生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が喜ぶ犬用ケーキの作り方!レシピや注意点をご紹介します!

投稿日:2018-12-17 更新日:2019-09-26

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

かわいい愛犬の誕生日に、犬用ケーキをあげて喜ばせたい!

そんなふうに考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

でも、販売されている犬用ケーキは着色料や保存料などの添加物が気になる……

そんな方は、自分で犬用ケーキを作ってみてはいかがですか。

どう作ったらよいかわからない、という方も大丈夫です。

本コラムでは、<犬用ケーキの絶品レシピをご紹介していきます。

食べさせてはいけない食材などの注意点も解説しますので、この記事を最後まで確認してみることをおすすめします。

これを読んで、かわいい愛犬の誕生日を手作りの誕生ケーキで祝ってあげましょう!

犬用ケーキってどんなケーキなの!?

そもそも犬用ケーキは人間が食べる普通のケーキとどのように違うのでしょうか。

その特徴についてまず説明します。

犬用の特製ケーキ

犬用のケーキの一番の特徴は、犬が食べられる食材のみを使って作られている、という点です。

詳しくは後述しますが、犬には食べると病気を引き起こしたり体調を悪くしたりする食材が多くあります。

そのなかには、人間が食べるケーキには使われている食材があることも珍しくありません。

そのように、犬にとって害のある食材がないケーキが犬用ケーキなのです。

また、そのことに関連しますが砂糖が使われていません

砂糖は犬の体にとってよいものではないからです。

人間でも食べることはできますが、甘くないので人間にとってはおいしいとは感じにくいものになっています。

犬用ケーキを手作りする際の3つの注意点

では、犬用ケーキを手作りするにあたり、注意する点についてご紹介しましょう。

犬用ケーキに絶対に使ってはいけない食材

はじめに愛犬用のケーキを作るときに使ってはいけない食材をリストにしてみました。

  • 玉ねぎなどのねぎ類
  • アボカド
  • にんにくなどの刺激が強い野菜
  • 香辛料
  • アルコール
  • コーヒーなどカフェインが含まれているもの
  • チョコレート
  • レーズンなどのぶどう類
  • レモンやグレープフルーツ
  • ナッツ類
  • 牛乳やその加工品
  • 生肉
  • 海鮮食品
  • カロリーが高いもの
  • 糖分が多いもの
  • 塩分が多いもの
  • 人工甘味料(キシリトールなど)

それでは、なぜこれらの食材を使ってはいけないのかをお話ししていきますね。

まず、チョコレートは中毒症状を引き起こします。

その症状はさまざまですが、嘔吐や下痢、筋肉の震え、脱水などで、症状が進行すると痙攣昏睡最悪の場合は死に至ります。

絶対に与えないようにしましょう。

野菜の一種であるアボカドも、その種と果実に含まれる「ペルシン」という物質が原因で中毒症状を引き起こします。

玉ねぎなどのネギ類は、犬の血液に害を与え貧血症状を引き起こすことがあります。

また、ぶどう類は中毒症状を引き起こすことがあるので与えてはいけません。

果物で言えば、レモンやグレープフルーツも外の皮に中毒性物質が含まれているため、嘔吐下痢の原因となります。

牛乳は意外に思われるかもしれませんが、犬は牛乳の栄養を分解する酵素をもっておらず、お腹を壊してしまう可能性があります。

生肉や海鮮類は消化に悪く、寄生虫がいる可能性もあるので与えないよう注意しましょう。

ガムなどに含まれるキシリトールにも注意しましょう。

インスリンが急激に放出されることで低血糖症を引き起こし、嘔吐などの発作を引き起こす可能性があります。

もしもこれらの食べさせてはいけない食材を誤って食べさせてしまったら、すぐにかかりつけの病院へ行き、その状況を詳しく伝えられるようにしておきましょう。

注意をすれば使える食材もある

果物や芋類、小麦や米などの穀物類は、基本的には食べさせても構いませんが量に注意する必要がある食材です。

果物は糖分が多く肥満になりやすくなります。

ただ、アレルギーをもっている場合があったり種に毒が合ったりする場合もありますので気を付けましょう。

芋類も果物と同じく糖分が多く含まれています。

また、与える場合は加熱した状態で与えるようにしましょう。

小麦や米などの穀物類は、炭水化物が多く含まれているので太りやすくなります。

こちらも与える際には量に注意しましょう。

また、生卵の白身、イカやタコ、人間用のソーセージやハムなども食べられますが、その量には注意する必要があります。

消化不良を起こさせないように気をつかおう!

