生活110番ニュース その他防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBカメラが防犯カメラに!簡単お手軽な防犯システムを組んでみよう!

投稿日:2017-12-19 更新日:2018-10-02

WEBカメラが防犯カメラに!簡単お手軽な防犯システムを組んでみよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

近頃テレビを付けていると様々な場所でニュースの防犯カメラの映像が使われているのをよく目にします。ということは昔よりも防犯カメラが私たちの生活の近くにいるということわかりますね。

なぜ近頃私たちの生活にこんなにも防犯カメラが身近になったのでしょうか?

犯罪を防ぐための防犯カメラが増えた理由のひとつに手軽にWEBカメラを防犯カメラとして利用している人が増えているという点があげられます。

WEBカメラを防犯カメラとして使う人が増えている

普通の防犯カメラに比べ、WEBカメラを防犯カメラした場合

・手軽に手に入れられる
・設定が比較的簡単
・施工工事がいらない

以上のメリットがあるため利用者が増えているようです。

WEBカメラは防犯カメラに比べ値段として安価なものが多いので簡単に手に入れることができ防犯カメラの必要性を感じたときにすぐに買いに行くことができるということが強みです。

そして設定方法もいくつかあるためその中で難易度が低いものを選んで設定することができ、専門の業者を挟む必要がありません。
       WEBカメラを防犯カメラとして使う人が増えている

WEBカメラの選び方

ではどんなWEBカメラが防犯カメラに向いているのでしょうか?

カメラを選ぶときによく目にする画素、解像度、フレームレート、画角をしっかりと理解して選ぶ必要があります。

画素

ピクセルと表現されることもある言葉です。画像の色味などを担当している機能です。これがないと色がなく白黒のような画質になります。

解像度

ドットとも表現される言葉です。これが多いほど画像が鮮明になり滑らかになります。

これが少ないと昔のテレビゲームのような映像になってしまい、まるでモザイクがかかったようなよくわからない映像になるのですが、多すぎてしまうと容量が大きくなるため機器への負担が大きくなり、動画が止まりやすくなってしまう原因になります。

フレームレート

動画のコマ数が1秒に付き何枚あるのかということを表している言葉です。

これが少ないと動画がコマ送りになってしまうので映像が止まって見えます。

瞬間を見逃したくないというときはこの数が多いものがいいでしょう。しかし多すぎてもやはり動画が止まってしまう原因となります。

画角

カメラが移せる範囲の度数のことです。平均としては20°~50°です。

カメラを使う目的によって使い分けることがいいでしょう。

つまり画素、解像度、はそこそこ程度で犯罪の瞬間を見逃さないためと場所を確定させるためにフレームレート、画角、が良いものがいいでしょう。

全てが良いものを選ぶと動画が重くなってしまうのでどこかで妥協するのならば、最初に画素から妥協をし、フレームレートをあきらめたくないと伝えればいいWEBカメラに巡り合うことができるでしょう。
      WEBカメラの選び方

防犯以外にも使えるWEBカメラ

基本的には遠くの人物と話すために開発されたWEBカメラです。

防犯カメラとしても利用はできるのですが、それ以外にもお子さんやペットがちゃんと留守番できているのかを確認するための見守りカメラとして家の中に設置する家庭も少なくありません。

そのためにカメラから声をだして留守番している対象と話をすることができる機能が付いているものも中にはあります。

ペット用の見守りカメラの場合専用の装置をつけることでえさを与えたりできる機能のものもあるようです。
      防犯以外にも使えるWEBカメラ

特殊な機能を持つWEBカメラの紹介

普通のWEBカメラにも様々な特殊な機能を持つWEBカメラが販売されています。以下で見ていきましょう。

ナイトビジョン機能

暗いところでも見ることができるナイトビジョン機能が付いたものは夜中に起こりやすい野生動物による農作物の被害などを確認することができるので監視カメラとしての機能であるといえます。

首ふり機能

カメラの死角を最低限に出来る首ふり機能がついたWEBカメラも人気です。

というのもカメラの視野が25°から50°が平均なのでそれ以上の範囲が撮ることができなかったのです。

しかし、首を振ることができると撮ることができる範囲がカバーされるので安心です。
視野角120°視野角が広がることで首を振るよりも効率的に死角を減らすことができる機能です。

スピーカ付きカメラ

スピーカ付きは見守りカメラに多く搭載されている機能のひとつなのですが、不審者が現れたときなどに「誰だ!」など声を出すことができ不審者に見ていることすぐに通報ができることなどを伝えることができ犯罪者への牽制をすることができます。

WEBカメラは日々進化をしており、これ以上にたくさんの機能を持ったカメラもあります。そのためどのWEBカメラが防犯カメラにピッタリかを機能から選択するのも悪くないかもしれません。

まとめ

WEBカメラを防犯カメラとして使うことは、経済的負担が少なく誰でも扱いやすいためおすすめです。

しかし、もともと室内用に作られているため濡れることには配慮されていません。よって室外での使用は厳しいでしょう。室外へ防犯カメラを設置したい場合は防水機能の付いた防犯カメラを使いましょう。

どのカメラを買えばいいか分からなかったり、設定方法が良くわからなかった場合には防犯カメラ設置のプロへ相談してみると良いでしょう。

防犯カメラ設置を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「防犯カメラ設置」をご覧ください。

防犯カメラ設置で安心を!
最適な場所の設置をご提案。
※対応エリアや加盟店によって変わります
防犯カメラの設置は犯罪を未然に防ぐためにも役立ちます。お客様のご予算・ご要望に合わせて、防犯設備士が最適な台数・場所への設置をご提案。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ご家庭・店舗・企業・教育機関など、個人・法人問わず設置対応
防犯カメラ 89,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 12:57:48
https://www.seikatsu110.jp/prevent/pr_camera/26526/
その他防犯
近頃テレビを付けていると様々な場所でニュースの防犯カメラの映像が使われているのをよく目にします。ということは昔よりも防犯カメラが私たちの生活の近くにいるということわかりますね。なぜ近頃私たちの生活にこんなにも防犯カメラが身近になったのでしょうか?犯罪を防ぐための防犯カメラが増えた理由のひとつに手軽にWEBカメラを防犯カメラとして利用している人が増えているという点があげられます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

その他防犯 防犯カメラ設置

防犯カメラ設置のお問い合わせ・ご相談はこちら

防犯カメラ設置についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!