生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

無添加ドッグフードを原産国だけで選んではいけない理由!おすすめオーガニックフード人気ランキング5選

投稿日:2020-02-27 更新日:2020-03-04

無添加のドッグフード

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

「無添加のドッグフードなら安心して与えられる?」「国産か外国産どっちの無添加ドッグフードを選ぶべき?」

無添加のドッグフードは犬の健康面に悪影響を及ぼす可能性がある、人工添加物などを一切使用していない安全性が高いフードです。

しかし完全無添加というわけにはいかないうえに、賞味期限が短いことが多く購入金額が高くついてしまいます。

avatar

無添加ドッグフードは天然由来の成分なら安全性が高く、動物性タンパク質がしっかり摂取できるか?など4つのポイントが選ぶときに重要です!

今回は無添加ドッグフードとは一体なにか?や選び方、そしておすすめする無添加ドッグフードを5つ厳選してご紹介していきます。

\今すぐおすすめドッグフードを知りたい方はこちら/

無添加ドッグフードは表記だけで判断してはダメ

無添加のドッグフードとは、犬の身体に悪影響を及ぼす危険がある、人工添加物穀物類などを一切使っていないフードのことです。

添加物は、犬の消化器官に負担をかける恐れがあり、健康に良いものでありません。

愛犬への安全面を考えると、これらの添加物が一切使用していない無添加のドッグフードを選ぶのは理想的。

しかし無添加の基準は曖昧で、穀物類を使っていても人工添加物などが入っていなければ、無添加のドッグフードと表記できてしまうのです。

つまり無添加という表記だけでなく、主原料などもしっかり確認することが重要になります

無添加フードを与えるメリット・デメリット

無添加のドッグフードがどういうものなのか?知ったうえで、無添加フードを与えるメリット・デメリットについてみていきましょう。

メリット デメリット
  • 犬にとって安全性が高い
  • 天然由来の成分なら身体に影響が出にくい
  • 腸内環境が良くなり便や老廃物の排出がしやすくなる
  • 完全無添加のドッグフードはない
  • 酸化防止剤などを使わないと賞味期限が短くなってしまう
  • 価格が高いうえにひと月に何袋も買えば家計の負担になる

無添加ドッグフードの一番のメリットは、やはり犬が本来摂取する必要のないものを避けられ、安心して与えられることです。

犬にとって添加物は消化吸収の妨げにもなりかねませんし、腸内環境が良くなり、便通や涙やけなどの改善も期待できます。

基本的に無添加ドッグフードにデメリットはありませんが、完全無添加のドッグフードを見分ける手間がある、そして無添加フードは賞味期限が短く価格が高めというところ。

avatar

人間用のオーガニック食品も少し値段が高めなのと同じ理由!

無添加ドッグフードの選び方

無添加のドッグフードを選ぶには、原材料のなかに着色料や保存料など記載していないかを確認することが重要です。

原則的ペットフードには、「添加物を含んだすべての原材料を表示しなければいけない※」と、ペットフード安全法で定められています。

参照:環境省ペットフード安全法基準規格等

しっかり原材料に不明な添加物が入ってない無添加のドッグフードなのか判断する基準になるのです。

また無添加ドッグフードを選ぶ基準は、添加物の確認以外にも大事なポイントがあります!

1.動物性タンパク質の成分がしっかり摂取できるフードを選ぶ

無添加ドッグフードを選ぶとき、主原料がお肉や魚中心で動物性タンパク質が摂取できるものを選びましょう。

犬にとって動物性タンパク質は身体の構成や健康維持に必要で、普段の食事からしっかり摂取することは重要。

主原料が穀類や豆類など中心のフードは植物性タンパク質しか摂取できず、消化吸収率も悪いので栄養不足になってしまいます。

お肉や魚から動物性タンパク質を摂取できれば、消化吸収率が良くなり健康面が充実します。

2.グレインフリーのドッグフードを選ぶ

無添加のドッグフードを購入する際は、主原料にどんな穀物を使っているのかも調べておく必要があります。

とうもろこしや小麦など穀物は消化不良を起こしやすく、アレルギー反応が出てしまう可能性もあるのです。

無添加でも大量の穀物が含まれていると、穀物アレルギーや消化の面が不安なのでしっかり健康に配慮して「グレインフリー」のドッグフードを選ぶのがいいでしょう!

