生活110番辞典 ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットの死後後悔しないように…ペットの供養方法は事前に決めよう!

2018-09-26

ペットの死後後悔しないように…ペットの供養方法は事前に決めよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

最近、ペットロスという言葉をよく耳にします。ペットは大切な家族の一員と考えることが多くなってきていますので、その分ペットが亡くなった際の悲しみも大きくなっていると思います。

ペットの死後に後悔が残れば残るほど、ペットロスの症状も深刻になっていきます。ここでは、ペットの死後後悔をなるべくしないための方法をご紹介していきます。ぜひ参考にしていただき、後悔を残さないようにしましょう。

ペット葬儀のおすすめサービス

ペットの死を後悔してしまう原因

ペットが亡くなった際、ペットロスになってしまうことがあります。ペットロスはペットの死に後悔が残っていることでさらに悪化してしまうことがあります。
その場合、なぜ後悔が残ってしまうのでしょうか?ここでは、その原因についていくつかご紹介していきます。

ペットの死を予期できなかった

ペットが病気などで突然亡くなった場合は、覚悟ができていない状態でペットを亡くしてしまうことになります。

ペットの死を悲しむ感情を抑え込んでいた

ペットの死はまだ人の死と同等に扱わない人もいます。そのため、人目を気にして思い切り悲しめないなどがあると、後々後悔することがあります。

自分に対して怒りを感じる

「あのときこうしていれば……」などと考えてしまい、自分を責めてしまうことがあると思います。

ペットの遺品を残せなかった

ペットの遺品を残すと、ペットのことを思い出してしまいつらいこともあるかもしれません。しかし、つらいからといって遺品を残さないと後々後悔してしまうこともあります。

ペットをしっかり供養してあげることができなかった

ペットの供養方法はいろいろあります。そのため、事前に把握していないと思っていた供養ができなかったということも起こり得ます。

このような後悔を残す原因となることは、どのように解決していったらいいのでしょうか?

      ペットの死を後悔してしまう原因

ペットの死後、後悔や悲しみを解決するには

上述したように、ペットの死後に後悔がいくつも残ってしまうことがあります。後悔を残しまうことをなるべく避けるためには、以下のようなことをするといいでしょう。

ペットの健康状態は常にチェックしておく

ペットも人と同じように病気になります。そして、その病気が原因で亡くなってしまうこともあります。ペットの健康状態は常にチェックして、ペットの病気の症状を見逃さないようにしましょう。

また、ペットが入院中に亡くなってしまうこともあります。その際は、獣医師に最後に立会いたい旨を伝えておくといいでしょう。

ペットが亡くなった悲しみを共有する

家族と話したりして、ペットを亡くした悲しみを共有しましょう。また、インターネットを使用してSNSなどで同じ体験をした方とやり取りするのもいいでしょう。

ペットが亡くなった際は泣きたいだけ泣く

周りがどう言おうと、ペットは大切な家族の一員です。ペットが亡くなった際は、周りの目など気にせず思い切り泣いて大丈夫です。

ペットの遺品は取っておく

ペットの遺品を残しておくといろいろと思い出が浮かんで悲しいかもしれません。悲しくなったら泣いても大丈夫なので、ペットの遺品はしっかり取っておきましょう。

ペットの供養方法を生前に検討しておく

ペットの供養方法には、いろいろな方法があります。一概にどれがいいとは言えませんので、ペットの生前に家族で検討して後悔が残らない方法を選ぶようにしましょう。

      ペットの死後、後悔や悲しみを解決するには

ペットの正しい供養方法

ペットの死後後悔が残らないように、ペットの供養方法は正しく理解しておく必要があります。ここでは、その供養方法についてご紹介していきます。

まず、最初にペットが亡くなったらペットの遺体を清めます。その後、ペットの遺体は火葬をするのが一般的になっています。ペットの火葬を行える場所としては以下のような場所があります。

・ペット霊園などの火葬場で火葬を行う
・ペットの火葬車に自宅まで来てもらい、火葬を行う

また、火葬方法としては以下のような方法があります。

・立ち会い個別火葬:ペットの飼い主が、ペットのお見送りから火葬後のお骨上げまでをできる方法です。

・一任個別火葬:ペットのお見送りをしたあと、火葬を業者へ一任します。火葬は個別に行われます。

・一任合同火葬:ペットのお見送りをしたあと、火葬を業者へ一任します。火葬は他のペットと合同で行われます。

合同で火葬をした場合はペットの遺骨を受け取ることができず、ペットの遺骨は合同で供養されます。ペットの遺骨を受け取りたいなら、個別火葬を選ぶようにしましょう。

ペットの遺骨を受け取る場合は、その後の供養方法を決めておきましょう。供養方法としては、自宅に安置する、自宅の庭に埋葬する、ペット霊園に埋葬する、散骨するなどいろいろな方法があります。

      ペットの正しい供養方法

後悔しないペット葬儀を

ペットの死後後悔しないように、ペットの葬儀は生前にしっかり考えておきましょう。ペットの葬儀にかかる費用はさまざまですが、費用だけでは決めずに内容もきちんと把握しておきましょう。

ペットの供養方法には、基本的に決まりはありません。ただし、周りへの配慮は必要となってきます。とくに散骨する際などはマナーを守る必要があります。ペットの散骨方法については「ペットも散骨はできる?ペットの散骨はマナーを守って行いましょう 」でもご確認いただけます。

マナーを守り、納得のいく供養方法を選ぶようにしましょう。

      後悔しないペット葬儀を

ペット葬儀のおすすめサービス

まとめ

大切な家族の一員であるペットを亡くすのは、とてもつらいことです。ペットの死後後悔が残ってしまうようなことがあると、余計につらくなってしまいます。そうならないように、ペットの生前からいろいろなことに気を付けるようにしましょう。

ペットの死後後悔してしまうことで、最も大きいものは供養についてだと思います。ペットの死後に供養方法を検討してしまうと、正常な判断ができないと思います。必ず生前にペットの供養について考え、業者などをチェックしておくようにしましょう。

ペット葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ペット葬儀」をご覧ください。

弊社調べの最安値 10,000円~

弊社調べの最安値 10,000円~

ペット葬儀のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-09-26 10:22:55
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/32078/
ペット

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット葬儀

ペット葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986