生活110番ニュース ペット

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のペットフード安全法について徹底解説|商品表記と添加物の安全性を農林水産省に確認

投稿日:2019-05-17 更新日:2020-06-24

飼い主の手のニオイを嗅ぐ犬

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ドッグフードの安全性をうたっているところはたくさんありますね。

「安全の国内製造」「国産素材を使用」などの言葉を見かけたことが多いと思います。

しかしいまいち本当に安全かどうか信用しにくいものです。

そこでこの記事では、安心して与えられるドッグフードとはいったいどんなものなのかを、さまざまな法律の観点からみて徹底調査してみました。

国産ドッグフードの安全性の基準とは

そもそも、国産ドッグフードの正確な定義は以下のようになっています。

国産ドッグフードの定義

ペットフードの製造工程のうち、最終加工工程を完了した国が日本であること

参照:農林水産省『ペットフードの安全関係(ペットフード安全法 事業者のみなさま向けページ)「1-4 正しく表示していますか ペットフードの原産国」』

海外から輸入されたドッグフードのパッケージに、日本語表記の原材料表を日本国内で貼り出荷しても、それは「国産」とはいいません。

また、国産ドッグフードだからといって原材料もすべて国産とはかぎらないのです。

そして原産国の定義を含め国産ドッグフードの安全性を確保するために制定されたのが「ペットフード安全法」になります。

ペットフード安全法

平成21年6月より環境省・農林水産省共管で、おもにペットフードの製造、輸入、販売を行う事業者向けに施行されたペットフードに関する法律です。

正式には「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」といいます。

愛がん動物用飼料(ペットフード)の製造等に関する規制を行うことにより、愛がん動物用飼料の安全性の確保を図り、もって愛がん動物(ペット)の健康を保護し、動物の愛護に寄与することを目的とする。「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」第一章 総則 (目的)第一条より引用

ペットフード安全法が制定されたことで、ペットフードの製造・販売を行っている事業者もより安全性の高いフードづくりが求められ、飼い主さんにとっても安全性の高いフードを安心して購入できるようになってきたのではないでしょうか。

ペットフード公正取引協議会

日本においてペットフードの安全性・品質向上の推進を行っているのが、日本版AAFCOともいえる「ペットフード公正取引協議会」になります。

昭和49年に公正な競争の確保と消費者の保護のために設立され、表示に関する決まりを設定することを消費者庁及び公正取引委員会から認められている団体です。

ペットフード公正取引協議会はAAFCOの基準をもとに、ペットフードの原材料の表示基準を設定しています。

もしドッグフードの表示に関することで疑問や知りたいことがある場合、個人の方でも問い合わせることができますよ。

参照:「ペットフード公正取引協議会

AAFCO(米国飼料検査官協会:Association Of American Feed Control Official)

AAFCOは犬猫の成長期・繁殖期と維持期に必要な栄養の基準、ラベルの表示方法、原材料の定義などの基準を設けている世界で最も権威のあるアメリカの団体です。

AAFCOはあくまで基準を設ける機関であり、認定や承認を行う機関ではありません。

ですから、もしドッグフードのパッケージに「AAFCO認定」「AAFCO承認」「AAFCO合格」と書かれていた場合、このような表記は禁止されているためそのようなフードは避けるのがいいでしょう。

参照:「AAFCO(全米飼料検査官協会:Association Of American Feed Control Official)

国産ドッグフードの表記

無添加

国産ドッグフードを選ぶときに、「無添加」と表示されていることがありますね。

ただしこの無添加表記も、掲載できる条件があります。

「無添加」と表記できる場合
  1. 添加物以外の原材料に係る表示については、ペットフードの全ての製造工程において当該原材料が使用されていないことが確認できる場合
  2. 添加物に係る表示については、当該添加物につき、ペットフードの表示のための添加物便覧に記載された添加物(加工助剤、キャリーオーバー及び栄養強化目的で使用されるものを含む。)を一切使用していないことが確認できる場合

これについては、ペットフード公正取引協議会へ直接「無添加」という表記ができる場合を問い合わせ、回答をいただきました。

ペットフード安全法では、ドッグフードのパッケージの原材料表には原材料のすべてを表記する義務があります。

ですが、厚生労働省の「食品添加物の表示について」において加工助剤、キャリーオーバーまたは栄養強化の目的で使用されている添加物の表示については省略することが認められています。

いってしまえば、ドッグフードの品質に影響を及ぼさないものが少しでも使用されている場合は、添加物の表示が省略されている可能性もあります。

結果として無添加といいつつ、どんな添加物が使われているか真相まではわからないということです。

とはいえ、ドッグフードのパッケージの原材料表を確認することはとても重要です。

よく危険だといわれる酸化防止剤(エトキシキン・BHA・BHT)や香料・着色料・甘味料などの添加物として使用される化学合成物質も、ペットフード安全法内の「基準規格等」にて定められた量以下の使用しか認められていません。

そして、少しでも含まれている場合は原材料表に明記しなければならないので、添加物使用の有無を知ることはできます。

そこで今度は、実際に農林水産省安全局畜水産安全管理課へ添加物の安全性について問い合わせてみました。


Q:成分規格で定められている量の基準は何が根拠?

A:AAFCOの基準です。少しでも含まれている場合は原材料表に記載しなければいけないことになっています。

Q:基準の量以下であれば、本当に毎日与えても健康被害はなく安全?

