生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

安くて良質なドッグフード10選|コスパが良くて安全なフードの選び方【2020年度版】

投稿日:2020-01-31 更新日:2020-11-03

市販よりコスパと質がいいフード

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

「市販フードぐらい安くて安全性が高いドッグフードってある?」

どれだけ良いドッグフードでも、値段が高すぎると続けていきづらいもの。

良質なドッグフードを愛犬に与えるのが理想ですが、なるべく値段が安いほうが正直ありがたいですよね。

avatar

ドッグフードのコスパと、人工添加物不使用か?主原料に肉や魚を使っているのかに注目して最適なフードを探しました!

良質でコスパも良いフードTOP3をする知りたい方はこちら▼

ネルソンズ大容量で大粒。消化にも良い!大型犬や多頭飼いにおすすめ1ヶ月の餌代4,890円。

アカナ内容量が選べるので小型~大型犬あらゆる犬種におすすめなフード1ヶ月の餌代5,310円。

アランズ原材料が9種類!アレルギーが多い子におすすめ!1ヶ月の餌代5,400円

※体重5kgの小型犬1ヶ月の餌代を計算

目次

安くて安全性の高いドッグフードを選ぶポイント

ウェットフード 写真

値段が安いドッグフードのなかでも、犬の健康に配慮されていて良質なものはたくさんあります。

そこでコスパが良くて良質なドッグフードを選ぶためにポイントをご紹介していきます。

良質なドッグフードを選ぶポイント

  • 人工添加物に注目して選ぶ
  • 主原料が良質なタンパク質であるものを選ぶ
  • 原材料の産地や工場が公開されているものを選ぶ

1.人工添加物に注目して選ぶ

コスパが良いドッグフードのなかでも安全性が高いものを選ぶなら、人工添加物不使用のものであることが大事です。

ドッグフードには保存料や酸化防止剤などの人工添加物が含まれているものがありますが、本来犬が摂取する必要はありません。

一応既定の成分が定められていますが、安全性を重視するためなるべく添加物を避けたドッグフードが望ましいです。

避けるべき添加物

  • 着色料
  • 保存料
  • 保湿剤
  • 酸化防止剤

とくに着色料は、そもそも犬と人間は色の見え方は違うので、着色料を使ってドッグフードに色を付けても、犬が「おいしそう!」と感じることはまずありません。

犬は嗅覚が優れているので、自然由来のニオイを生かした方が、むしろ食いつきもよくなります。

またドッグフードにカビが生えたり酸化しないよう、酸化防止剤を使っているものがありますが、自然由来成分で酸化防止していて犬に悪影響がないよう配慮しているドッグフードも良いです。

2.主原料が良質なタンパク質であるものを選ぶ

安全性の高いドッグフードを選ぶには、主原料に肉や魚がしっかり使われているのかも大事です。

基本的に値段が安くコスパが良いドッグフードは、小麦などのコストが低い食材が主原料です。

もちろん家計的には助かりますが、穀物に含まれるグルテンの過剰摂取はアレルギー発症の危険性があるため、主原料にしっかり新鮮な肉や魚が配合されているのほうが良質。

やや値段は高くなりますが、タンパク質やカルシウムなど犬が成長するために必要な栄養素をしっかり配合しているので、良質な主原料であることは大事です。

3.原材料の産地や工場が公開されているものを選ぶ

ドッグフードに使われている原材料の産地や、製造工場がどこなのかが公開されているドッグフードは、安全性もですが商品として安心感があります。

とくにイギリスやドイツといったペット先進国は、ドッグフードの品質基準が厳しいので、産地や製造工場が公開されているものだと安全性が証明できています。

一例としてプレミアムフード「モグワン」の産地や工場はイギリスになっており、欧州ペットフード工業会連合FEDIAFの基準を満たしていますよ。

avatar

理想的なドッグフードを与えるためにも、コスパだけでなく商品として信頼できるかも見ることが大事です。

市販フードとプレミアムフードはどっちがいいの?

餌皿に入ったドッグフード

ドッグフードは主に安価で手に入りやすい市販フードと、通販専門で少し価格が高めなプレミアムフードの2種類に分かれます。

実際コスパの面を考えると市販フードのほうがいいかもしれませんが、原材料の品質・添加物など安全性に明確な違いがあります。

原材料の品質

すべての市販ドッグフードが悪いわけではありませんが、あまりにも価格が安すぎる商品は原材料に「何が使われているか」不明確なドッグフードがあります。

プレミアムフードは、人間でも食べられる安全性が高い原材料のみを使っていたり、厳選した食材を使っているので、少し値段は高めですが、愛犬のアレルギーに配慮しているものも多いです。

市販ドッグフードの安全性は?成分的には大丈夫?

