生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の火葬に掛かる時間はどのくらい?ペットによって変わる火葬時間

投稿日:2017-11-28 更新日:2018-09-26

犬の火葬に掛かる時間はどのくらい?ペットによって変わる火葬時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ペットの愛犬が亡くなった際、「きちんとお別れをしてあげたい」と思う方がほとんどだと思います。ペットの犬が亡くなったら火葬をすることが一般的となっていますが、その方法やかかる時間についてご存知の方はそれほど多くないと思います。

ここではペットの犬の火葬方法や、火葬時間、犬以外のペットの火葬時間、時間がなかなか取れないときの火葬方法などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしていただき、ペットの犬が亡くなった際にあわてて後悔することのないようにしましょう。

犬の火葬に掛かる時間

愛犬が亡くなった場合、火葬を行うというのが一般的です。ペットの火葬方法にはいくつか種類があります。それぞれの火葬方法と、ペットの犬の火葬時間はどれくらいかかるのかをご紹介していきます。

火葬の種類

ペット犬の火葬方法としては、主に以下の3種類の方法があります。

・立会個別火葬:ペットが亡くなったあと、飼い主とその家族などが見送りから火葬、納骨まで行う方法です。

・一任個別火葬:ペットが亡くなったあと、飼い主とその家族などは見送りだけ行い、火葬から納骨は業者が行う方法です。

・一任合同火葬:一任個別火葬と同じような方法です。違いは、火葬から納骨を他のペットと合同で行うというところです。お骨が混ざるため、返骨はされません。

火葬に掛かる時間

犬の場合、火葬時間は1時間程度になります。ただし、この時間はあくまで一般的なサイズの犬の場合で、大きさによって変わってきます。また、その他移動時間、葬儀・供養・納骨なども行うのであれば、さらに1~2時間必要になります。
      犬の火葬に掛かる時間

ペットの種類別火葬時間の目安

ペットの犬の火葬時間はすでにご紹介しました。犬の大きさによって時間が変わってくるように、ペットの種類が変わることでも火葬に掛かる時間は変わってきます。ペットの種類ごとに火葬に掛かる時間は下記のようになっています。

・ハムスターなどの小さいペット:30分前後
・猫や小型犬など3kgくらいのペット:50分前後
・中型犬などの7~10kgくらいのペット:1時間~1時間15分
・大型犬などの15~25kgくらいのペット:1時間半程度
・超大型犬など25kg以上の大きさのペット:2時間~3時間前後

このような時間になっていきます。また、ペットの火葬にかかる費用も火葬時間と同じように大きさによって値段が上がっていきます。
      ペットの種類別火葬時間の目安

ペットの火葬中はどうすればいい?

一任個別火葬や一任合同火葬の場合、ペットの火葬は業者にまかせるため待ち時間が発生することはありません。しかし、立会個別火葬の場合は火葬が終わるのを待つことになります。
立会個別火葬の場合は、以下のような流れで葬儀を行っていきます。

ペット逝去→お見送り・出棺→火葬→お骨拾い→納骨

立会個別火葬では火葬をした後、お骨拾いと納骨を行いますので、火葬が終わるのを待つ必要があります。大きなペットだと、火葬時間は3時間近くなることもあります。火葬が終わるまではどうすればいいのでしょうか。

ペットの火葬を立会個別火葬で行う場合、ほとんどがペットの火葬ができる施設で行われます。その場合はその施設に待つことができる場所があるので、そこで待ちます。

時間が取れない場合は訪問火葬という手も

ペットが亡くなった場合、人が亡くなったときのように休みを取って葬儀を行うことは、日本ではまだ難しいです。そのためすぐに火葬施設へ行くことが難しいという方も多くいいます。

その場合は、ペットの遺体を安置します。箱の中へドライアイスや保冷剤を入れることで腐敗を遅らせ、少しの期間安置しておくこともできます。しかし、夏の暑い時期などはペットの遺体を安置しておくことが難しくなるため、安置できる時間も限られます。その場合は、『訪問火葬』という方法があります。

訪問火葬は、自宅まで火葬の機能が付いた火葬車が来てくれるので、施設まで行く手間がありません。訪問火葬は一任個別火葬や一任合同火葬の他にも、立会個別火葬もすることができます。

ただし、訪問火葬は自宅まで来てくれるため、費用は施設で火葬を行った場合より高くなることが多いです。また、街中で火葬することになるためトラブルの原因になるケースもある点にご留意ください。
      時間が取れない場合は訪問火葬という手も

まとめ

ペットの犬などの火葬時間はその大きさによってかかる時間が変わってきます。ペットの火葬には3種類の方法があります。それぞれ費用やできることが変わってくるので、事前に考えておいたほうがよろしいでしょう。

ペットの火葬は、大きいものだと2~3時間かかってしまうことがあります。施設で火葬するのであれば待つ場所があるところが多いので、そこで待つことができます。施設での火葬が時間の都合で難しい場合は、訪問火葬を利用することもできます。

ペットの火葬は、ペットのために何をしてあげたいのか、予算はどれくらいなのかよく考えて決めましょう。後悔しないよう、しっかり考えましょう。

ペット葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ペット葬儀」をご覧ください。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ことね
家で飼っているペットのブログを始めたのがきっかけで、ライターの道へ!もともとパソコン関連の趣味もあるため、ペット・パソコン関係の記事を担当することが多い。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-26 10:42:33
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/22843/
ペット
ペットの愛犬が亡くなった際、「きちんとお別れをしてあげたい」と思う方がほとんどだと思います。ペットの犬が亡くなったら火葬をすることが一般的となっていますが、その方法やかかる時間についてご存知の方はそれほど多くないと思います。ここではペットの犬の火葬方法や、火葬時間、犬以外のペットの火葬時間、時間がなかなか取れないときの火葬方法などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしていただき、ペットの犬が亡く...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!