生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつか来るペットとの別れ……その時が来た場合どうすればいいの?

投稿日:2018-04-27 更新日:2018-09-26

いつか来るペットとの別れ……その時が来た場合どうすればいいの?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

犬・猫・うさぎ・ハムスターなど、ペットにはさまざまな種類がいます。種類によって差はありますが、多くのペットは飼い主である人間よりも早く亡くなってしまう場合がほとんどです。

ペットはもはや家族の一員として考えられていることも多く、ペットを亡くしてしまった場合「ペットロス」という症状が出ることもあります。
今回は、ペットとの別れが来た場合に自分で出来ることや、つらさを受け入れる方法を紹介します。

ペットが亡くなった……まずは自分ができることをしましょう

ペットとの別れは突然やってきます。その別れを受け入れることは、なかなか難しいでしょう。しかし、まずはペットのためにも自分でできることを行う必要があります。

まず亡くなったら、遺体を安置してあげましょう。生物は死亡すると腐敗が進行していきます。特に夏場は腐敗のスピードも高くなるため、早急に遺体を安置する必要があります。

また、死亡して2~3時間後には死後硬直も始まるため、その前に態勢を整えてあげましょう。遺体をそのまま何もせずにいると、すぐに硬直し、足などがつっぱったままになり、棺に入らなくなることもあります。
そうならないためにも、死後硬直がはじまる前に、足を折り曲げたりして、しっかりと態勢を整えてあげることが大切なのです。

棺は本格的なものをすぐ用意しなくとも、ペットが収まる程度の段ボールでよいです。ただし、移動の際に底が抜けないほどの強度があるか確認をしておきましょう。遺体の口や鼻などから体液が出てくることがあるため、タオルを敷いておく必要があります。
また、遺体の腐敗を遅らせるため、ドライアイスをペットの脇やお腹にあてます。無い場合は保冷剤や氷などで代用しましょう。

安置する準備が整ったら、生前ペットが好きだったご飯やおもちゃを棺に入れてあげたり、お花を入れてあげると亡くなったペットも喜ぶかもしれません。

      ペットが亡くなった……まずは自分ができることをしましょう

ペットが亡くなったときに起こる心身への影響

ペットとお別れをした際、人によってはさまざまな心身への影響が出ることがあります。それは「ペットロス症候群」とも呼ばれ、以下のような症状が出ます。

・否認
心が苦しくなることから現実逃避のために「あの子は死んでなどいない」などと、ペットが亡くなった事実を否定する

・怒り
ペットが亡くなった原因となる病気や、死に際に立ち会った医師などに怒りをぶつける

・罪悪感
「私もっとこうしていればあの子は死ななかった……」というように自責の念を感じ、思いつめるようになります。

・抑うつ
元気が出なくなっていき、精神的に麻痺していきます。人によって期間はさまざまで、抑うつ状態から抜け出すまで数年かかる場合もあります。

ペットロスが重症化してしまうと、日常生活に支障がでてしまうこともあります。そうならないためにも、しっかりと見送ってあげることが大切ではないでしょうか。

      ペットが亡くなったときに起こる心身への影響

きちんと最後のお別れをしてあげましょう

ペットとのお別れを受け入れるのに最も重要なのは「しっかり悲しむこと」「供養をちゃんとしてあげること」です。

・しっかりと悲しむ
ペットが亡くなったとき「悲しんでいてはいけない」と感情に嘘をついていると、逆にペットが亡くなった悲しみが一生心に残る可能性があります。友人や家族など信頼できる人の前で感情のままに泣いたり、ペットが亡くなったことに対しての話を打ち明けるのもよいでしょう。

・供養をちゃんとする
ペットが亡くなった際は、ペットとしっかりお別れをするために葬儀をしたり、遺品を整理すると徐々に「ああ、あの子は亡くなったんだ」とペットの死を受け入れることができます。しっかりと現実として受け止めることでペットロスの苦しみが和らぎます。

      きちんと最後のお別れをしてあげましょう

どうしてもつらい……そんなときはどうしたらいい?

どうしてもペットとお別れをしてつらい場合は、以下のようなことを試してみるのもおすすめです。

・メモリアルアイテムを身に着ける
ネックレス・チャーム・キーホルダーなどさまざまな形のものがインターネットなどで販売されているため、自分に合ったアイテムを選んで購入してもよいでしょう。メモリアルアイテムは、内部に大切なペットの毛や遺骨を入れれるため、いつでもペットを傍に感じることができます。メモリアルアイテムを身に着けていると「ペットが見守ってくれている」と感じることもできます。

・手紙を書く
手紙を書いてペットのお墓にお供えしてもよいでしょう。手紙は、亡くなったペットを思いだしながら書くとこができるだけでなく、自分の気持ちの整理にもなります。

・アルバムを作る
ペットの小さい頃から写真を撮っているのであれば、アルバムを作るとよいかもしれません。「こんなに小さいころもあったなあ」と懐かしむだけでなく、悲しい気持ちを整理することができるかもしれません。

まとめ

ペットとの別れはつらく、悲しいですがいつかは必ず来るものでもあります。その時が来た際に飼い主にできるのは、ペットが安心して天国に行けるように葬儀をして、たくさん悲しんでから徐々に立ち直ることです。

ペットが亡くなってしまったときは、さまざまな埋葬方法があり、どうしたらいいかわからなくなることもあります。そういったときはペット葬儀の業者に依頼をすると、さまざまなプランを提案してくれるため、一度相談してみるのもおすすめです。

ペット葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ペット葬儀」をご覧ください。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-26 10:14:21
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/63659/
ペット
犬・猫・うさぎ・ハムスターなど、ペットにはさまざまな種類がいます。種類によって差はありますが、多くのペットは飼い主である人間よりも早く亡くなってしまう場合がほとんどです。ペットはもはや家族の一員として考えられていることも多く、ペットを亡くしてしまった場合「ペットロス」という症状が出ることもあります。今回は、ペットとの別れが来た場合に自分で出来ることや、つらさを受け入れる方法を紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!