やや原材料に不安があるものもありますが、市販のドッグフードは基本的に安全性の基準を満たしている商品なので、多くは健康上に問題はありません。

ただドッグフードを見たときに、フードに色不自然な色が入っているのなら、着色料が使われている可能性が高いでしょう。

また賞味期限が1年以上など長すぎるものは、添加物で防腐処理をほどこし、無理やり賞味期限を引き延ばしているものもあります。

市販で安いドッグフードは、「安全性に問題はないかもしれないが、不安を持ちつつ愛犬に与える」ことにはなります。

ドッグフードでおすすめの安いフードはある?市販ドッグフード成分比較

ここで比較的コスパが良い市販のドッグフードと、プレミアムドッグフードの計6種類の主原料・添加物・1kgあたりの価格を以下の表にまとめてみましょう。

※安全性に不安がある原材料は赤色

商品名 主原料 添加物 1kgあたりの価格
ビタワン トウモロコシ,小麦ふすま,脱脂米糠,コーングルテンフィード等 カロテン,二酸化チタン,食用赤色102号,食用赤色106号,食用黄色4号,食用黄色5号,食用青色1号 約254円
カナガンバナー
カナガン
骨抜きチキン生肉,乾燥チキン,サツマイモ,エンドウ豆等 オーガニック素材のみ 約1,980円
ラン・ミール 小麦粉,とうもろこし,ホミニーフィード,小麦ふすま,中白糠,コーングルテンミール等 食用黄色5号,食用赤色102号,食用赤色3号 約275円
ネルソンズのバナー
ネルソンズ
乾燥チキン,チキン生肉,サツマイモ,ジャガイモ,エンドウ豆等 不使用 約2,200円
グランデ・デリ 小麦粉,トウモロコシ,パン粉,小麦グルテン,ブドウ糖等 ソルビン酸K,ソルビン酸,二酸化チタン,赤色40号,赤色106号,黄色4号,黄色5号,青色1号,ミックストコフェロール,ローズマリー抽出物,アスコルビン酸Na,ハーブエキス亜硝酸Na 約993円
犬心バナー
犬心【糖&脂コントロール】
生牛肉,生鶏肉,生馬肉,植物油,魚粉,ココナッツ,大豆等 不使用 約2,600円

6種類のドッグフードを比較してみると、原材料や添加物にかなり差があることが分かります。

犬の健康のためには、まず良質なタンパク質が必要なので、小麦粉やとうもろこしが主原料として使われているものだと、安くても安全性に不安があります。

良質なドッグフードは価格が高めですが、1kgあたり1,000~2,000円のドッグフードを選ぶことができれば、十分良質で安全なドッグフードを与えられます。

avatar

手作りという手もありますが、栄養バランスを取らないといけないのと毎日食材を用意して作るので結果手間もかかりコスパが悪くなってしまうのです…。

コスパが良く安全性も高いドッグフードおすすめランキング10選

今回限りなく理想に近くなるよう、コスパが良く安全性が高いおすすめのドッグフードを、10種厳選してご紹介します。

厳選理由
1ヶ月の餌代を計算してコスパが良いもの「人工添加物不使用なのもの」「主原料も肉や魚が使われているもの」「産地が明確なもの」など、安全性とコスパを兼ね備えているものを厳選しました。

※1ヶ月の餌代は体重5kgの成犬に与えるものとして、以下の計算式で求めています

  1. 1袋の内容量(g)÷1日あたりの給与量=食べ終わるまでの日数
  2. 1袋の価格÷食べ終わるまでの日数=1日分の餌代
  3. 1日分の価格×1ヶ月の日にち=1ヶ月分の餌代

