生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛するペットの墓石を庭に設置する❘墓石の選び方や納骨方法をご紹介

投稿日:2020-01-20 更新日:2020-01-20

愛するペットの墓石を庭に設置する❘墓石の選び方や納骨方法をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ペットの墓石にはオーダーでオリジナルの形のものを作ったり、文字や絵などを彫刻したりするものまでさまざまです。デザインや価格など、自分の納得のいくものを選びましょう。

自宅の雰囲気やペットのイメージに合う墓石を庭に設置することで、景観を損ねることなく、いつでもお参りができるようになります。反対に満足のいかない墓石では、まわりの雰囲気との調和が取れず景観を損ねるだけでなく、気持ちの面でも後悔してしまうかもしれません。

そこでこのコラムでは、ペット墓石のデザインや価格からみた選び方、埋葬方法について解説します。納得のいく墓石を設置して、愛するペットを供養しよう。

ペット墓石の種類は大きく3つ

ペット墓石はとくに決まりはないため、自由にデザインを選ぶことができます。大きな石を置くだけで墓石とする方法もありますが、せっかくですからペットのための墓石を用意してあげた方が、飼い主の心としてもお別れの気持ちに入りやすくなるでしょう。

愛するペットの墓石を庭に設置する❘墓石の選び方や納骨方法をご紹介

【その1】自分だけの墓石を作るオーダータイプ

既製品ではなく、ペットのための墓石をオーダーで作ることが可能です。墓石は、石材店に依頼して加工してもらいますが、形状や石の種類、彫刻などを自分でデザインできるところもあります。

ほかにも、大まかな形は決まっており自分でアレンジするセミオーダーのタイプもおすすめです。ペットの像のような形にしたり、ペットの好きだったごはんやおもちゃなど、ゆかりある形にしたりすると思い入れも強くなるでしょう。

石材は、種類によって大きく価格が異なります。国産の石材だと加工前のものでも10万円を超えるものがあります。それに加工費用などがかかりますので、納得のいくデザインを決めて石材店に相談しましょう。

【その2】彫刻のあるプレートタイプ

立体的な形ではなく、板状の石に名前やペットの似顔絵などを彫刻する墓石です。インターネット通販などからも注文することができるため、とてもお手軽に墓石を用意することができます。石の厚みや種類によって費用が異なりますが、6,000~30,000円ほどが相場となります。

【その3】簡易的で近くにおける、屋内タイプ

お庭などにお墓を設置するのではなく、屋内で供養できるように位牌を屋内に置いておく方法もあります。ガラス製のものや小さなプレートなどにペットの名前や写真、メッセージなどを添えて彫刻やプリントをしてもらうことが可能です。

小ぶりのものならスペースをとらないため、家の中でも安置しやすくインテリアの邪魔もしません。費用は大きさや素材によって異なりますが、ガラス製の位牌なら3,000~10,000円ほどが相場で作ることができます。

納骨堂という選択肢もある

集合住宅などにお住まいでお墓を作りたくても庭がなかったり、ペット用の仏壇を置くスペースがなかったりする場合にはペット霊園の納骨堂に預けるという方法もあります。

納骨堂には合祀と個別があり、合祀の場合にはほかのペットたちと一緒に納骨されます。個別の場合には、ロッカーや棚などに個別スペースが設けられており、骨壺のほかにもお花や写真、思い出の品などが保管できるようになっているのです。

合祀の場合の費用は、納骨の際に5,000~10,000円ほどを1度支払いするのが相場となっています。

いっぽう個別の場合には、年額15,000円ほどが相場となります。霊園によって価格が異なりますので、納骨をお考えならお問い合わせをしましょう。火葬場も併設されている場合が多く、納骨堂に遺骨を納める予定なら火葬と納骨を同じ場所でおこなうとスムーズです。

特徴から自分にあう墓石を選ぼう!

ペット用墓石の用意の方法をご紹介しましたが、それぞれの特徴から自分の納得のいく墓石を選びましょう。大きく分けて3種類ありますので、自分の考えに近いものを見つけてくださいね。

オリジナリティあふれる墓石にしたい

既製品ではなく、自分だけのオリジナリティが欲しいというときには、オーダーして希望のデザインの墓石を作成してもらいましょう。庭の雰囲気にあう墓石にしたいとういときにも、既製品でなかなか見つからない場合には、オーダーで作ってしまうという方法もありますよ。

名前や顔などを刻みたい

ペットの名前や顔などの彫刻をしたいときには、板状のものに彫刻をするプレートタイプがおすすめです。プレートタイプなら床に直接置けることから、景観への影響も少ないでしょう。

部屋の中でも飾れるようにしたい

屋内に置きたいということなら小さめの墓石でも可能ですが、もっとコンパクトにしたいときには、クリスタル製の置物など、インテリアを損なわないものを用意することも可能です。

大きな仏壇を設置しなくても、クリスタルに名前や誕生日、没年月日や顔写真などの彫刻やプリントがしてあれば、仏壇のかわりすることもできますね。ペットとの思い出をかたちにして残せます。

愛するペットの墓石を庭に設置する❘墓石の選び方や納骨方法をご紹介

墓石を用意したら埋葬しよう!