グレインフリードッグフードは穀物以外にも注目すべき?人気おすすめのフードランキング10選

2020.01.09

3.ライフステージごとに必要な栄養が摂れるものを選ぶ

無添加のドッグフードを購入する際、愛犬の年齢ごとに必要な栄養素が違ってきます。

年齢に合った栄養素が摂取できないと栄養不足になってしまうので、慎重に選んであげましょう。

子犬は高タンパク・高カロリー

子犬へ与える無添加のドッグフードは、高タンパク質で高カロリーのものを選びましょう。

avatar

子犬は成長するために成犬よりも約3倍のエネルギー必要で、身体を構成するのにタンパク質が豊富に必要なのです。

タンパク質やカロリーが不足していると、発達障害になってしまう可能性があるので注意しておきましょう。

子犬のドッグフードの与え方!切替えのタイミングが肝心

2019.06.25

成犬は高タンパク・低脂肪・低カロリー

成犬へ与える無添加のドッグフードは高タンパク質が一番ですが、脂肪とカロリーは低めが望ましいです。

成犬は理想的な体型と健康面を維持するためにタンパク質が必要ですが、脂肪とカロリーまでも多いと肥満になってしまう可能性があります。

肥満になると内蔵や関節部分に大きな負担をかけてしまうので、高タンパク低脂肪低カロリーのフードで理想的な体型を維持してあげましょう!

シニア犬は高タンパク・低脂肪

シニア犬に無添加のドッグフードを与えるなら、高タンパク質で低脂肪のものを選んであげましょう。

シニア犬は内蔵機能が徐々に低下していくので、消化吸収率のいいタンパクが豊富に必要。

そして肥満を防ぐために脂肪は抑えめ、カロリーは普段と同じ量食べている場合低カロリー、あまりフードを食べてくれない場合は高カロリーが望ましいです。

また関節部分をサポートする、グルコサミンコンドロイチンなどの成分が配合されていれば、骨折など大きなトラブルが起こりにくくなります。

シニア犬のドッグフード選びは年齢を見る?切り替えのタイミングとおすすめフードランキング7選

2020.01.28

4.無添加でもコスパが良く手に入りやすいものを選ぶ

無添加のドッグフードを選ぶうえで、コスパ面や手に入りやすさも重要なポイントです。

どうしても無添加フードは価格が高くなりやすいが、「今月はちょっと厳しいかも…」と頻繁にフードを変えていると犬の消化器官に大きな負担をかけてしまいます。

最初から無理のない範囲でコスパが良く手に入りやすいフードを選ぶことができれば、安全性の高いドッグフードを継続して与えられるので、コスパも気にしたほうが良いですね。

また定期コースを利用すると通常価格よりも安くなるので、フードを購入時に加入してみることをおすすめします!

市販の無添加ドッグフードは安全なのか?20種と比較

無添加のドッグフードは高級品ばかりではなく店舗やネットショップなどでも購入することができます。

しかし「市販のフードで無添加っていってもそれは安全なの?」と疑問に思われる方がいるかもしれません。

そこで市販で買える無添加ドッグフード20種を主原料・内容量・価格を、以下の表で比較してみました。

赤色は産地不明で安全性が怪しいもの

商品 主原料 内容量/価格(税抜)
ジェーピースタイル
(和の極み)
小麦全粒粉,チキンミール,中白糠 4.2kg/2,588円
ナチュラルバランス
(ホールボディヘルス)
鶏肉,玄米,オート麦,チキンミール 2.27kg/3,465円
モグワン チキン&サーモン56% 1.8kg/3,960円
ファーストチョイス ラム肉,米,コーン,全粒オート麦,コーングルテンミール 2.3kg/1,082円
ナチュロル 新鮮牛生肉,新鮮鶏生肉,新鮮馬生肉,新鮮魚生肉 1.7kg/6,000円
ドッグフード工房 馬肉,うるち米,小麦,生おから,さつまいもなど 800g/1,870円
ワンラックナチュラル
(ニューゴールド)
トウモロコシ,そう糖類,フィッシュミールなど 10kg/3,940円
ニュートロ チキン,玄米,ラムミール,レンズマメなど 3kg/4,000円
ネルソンズ 乾燥チキン(28%),チキン生肉(20%),サツマイモなど 5kg/7,800円
GOWAN
(ごわん)
牛肉,鶏肉,馬肉,魚肉,穴子,玄米粉,大麦全粒粉など 1kg/2,680円
ココグルメ
(ポーク&ブロッコリー)
豚肉(バラ肉,ロース),豚レバー,さつまいもなど 2.1kg/5,600円
ノーモアメタボ 生肉(馬肉,魚肉,馬レバー),穀物(大麦全粒粉,玄米粉)など 5kg/13,480円
メディコート 穀類(米,米粉,米ぬか),魚介類(フィッシュミール:DHA,EPA原)など 3kg/1,466円
セレクトバランス
(アダルトチキン)
チキン,とうもろこし,米,玄米,ソイビーンミールなど 3kg/3,575円
鹿肉ドッグフード 鹿肉(生),全粒大麦,玄米,精製大麦,牛肉など 800g/3,456円
smiley
(スマイリー)
鶏もも肉,鶏むね肉,鶏ささみ,鶏レバー,大麦など 1.5kg/4,950円
ホリスティッグクッキング 生肉(馬肉,魚肉,馬レバー),大麦全粒粉,魚粉など 1kg/3,229円
いぬひかり 鶏肉,かつお粉,黒米,大麦,玄米,ハト麦,あわ,きびなど 1kg/1,980円
日本犬ドッグフード
(柴専用魚味)
糟糠類(グルテンフィード,米糠,小麦ふすま,大麦糠,脱脂米糠)など 6.5kg/1,616円
オリジン
(オリジナル)
新鮮鶏肉,新鮮七面鳥肉,新鮮イエローテイルカレイなど 2kg/6,000円

