生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛するペットを失ったとき、あなたならどうする?ペットの供養の仕方

投稿日:2018-07-25 更新日:2018-10-24

愛するペットを失ったとき、あなたならどうする?ペットの供養の仕方

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「大切なペットが亡くなってしまったら、どうすればいい?」と悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。今やペットは家族同然の存在です。もし愛するペットを失ってしまったら、悲しくてやりきれない思いでいっぱいになってしまいます。

しかし、家族同然のペットだからこそ、きちんと供養してあげることが大切なのです。ペットの供養の仕方はさまざまです。人間と同じように供養をしてあげることもできます。

本コラムでは、ペットの供養の仕方についてご紹介します。ご家族で話し合い、納得のいく方法で供養してあげることで、大切なペットもきっと喜んでくれるのではないでしょうか。

ペットのお葬式はしたほうがよい?

近年は、ペットを家族同然にかわいがる人も増えており、ペットを亡くしてしまうと深い悲しみに暮れてしまう方もいるでしょう。なかにはペットを助けてあげられなかった自分を責めてしまう方もいるかもしれません。

しかし、かわいがってくれていた飼い主が悲しい顔をしていたら、ペットも悲しい思いをしてしまいます。自分を責めずに、ペットが自分とともに生きてくれたことに感謝し、しっかりと供養をしてあげることが大切です。

お墓を建てたり仏壇を作ったりなど、ペットの供養の仕方にはさまざまな方法があります。亡くなったあと最初にしてあげられる供養は、お葬式です。大切なペットも人間と同様にお葬式をおこなってあげるとよいでしょう。

ペットの供養には決められた方法はありません。必ずこうしなければならないというルールがあるわけではないため、飼い主やご家族できちんと話し合い、みなさんが納得する供養をしてあげてください。
飼い主が納得できる供養の方法でしたら、ペットもきっと喜んでくれるはずです。

ペットのお葬式はしたほうがよい?

ペット霊園で人間と同じように供養可能

ペットの供養の仕方の1つとして、ペット霊園にお願いするという方法があります。今までは人間用の霊園の片隅にペットも埋葬していましたが、現在はペット霊園の需要が増え、ペット専用の霊園がどんどん増え始めました。

ペット霊園での供養にもいくつか種類がありますのでご紹介します。

▽個別墓地
人間と同じように墓石を建て、そこに遺骨を埋葬します。墓石のデザインはさまざまで、ペットの名前を刻むこともできます。屋外なのでいつでもお参りすることが可能です。しかし、個別で墓石を建てる分、費用はそれなりにかかってしまいます。

▽合同墓地
ほかのご家族のペットと一緒に遺骨を埋葬する方法です。たくさんのペットと一緒であることや、日々飼い主さんたちが絶えずお参りに来ること多いです。そのため、「ペットがさみしくないのでは」と合同墓地を選ぶ方も多く、個別墓地より安価な供養方法です。

▽納骨堂
ペット霊園には納骨堂があることが多いです。納骨堂のなかには個室や棚、ロッカータイプなどのスペースがあり、そこに遺骨を納めることができます。霊園によっては、読経などをおこなってくれるところもあります。

墓地とは違い室内に納骨するため、天候を気にせずお参りができますが、お参りの時間やお供え物に制限がかかっていることもあるため注意が必要です。

ペット霊園で人間と同じように供養可能

自宅供養でいつまでも一緒に

ペットの種類も多様化しているため、ペット供養の仕方もさまざまです。そのなかの1つとして、自宅で供養する方法もあります。ペットの遺骨を骨壺に入れ自宅に置いておくことで、いつもペットと一緒にいることができます。

家族同然にかわいがっていたペットを亡くすと、「ペットロス」を引き起こしてしまい、心身の病気へと発展してしまうケースも多いです。ペットと離れたくない方や、ペットといつまでもずっと暮らしていきたい方に選ばれている方法です。

しかし、「ずっと家に遺骨を置いておいてもいいの?きちんと成仏できる?」と不安になる方もいらっしゃいますよね。

ペットのお骨をずっと自宅で保管しておくことは全く問題のないことです。成仏できるかどうか心配になる方は、大切なペットをしっかりと供養してあげましょう。自宅でもきちんと供養してあげることはできます。

ペットの供養グッズ

ペットの供養の仕方の1つとして自宅供養をご紹介しましたが、ここではそのためのおすすめグッズをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

▽愛する家族に最後の贈りもの、納骨できるペットのお墓。Petcoti
人気のペットコティシリーズのお墓です。ブラックを基調とした六角柱で、とても重厚感がある形です。内部にはペットのお骨を入れることができます。ご自宅のお庭にもお部屋のなかにも置くことができ、シンプルなそのデザインはどんな空間にも馴染んでくれます。

▽ペットのお仏壇 ペットメモリアルボックス
木製のペット用仏壇です。木製のやさしいデザインで、どんなお部屋にもあわせやすくなっています。

正面の扉の部分に写真を入れることができますので、お気に入りのペットのお写真や、ペットとご家族と一緒に撮ったお写真などを飾ってあげるとよいでしょう。

▽ペット用 骨壷 覆袋付き(犬・猫デザイン)
骨壺と覆袋がセットになっており、骨壺は白を基調としたシンプルなものです。覆袋には犬と猫がデザインされたかわいらしいデザインとなっており、ふと目にしたときに華やかな気持ちにさせてくれるはずです。

まとめ

ペットを亡くしたときは、とても悲しい気持ちになってしまいます。自分を責めてしまい、ペットロスになってしまう方も少なくはありません。

ペットの供養の仕方にはさまざまな方法があります。ご家族で話し合って、一番納得のいく方法で供養してあげてくださいね。

ペット霊園へおまかせするにもいくつかの方法があるため、どの方法にするかきちんと調べて話し合ってから依頼しましょう。

また、お骨を自宅で保管する際には不安になる要素もあるかもしれません。しかし、しっかり供養してあげることが一番大切です。一緒に過ごしてくれたペットへ感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

もしペットの供養についてなにかお困りのことがありましたら、ペット葬儀をおこなってくれる業者へ一度相談してみることをおすすめします。

ペット葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ペット葬儀」をご覧ください。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-24 11:22:35
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/98407/
ペット
「大切なペットが亡くなってしまったら、どうすればいい?」と悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。今やペットは家族同然の存在です。もし愛するペットを失ってしまったら、悲しくてやりきれない思いでいっぱいになってしまいます。しかし、家族同然のペットだからこそ、きちんと供養してあげることが大切なのです。ペットの供養の仕方はさまざまです。人間と同じように供養をしてあげることもできます。本コラムで...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!