生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット出張火葬【ご家族の立会いも可能!訪問サービス】費用も解説

投稿日:2019-11-26 更新日:2019-12-25

ペット出張火葬【ご家族の立会いも可能!訪問サービス】費用も解説

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

大切なペットを家族そろって見送りたい方や長年過ごした自宅で見送りたい方は、ペットの出張火葬がおすすめです。火葬車でご自宅まで伺う出張火葬であれば、手間も少なくしっかり弔いやすくなるでしょう。

しかし、ひとことで出張火葬といっても具体的な方法や費用など、わからないことも多いのではないでしょうか。そこでこのコラムでは、ペットの出張火葬について紹介します。ペットの火葬のくわしい内容や費用について解説します。ペット火葬について考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ペットの出張火葬とは?

出張火葬は近年登場した新しい火葬方法で、聞き馴染みのない方も多いかもしれません。ペットの出張火葬について、依頼前にくわしい内容やメリットデメリットなどを知っておきましょう。

専用移動車でご自宅に訪問・火葬します

出張火葬は、火葬車がご自宅まで訪問し、亡くなったペットを火葬してくれるサービスです。専用火葬車は、煙やにおいが発生しにくくなっており、そのため住宅街などでも使用することができます。

そんな出張火葬、ひとことでいってもさまざまなプランがあります。ここでは、出張火葬のプランの中から3種類について紹介します。

ペット出張火葬【ご家族の立会いも可能!訪問サービス】費用も解説

プラン1.立会い個別火葬

立会い個別火葬は、火葬に立会い、火葬後のお骨拾いは飼い主でおこなうプランです。お骨は返骨、または霊園などに埋葬・安置します。お骨拾いを自分でおこなうことができることがメリットでしょう。

プラン2.一任個別火葬

一任個別火葬は、火葬~納骨まですべて業者やスタッフにお任せするプランです。この方法の場合はお骨拾いできず、葬後のお骨はお骨壺に入っている状態で返骨されることが多いです。

プラン3.一任合同火葬

一任合同火葬は個別同様、火葬~納骨まですべてお任せするプランになっています。個別と違う部分は「別のペットと一緒に火葬する」、という点で、返骨などは基本的にされません。

メリットデメリットを理解して依頼しましょう

出張火葬プランには、メリットデメリットあります。メリットは、自宅まで出張してくれるので、時間がかからないことです。火葬場まで行く必要がないので、忙しい方には向いているでしょう。

一方、デメリットとしては、火葬できないこともあるということです。大型犬などの場合は火葬車におさまらず、火葬することができない場合もあります。業者によって火葬車のサイズが違うので、大型犬の場合は火葬することができるかどうか確認する必要があるでしょう。

また、場所によって火葬できないこともあります。おもに、自宅前に火葬をおこなうスペースがない場合です。そのような場合は、空き地や公園などで火葬をおこなうこともあります。

このように、火葬には、さまざまなプランがあります。火葬の依頼をご検討中ならいちど弊社にご相談ください。お客様のご要望にあわせた業者をご提案します。

ペットの火葬費用と時間は体重で異なる

ペットの火葬費用は、火葬時間とペットの体重で異なってきます。どのように費用が違ってくるのか確認しましょう。

体重の目安と種類区分

ペットの体重によって目安となる基準があります。ハムスターなどの体長10センチ未満は極小動物として、2㎏未満は小動物として扱われます。

それ以上は小型犬、中型犬、大型犬などと設定していて、基本㎏単位で区分されています。40㎏を超えると大型犬とすることが多いでしょう。

ペット出張火葬【ご家族の立会いも可能!訪問サービス】費用も解説

ペットの火葬費用相場

ペットの火葬費用は、業者によって値段の設定が違います。ペットの大きさ別の相場費用を紹介します。

・極小、小動物 10,000~15,000円
・小型犬 15,000~30,000円
・中型犬 30,000~40,000円
・大型犬 40,000~50,000円

この費用はプランやペットの種類などによっても変動しますが、40㎏を超えるような大型犬の場合、多くが50,000円以上かかってしまうといわれます。先ほども紹介したとおり、大型犬は火葬することができない場合もあるので、確認しておきましょう。

ペットの火葬時間の目安

ペットの大きさによって、火葬時間は違ってきます。ペットの大きさが大きいほど、火葬時間はかかってしまいます。どのくらいの時間がかかるのでしょうか。火葬時間の目安は以下のとおりです。

