生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

無線LAN子機ってなに?役割から機種の選び方までわかりやすく解説

投稿日:2019-01-16 更新日:2019-07-24

無線LAN子機ってなに?役割から機種の選び方までわかりやすく解説

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

パソコンやスマートフォンが世に出てから、長い年月がたとうとしています。情報革命により、私たちの普段の生活は大変大きく変わってきました。今までかかっていた仕事の時間を大幅に短縮させるてくれる画期的な製品として、広く普及しました。また生活に必要な情報や商品が以前までとは、比較にならないスピードで手に入る時代となりました。

インターネットは大変便利な反面、使いこなすために必要な知識が多岐に渡ります。通信キャリアが提供する回線からはじまり、またパソコン本体やスマートフォンなどのデバイスと通信の関連性、最近流行の無線環境に関する的確な知識が大切となります。それらを有機的に結びつけることで、初めて快適なインターネット利用が可能となります。

通信速度は普段のインターネット生活を楽しんでいくうえでも、大変重要なポイントとなります。回線速度の向上と共に、動画や高品質なゲームが自宅で簡単に楽しめる時代となってきました。

無線関連の装置もテクノロジーの進化と共に、スピードやセキュリティ、安定性がどんどん増しています。ワイヤレス環境でさまざまな楽しみ方ができるのは、非常に素晴らしいことですが、デバイスによっては無線対応がされていないようなケースもあります。

このようなときに大変便利な装置が無線LAN子機です。無線対応ではなかったデバイスまで、無線で使用することができます。古いスペックのデバイスを使っているかたもまだ多いはずです。高額な費用をかけてまで、本体自体の買換えを希望されないかたもいるのではないでしょうか。そのような場合は、このような無線LAN子機の活用を考えてみてはいかがでしょうか。

ここからは、知っておくとなにかと便利な無線LANルーターに関して、用途から製品選びまで解説していきます。難しいからといって敬遠しがちなIT関連製品ですが、一度理解してしまえば大変、便利なものとなります。是非、今の生活をもっと便利にするために無線LAN子機の仕組みをしっかりと理解していきましょう。

無線LAN子機とは?

無線LAN子機とは?
親機との違い無線環境がどんどんオフィスや家庭で浸透する中で、通信回線や無線環境に関する製品は年々進化しています。より高速かつ安全に高速なインターネット環境が楽しめる時代となりました。

無線LAN機能はパソコン時代から存在していましたが、注目を浴びるようになったのはやはりスマートフォンやタブレットの普及があります。家庭で複数台の端末を同時接続して楽しんでいくには、無線環境を構築しなければなりません。

無線LANといっても、実は親機と子機があるというとはご存知でしょうか。ここからは少し複雑になりますが、無線LANの親機と子機の違いに関して少し解説をしていきます。

親機は家電量販店でも販売されているので、普段の買い物の中でもよく見かけるのではないのでしょうか。この親機の役割は自宅にまでのびてきた通信回線の電波を飛ばすことです。ここから発せられる電波をパソコンやスマートフォンがキャッチすることで、通信が可能となります。最近では通信回線の高速化と相まって、無線LAN親機の性能も飛躍的に向上しています。

IT製品に不慣れなかたにとって面倒や不安に感じる設定に関しても、製品に付属するマニュアル通りにおこなっていけば、スムーズに設定できるようになってきました。今や誰でも気軽に安定した通信環境で、パソコンやスマートフォンを楽しんでいくことができるのです。

対して無線LANの子機とは、どのような製品なのでしょうか。無線LAN子機の役割をしっかりと理解するには、電波の受け手であるデバイスに関して適切な知識も大切です。

パソコンやゲームでも、すべての端末で無線を受信する機能があらかじめ内蔵されているとは限りません。少し古い型番の商品や廉価な製品を使っているような場合には、無線LAN子機を準備しないと自分の利用用途を満たせない場合もあります。

まずは、自分が購入しようとするデバイスが無線LAN対応製品かどうかを確認しなければなりません。またあわせて無線LANの規格に関してもきちんと理解しておきましょう。

無線LANの規格に関しては製品のパッケージなどで【11ac】や【11n】などと表記されている場合が多いのです。発信元の無線LANルーターの発する規格と、また受け手側のデバイスの規格が一致しないと正常な通信が確立されない場合もあります。事前にこの点は確認しておきましょう。

