生活110番辞典その他防犯

その他防犯

【監視カメラは目立つところに“あえて”設置】泥棒や不審者の心理から読み解く監視カメラの設置方法

camera_ec

日本は、治安の良い国というイメージがあります。しかし、犯罪がおこらないというわけではありません。繁華街やショップなど、絶対といっていいほど監視カメラが設置されており、監視カメラがきっかけとなって犯罪が解決されることも多いです。

監視カメラには証拠を残すだけではなく、犯罪の「抑止」にも繋がると言われています。近年では、「不審者」や「いたずら」をあらかじめ防ぐために自宅に監視カメラを設置する家庭もあるそうです。

そこで、“もしも”の時に備えて自宅に監視カメラを設置するときに効果的な方法を、泥棒や不審者などの「犯罪者の心理」をもとに、ご紹介しましょう。

犯罪者は「見られる」ことを嫌う!?

mirarecamera

人は、じっと見つめられると緊張し、行いを正そうと意識します。例えば、面接やプレゼンテーションを行う時のように。このような状態を心理学用語で「自己注視」と言います。

犯罪者も同じく、監視カメラに「見られている」ということを知ると、「倫理的に悪いことを行う、後ろめたさ」や「失敗すること(逮捕)」を感じるそうです。実際に、ショップなどではカメラを設置することによって、万引き件数減少につながった事例もあります。

また、一般家庭に監視カメラを設置することで「防犯意識の高い家」ということが犯罪者に伝わり、狙われづらくするといった効果もあるそうです。

どういう場所に防犯カメラを設置するべき?

玄関に設置することで「空き巣」の被害を防ぐ

genkancamera

監視カメラを玄関に設置する場合、ドア側を向けて死角が無いように設置するのがポイントです。なぜ、ドア側(家の方向)に向けるのでしょうか。

玄関から侵入を試みる空き巣は、ドアの鍵をピッキングやサムターン回しで解錠します。そのためドア側に向けることで犯行手口の撮影が行えます。そして、空き巣は解錠を行う時、背後を非常に警戒しており、カメラが背後にあることで抑止効果に繋がるのです。

無防備な「窓」周辺のセキュリティを強化する

madocamera
一戸建て住宅やマンションの低階層に住んでいる場合、空き巣は「窓」から侵入することが多いそう。警視庁の調べによると、空き巣の約6割が窓からの侵入を行っているのです。

玄関よりも人目に触れずに侵入できるだけでなく、扉よりも破壊が容易なことから窓を選ぶと言われています。そういった観点から、窓が映るように監視カメラを設置するというのは非常に効果的です。

家の外に向くように設置して「いたずら」を防ぐ

niwacamera

空き巣など、大きな被害に繋がる犯罪だけでなく、住宅に「いたずら」を行う不審者というのは多いもの。庭にゴミを捨てられることや、車に傷を付けるなどの被害を受けてしまったという方もいるのではないでしょうか。

そういったいたずら防止策として、庭や車庫を見渡せるように監視カメラを設置するのが効果的です。それにあわせてセンサーライトを設置しておくことで、夜間のいたずらの抑止になります。

また、撮影範囲が広いので、死角にならないよう住宅の形状にあわせて隅に設置しましょう。

ところで、ダミーカメラって効果はあるの?

防犯カメラの設置場所に関してのご紹介しました。しかし、住宅の様々なポイントにカメラを設置するのは、費用的に難しいという方もいるかもしれません。監視カメラの価格は安いもので1万円前後、夜間対応の赤外線機能などが付いていれば、さらに価格が高くなります。

犯罪者の「見えるところ」に監視カメラを設置するのが、防犯上効果があるのだとすれば、「安価なダミーカメラでも効果があるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、ダミーカメラは、あまりおすすめできません。なぜなら、犯罪者は防犯カメラに関しての知識を持っている可能性があるためです。あまりに安価なダミーカメラであれば、ひと目で偽物だということが分かってしまうそうです。

高価なダミーカメラであれば、精巧に作られているので、多少は効果を見込めますが、そういった商品を買うのであれば、本物の監視カメラを設置するほうが、結果的に良いのかもしれません。

また、ダミーカメラの効果が唯一あるとすれば、今回ご紹介した中でも「いたずら」の防止策としての利用。犯罪者という自覚を持っていない方が多いそうです。そのため、対防犯策としてカメラの知識を持っている場合が少ないです。いたずら犯に対しては、少なからず効果があるかもしれません。

おわりに

犯罪の証拠を撮影するためだけでなく、犯罪をあらかじめ防ぐ手段としても利用できる監視カメラ。一度も被害に遭ったことがないという方でも、設置しておく価値は十分にあるでしょう。

犯罪者も、私たちと同じく人間です。倫理的に悪いとわかっていながら行う犯行が「誰かに見られること」を避けようとします。犯罪者が訪れやすい場所を知識として理解し、適切な場所に監視カメラを設置することで、死角を作らずに撮影することで監視カメラの効果を最大限に発揮できるでしょう。

最新記事