生活110番ニュース その他防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

【万引き対策】万引きは絶対悪!利益を守れる店舗作りと防犯方法

投稿日:2017-12-29 更新日:2018-10-02

【万引き対策】万引きは絶対悪!利益を守れる店舗作りと防犯方法

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

万引きとは正当な対価を支払わず店舗の外に無断で持ち出すことです。店舗側からしたら迷惑極まりない行為のひとつです。窃盗罪という罪になります。一時は増加の一途をたどっていましたが年々万引き対策をする店舗が増えてきたおかげで万引き被害は今日まで減少していっています。ですが、完全になくなったわけではありません。
ご自身が経営、働く店舗で万引きが起こらないように対策をしていない人は今日からでも万引き対策をしましょう。
この記事ではそんな万引き対策に関連することについて紹介していきます。

万引き対策の必要性とは?

万引きとは商品を正当な対価を支払わずに店舗外へ持ち出す行為です。これは窃盗罪の罪になり10年以下の懲役、または罰金を支払うという罰則が与えられます。
認知・検挙件数は年々減少をしていっていますがそれでも日本全国では平均1日12億円ほどの万引き被害に多くの店舗が遭っています。
万引きは対価を払わず無断で商品を持ち出す行為なので被害に遭うと店舗の利益に支障が出てしまうほど悪質な行為なのできちんと万引き対策は施しましょう。

店舗内の万引きガイドラインを作成して教育

万引き対策のひとつとして店舗内に万引きガイドラインを作成して万が一に万引きが起こった時の対処や万引き犯の特徴などを覚える、従業員などに教育をしましょう。
万引き犯の特徴、起こった時の対処方法などを知っておくと万引き防止のひとつとしてだけではなくスムーズに対処することも可能になります。

万引き犯の特徴

買い物袋を持ったまま下を向いている
買い物客は特に商品を探したり見たりして移動するのでこういう人は手元のバッグに商品を入れようとする人が多いそうです。
カゴを使って買わない
カゴを持たなくてもいい量の買い物ならともかく人と目があって思い出したかのようにカゴを手に取る客は要注意です。
挙動不審:目をそらす
独り言などの自分の行動をごまかそうとする行動やただ買い物をするだけなのに妙に怪しい行動をとる客には気を付けましょう。
バックのチャックが開いている
カートなどに引っ掛けているカバンや肩掛けカバンなどの商品が入りそうなカバンのチャックが開いている場合万引きをする可能性は十分にあります。
集団行動
集団行動といってもただ買い物をしているだけなら大丈夫です。ですが、必要以上の商品棚の徘徊や店内の人目を気にするような行動をとる集団は集団万引きをする可能性があるので注意しましょう。
大きな衣類を身に着けている
ポケットが大きい、多い衣服は商品がポケットにたくさん入ります。異様なふくらみの他に服の下に忍ばせている、隠している場合がありますのでよく観察しましょう。

今日からできる万引き対策

万引き犯の特徴をとらえたところで実際に万引き対策を実践していきましょう。
万引きの前兆行動や不信な動きをしている人を発見した時にはサービスの一環として丁寧な言葉で声を掛けましょう。決して決めつけで声を掛けてはいけません。トラブルの原因になります。
声掛けのほかには不審人物の近くで商品整理や清掃などの作業をしましょう。店の業務をしながら不審人物を近くで監視をします。
万引き犯は商品を自分の身に着けている衣服や所持している入れ物に入れて持っていく傾向が多いのでこれも今日から始めるにはうってつけです。

      店舗内の万引きガイドラインを作成して教育
      

店舗内での工夫

万引き対策は人の手だけでは十分な対策をしたとは言えません。もっと防犯意識の高い店舗にするためには以下の店舗内の工夫も合わせて行いましょう。

防犯カメラ

設置場所
売り場や店舗出入り口はもちろん駐車場などにも設置しておくと安全です。
設置要領
真上から撮影するのではなく人の顔が見えるような配置を心がけましょう。また防犯ミラーと合わせる、防犯ミラーとしての機能が有する「ミラーカメラ」を導入したりなど設置場所などに応じたカメラの設置をしましょう。

啓発用ポスターを貼る

店舗内から店舗外の人目につきやすい場所に貼りましょう。ポスターなどには万引き防止に関する店舗の方針などを掲載しましょう。
またポスター自体がボロボロになったらすぐに新しい物に取り換えましょう。ボロボロのまま啓発用ポスターを放置しても犯罪抑止の効果は高まりません。

商品配置を工夫する

商品の棚は若干低めにする、死角ができる商品配置や展示方法を避ける、防犯ミラーを設置して死角を少なくするなど可能な限り商品配置に工夫をしましょう。

      店舗内での工夫

スタッフの行動と配置の管理

万引き対策の一環としてスタッフにはお客様に積極的に声をかけることをおすすめします。万引き犯は基本的に声を掛けられることが嫌いなので万引き対策につながります。
また従業員個々に合わせた役割分担を徹底する、万引き発生を未然に防ぐ教育をするなど店舗が一丸となって万引き被害を失くしましょう。

防犯システムの導入

万引き対策も大事ですが万引き対策をより万全にするためには防犯システムを導入すると非常に万引き対策効果が発揮しやすいので導入を検討されてはいかがでしょうか。

タグ&ゲートシステム
商品に取り付けるタグ、出入り口に設置するセンサーで万が一に商品を不正に持ち出しすることを防止するシステムを導入しましょう。
自鳴式タグ
無理に外したりすると自動的に警報機が鳴ります。
インクタグ・ロック式タグ
無理矢理外すとインクなどが飛び散り商品価値を失くすタグです。

上記のようなのタグやセンサーの導入をすると万引きの被害に効果的なため是非一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

万引き対策についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
万引き自体の被害は年々減少傾向にはありますがなくなることはありません。せめて自身の店などでそういた被害に遭われないためにも万引き対策・システムの導入は必要なことのひとつだと思います。
万引き犯の前兆行動や従業員や経営者、ひいては自分も万引きという犯罪を店舗から根絶するためにも日々の努力はかかせないことのひとつではないでしょうか。

防犯カメラ設置を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防犯カメラ設置」をご覧ください。

防犯カメラ設置で安心を!
最適な場所の設置をご提案。
※対応エリアや加盟店によって変わります
防犯カメラの設置は犯罪を未然に防ぐためにも役立ちます。お客様のご予算・ご要望に合わせて、防犯設備士が最適な台数・場所への設置をご提案。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ご家庭・店舗・企業・教育機関など、個人・法人問わず設置対応
防犯カメラ 89,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 12:43:36
https://www.seikatsu110.jp/prevent/pr_camera/29215/
その他防犯
万引きとは正当な対価を支払わず店舗の外に無断で持ち出すことです。店舗側からしたら迷惑極まりない行為のひとつです。窃盗罪という罪になります。一時は増加の一途をたどっていましたが年々万引き対策をする店舗が増えてきたおかげで万引き被害は今日まで減少していっています。ですが、完全になくなったわけではありません。ご自身が経営、働く店舗で万引きが起こらないように対策をしていない人は今日からでも万引き対策をしま...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他防犯 防犯カメラ設置

防犯カメラ設置のお問い合わせ・ご相談はこちら

防犯カメラ設置についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!