1位【1ヶ月4,890円】大型犬用のまとめ買いでもコスパが良い「ネルソンズ」

ネルソンズ ドッグフード

ネルソンズの特徴

  • 1粒約1cmのフード!大型犬が食べやすくておすすめ
  • 大容量で多頭飼い、大型犬の1ヶ月の餌代が安くてコスパが良い
  • タンパク質豊富で消化にも良い!お腹がデリケートな大型犬にもおすすめ
主原料と成分
チキン50%(乾燥チキン28%,チキン生肉22%),サツマイモ,バターナッツスカッシュ,チキンオイル,エンドウ豆,チキングレイビー,エンドウ豆繊維,サーモンオイルなど
タンパク質/29.0% 脂質/13.0%
粗繊維/2.50% 粗灰分/7.5%
水分/8.0% 100gあたりのカロリー/369.4kcal
人工添加物/なし 産地と工場/イギリス
価格(税抜)/内容量
価格・内容量/7,800円・5kg 1ヶ月の餌代/約4,890円
定期コースは1袋15%OFF,2袋15%OFF,3袋以上20%OFF

ネルソンズは大きめな粒が特徴的で、大型犬でもしっかり噛み砕ける大きさ。内容量も5kgのため大型犬や多頭飼いに向いているドッグフードです。

もちろん小型犬でも問題なく食べやすいフードで、原材料の約50%が肉類でタンパク質が豊富。

2種類のオリゴ糖を配合しているので、胃に負担をかけやすい大型犬も腸内環境をしっかりサポートしてくれます。

ネルソンズドッグフードの成分は安全?大型犬と多頭飼いにおすすめな理由と食いつきの口コミ

2019.04.23

2位【1ヶ月5,310円】種類と内容量が選べる「アカナ グラスフェッドラム」

アカナグラスフェッドラムのパッケージ

アカナの特徴

  • 子犬からシニア犬まで切り替え不要!
  • 原材料の肉類は鶏肉だけ
  • 愛犬の好みやアレルギーに合わせてフードを選びやすい
主原料と成分
生ラム肉,ラム肉ミール,グリーピース,赤レンズ豆,生ラム肉レバー,ラム脂肪,レッドデリシャスリンゴ,ヒヨコ豆,緑レンズ豆,イエローピース,生ラムトライプなど
タンパク質/31.0%以上 脂質/15.0%以上
粗繊維/5.0%以下 粗灰分/7.5%以下
水分/12.0%以下 100gあたりのカロリー/約339.3kcal
人工添加物/不使用 産地と工場/カナダ
価格(税抜)と内容量
価格/1,265円・5,830円・14,300円・20,900円 内容量/340g・2kg・6kg・11.4kg
1ヶ月の餌代/約5,310円※内容量2kgの場合
愛犬の好みで種類が選べる

アカナのグラスフェッドラムは、犬が自然で野性的な食事を再現するため、低脂肪高タンパクなラム肉を中心に使い、豆類やくだものでバランスを取ったドッグフードです。

原材料の肉類はラム肉だけなので、他の肉類にアレルギーを持っている愛犬でも安心して与えられます。

とくに割引きなどはありませんが、内容量のラインナップが豊富なので、質の良いドッグフードを必要な分だけ購入しやすくコスパが良いです。

アカナドッグフードの安全性と種類ごとの違いは?原材料と評判を徹底調査

2019.07.26

3位【1ヶ月5,400円】原材料の種類が少ない低アレルゲンフード「アランズ」

アランズドッグフードのパッケージ

アランズの特徴

  • 原材料全9種類、穀物などアレルギーが多い子におすすめ
  • 低脂肪高タンパク、低アレルゲンなラム肉メインだから体型維持にもおすすめ
  • グレインフリー無添加で安全性が高い
主原料と成分
ラム(生ラム肉,乾燥ラム肉,ラムオイル,ラムグレイビー),サツマイモ,レンズ豆,そら豆,ひよこ豆,ベジタブル,ハーブミックス,亜麻仁,エンドウ豆繊維,ビール酵母
タンパク質/22.0% 脂質/13.0%
粗繊維/6.5% 粗灰分/7.5%
水分/8.0% 100gあたりのカロリー/約342kcal
人工添加物/オーガニック素材のみ 産地と工場/イギリス
価格(税抜)と内容量
価格・内容量/3,960円・2kg 1ヶ月の餌代/約5,400円
定期コースは1回の購入金額が7,000円未満10%OFF,7,000円超え15%OFF,20,000円超え20%OFF

アランズは人工添加物・穀物が不使用なのはもちろんですが、アレルギー反応のでやすい牛肉豚肉乳製品も一切使っていません。

原材料はラム肉など10種類のみととてもシンプルなので、アレルギーが心配な愛犬にも安心して与えられるでしょう!

アランズナチュラルドッグフードの成分や評判は?ラム肉以外の原材料も分析して安全性を評価!