市販の無添加ドッグフードを比較してみると、無添加とはいえ主原料に穀物が多めに含まれているものが多いのが不安なところ…。

avatar

添加物だけを見ずに、穀物やその他原材料の安全性にも注意しなくてはならないのです!

またお肉や魚中心のフードでも内容量や価格の幅が広いので、愛犬の食べる量に合わせて無理のない範囲のフードを選ぶのが大事ですよ。

無添加ドッグフードおすすめランキング5選

市販の無添加ドッグフードを比較したうえで、今回は原材料の安全性やコスパ、栄養バランスにも優れたドッグフードを5つ厳選しました。

ドッグフードの厳選理由
今回ご紹介する無添加ドッグフードは、危険な人工添加物は不使用なのはもちろん、動物性タンパク質が豊富で穀物も最小限
そして酸化防止も天然由来の成分で処理しているものなどを厳選し、安全性とコスパ面も優れているものを評価しています。

1位:モグワン

モグワンドッグフード

  • 無添加かつ動物性タンパク質が50%と豊富!
  • 良質な食材で健康的な身体をしっかりサポート
  • 1回の量を調節すれば食いつき具合に合わせてトッピングできる
主原料 チキン&サーモン56%(チキン生肉21%,生サーモン12%,乾燥チキン12%,乾燥サーモン7%,チキングレイビー2%,サーモンオイル2%)など
穀物 不使用
添加物 ビール酵母,アルファルファ,ミネラル類(亜鉛,鉄,マンガン,ヨウ素),ビタミン類(A,D3,E)など
総合評価 5/5点 タンパク質 30.0%
安全性 5/5点 脂質 12.0%
コスパ 4.5/5点 カロリー(100g) 363Kcal
内容量 1.8kg 通常価格
(税抜)
3,960円
1日あたりの価格 約565円
まとめ買いで最大20%OFF

モグワンはチキンとサーモンを豊富に使って豊富な動物性タンパク質の摂取や高い食いつきが期待できるドッグフードです。

配合している添加物はどれも犬の身体を配慮して、人口添加物ではない良質なものを使っています。

無添加なドッグフードに加えて栄養バランスにも優れているので、

またモグワンは原材料の供給からフードの製造まで、何度も品質チェックする徹底した品質管理を行っているので安全性がかなり高いといえますよ!

【初回半額】モグワンドッグフードの口コミ|悪評が生まれる理由とは

2019.03.01

2位:カナガン

カナガンドッグフード

  • グレインフリーで必要な栄養素がしっかり摂れる!
  • ハーブ配合で免疫力を高め健康面をサポート
  • 1粒が小さいので小型犬でも食べやすい
評価について
カナガンはモグワンと同総合評価5点ですが、こちらは鶏肉中心のフードなのでお肉と魚をバランス良く与えることが難しいので2位という順位を付けました。
主原料 骨抜きチキン生肉26%,乾燥チキン25%,サツマイモ,エンドウ豆タンパク,ジャガイモ,アルファルファなど
穀物 不使用
添加物 アルファルファ,ミネラル類(硫酸第一鉄水和物,硫酸亜鉛一水和物,硫酸マンガン一水和物)など
総合評価 5/5点 タンパク質 33.0%
安全性 5/5点 脂質 17.0%
コスパ 4.5/5点 カロリー(100g) 約361.25Kcal
内容量 2kg 通常価格
(税抜)
3,960円
1日あたりの価格 約566円
全年齢・全犬種に与えやすい

カナガンは人間でも食べられる品質の食材を使い、グレインフリーで作られたドッグフードです。

犬が本来必要とする栄養素をしっかり摂取できるよう、添加物にはミネラル類やビタミン類のみ使用。

また主原料には関節サポート成分である、グルコサミンコンドロイチンも配合しているので、シニア犬にも与えやすいです!