IT製品に関する知識に不安があるかたは、家電量販店に自分が現在使用している製品を持ち込みながら、最適な商品を選べるように相談をされるのもいいかも知れませんね。

無線LAN子機の接続端子の種類

無線LAN子機の接続端子の種類
インターネットやゲームなどを楽しむには、インターネット回線を申し込みます。パソコンやゲーム用端末などの商品をただやみくもに購入すれば、いつでも使えるようになるとは限りませんので、注意が必要です。

では、自分がこれから使っていきたいと考える製品に、無線を受信する機能が内蔵されていない場合、どのようにしたら良いのでしょうか。このような場合には先ほどから紹介しているような無線LAN子機が重要な役割を果たすこととなります。

しかし、どのような方法で、デバイスと無線LAN子機を接続するかを注意しておかなければならないのです。きちんとした適合を考えないで商品を購入しても正常な役割を果たしてくれることはありません。ここからは、無線LAN子機を接続端子別に紹介していきます。

無線LANの子機をパソコンで使う場合は、パソコンの接続端子で選ぶ商品に多様性を持つことができます。パソコンには、USBの接続端子やSDカードスロットなど、大変多くの端子があることに気がつくのではないでしょうか。

自分の保有するパソコンで使っていないスロットやまた無線LAN子機の値段などを考えて、ベストな商品を選んでいけば、費用面でも性能面でも満足のいく商品選びが可能となります。

まずはUSBタイプです。パソコンを使うかたにとっては、USBは今更大きな説明は必要ないはずです。パソコン本体に設置されているUSBポートに無線LAN子機を取り付けることで、受信が可能となります。

このタイプの商品は普及している数も多いので、価格や性能、デザインなどの観点からしても大変選びやすいのではないのでしょうか。ただ単純に無線LANの子機として使っていくだけではなく、無線LANのアクセスポイントになる製品もありますので、今後の増設などを含めて比較検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、パソコンはマウスやキーボードなどの外付けのサプライ品を使うような場合だとUSB接続のポートが足りなくなってしまうようなこともあります。

それ以外にも数は少ないですが、PCカードスロットやエクスプレスカードスロットに接続して使うケースもあります。USBポートに余裕がないような場合、代替的に使っていくことも十分に可能な商品です。しかし、現在発売されているPCにはPCカードスロット自体がないようなケースも多くみられます。

そのような場合には、LANポートを活用する接続を考えてみるのも良いかもしれません。家で有線接続をしないようなケースでは、LANポート自体にあきが出てくるようなケースも考えられます。USBポートに物理的限界があることがあらかじめわかっているのであれば、無線LAN子機はLANポート接続用商品を選んでおきましょう。

また製品選びには、どのような場所で無線LAN子機を使用するかも大変重要な考え方となります。自分の部屋や家で使う用途であればスペースやデザインをそれほど大きく気にする必要性はないかも知れませんが、屋外で使うような場合には少し勝手が違ってきます。

大型の無線LAN子機を使用すると重量や、狭いスペースでの作業時に大きなストレスとなる可能性も考えられます。そのため、普段からコンパクトな製品を選んでおいたほうが無難かも知れません。

電波は生き物です。理論値と実測値という考え方があるように、想定していたよりも、ネット閲覧や動画視聴のスピードが遅いと感じられるようなケースも考えられます。

無線LAN子機の選び方とポイント

このように大変使い勝手に優れた無線LAN子機ですが、効用を最大限に発揮するには、その特性を十分に理解したうえで商品を選んでいかなければなりません。頻繁に購入する製品ではない分、知識の面で不安に思われるかたも多いかも知れません。

無線LAN子機には、多様な形態や接続方法があります。まずは対応するデバイスをしっかりと確認して、適応する無線LAN子機を選んでいきましょう。

無線LAN子機の形状もきちんと考える必要があります。ノートパソコンはそもそもUSBポート自体が少ないので、無駄にポートを使っていけば、拡張性を害する可能性が高くなってしまいます。そのため、別の方法も選択肢に入れていかなければなりません。

接続をした後は、パソコン側での設定もしなければなりません。しかし、製品付属の説明書などを参考にしながら、設定すればそれほど手間のかかる作業ではないはずです。パソコンのOSのバージョンなどによっては対応していない可能性もありますので、事前にパソコンの型番やOSのバージョンなどは調べておきましょう。

最近では、米国のアップル社製のMacを使うかたが大変多くなっています。以前のように使用できるOSがWindowsのみに限定されてしまう、パソコンサプライの数は少なくなっています。

Windowsに限らず、古いOSでは製品自体が対応していないような場合やサポートが受けられないこともあります。よくわからないようなときには、失敗しない買い物をするためにもきちんと家電量販店の専門販売員に相談をされることをおすすめします。