墓石を決めたら、埋葬をおこないましょう。自宅に庭がある場合には、敷地内にペットを埋葬することは法律上問題ありません。しかし賃貸物件にお住まいの場合、埋葬場所に悩んだからといって公共の場や他人の私有地に勝手に埋葬することは法律違反となります。

そのため、火葬後にペット霊園や自宅で供養することが一般的です。ここでは遺骨の埋葬方法や供養の方法について見ていきましょう。

お骨を土に埋める方法

墓石が準備できたら、墓石を設置する場所を決めてください。ペットのお骨を埋めるのに必要なものは、スコップと軍手です。納骨した際にお線香をあげたり、花を供えたりしたいときには、用意しておいてください。骨壺は陶器のものだと土に還らないため、土の中に骨壺ごと納めるのであれば、木製の骨壺にすることをおすすめします。

1.墓石を設置する場所に、深さ30センチメートルほどの穴を掘ります。

2.陶器の骨壺の場合には、壺からお骨を出して納めてください。骨壺は近くの別の場所に納めましょう。

3.お骨の上から土をかぶせたら墓石を置きます。墓石のまわりを土で固定したら完了です。

愛するペットの墓石を庭に設置する❘墓石の選び方や納骨方法をご紹介

墓石内部に納骨する場合

墓石によっては内部が空洞になっており、骨壺を納められるようになっているタイプのものもあります。その場合には、墓石の設置場所を決めたら、墓石が動かないように周りを土で固定してから、中に骨壺を納めましょう。

火葬をしてからお骨を納めよう

自分の土地であれば、ペットの土葬は法律に問われることはありません。1メートル以上深く穴を掘ってから、亡骸を納めてください。しかし、土葬の場合には腐敗臭がする場合や、虫が湧くリスクがあります。万が一、近所に臭いが広がったり、虫が湧いてしまったりすると損害賠償を問われるおそれがあるのです。

ペットとしてよく飼われている犬や猫などは、身体が大きく土に還るまでに時間がかかってしまいます。そのため、ペットの火葬をしてもらえる業者に依頼して火葬をしてから骨を埋葬することをおすすめします。

ペットを直接火葬場に持っていく方法から、出張火葬といって火葬車がご自宅まで来てその場で火葬をおこなうという方法もあります。火葬場で火葬してもらう場合には、合同火葬(ほかのペットと一緒に火葬する方法)であると、返骨してもらえないため個別火葬してもらい、返骨を依頼しましょう。

ペットの火葬をどこで依頼すればよいのかわからないときには、弊社におまかせください。弊社では、お近くのペット火葬業者をご紹介いたします。お客様のご要望がありましたら、お気軽にお申し付けください。電話相談は24時間年中無休で受け付けていますので、ご相談ください。

まとめ

ペットの墓石を選ぶときには、ご自分の納得したものを選ぶようにしましょう。とくに、庭に置くというのは、毎日のように目に入ります。まわりの景観を損ねないのか、自分自信が納得しているのかということが大切です。近くに供養することで、いつでもお参りできると、ペットをいつまでも近くで感じることができますよね。

ペットの墓石は、石材店にオーダーをしてオリジナルの墓石を用意する方法と、プレートタイプで板状の石に名前やペットの顔を彫刻してもらう方法、屋内における簡易的なものまでさまざまです。ご自分にあったものを選ぶようにしましょう。

埋葬は、土葬よりも火葬をおこなってからお骨を納める方法をおすすめします。ペットの火葬をご希望でしたら、弊社へお気軽にご相談ください。最適な業者をご紹介いたします。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-20 16:52:52
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/184163/
ペット
ペットの墓石にはオーダーでオリジナルの形のものを作ったり、文字や絵などを彫刻したりするものまでさまざまです。デザインや価格など、自分の納得のいくものを選びましょう。自宅の雰囲気やペットのイメージに合う墓石を庭に設置することで、景観を損ねることなく、いつでもお参りができるようになります。反対に満足のいかない墓石では、まわりの雰囲気との調和が取れず景観を損ねるだけでなく、気持ちの面でも後悔してしまうか...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!