生活110番辞典 ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットの供養の選び方!自分にとって一番納得できるものを選ぶこと。

2018-08-29

ペットの供養の選び方!自分にとって一番納得できるものを選ぶこと。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

ペット葬儀の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

ペットの供養に正しい方法はあるのでしょうか?長年家族のように一緒にいたペットともいずれはお別れの日はきてしまいます。
飼い主として最善の方法はあるのか、人間と同じような供養の方法はあるのかなど、ペットの葬儀のことについてご紹介していきます。

ペット葬儀のおすすめサービス

ペットの供養に正しい方法はある?

ペットの葬儀というのは近年、ペットの家族化が進み人間と同じように法事や埋葬をする方が増えています。ペット霊園における埋葬は人間と同じように火葬、骨壺による埋葬、49日などの法要を行うサービスが多いです。海外では土葬が主流ですが、専用の棺を用意したり、死体の腐敗処理などのエンバーミング (遺体を消毒や保存処理、また必要に応じて修復することで長期保存を可能にする技法)をおこなう場合もあります。

ペットの供養としては様々なスタイルがありますが、残されたご家族が一番納得のできる供養にするのが一番だと思います。
今まで一緒に生活をしてきたペットが亡くなるということは、すぐには受けいれることができないと思いますが、ご自身がペットに対しての感謝と、しっかりとお別れを伝えることで、悲しみに区切りをつけ新たな日常を迎えられるようにしていきましょう。
人間の供養には決まりがあるが、ペットの供養にはありません。
ペットの供養に正しい方法はある?

ペット火葬を終えて、お骨が帰ってきたら

ペットが火葬を終えて帰ってきた遺はどうすることが適切なのでしょうか?人間の場合と比べて法的に整備がされていないため様々な方法があります。

・ペット霊園でペット用の墓地に埋葬する
・ペット霊園の納骨堂に納骨する
・自宅に持ち帰り、自宅で供養する
・手元供養品に遺骨を納める。アクセサリーに加工する。
・海洋や山などに散骨する

ペット火葬を終えて、お骨が帰ってきたら
このように多くの方法があるペット供養ですが、霊園の調査によると自宅に持ち帰る供養(手元供養)が増えていて、実に8割の方が手元供養を選ばれています。
なぜここまで増えているのかというとペットと離れがたく手元に置きたいと考える方ももちろん多いのです。しかし、いざ埋葬となると埋葬できる場所が限られていることも要因の一つとなっています。 大都市圏であれば民間のペット霊園を利用することができますが、地方にはそのような施設が少ないのが現状です。一部地方の寺院などでは檀家の減少に伴い敷地を確保することができたため、ペット霊園を運営している場所もあります。

遺骨や遺品をメモリアルグッズにする手元供養

最近では、亡くなったペットの遺骨を納めることのできる【手元供養品】が人気となっています。
人間と同じ供養が難しい以上、せめて近く にいることが、ペットにとっての最高の供養になるのではという思いからでしょう。
手元供養品は自宅に置いておくものと身につけることのできるタイプの2種類にわけられています。
前者はデザインも様々で、仏壇に置いても違和感のないものから、小物入れのような遺骨が入っているように見えないようなものまであります。
一般的には火葬した際に、白い陶器の骨壺に入れてもらいますが、そのままでは重々しいと感じる方が多いようです。せっかくならばオリジナルのものを用意したいと考える方が増えています。
後者は外出時でも片時も離れたくないという方におすすめです。
中に遺骨を入れるスペースがあり、普段使いのとしても違和感がないカジュアルなペンダントタイプのものが多いです。
 遺骨や遺品をメモリアルグッズにする手元供養

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

お仏壇や墓石でペットを供養したいなら

ペットの仏壇 にはご自宅にある仏壇に骨壺を置く方法から、専用に仏壇を用意する方法があります。
お仏壇という格式ある場所と馴染みのある仏具を利用できるため、信心深いご年配の方は特に供養する場所としての意味合いが強く感じられるでしょう。
手を合わせる空間を作ることで心静かにペットの平安を願うことができます。

一方、ペット のお墓には【人間と一緒に入ることのできる一般のお墓】【ペット専用の個別墓】【ペットの永代供養墓】【遺骨の一時預かり】などがあります。

【人間と一緒に入ることのできる一般のお墓】

寺院の方針などによってもできない場合はありますが、家族の一員として一緒にお墓に入る方法です。家族と同じ場所で一緒に供養したいと考える方におすすめです。

【ペット専用の個別墓】

ペット霊園や自宅の庭などに個別でペット専用の墓を作る方法です。オーダーメイドのものが多く墓のデザインも様々で、ペットの墓石に写真をプリントしたものなどもあります。ペット専用のお墓を作りたい方に向いています。

【ペットの永代供養墓】

家族に代わり、ペットの遺骨を永代に渡り供養する方法です。お墓の後継者がいない、長年供養を続けて気持ちの整理がついた方などにおすすめです。

【遺骨の一時預かり】

遺骨を一時的に預ける方法です。墓を考えているが作るまで一時的に預けたい、引っ越しの予定があるため、まだ墓を建てられない、一定の期間供養したら散骨などを考えている方などにおすすめです。

ペット葬儀のおすすめサービス

まとめ

今まで一緒に過ごしたペットが亡くなるということは、とても寂しいことです。しかしペットを飼ううえで、ペットの死を避けて通ることはできません。ペットロスという言葉があるように、悲しみを引きずる方も多くいらっしゃいます。
ペット葬儀というのはペットを天国へ送り出すためだけではなく、飼い主の心を整理する意味合いも含めていると思います。
ペット供養でお悩みであれば「生活110番」「ペット葬儀」にお気軽にご連絡ください。

弊社調べの最安値 10,000円~

弊社調べの最安値 10,000円~

ペット葬儀のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

ペット葬儀の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-08-29 15:48:57
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/6576/
ペット

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット葬儀

おすすめ記事

ペット葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986