2018.12.24

4位【1ヶ月6,960円】子犬からシニアまで続けられる「カナガン」

カナガンドッグフード

カナガンの特徴

  • 関節サポート成分がとくに豊富!足腰の悩みがある子におすすめ
  • 小粒のドーナツ型。トイプードルやチワワなど小型犬にもおすすめ
  • 良質なタンパク質豊富で無添加グレインフリー
主原料と成分
骨抜きチキン生肉,乾燥チキン,サツマイモ,エンドウ豆,ジャガイモ,エンドウ豆タンパク,アルファルファ,チキンオイル,乾燥全卵,チキングレイビー,サーモンオイルなど
タンパク質/33.0% 脂質/17.0%
粗繊維/3.50% 粗灰分/9.0%
水分/8.50% 100gあたりのカロリー/約361.25kcal
人工添加物/オーガニック素材のみ 産地と工場/イギリス
価格(税抜)と内容量
価格・内容量/3,960円・2kg 1ヶ月の餌代/約6,960円
定期コースは初回1袋1,980円,2袋以降は1回の購入金額に応じて10%~20%OFF適用
良質かつコスパも良い

カナガンは子犬からシニアまで必要な栄養がそろっているドッグフードです。

主原料に鶏肉のみを使い免疫力を高めて健康状態を保つことができます。

カナガンは高級ドッグフードで価格は市販のものに比べて決して安くはありません。

ただ定期コースだと初回1袋が1,980円(税抜)で試すことができ、2袋以降は通常価格から10%~20%割引になるので、継続すると結果コスパが良くなるドッグフードです。

「手軽に食いつき具合を確かめたい…」という方でも半額で購入できれば、食いつき具合を確かめやすいですね!

カナガンの評判が悪いのには理由がある?ドッグフードのレビューと成分を分析して安全性を解明

2018.12.26

5位【1ヶ月6,990円】消化と栄養に優れた手作りフード「ココグルメ ポーク&ブロッコリー」

ココグルメ ポーク&ブロッコリー ドッグフード

ココグルメの特徴

  • 栄養価が高く消化にも良い!ドライフードが苦手な子におすすめ
  • 初回60%offの大幅な割引きがうれしい
  • 未開封なら冷凍庫で約1年間も保存できる
主原料と成分
豚肉(バラ肉,ロース),豚レバー,さつまいも,ブロッコリー,かぼちゃ,ごま,ミネラル類,ビタミン類
タンパク質/14.7%以上 脂質/7.8%以上
粗繊維/0.2%以下 粗灰分/1.2%以下
水分/68.2%以下 100gあたりのカロリー/141kcal
人工添加物/なし 産地と工場/産地は日本と一部海外・工場は日本
価格(税抜)と内容量
価格・内容量/5,350円・16袋入り(1袋100g) 1ヶ月の餌代/約16,050円
定期コースはずっと1箱4,280円

ココグルメのポーク&ブロッコリーは、素材の栄養を生かした手作り風のドッグフードです。レトルト食品に近い感覚で愛犬に与えることができ、初回なら60%offと比較的良心的な価格。

1袋100gと約1日分の内容量となっているので、いつでも新鮮なフードを手軽に与えることができますよ!

もちろんグルテンフリー・無添加でアレルギー・安全性も兼ね備えているドッグフードです。

ココグルメドッグフードは人間が食べても安全レベル|実物のニオイと味を確かめて徹底検証

2019.11.04

6位【1ヶ月7,410円】小分けになっていて与えやすい「サクラペットフード(カリカリタイプ)」

サクラペットフードのパッケージ

サクラペットフードの特徴

  • 国産ビーフの高い食いつき
  • お腹の調子を整える成分配合
  • 200gごとに小分けになっているので給餌量の計算がラク
主原料と成分
牛肉,豚レバー,鶏レバー,チキンエキス,とうもろこし,小麦粉,コーングルテンフィード,動物性油脂,植物性油脂,ふすま,脱脂米糠,亜麻仁油,グルコサミンなど
タンパク質/29.0%以上 脂質/8.5%以上
粗繊維/4.0%以下 粗灰分/8.0%以下
水分/12.0%以下 100gあたりのカロリー/約330kcal
人工添加物/なし 産地と工場/日本
価格(税抜)と内容量
価格・内容量/1,480円・800g 1ヶ月の餌代/約7,410円
定期コースで3袋以上の購入で34%OFF

サクラペットフードのカリカリタイプは牛肉・豚肉・鶏肉の3種類を使っていて、国内の工場で作られているドッグフードになります。

さらにフードは賞味期限が未開封でも6ヶ月。これだけ賞味期限が短いのは添加物を一切使用しないで作られているので、安全性も高いといえるでしょう!

