生活110番辞典 ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

亡くなったペットの骨はどうする?土葬や保存するのによい方法とは

2018-11-08

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

人間と同様にペットにも寿命があります。ペットとの別れはいつかやってくるものです。あまり想像したくはありませんが、ペットが亡くなった際にどのように供養するか考えておいたほうが、ペットにとっても飼い主にとってもよいのではないでしょうか。

そこで、本コラムではペットが亡くなったあと、ペットの骨をどのようにしたらよいのか紹介します。特に何か決まったルールがあるわけではないので、飼い主の判断になりますが、遺骨は土葬したり、納骨したりすることができます。

ペットを飼っているかたはぜひ参考にしてみてください。

ペット葬儀のおすすめサービス

やってはいけない埋葬方法!

火葬して葬儀を終えたらペットの骨を埋葬する必要がありますが、どんな埋葬方法があるのでしょうか。

土葬する

大切なペットを家などの思い出の場所に埋めてあげたいと思う方も多いのではないでしょうか。土葬することはできますが、場所によっては法律に違反する恐れもあります。

他人の土地や公園などの公共の場へ土葬をすることは、軽犯罪法に違反します。「公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物または廃物を棄てた者」(軽犯罪法1条27項)というのに該当してしまいますので、私有地に土葬するようにしましょう。

ペットの骨はどうしたら?

衛生面の問題から、ペットの骨を土葬することに抵抗する方もいらっしゃるかもしれません。土葬以外にペットの骨を供養する方法をみていきましょう。

納骨する

土葬ではなく、納骨するという方法です。

①合同墓地

火葬後にほかのペットと一緒に遺骨を埋葬します。ペットが一人で寂しい思いをしなくて済むために合同墓地で埋葬することを選ぶ方も多くいらっしゃいます。

②個別墓地

人間と同じように個別の墓と墓石を用意する必要があります。立派な墓にすることもできますが、その分費用は高くなってしまいます。

③納骨堂

ペット霊園に納骨堂があることが多く、棚タイプや個室タイプなどがあります。遺骨をしっかり保管してくれる環境が整っています。

ペットの骨の保存方法

自宅でペットの骨を保管しておきたいというかたも多いはずです。自宅でペットの遺骨を保存するには骨壺を使うことをおすすめします。遺骨は湿気に弱くカビが生えやすいです。

遺骨と一緒に吸湿剤を入れてしっかり密閉して保存し、直接太陽の光が当たらない涼しい場所に安置してください。

自宅で遺骨を保存するのによい商品を紹介します。

納骨できるペットのお墓 Petcoti
ノルウェーの天然石を使用した、ペット用のお墓です。ステンレス製の骨壺の中に骨を入れ、本体に収めることができます。

金 6寸 骨壷 冠婚葬祭研究所
外見が金色なので豪華な印象を受けます。6寸でとても大きいので大型犬が向いているでしょう。小型のペットであれば、3寸のものでもいいかもしれません。

ペット仏具 5点セット 肉球マーク
遺骨をしっかり保存するだけでなく供養してあげることも大切です。香皿、お水入れ、供物皿、花立て、ろうそく建ての5点セットです。小さいサイズなので場所をとりません。

事前に考えよう!

ペットが亡くなることは急にやってくることもあります。ペットが亡くなってしまった
ときはショックで何も手につかなくなってしまうかもしれません。中には日常生活に支障をきたすほど落ち込んでしまう人がいます。そのような状態ことを「ペットロス」といいます。

ペットロスになってしまって、ペットの骨をそのままにしてしまう人もいます。ペットロスにならないようにするためにも、ペットが亡くなる前にどのように埋葬したらよいか決めておくことをおすすめします。

そうはいってもペットロスになってしまうこともあると思います。その際はしっかり供養してあげることで、悲しみを和らげることができるかもしれません。亡くなる前から供養するための準備をしておくことをおすすめいたします。

ペットロスを乗り越えるためにはカウンセラーに相談することもできます。ひとりで抱え込まないで、ほかの人にペットとの思い出などを話すことによっても悲しみを和らげることができるかもしれません。

ペット葬儀のおすすめサービス

まとめ

今回はペットの埋葬方法について紹介しました。土葬する、納骨するなどさまざまな方法があります。

土葬する際は他人の土地や公共の土地に埋めることは避け、私有地にしたほうがよいでしょう。納骨する場所は墓地やペット霊園などがあるので、ご自身が納得した場所に納骨してあげてください。

ペットが亡くなったショックでペットロスになってしまう方もいます。ショックで何もする気がなくなってしまい、ペットの骨をそのままにしてしまう人もいるので、ペットが亡くなる前から考えておくことが大切です。

ペットの葬儀や埋葬方法についてお悩みの方は業者に相談することもできます。経験豊富なプロの業者に相談することで、問題を解決してくれるかもしれません。

ペット葬儀を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ペット葬儀」をご覧ください。

弊社調べの最安値 10,000円~

弊社調べの最安値 10,000円~

ペット葬儀のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

おすすめコンテンツ

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-11-08 15:29:14
https://www.seikatsu110.jp/pet/pt_funeral/107136/
ペット

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ペット葬儀

おすすめ記事

ペット葬儀のお問い合わせ・ご相談はこちら

ペット葬儀についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986