないでしょうか?

しかし、結局の所は偽物なので、ダミーならではのデメリットも存在します。
その中でも一番のデメリットは映像が映らないということでしょう。何かがあったとしても映像に映っていないのでは何の証拠にもなりません。

本物と違い低価格ではありますが、いざ犯罪などが起きてしまった場合には、何の効果もありませんのでダミーカメラを使用する際は「これはあくまでダミー」とその点を注意して使う必要があるでしょう。

ダミーの監視カメラを選ぶポイント

ダミーカメラを購入する際に、ダミーにもいろいろと種類があってどれを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?まずはどこに設置するのか。室内なのか屋外なのかが重要です。

設置場所によっても購入するカメラが変わってきますし、背景とマッチしたより自然な防犯カメラを装うことができます。そうなれば空き巣や泥棒の被害に会う可能性はより少なくなるでしょう。

室内ならドーム型のダミーカメラ、屋外ならハウジング型のダミーカメラなどがおすすめです。なぜなら、ドーム型もハウジング型も実際によく使用されているからです。そのため泥棒や侵入者も監視カメラが偽物かどうかをすぐに見極めることは難しくなります。

また、ダミーの設置場所は基本的には、玄関や窓際、駐車場など、本物と同じ場所に設置することにより防犯対策の効果が高くなります。カメラの種類と取り付ける場所を知ることが何よりも大事なことなので、設置場所や種類には注意が必要です。

ダミーであっても抑止力に!偽物の監視カメラでの犯罪予防

本物の監視カメラを選ぶべき?

ダミーを選ぶか、本物を選ぶかで迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここまでダミーカメラのメリットや注意点などについて説明してきました。安くて犯罪防止に手軽に導入できるアイテムであることに間違いはありません。しかし、それでも偽物であるということを忘れてはいけません。なんらかのトラブルに巻き込まれる可能性は高くはありませんが、ゼロでもありません。

ダミーか本物かを選ぶ基準は金銭面だと思います。
ダミーと本物の監視カメラでは価格にどのくらい差があるのでしょうか?ダミーの場合は上記でも説明しましたが、安いものだと2,000円以下で購入することができますし、高くとも15,000円程度の出費で済むことが多いです。

本物のほうは安いものだと大体1万円程度で購入できます。ですが、高性能なものだと100万円以上するケースもあるそうです。こうしてみると当然、ダミーの方が安いのがわかりますが、設置や取り付け費用などはダミーだろうと本物だろうとかかってしまうものです。

一つ注意しないといけないのは、ダミーは本物以上に本物らしくしないといけないということです。そのため、妥協はあまりしないほうがいいでしょう。そういった事情から、逆にダミーの方が高くついてしまったということも状況次第ではありえます。なので、ダミーと本物どちらの方がいいのかは断言することはできません。それぞれにかかる費用やコストを視野に入れ、後悔のない選択をするべきでしょう。

まとめ

ダミーカメラを購入する際には設置環境を把握し目的をしっかりと持ち、費用やコストを頭に入れながら適したダミーカメラを選びましょう。そうすることで正しい防犯対策に繋がっていきます。

個人でダミーカメラを本物に見えるよう設置するのは難しいです。そんなときは専門のプロに任せるのが一番です。一度業者に設置の相談をしてみてはいかがでしょうか?

防犯カメラ設置を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防犯カメラ設置」をご覧ください。

防犯カメラ設置で安心を!
最適な場所の設置をご提案。
※対応エリアや加盟店によって変わります
防犯カメラの設置は犯罪を未然に防ぐためにも役立ちます。お客様のご予算・ご要望に合わせて、防犯設備士が最適な台数・場所への設置をご提案。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ご家庭・店舗・企業・教育機関など、個人・法人問わず設置対応
防犯カメラ 89,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-22 16:49:50
https://www.seikatsu110.jp/prevent/pr_camera/8316/
その他防犯
どんなに厳重な戸締りをしていても泥棒の被害をゼロにすることはできません。そこで防犯対策の一環として監視カメラを設置したいけど高価格のため手が出しづらいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなときに利用されるのがダミーカメラです。ここではそんなダミーカメラについて説明をしていきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他防犯 防犯カメラ設置

防犯カメラ設置のお問い合わせ・ご相談はこちら

防犯カメラ設置についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!