またサクラペットフードにはカリカリタイプとやわらかタイプの2種類があります。

シニア犬など噛む力が弱い愛犬には、やわらかタイプのほうが食べやすいですよ。

7位【1ヶ月7,800円】健康とダイエットに良い成分が豊富な「犬心 糖&脂コントロール」

犬心いぬこころ糖&脂コントロール

Dr.ケアワンの特徴

  • 犬が発症しやすい7つの病気を同時にケアできる
  • 消化を助ける穀物のみ使用している
  • 低脂肪なのに消化しやすくなっている
主原料と成分
生牛肉,生鶏肉,生馬肉,植物油,魚粉,ココナッツ,大豆,ゴマ,とうもろこし,生魚,玄米,大麦,さつまいも,じゃがいも,海藻,はなびらたけ,冬虫夏草など
タンパク質/23%~27% 脂質/5%~9%
粗繊維/5%~8%
粗灰分/データなし
水分/10%以下 100gあたりのカロリー/325kcal
人工添加物/なし 産地と工場/データなし
価格(税抜き)と内容量
価格・内容量/2,600円・1kg 1ヶ月の餌代/約7,800円
定期コースは3袋で6,400円、6袋だと11,400円

犬心の糖&脂コントロールは高脂血・高血糖から発症しやすい病気をケアするため、血糖値が上がりにくく消化しやすく作られた特別療法食フードです。

玄米やサツマイモを原材料として使うことで、血糖値と腸内環境を整えて、理想的な体型維持のサポートしてくれます!

また高脂血・高血糖は高脂血症糖尿病などの病気を発症しやすく、万が一発症してしまうと他の病気を併発する危険もあるので注意が必要です。

高脂血・高血糖から発症しやすい病気

肥満,糖尿病,甲状腺機能低下症,クッシング症候群,高脂血症,膵炎,脂質代謝異常症

犬心ドッグフードの成分と安全性からダイエットにもおすすめできる理由とは?

2019.05.02

8位【1ヶ月9,138円】栄養バランスと安全性に優れた「モグワン」

モグワンドッグフード

モグワンの特徴

  • コスパ一番より、フードの質を優先したい方におすすめ
  • 無添加で人間でも食べられる原材料のみ使用しているので安全性が高い
  • ココナッツオイルで抗酸化作用たっぷり

モグワンは1ヶ月のコスパにおいては同じですが、定期コースの割引価格がネルソンズのほうが高かったため、モグワンを8位という順位を付けました。

主原料と成分
チキン&サーモン(チキン生肉,生サーモン,乾燥チキン,乾燥サーモン,チキングレイビー,サーモンオイル,サツマイモ,エンドウ豆,レンズ豆など
タンパク質/30.0% 脂質/12.0%
粗繊維/3.0% 粗灰分/8.0%
水分/8.0% 100gあたりのカロリー/363kcal
人工添加物/オーガニック素材のみ 産地と工場/イギリス
価格(税抜)と内容量
価格・内容量/3,960円・1.8kg 1ヶ月の餌代/約9,138円
定期コースは1袋10%OFF,2袋以上15%OFF
2袋以上の購入で15%OFFになる

モグワンは鶏肉やサーモンを豊富に使い、グレインフリーかつ高タンパク質に作られたドッグフードです。

人工添加物も一切使用せず、新鮮な食材に含まれる成分で栄養バランスもよく安全性も〇。

さらにグルコサミン・コンドロイチンという、関節サポート成分も配合されているので、骨が細い小型犬や健康面に気をつけたいシニア犬にも相性抜群です!

