生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットを自宅供養する方法を徹底分析!自分にあった方法がみつかる?

投稿日:2018-07-26 更新日:2018-10-24

ペットを自宅で供養?ペットの供養について詳しく紹介します!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ペットを自宅で供養するかたが増えてきています。昔はペットを供養することはほとんどありませんでしたが、ペットを家族と同じであると思う人が多くなったことが要因の1つです。

今回はペットを供養する方法を紹介します。「ペットを自宅で供養する方法」や「ほかの供養する方法」も紹介します。

想像したくはありませんが、ペットとの別れはいつかやってきます。ペットが亡くなってから考えるのではなく、ペットが生きている間に考えることも大切ではないでしょうか。

ペットを飼っているかた、もしくはこれからペットを飼おうと思っているかたはぜひ最後まで読んでみてください。

ペットを自宅供養する理由とは

ペットを自宅で供養する理由は何でしょうか。以下の理由が挙げられます。

ペットと離れたくない

ペットの遺骨を家に置いておくことでペットが家にいるような気持ちにさせてくれます。ほかの場所に遺骨を保管しておくと寂しい思いをしてしまうためです。

近くに保管する場所がない

お住いの地域によっては遺骨を保管する施設がない場合があります。そういった場合は自宅供養が必要でしょう。

墓がないもしくは遠い

保管する場所がないと似ていますが、墓がないもしくは遠いことも理由として挙げられます。少子高齢化や単身者の増加によってお墓に定期的に行くことができない世帯があるなどが原因です。

ペットを自宅供養する理由とは

自宅供養の方法を知ろう

この章ではペットを自宅で供養する方法を紹介します。

【骨壺】

人間と同様に骨壺を使ってペットの遺骨を保管することができます。ただ、骨は湿気に弱くカビが発生しやすいです。そのため、吸湿剤を遺骨と一緒に入れることや、しっかり密閉すること、直射日光が当たらず風通しの良い涼しい場所に置くようにしましょう

骨壺を数種類紹介します。

Petcoti(ペットコティ)

ペット用の納骨できるお墓です。一般的な骨壺のような見た目をしておらず、あたたかく優しい印象を与えてくれる見た目になっています。
また、骨壺はステンレス製です。湿気に強いため、カビやサビが発生しにくくなっています。

広金 分骨袋

色も金色だけでなく、紫、緑、赤、銀などがあります。 お好きな色を選ぶことができます。
家の空間にあった色を選ぶとよいかもしれません。

パール 輝き骨壷

大きさは7寸ものもあるので、大型のペットでも入れることができます。

【アクセサリー】

遺骨をアクセサリーに加工するという方法もあります。また、ペットの写真を入れることもできます。アクセサリーはどこにでも持ち歩くことができるので、ペットのことをいつでもどこでも思い出すことができ、いつも一緒にいるかのような気持ちにさせてくれるでしょう。

アクセサリーの種類は、ペンダント・ブレスレット・指輪などさまざまです。

ペット霊園で供養する方法も!

ペット霊園で供養する方法も!

ペットを自宅で供養するほかにも方法あります。供養の方法は以下の通りです。。

合同供養塔

火葬したほかのペットと一緒に埋葬します。ほかのペットと一緒に埋葬することでペットに寂しい思いをさせないかもしれません。

個別墓地

人間と同様に墓を用意します。墓石はいろいろな種類のデザインのものがあり、ペットの名前を入れることも可能です。

納骨堂

ペット霊園では納骨堂を備えていることが多く、火葬したあとすぐに納骨することもできます。定期的に読経してくれるサービスなどがあり、納骨堂は棚、個室、ロッカールームタイプのものがあります。

散骨

ペットの遺骨を自然にかえして供養する方法です。海に遺骨を撒く「海洋葬」、山に遺骨を撒く「山林葬」、庭などに遺骨を撒いてその土で授記を育てる「樹木葬」などがあります。

散骨をおこなう際は遺骨を粉状になるまで細かく砕かなければなりません。もし散骨をしたい場合は、粉骨サービスを取り扱っているペット葬儀の業者に依頼しましょう。

自宅供養の方法を知ろう

そもそも供養がなぜ必要なのか

昔はペットを供養するという意識はありませんでした。ですが、少子化や単身者が増えたことによってペットを家族と同じであると思うようになりました。そのため人間と同様にペットが亡くなったときは供養してあげようというようになったようです。

ペットを供養する人が多くなるにつれて供養する方法も増えています。例えばペットを自宅で供養する方法や、納骨堂に保管する方法です。

ペットに対する意識の変化によってペットロスになってしまうかたもいます。ペットロスとはペットが亡くなったときの悲しみのことをいいます。ペットロスは誰にでも体験することです。ペットロスが起こると悲しみのほかにも、混乱、怒り、罪悪感、否認、憂うつなどの感情を抱く可能性があります。

状態がひどくなると日常生活に支障をきたすこともあるため、ペットロスを克服することは大切です。
周りに話して悩みを聞いてもらうこともいい克服方法です。周りに人がいなければカウンセラーに相談してみましょう。とにかくひとりで抱え込まないことをおススメします。

まとめ

今回はペットを供養する方法を紹介しました。ペットを自宅で供養する際は骨壺がおすすめです。しっかり密閉して直射日光のあたらない風通しのよい、涼しい場所で保管してください。ほかにもアクセサリーを作る、墓地や納骨堂などさまざまな供養方法があるので、ご自身がお好きな方法でペットを供養してあげてください。

ペットが亡くなったときはペットロスに注意してください。ペットロスの症状がひどい場合、日常生活を送れなくってしまうので、カウンセラーなどに相談しましょう。

ペット葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ペット葬儀」をご覧ください。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-24 11:06:22
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/98619/
ペット
ペットを自宅で供養するかたが増えてきています。昔はペットを供養することはほとんどありませんでしたが、ペットを家族と同じであると思う人が多くなったことが要因の1つです。今回はペットを供養する方法を紹介します。「ペットを自宅で供養する方法」や「ほかの供養する方法」も紹介します。想像したくはありませんが、ペットとの別れはいつかやってきます。ペットが亡くなってから考えるのではなく、ペットが生きている間に考...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!