カナガンの評判が悪い理由は?ドッグフードのレビューと成分・安全性の見解

2018.12.26

3位:オリジン【オリジナル】

オリジンオリジナル

  • 無添加はもちろん年齢・犬種問わず与えやすい!
  • 愛犬の好みやアレルギーに合わせた無添加フードも選べる
  • 1頭飼いや多頭飼いでも内容量を調節しやすくコスパ面が抑えられる
評価について
オリジンはカナガンと同じ総合評価5点ですが、こちらは定期コースのサービスがなくコスパ面が少々劣っているため3位という順位を付けました。
主原料 新鮮鶏肉,新鮮七面鳥肉,新鮮イエローテイルカレイ,新鮮全卵,新鮮丸ごと大西洋サバなど
穀物 不使用
添加物 亜鉛タンパク化合物,ミックスコフェロール(天然酸化防止剤)
総合評価 5/5点 タンパク質 38%以上
安全性 4/5点 脂質 18%以上
コスパ 5/5点 カロリー(100g) 約394Kcal
内容量
  1. 340g
  2. 2kg
  3. 5.9kg
  4. 11.3kg
通常価格
(税抜)
  1. 1,300円
  2. 6,000円
  3. 14,500円
  4. 21,000円
1日あたりの価格 約750円

オリジンオリジナルは、すべての犬にあった栄養を与えられるよう、お肉と魚の使用量は85%、そして動物性タンパク質が38%とこだわりがあるドッグフードです。

添加物には天然由来のものと、サプリメントである亜鉛だけを使っていて、安全性も高い。

また自然の食事を再現するためお肉臓器軟骨をバランス良く配合し、自社工場のみで生産する徹底した品質管理のもと作られているのです。

オリジンドッグフード7種類の比較|オリジナルの原材料と

2019.07.19

4位:ナチュロル

  • ビタミンC配合で身体の中からサポートしてくれる!
  • 独自製造で消化力が高くお腹に優しい
  • 賞味期限が開封後でも2ヶ月間保存可能
主原料 新鮮牛生肉,新鮮鶏生肉,新鮮馬生肉,新鮮魚生肉,タピオカ,魚粉,紫さつまいも,チーズなど
穀物 不使用
添加物 安定・持続型ビタミンC,天然バイオフラボノイド
総合評価 4/5点 タンパク質 23%~27%以上
安全性 5/5点 脂質 10%以上
コスパ 3/5点 カロリー(100g) 400Kcal
内容量 1.7kg 通常価格
(税抜)
6,000円
1日あたりの価格 約857円

ナチュロルは人工添加物を始めとした、穀物類や副産物など全33品を一切使用しないで作られたドッグフードです。

犬の健康面に配慮して安定・持続型ビタミンC、天然由来のバイオフラボノイドのみ添加物として使っています。

フードの生産は国内で行われており、酸化防止をオーガニック素材で補っているので無添加ドッグフードとして安全性が高いです。

ナチュロルドッグフードは評判悪い?健康効果・食いつきが悪くても返金保証で安心

2019.04.05

5位:ココグルメ【チキン&フレッシュベジタブル】

ココグルメのフード画像

  • 毎日出来立てのドッグフードが与えられる!
  • 食材が小さくそのまま入っているので食いつきも期待大
  • フードを計る手間が少なく長期保存もできる
評価について
ココグルメはナチュロルと同じ総合評価4点ですが、こちらウェットフードというものあり1日あたりの価格がやや高くなってしまうため5位という順位を付けました。
主原料 鶏肉(皮つきむね肉),鶏レバー,鶏肉(ぼんじり),さつまいも,かぼちゃ,にんじん,小松菜,ごまなど
穀物 不使用
添加物 ミネラル類(Ca,P,K,Na,Mgなど),ビタミン類(A,C,D,E,B1,B2など)
総合評価 4/5点 タンパク質 10.9%以上
安全性 5/5点 脂質 10.3%以上
コスパ 4/5点 カロリー(100g) 262Kcal
内容量 2.1kg
(1袋150g14g袋入り)
通常価格
(税抜)
5,600円
1日あたりの価格 約933円

ココグルメは愛犬に長生きしてほしいこと信念に、食材・製造方法・栄養面をこだわりぬいたドッグフードです。

食材は人間でも食べられる品質のものだけを使い、自然食材だけでは摂取しきれないミネラル類とビタミン類(海藻由来)のみを使用。

また製造から配送までも人間の食品と同じ基準で管理しているので、安全性は十分に高いといえるでしょう。

ココグルメドッグフードは人間が食べても安全レベル!実物のニオイと味を確かめて徹底検証

2019.11.04

無添加のドッグフード選びに迷ったらモグワンがおすすめ!