高級ドッグフードのなかではコスパが良く、定期購入で割引きが効くのは大きなメリット。

モグワンドッグフードの口コミ|悪評が生まれる理由と安全性の根拠

2019.03.01

9位【1ヶ月14,970円】小型犬の食べやすさに特化した「レガリエ」

【レガリエ】国産×グレインフリードッグフード

レガリエの特徴

  • 室内飼いの小型犬にピッタリのカロリーと栄養!トイプードル・チワワなどの超小型犬におすすめ
  • 食材の産地が明確で信頼性が高いフード
  • 初回は500円で160g安くお試しできる
主原料と成分
鶏肉,牛肉,旬の魚,鶏レバー,ジャガイモ,サツマイモ,ヤシ粉末,豚油かす,カツオとマグロの魚粉,ひよこ豆,アルファルファ,ひまわり油,ごま油,リンゴなど
タンパク質/28%以上 脂質/10%以上
粗繊維/3%以下 粗灰分/7%以下
水分/10%以下 100gあたりのカロリー/348kcal
人工添加物/不使用 産地と工場/産地は日本,オーストラリアなど・工場は日本
価格(税抜)と内容量
価格・内容量/5,480円・2袋入り1.7kg(1袋850g) 1ヶ月の餌代/約14,970円
定期コースは初回3日分500円,2回目以降はずっと22%OFF

レガリエは鶏肉・牛肉・鶏レバー・魚肉といった4種類を独自配合して、最適な栄養バランスを整えているんです。

原材料にはマグロオイルやひまわり油なども含まれており、皮膚や毛艶の健康状態を保つために必要なオメガ3・6脂肪酸もしっかり摂取できます。

またレガリエは、小型犬が食べやすい自然な形状をしていて与えやすく、初回500円で食いつきを試せるのも魅力。

平均体重10kg以下の犬種におすすめ!

チワワ,トイプードル,パグ,ポメラニアン,ヨークシャーテリア,シーズー,ミニチュアダックス,マルチーズ,柴犬など

レガリエドッグフードの口コミと評判と成分の安全性|食いつきはいい?どんな子におすすめかご紹介

2019.09.06

10位【1ヶ月18,000円】低脂肪高タンパクな「馬肉自然づくり」

馬肉自然づくりドッグフード

馬肉自然づくりの特徴

  • 低脂肪高タンパクな馬肉メイン、体重が気になる子におすすめ
  • 初回限定20%off割引きで安く買える
  • 消化吸収を促進する玄米・大麦・ハト麦を配合
主原料と成分
馬肉,鶏肉,玄米,大麦,黒米,きなこ,かつお粉,米ぬか,馬油,おから,ハト麦,卵,わかめ,小松菜,昆布,ビール酵母,卵殻カルシウム
タンパク質/27.0%以上 脂質/11.1%以上
粗繊維/5.2%以下 粗灰分/2.2%以下
水分/7.0%以下 100gあたりのカロリー/399kcal
人工添加物/不使用 産地と工場/日本
価格(税抜)と内容量
価格・内容量/3,000円・1kg 1ヶ月の餌代/約18,000円
定期コースは初回1袋2,400円,2回目以降はずっと10%OFF

馬肉自然づくりは馬刺し用の馬肉や米ぬか、きなこ、おからといった国産食材のみ使用しているので、栄養価が高いのが特徴。

初回20%offで手に入りやすいのと、1ヶ月の餌代が高級ドッグフードのなかだと比較的安いのが厳選理由です。

馬肉はビタミンB12という成分が牛肉の6倍も含まれていて、神経を正常に保ち赤血球の働きを良くしてくれる効果があります。

さらに皮膚を丈夫にするリノレン酸という成分も馬肉には含まれているので、皮膚の健康状態が心配な愛犬の心強い味方になってくれるでしょう!

馬肉自然づくりが子犬に向いていない理由?最安値で購入する方法と実物で確かめる安全性

2019.04.24

迷ったときに選びたい【目的別】安いおすすめフード

ドッグフードでおすすめしたい安いフードを10選のなかでも、「ダイエット」や「アレルギー」など目的に合ったドッグフードをご紹介していきます。

安全性と安さのバランスが取れているフード【ネルソンズ】

安全性が高く安価なドッグフードを選びたい方には、ネルソンズがおすすめです!

ネルソンズは主原料に乾燥鶏肉や生鶏肉を使い、消化不良を起こしやすい穀物を一切使用せず、サツマイモを炭水化物原料として採用しています。

さらに原材料は入荷する際に品質チェックが行われ、生産工程中にも30分おきに異常がないかチェックする徹底した管理のもと作られているんです。

またネルソンズの定期コースを利用すると、1袋でも15%OFFの6,630円で購入でき、3袋以上だと20%OFFの1袋あたり6,240円とかなり安価で手に入ります。

定期コースはお届け周期・個数を自由に決められて、お届け日の1週間前なら休止や再開、途中解約をいつでも行えますよ!

安全性重視の人におすすめしたいフード【レガリエ】

安全性を重視してドッグフードを選びたい方は、レガリエがおすすめです!