A:こちらで品質検査もしているし、毎日与えていただいても安全です。

念押しで再度確認しましたが「安全です」との回答でした。

ですが、定められた量以上の添加物を過剰に与え続け愛犬の体内に溜まることで、発がん性・染色体異常・皮膚炎などのアレルギー反応が起こる可能性はあります。

参照:農林水産省・環境省共管『ペットフード安全法』内「基準規格等 [1]成分規格

参照:厚生労働省「食品添加物の表示について

グレインフリー

グレインフリーとは「穀物を使用していない」ことをいいます。

穀物でも、とくに小麦に多く含まれている「グルテン」というたんぱく質の一種は、アレルギーを引き起こす可能性が高いといわれています。

そのグルテンが取り除かれた穀物を「グルテンフリー」といい、国産ドッグフードに多いです。

また、すべての穀物が悪いわけではないため、アレルギーを引き起こす可能性の低い穀物をあえて使用しているメーカーもあります。

なぜなら、玄米や大麦は低アレルゲンであり消化器官をサポート、腸内環境を整える働きがあるからです。

グレインフリーのドッグフードにこだわりがある方にとっては、選べる国産ドッグフードがかぎられてしまうかもしれません。

ただ、あらかじめ穀物アレルギーを持っていることがわかっている場合やアレルギーを持っているか心配な場合は、「グレインフリー」のドッグフードを選びましょう。

ヒューマングレード

ヒューマングレードとは、ドッグフードに使用されている「原材料の素材が人間でも食べられるグレードのもの」であることをいいます。

もともとの意味としては人間が食べられるドッグフードのことではありませんが、最近は人間が食べられるグレードのドッグフードも増えてきています。

ですが、ペットフード公正取引協議会に確認したところ、公正競争規約では「ヒューマングレード」という定義はないとのことでした。

このことからしても、ヒューマングレードかどうかを判断するには直接製造元へ電話やメールなどで問い合わせるのが確実です。

愛犬の餌の与え方5つの鉄則!適切な食事量と避けるべき与え方とは?

2018.12.25

【タイプ別】ドッグフードの保存・保管方法

意外とドッグフードのパッケージを開封後、輪ゴムやクリップで簡単に閉じている方も多いのではないでしょうか。

ドッグフードは、開封した瞬間からジワジワと鮮度や風味、栄養素が失われていきます。

輪ゴムやクリップできちんと閉じたつもりでも隙間から空気が入り、それによりドッグフードの劣化を早めてしまうのです。

ドッグフードの保存・保管方法の重要なポイントは「空気に触れさせない」ということです。

また、劣化したドッグフードを愛犬に与えることは嘔吐や下痢など体調に悪影響を及ぼしかねません。

なので、できるかぎり長く鮮度を保つためにもドッグフードの開封後の保存方法は大切です。

【ドッグフードタイプ別の保存・保管方法】

ドライタイプ 半生タイプ ウェットタイプ
水分含有量 10%以下 25~35% 75%以上
特  徴
  • 水分含有量が少ない分、長持ちする
  • 保存しやすい
  • セミモイストタイプ、ソフトタイプのフード
  • 個別包装になっていることが多い
  • 保存料が多く含まれている
  • ドライタイプよりカビが生えやすく、腐敗しやすい
  • 水分量が多く、腐敗が早い
  • 未開封であれば長期保存可能
開封後の消費期限 約1ヶ月程度 2日以内 1~2日以内
冷蔵庫での保管 ×
適切な保存・保管方法
  • 湿気のない涼しい場所(38℃以下)で保管
  • 密封できる容器に袋ごと入れる
  • 1食分もしくは一日分を小分けにして、与えるときに空気に触れる量を最小限にする
  • 密閉容器に移し替え、冷蔵庫にて保管
  • 使い切れない分は、小分けにして冷凍庫にて保管
  • 未開封の場合も直射日光が当たらず、高温にならない場所で保管
  • 1~2日分を容器などに小分けにする
  • ジップロックに入れて冷凍庫にて保管
  • 使用分だけを冷蔵庫にて解凍し2日以内に使い切る
  • 未開封の場合は10℃~38℃の場所で保管する
重要ポイント
  • 冷蔵庫内と外の温度差で結露が起こり、カビが生えやすくなるため、冷蔵庫では保管しない
  • 一度ふやかしたフードは余っても保存せず処分する
  • 冷凍庫で保管したものは、冷蔵庫で解凍する
  • 1食分ずつ密閉容器に小分けにしておくと結露の発生を防ぐことができる
  • 保存料が多いとはいえ、水分量も多いのでウェットと同じように扱う
  • 移し替える容器は、使用前に熱湯消毒する

ドライフードの保存方法に関しては、密閉できるフードストッカーを使用すると、ドッグフードが長持ちしやすいです。

ドライフードの保存容器とウェットフード缶詰用キャップのおすすめ商品をご紹介します。

まとめ

国産ドッグフードの安全性は

  • 「ペットフード安全法」が施行されたことで高くなっている
  • 国産だからといって原材料も国産とは限らない
  • 添加物は定められた量以下であれば、毎日摂っても愛犬の健康に影響ない
  • 添加物の使用はパッケージの原材料表で確認できる
  • ドッグフードの保存・保管方法を正しくすれば品質を保つことができる

以上の点を考えることが重要なので、商品に注目するのも大事ですが、自分で国産ドッグフードの安全性を保つことも大切です。

国産ドッグフードだから安全は間違い?怪しいフードは原材料で分かる!無添加・人気のおすすめフードTOP10

2019.03.19

評価が高いおすすめドッグフード|獣医師に聞く安全で食いつきが良いフードと添加物、グレインフリーの真実

2019.02.25
商品の価格は変動する場合がありますので、ご了承ください。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-24 15:19:36
https://www.seikatsu110.jp/pet/dog_food/142043/
ペット
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

ペット ドッグフード

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!