無添加ドッグフードのおすすめを5つご紹介しましたが、どれにするか迷ったときは、モグワンがおすすめ。

モグワンが無添加フードとしておすすめの理由
    • 人工添加物不使用の無添加に加えてグレインフリーでもある
    • チキン&サーモン配合で高タンパク、食いつきの高さも期待できる
    • 栄養バランスに優れていて子犬からシニア犬まで続けられる
    • 食物繊維もたっぷりで健康サポート効果も高い

モグワンをおすすめするのは、無添加だけではなく栄養バランスやさまざまな健康効果が期待できるからです。

良質なタンパク質と犬の体内で合成できない栄養をたっぷり摂取でき、小型犬も食べやすい小粒のドライフードでもあります。

無添加のドッグフードは国産と外国産どっちがいいの?

結論からいうと、無添加のドッグフードで国産と外国産どちらのほうが優れているということはありません。

国産と外国産はどちらもドッグフードの安全基準を定めていますが、原材料や添加物にしっかり注目して選ぶことを考えると、あまり国産外国産にこだわる必要はないのです。

avatar

ペットフードの規制は日本より外国のほうが厳しいですが、だからといって絶対外国産のほうが安全ということはないです!

国産か外国産で決めるよりも、愛犬が安全で美味しく食べくれるフードなのか?で選んであげるのが大事。

総合的な栄養に優れたおすすめのドッグフードはこちらから▼

【安全な】ドッグフードおすすめランキング!子犬・成犬・シニアの健康をサポートする人気フードTOP10

2019.02.25

無添加で厳選された原材料を使用した国産ドッグフードはこちらから▼

国産ドッグフードだから安全は間違い?怪しいフードは原材料で分かる!無添加・人気のおすすめフード10選

2019.03.19

無添加のドッグフードにはウェットタイプのものはある?

無添加のドッグフードにはドライフードが比較的多いのですが、今回ご紹介したココグルメや、カナガンなどのドッグフードはウェットフードも取り扱っています。

カナガンは製造前と製造後の2回も品質のチェックを行い、1回の生産ごとに再度品質チェックをすると徹底した品質管理をしているので安全性がかなり高いです。

また主原料は鶏肉を中心にサツマイモやニンジンなどをバランス良く配合していて、栄養満点かつ食いつき具合も期待できますよ。

100%無添加のドッグフードでなくとも天然由来の成分を使っているものは安全性が高い

改めて、無添加のドッグフードは人工添加物を一切使用していないので健康的な身体を維持していけますが、実際完全に無添加のドッグフードはありません。

どうしても良質な食材だけでは賞味期限が短くなってしまい、多少酸化防止のために配合されているものもあります、

ただ酸化防止にビタミンなど天然由来成分で処理しているものもあるので、無添加のドッグフードを選ぶ時は原材料にしっかり注目して選びましょう。

無添加ドッグフード6つのポイント
  1. 香料着色料などの人工添加物を一切使用していない
  2. 酸化防止に天然素材を使ったオーガニック添加物のドッグフードは安全
  3. フードを購入する際は原材料に着色料など記載はないか要確認
  4. 動物性タンパク質や年齢ごとの栄養素がきちんと摂取できるフードを選ぶ
  5. コスパが良く続けやすい価格であるかも大事
  6. 国産外国産よりも原材料で選んだ方が良い

またコスパ面を評価するために体重20kgの成犬に与えることを想定して、以下の計算式を使い1日あたりの価格を計算してみました。

1日あたりの価格計算式
  1. フードの内容量(g)÷1日分の給与量(g)=食べ終わる日数
  2. 1袋あたりの価格÷食べ終わる日数=1日あたりの価格

※食べ終わる日数・1日あたりの価格ともに小数点以下は四捨五入します


1日分の給与量は与えるフードメーカーを参考にしていただければ問題ありません。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-04 09:31:56
https://www.seikatsu110.jp/pet/dog_food/189680/
ペット
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ドッグフード

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!