レガリエは人間でも食べられる品質の国産食材を多く使用し、グレインフリーはもちろんですが、着色料や合成防腐剤なども使われていません

保存料を一切使用していないため、賞味期限が未開封でも9ヶ月とかなり短いですが、内容量が850gと少ないので問題なく使い切ることができるでしょう。

またレガリエの定期便コースは初回限定価格500円(税抜き)となり、かなり安く食いつき具合を確かめられます。

もし食いつきが悪ければ初回のみで定期便コースを解約でき、食いつきがよければそのまま続けてみましょう!

子犬向けの栄養満点フードは【カナガン】

子犬向け用で栄養満点フードを選びたいなら、カナガンがおすすめです!

カナガンは全犬種のどんな年齢にも与えることができ、子犬でも食べやすい小粒タイプのドライフードになっています。

原材料には新鮮な鶏肉を始め、海藻やマリーゴールドなども使い、免疫力が高め尿路結石の予防もできるんです。

またカナガンにはドライフードだけでなく、缶詰に入ったウェットタイプのフードもあって、愛犬の好みに合わせてフードタイプも選べます。

ドライフードの食いつきが悪くなったら、ウェットフードに切り替えてもいいかもしれませんね!

シニア犬の健康長寿を目指せるフード【モグワン】

シニア犬の健康状態に気をつけたいなら、モグワンがおすすめです!

モグワンは健康面と食いつきを重視して、主原料に鶏肉とサーモンを中心にカボチャやリンゴなども配合されています。

カボチャは食物繊維で身体環境をサポートしてくれて、リンゴはポリフェノールで元気に若々しさを維持することができるんです。

またシニア犬に必要なグルコサミンやコンドロイチンも含まれていて、関節部分のサポートもしてくれます。

7歳以上になった愛犬にはいつまでも元気にいてほしいものなので、身体環境や関節部分などサポートしていきましょう!

お腹が気になる子へのダイエットフード【犬心糖&脂コントール】

ぽっこりお腹が気になる子には、犬心の糖&脂コントロールがおすすめです!

犬心の糖&脂コントロールは玄米や大豆などを使い、腸内環境を整えつつ血糖値の上昇を抑えて、理想的な体型を維持することができます。

さらに主原料には生の牛肉・鶏肉・馬肉を使っているので、低脂肪かつ低カロリーになっており、太りにくく作られているんです。

また肥満から併発する恐れのある、クッシング症候群甲状腺機能低下症も同時にケアでき、病気が併発するリスクを抑えられます。

肥満になると体調不良や病気になりやすいので、日頃から食事や運動に注意して、愛犬が太らないようにしていきましょう!

ドッグフードの与え方・保存方法のポイント

ドッグフードの給与量はフードの種類によって違ってきます。そこで今回は一例として、ランキング1位の馬肉自然づくりの給与量をご紹介します!

体重 1日分の給与量
1kg~3kg 24g~55g
4kg~6kg 69g~94g
7kg~9kg 105g~127g
10kg~12kg 138g~158g
13kg~16kg 168g~196g
17kg~20kg 205g~232g

上記の給与量はあくまでも目安なので、愛犬の体調や運動量に合わせて調節する必要があります。

また給与量は各フードメーカーのパッケージや公式サイトにも記載されていますが、万が一記載されていない場合、こちらの計算式を参考にしてみてください!

1日分の給与量計算方法
  1. 犬の体重kg×100=1日運動していないカロリー数
  2. 1日運動していないカロリー数×参照数字=愛犬に必要なカロリー数
  3. 愛犬に必要なカロリー数÷フードのカロリー数×100=1日の給与量

【参照数字】
生後4ヶ月以内の子犬の場合3.0,生後4ヶ月以降の子犬の場合2.0
去勢をしない成犬やシニア犬の場合1.6,去勢をしている成犬やシニア犬の場合1.4

フードを食べないときはふやかしてあげよう

愛犬がドッグフードを食べてくれないときは、フードをお湯や犬用ミルクでふやかして与えてみましょう!

ドッグフードを食べてくれない原因には、ドライフードが口に合わない、もしくはフードが固くて嫌いなどが考えられるんです。

人間と同じく犬にも好き嫌いがあるもので、安全性が高く安価なフードを与えても、口に合わない可能性があります。

そこでお湯や犬用ミルクを使い、フードを柔らかくふやかすことで、ニオイが強くなり食いつきが良くなるかもしれません。

またフードをふやかす行為は、水をあまり飲んでくれない犬にも効果的で、食事と一緒に水分を取ってもらうことができます!