・小動物 約30分
・小型犬 約1時間
・中型犬 約1時間~1時間30分
・大型犬 約2時間~3時間

ペットの体つきによっても火葬時間は違ってくるともいわれます。あくまでも目安として捉えてください。

火葬ではこんなものも一緒に入れられます

ペットの思い出の品と一緒に火葬したいと思う方もいらっしゃるかもしれません。写真、食べ物、お花などは一緒に火葬することができます。

反対に、プラスチック製のおもちゃなどは入れることができないので、注意が必要です。また、ごはんの容器や首輪、リード、クッションなどは、強いにおいを発するおそれがあります。火葬するときに入れてよいか迷うものなどがあれば業者に相談してみるようにしてください。

ペットが亡くなったら……やることリスト

ペットが亡くなってしまったら、気持ちの整理がつかず、落ち着いていることができなくなったり、何もする気がおきなかったりするかもしれません。そんな場合でも、落ち着いて対応できるようにペットが亡くなってしまったら、するべきことを知っておきましょう。

犬の場合は死亡届を提出する

犬の場合は、死後30日以内に死亡届を提出しましょう。犬は保健センターへの登録が義務になっているため、登録を消す必要があります。死亡届、鑑札、注射済票などを用意して、保健センターに行くようにしましょう。

遺体を安置する

ペットが亡くなってしまった場合、火葬をおこなうまでに遺体を安置してあげる必要があります。安置方法を紹介するので、参考にしてみてください。

①きれいにする

ペットのご遺体の下に、ペットシートを敷いて寝かせましょう。濡らした布などで体をきれいにしてあげます。

②箱に入れる

段ボールなどに、ペットシートごとペットを入れてあげましょう。ペットが入る大きさの段ボールを用意してください。

③冷やす

保冷剤などを使用して、ペットの体を冷やしてあげましょう。頭やお腹の近くに置くのがよいです。氷などを使用しても、問題ありません。

人間のような「24時間以内に火葬」の決まりはない

人間の場合は、死後24時間は火葬してはいけない、ということになっていますが、ペットの火葬の場合はとくに時間の決まりがないといわれています。そのため、気持ちが落ち着いたら火葬の準備をすすめましょう。

ペット火葬業者をお探しの方・ご相談などは弊社までご連絡ください。お近くの火葬をおこなうことができる業者を紹介いたします。

火葬後のお骨の供養方法3つ

火葬したあとは、ペットを供養してあげましょう。ここでは、供養方法を3つ紹介します。

1.ペット霊園に納骨する

ひとつめは、ペット霊園の納骨堂で供養する方法です。納骨堂は、年間料金で使用することができることが多く、その間は自由に供養やお供えできることが多いでしょう。

この納骨堂は、個室になっていたり、ロッカーのようになっていたりします。実際に納骨する際は、その納骨堂の特徴などもしっかり確認しておきましょう。

2.骨壺に入れて自宅保管する

ペットの遺骨を骨壺に入れて自宅保管することもできます。いつも近くにペットがいるように感じることができるでしょう。

ただし、カビが生えないように対策する必要があります。乾燥材を骨壺に張ったり、置いておいたりするとよいでしょう。

3.アクセサリーに加工する

遺骨をアクセサリーに加工することもできます。遺骨を加工せずアクセサリーの中に収納するものや、加工してアクセサリーとするものがあります。常にアクセサリーをつけておくことで、ペットと一緒にいるように感じるかもしれません。

まとめ

今回は、ペットの火葬出張について紹介しました。火葬出張は専用移動車でご自宅に訪問・火葬してもらうことができます。火葬のプランはいくつかあるので、それぞれの特徴を考慮してください。

ペットの火葬費用は、プランやペットの大きさによって異なります。ペットの大きさが大きいほど費用は高くなってしまいます。また、火葬時間も長くなってしまうでしょう。そんなペット火葬でお困りであれば、ぜひ弊社をご利用ください。ご要望にあわせた火葬をおこなうことができる業者を紹介いたします。お気軽にお問い合わせください。

ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀 8,500円(税抜)~
ペット火葬・葬儀のおすすめ業者を見る >
ペット火葬・葬儀はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
ペット火葬・葬儀
8,500円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-12-25 14:31:11
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/177569/
ペット
大切なペットを家族そろって見送りたい方や長年過ごした自宅で見送りたい方は、ペットの出張火葬がおすすめです。火葬車でご自宅まで伺う出張火葬であれば、手間も少なくしっかり弔いやすくなるでしょう。しかし、ひとことで出張火葬といっても具体的な方法や費用など、わからないことも多いのではないでしょうか。そこでこのコラムでは、ペットの出張火葬について紹介します。ペットの火葬のくわしい内容や費用について解説します...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット火葬・葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!