生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お庭に】猫の埋葬方法|大切なペットの供養|お墓の作り方

投稿日:2018-01-15 更新日:2018-09-26

【お庭に】猫の埋葬方法|大切なペットの供養|お墓の作り方

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

大切に育てられてきた猫が亡くなってしまい埋葬したいと思われる方がいらっしゃる反面、埋葬方法がわからないと疑問に持たれるかたも同じぐらいいらっしゃると思います。
身近でいつも一緒だったペットだからこそ最後まで面倒を見てあげたいし、安らかに眠れる場所を探してあげたいですよね。
そんな猫を埋葬する方法や場所についてご紹介します。

猫を埋葬してあげられる場所の探し方

猫の埋葬方法で一番身近なのが自宅で埋葬をする方法です。知らない人間や動物に踏み荒らされない為というのもありますが、愛情を持って育ててきた猫を身近に感じるという意味でも土葬をお考えの方は自宅の庭に埋葬してあげることをおすすめします。

猫を土葬しては駄目な場所

猫を埋葬する場所に注意してほしいことは空き地や公園などの所有地以外での土葬はしないようにしましょう。悲しいですが猫はもちろん、他の動物も例外はなく亡骸を所有地以外で埋めてはいけないという法律も存在します。埋葬は地震が所有している土地でしてあげてください。

      猫を埋葬してあげられる場所の探し方

猫の埋葬のために。穴の深さは?どれぐらい時間がかかる

猫を埋葬方法のひとつ、自分の家の庭で埋葬する手段を取られる方はただ埋葬するのではなくいろんなことに気を配りながら埋葬をしましょう。
各家庭によって埋葬時間は違いますが、自宅で済ませられるので家族全員で行えばそんなに時間がかからないと思います。

猫を土葬するときは穴を深く掘ろう

猫を埋葬するときは埋葬する穴を深く掘りましょう。深く掘らないと亡骸の独特な臭い(死臭)やカラスなどといった野生の動物が掘り起こしてしまうことがあります。
そんな悲しいトラブルを防ぐためにもできるだけ穴は深く掘ることをお勧めします。目安として1メートル以上は掘りましょう。

土は高く盛ろう

猫を土に埋め戻した後は雨などで亡骸を埋めた土が減っていかないように、できるだけ埋めた土を高くかぶせましょう。

自宅で埋葬するとき他に注意すること

・猫の土葬は土に還るまで何十年と時間がかかってしまいます。自宅で埋葬されたい方は、土地を譲渡する予定があるなど自宅が他人の手に渡った後のことも視野に入れて埋葬を行いましょう。
・猫を埋葬するときに亡骸の腐敗によって出てしまう病原菌の元、有害物質が出てしまうことがあります。家族の身体を守るためにも殺菌効果がある石灰などを埋葬する時に使いましょう。

マンションなど猫を埋葬することができない場合

賃貸などで猫を飼われていて亡くなってしまった場合はペット葬儀を行っているところで埋葬をしてあげましょう。最近ではペット霊園などがあり自宅で埋葬できない方向けの施設があります。
また、ペット用の焼却炉で火葬してくれるところがありますので心配が少なく穏やかな気持ちで埋葬できると思います。

      猫の埋葬のために。穴の深さは?どれぐらい時間がかかる

猫のお墓をつくる手順

いつも一緒だと感じたいから自宅の庭にお墓を作ってあげたい……。小さいころから育ててきた、大きくなってからだけど大切に育ててきた、そんなペットだからこそ、一緒に居てくれたペットにありがとうという気持ちを込めて埋葬してあげたい方も多いと思います。
自宅の庭で埋葬するからこそ丁寧に埋葬してあげましょう。猫を自宅埋葬する方法の手順はこの通りになります。

【手順】

・自宅の家で埋葬する場合は庭の中であまり人が踏まない場所、足を踏み入れない場所へ埋葬してあげることを心がけましょう。踏んでしまうと盛った土が凹んでしまうだけでなく、埋葬した猫も可哀そうです。
・場所を決めたら穴を掘りましょう。目安としては1メートル以上、亡骸を土に還りやすい綿などで包んでから埋めましょう。
・猫を埋めたら墓石を用意して墓石を立ててあげましょう。できるだけ猫の名前も書きやすく、土に立てやすい平べったい石を選ぶといいでしょう。ペットストーンを置いてあげるのもいいかもしれません。
・墓が完成したらお線香やお花を挙げたりして供養をしてあげましょう。定期的なお墓回りの掃除は欠かさないようにしてください。

また、やむ負えない場合を除き亡骸は二度と掘り返さないようにしてください。猫の供養と言う意味もありますが、亡骸から出る有害物質が外に出てしまう危険性があります。
お庭にお墓を立ててあげる前に猫が土に還るまでの数十年先のことを考えておきましょう。

      猫のお墓をつくる手順

火葬をしてからお庭にお墓をつくるには

猫の埋葬方法は土葬だけではなく、火葬してから遺骨を庭に埋めてあげるという方法もあります。火葬してから遺骨を庭に埋めてあげたいと思われる方は遺骨と骨壺は別で埋めてあげましょう。骨壺に入れたままだと土に還りにくくなってしまいます。手順は自宅の庭でする土葬とほとんど同じ手順です。違うといえば、遺骨の方が土に還りやすいので掘る穴の深さが30㎝前後の浅い穴でも充分なくらいです。

      火葬をしてからお庭にお墓をつくるには

まとめ

猫を埋葬する方法についてご紹介してきましたがいかがでしょうか。愛着を持って育ててきたからこそ家族だった猫が居なくなるのは淋しいですし、悲しいです。
しかし、大切に育てられてきた猫だからこそ前を向き、埋葬するまで責任を持たれることはとても重要で、いままでずっと可愛がってきた猫に最後にしてあげられることではないでしょうか。

ペット葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ペット葬儀」をご覧ください。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-26 10:20:00
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/32508/
ペット
大切に育てられてきた猫が亡くなってしまい埋葬したいと思われる方がいらっしゃる反面、埋葬方法がわからないと疑問に持たれるかたも同じぐらいいらっしゃると思います。身近でいつも一緒だったペットだからこそ最後まで面倒を見てあげたいし、安らかに眠れる場所を探してあげたいですよね。そんな猫を埋葬する方法や場所についてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!