生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボロフスキーの寿命は2年ほど。世界最小のハムスターのお世話

投稿日:2018-01-12 更新日:2019-11-25

世界最小のハムスター、ロボロフスキーの寿命は2年ほど

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ハムスターは、身体が小さく、飼育スペースを多く取らないことから、初心者にも育てやすいと言われています。
身体が小さいハムスターの中でもさらに小さいロボロフスキーハムスターは、とてもかわいらしい見た目をしています。
しかし、ロボロフスキーは、ハムスターの中では飼育が難しく、長生きするのが難しいとも言われています。
今回はそんなロボロフスキーの寿命や飼育方法についてご紹介させていただきます。

ロボロフスキーの寿命は2年ほど…

小柄な品種のドワーフハムスターの中でも最も小さいロボロフスキーの寿命は2~3年ほどといわれています。
とくに大体1年と半年を過ぎたあたりから衰えが見えてくるのです。そもそも2年生きたハムスターは人間の74歳と同等といわれています。つまり、2年しか生きられないのではなく、ハムスターにとっては、2年も生きたということになるのです。

しかし、様々な要因でその天寿を迎えるのは難しいかもしれません。
身体がとても小さいため獣医にかかることが難しく、ちょっとした怪我や病気が命取りになることもあります。
さらに、とても臆病なため、神経質でストレスを感じやすく、その点も注意が必要です。
ロボロフスキーがいる部屋では、なるべく大きな音を立てないようにしましょう。

ロボロフスキーの寿命は2年ほど…

ロボロフスキーの寿命を伸ばせる環境や食事は?

長くても3年ほどしか生きられないロボロフスキーですが、少しでも長生きしてもらうために、なるべくストレスを与えない環境づくりを心がけましょう。
ロボロフスキーは小柄ですが、とても活発で好奇心が旺盛です。そのため飼育スペースはジャンガリアンハムスターと同じくらいの広さを用意してあげましょう。
また元々はロシアやモンゴルなどの寒い地域が原産のため、寒さや乾燥には強いのですが、その分高温多湿の環境は苦手です。
そのため、夏場は温度や湿度を調節しましょう。

餌は、通常のハムスターに与えるペレットやヒマワリの種などで大丈夫です。ただ他の種類に比べると肉食の傾向が強めで、ミルワームなどを好む傾向も持っています。
いずれにせよ偏らせずに、栄養バランスに気を付けてあげることが大事です。

少しでもストレスを減らしてあげることが、ロボロフスキーの寿命を延ばすための秘訣になるでしょう。

ロボロフスキーの寿命を伸ばせる環境や食事は?

臆病でストレスに弱い性格。延命はむずかしい

前述した通り、ロボロフスキーはとても臆病でストレスに弱い性格です。
日常の何気ない行動が、思わぬストレスになっていることがあるので注意しましょう。

その反面好奇心が旺盛でとても活発に動き回りもします。しかし臆病なためか、人を噛んだりすることはほとんどなく、すぐに逃げ出そうとするみたいです。
また人になつきづらいといわれていますので、過剰なスキンシップはストレスを与えることになり、ロボロフスキーの寿命を減らす原因になってしまうでしょう。
出来る限りなつかせたい場合は、小さいころから飼う、もしくは長い時間をかけてゆっくりと環境になじむようにしましょう。ちょっとしたことでもストレスになってしまう可能性がありますので、なるべく刺激を与えないよう注意をすることも大切です。

お別れの方法は?小さな身体でも火葬できるペット供養

大切に育てていても、残念なことにいつかロボロフスキーは寿命を迎えてしまいます。
悲しいことですが、自然の摂理なのでお別れの準備をしましょう。
自宅に庭があるご家庭ならば、埋めてお墓を作ってあげることも可能でしょう。
しかし、庭が無いご家庭もこのご時世多数存在するでしょう。
その場合は、ペット供養がおすすめです。
ペット供養はイヌやネコだけでなく、インコやハムスターなどの小柄なペットも行ってくれます。
個別に火葬を行い、遺骨を渡してくれるところもあるでしょう。
まずは、お近くのペットの供養を行っている会社を調べてどのようなプランがあるのかを見てみましょう。
大切に育てたペットなのですから安らかに眠らせてあげたいですよね。

お別れの方法は?小さな身体でも火葬できるペット供養

まとめ

小柄なドワーフハムスターの中でも最小のロボロフスキーハムスターは、ハムスターの中では比較的飼育難易度が高いと言われています。
ですが、愛情を持ってきちんと育ててあげれば、きっとその声にこたえて愛らしい姿を見せてくれることでしょう。
なつきづらいいわれていますが、なついた例もありますので精一杯心を籠めてお世話をしてみてください。
ロボロフスキーを、寿命近くまで育ててあげられるよう頑張りましょう。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
8投票,  平均評価値:4.4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-25 09:54:50
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/31912/
ペット
ハムスターは、身体が小さく、飼育スペースを多く取らないことから、初心者にも育てやすいと言われています。身体が小さいハムスターの中でもさらに小さいロボロフスキーハムスターは、とてもかわいらしい見た目をしています。しかし、ロボロフスキーは、ハムスターの中では飼育が難しく、長生きするのが難しいとも言われています。今回はそんなロボロフスキーの寿命や飼育方法についてご紹介させていただきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!