特にシニア犬は食事や水分補給への意識が薄れやすく、水分不足から便秘になってしまうので、水分をしっかり与える工夫が大切にですよ。

保存にはフードストッカーがおすすめ

ドッグフードを開封した後は、フードストッカーに入れて保存しておくのがおすすめです!

ドッグフードの袋にチャックが付いているものもありますが、どうしても密閉性が低く、空気が残ってしまいフードが酸化してしまう恐れがあります。

そこで密閉性の高いフードストッカーを使うことで、酸化するリスクを軽減できるだけでなく、フードの準備も簡単になるんです!

またフードストッカーの値段は内容量や性能によって変わり、1,000円程度の安価なものから、10,000円程度のちょっと高価なものまであります。

高いものが一番いい!というわけではないので、自身が使いやすいと思うものを購入してみましょう。

ドッグフードの種類・違いについて

ドッグフードにはドライ・ソフトドライ(半生)・ウェットと3種類のタイプがあります。

3種類のタイプはどんな特徴があるのか?どんな向いている犬か?を以下の表にまとめてみました。

フードタイプ 特徴 向いている犬
ドライ
  • 固くてカリカリしている
  • 水分量がかなり少ない
  • 賞味期限が1年~2年程度と長い
  • 子犬や成犬
  • 水分補給がしっかりできている犬
ソフトドライ
  • しっとりしている
  • 水分量が多少含まれている
  • 賞味期限が1年程度とドライよりも短い
  • 成犬やシニア犬
  • 噛む力が少し弱い犬
ウェット
  • とてもやわらかい
  • 水分量はかなり多い
  • 賞味期限は開封後1日~2日
  • 子犬,成犬,シニア犬
  • 水分補給が少ない犬

ドライタイプのフードは固くカリカリとした食感になっていて、子犬から成犬に向いています。

ただ水分量がかなり少ないので、水分補給がしっかりできていない犬には向いていません。

一方ソフトドライタイプはドライタイプよりも水分が多く、しっとりとした食感なので噛む力が弱い成犬やシニア犬でも問題なく食べることができます!

またウェットタイプは他のタイプよりも、水分量が豊富でとてもやわらかい食感になっているため、子犬からシニア犬まで与えられるんです。

さらに「水分をあまり取ってくれない…」という犬は脱水症状を起こす可能性があるので、水分補給もできるウェットタイプが向いていますよ!

総合栄養食や療法食の違いとは

ドッグフードにはフードタイプ以外にも、総合栄養食や療法食といった種類の違いもあるんです。

総合栄養食や療法食はフードを与える目的や栄養バランスなどが違ってきます。実際にどんな目的になっているのか確認してみましょう。

【総合栄養食】
毎日の主要な食事を目的に、フードと水のみで成長段階の健康維持を保てるような栄養素バランスのいいフードのこと

【療法食】
犬が病気を発症した場合、治療内容に合うよう栄養成分の量・比率を調節し、治療を補助することを目的としたフードのこと

参照:一般社団法人ペットフード協会

総合栄養食はドッグフードと水だけできちんと健康維持できるように、栄養的にバランスのとれたフードです。

基本的に総合栄養食だけで栄養素をしっかり確保できますが、給与量を調節すればご飯前の間食としておやつを与えたり、食いつき具合に合わせて野菜などを追加もできます。

そして療法食はさまざまな病気に特化してものになり、治療を補助できるよう栄養・成分バランスを調節されているフードです。

療法食には病気を発症する前の対策として、免疫力を上げて発症するリスクを抑えるフードもあります。

特に7歳以上になったシニア犬は健康面に十分注意していきたいので、フード選びには療法食も視野に入れておきましょう。

ドッグフードでおすすめの安い良質フードは意外とある

あまりにも安いドッグフードだと、安全性に不安があるのでおすすめはできません。

高級すぎるドッグフードも続けていくことが難しいので、今回は質と価格のバランスが取れたなるべく良いドッグフードをご紹介しました。

グレインフリーで穀物を避け、無添加でアレルギーにも配慮したフードは、愛犬にとってまさにベストフードといえますね。

【獣医師監修】おすすめドッグフードランキング|愛犬の健康を守る安全なフード10選

2019.02.25

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-11-03 18:25:31
https://www.seikatsu110.jp/pet/dog_food/186325/
ペット
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ドッグフード

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!