犬も人間も、基本的な体のつくりは同じです。

そのため、人間と同じように消化不良を引き起こし、嘔吐や下痢などの症状が出てしまう場合があります。

犬の消化不良が起こる代表的な原因の一つが食べすぎです。

犬はときに自分が食べられる以上のご飯を食べてしまうので、飼い主はそのようなことがないよう普段の食事のなかで調節してあげる必要があります。

とくに誕生日で犬用ケーキが出るときは、普段とは違うおいしい食事についつい食べ過ぎてしまうこともありますので気を付けましょう。

また、ストレスだったり消化に悪いものを食べたりして引き起こされる場合もあります。

こちらについては普段から飼い主が気を付けて見るようにすることが重要です。

あなたの愛犬が喜ぶ犬用ケーキのレシピを解説!

それでは、犬用ケーキの作り方を見ていきましょう。

これができれば、愛犬が喜ぶこと間違いなしです。

まずはスポンジから!

まずはケーキの土台となるスポンジを作ります。

市販のスポンジは砂糖が使われていますので、面倒でも自分で作ります。

使うのは、小麦粉や米粉、卵、水です。

つなぎにバナナやヨーグルトを使うと生地がまとまりやすくなります。

人間のケーキとは違い、バターマーガリン牛乳などは使わないようにしましょう。

ただ、犬用として販売されている牛乳は使っても構いません。

作り方自体は人間のケーキと同じです。材料を混ぜ合わせ、型に生地を流し込みます。

その後、180度で余熱したオーブンで20分~30分ほど様子を見ながら焼きます。

生地の中まで火が通れば出来上がりです。

中まで熱が冷めるのを待ち、熱が冷めたら型から外して包丁でカットしましょう。

次はクリームを作ってみよう

続いてクリームを作ります。

人間のケーキと違い、生クリームは避けましょう。

犬用ケーキのクリームとしておすすめなのがヨーグルトです。

ボウルの上に置いたザルにキッチンぺーバーを敷き、ヨーグルトを上に開けます。

そのまま一晩冷蔵庫で放置すると、ヨーグルトの水分が抜けてクリームのようになります。

それを混ぜ合わせれば完成です。

飾り付けはきれいに整えよう

焼き上げたスポンジを三等分にし、クリームを塗ったら、トッピングで飾り付けをしましょう。

基本的には愛犬が好きなものを入れたり乗せたりしましょう。

思いつかないという方は、犬用のお菓子や果物などをトッピングしてみてはいかがでしょうか。

ただし、先に述べたように犬が食べてもよいものかどうかを把握しておかなければなりません。

たとえば、チョコレートやナッツ類、レーズンなどのぶどう類は人間のケーキならば自然に使われているものですが犬に食べさせてしまうと有害です。

犬用ケーキでは使わないように気を付けましょう。

まとめ

犬用ケーキとはどのようなものか、犬に食べさせてはいけない食材、犬用ケーキの作り方についてご紹介してきました。

犬が体調を崩さないようにするにはどうしたらよいのか、犬用ケーキをどう作ったらよいのかがおわかりいただけたかと思います。

ペットの愛犬の大切な誕生日ですから、しっかりお祝いしてあげたいですよね。

そんな方は、ぜひこのコラムを参考に、ご自身の手で愛犬の誕生ケーキを作ってみてください。

きっと愛犬も喜んでくれることでしょう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-26 17:24:25
https://www.seikatsu110.jp/pet/dog_food/422/
ペット
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ドッグフード

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!