なにかと難解な用語が多いのが、ITや情報通信の世界です。変化がスピーディーで、次から次へと新たなデバイスや規格が出てきます。それだけでも敷居が高いと感じてしまうのではないのでしょうか。

無線LAN子機に関しても、きちんとした電波の規格を理解することが大切な考え方となります。この点の理解を間違えて商品選びをした結果、時に通信速度にも大きく関係してきます。親機と子機の規格をきちんとあわせることで安定した通信速度で楽しんでいけます。

電波の規格は、数字の11とアルファベットの組み合わせで表現されます。この規格の違いで、通信速度や電波干渉の頻度が大別されています。利用環境によっては思うような効果が体感できないような場合にもなりかねないポイントです。

家に無線LANルーターがあるような場合は、まずは親機から発せられる電波の規格をきちんと調べておいて、購入する子機と規格の整合性をあわせることを考えていきましょう。

また外で公衆無線LANを活用する場合は、電波の規格がわかっていれば、それにあわせて準備をしておきましょう。万が一の時に使用できないなどのトラブルを回避できます。

またUSBタイプの商品を選んでいく場合には、規格をきちんと考えることも重要です。USBの最新規格はUSB3.1です。以前までの2.0に比べて転送速度がはやいというメリットがあります。

今後市場に出てくるPCは、どんどんUSB3.0対応の商品が増えてきます。それにあわせて今のうちにUSB3.0対応の商品を選んでおけば、長く安心して使っていけますね。

また、無線LAN子機を導入するさいに改めて、無線LANのセキュリティに関しても見直してみてはいかがでしょうか。最初導入されたときには使えれば満足と考えていたような場合でも、インターネットを使う環境は日々、ウィルスなどの問題をはらんでいます。外部で使う機会が増えれば増えるほど、セキュリティ対策に関してはきちんとした自己防衛の認識を持つことが重要です。

セキュリティ対策は、PC側で設定をしておけば十分と考えられるかたも多いかも知れませんが、ウィルスなどの問題はありとあらゆるところから迫ってきます。場合によっては海外出張に行くかもしれないビジネスパーソンにとっては、このようなウィルス対策にも配慮した商品選びを十分におこなっていかなければなりません。

邪魔にならないコンパクトサイズの無線LAN子機

自分のインターネットライフを十分に満足させるにはやはり、購入する商品に関する的確な知識を持つことが大切です。無線lan 子機には接続端子の違いからはじまり、ほかにもチェックしておかなければならないポイントが大変多くあります。

ここからは実際の商品を例にとりながら、無線LAN子機を紹介していきます。市場の急激な拡大に伴い、無線LAN関連の商品は大変多くの商品が発売されています。まずは普段使いに最適な、コンパクトサイズの無線LAN子機から紹介していきます。


バッファローエアステーション無線LAN子機

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

まず紹介したいのは、値段的にも一番やすい商品です。バッファローは日本でも有名なPCサプライメーカーなので、品質やサポートにおいても定評があります。

この商品は大変リーズナブルな製品です。しかし、基本的な機能はセキュリティを含めて網羅していますので、無線LAN子機初心者から、外出先専用として使っていくことも可能な商品です。


PLANEX 無線LAN子機

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

大変コンパクトで使いやすい商品です。先に紹介したバッファローの商品と同じようなイメージで使っていける商品ですが、対応OSがMacでも対応可能な商品ですので、新たなパソコンとしてMacの購入を考えるかたにとっても拡張性の高い商品となっています。


NEC Aterm WL900U USB子機 PA-900U

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

NEC製の製品は、無線LANルーターでも大変高い評価を得ています。コンパクトで大変高速な通信が可能な製品です。サイズやデザインもUSBメモリを模したタイプの商品ですので、カバンの中に入れておいてもかさばらずに持ち運びにも適しています。

サイズと性能を兼ね備えたオススメの無線LAN子機

発売される商品が多様化されればされるほど、自分がどのような商品を購入すれば良いのかに迷うのが消費者心理です。性能、価格、デザインなど、自分らしい商品を選ぶさいのポイントはたくさんあります。

無線LAN子機は商品の特性上、外部に持ち出して使っていく可能性が高い商品です。そうなると気になるのが、ポータビリティ性です。カバンの中に入れても大きな負担とならないようなサイズや重量の商品選びも重要なポイントとなります。

デザイン性やポータビリティ性に優れた商品も、市場では多く販売されています。普段使いの商品であればあるほど、自分らしいこだわりを持つことも大切です。

家電製品は、決して安価な商品ではありません。自分にとってもっとも使いやすい商品を選んでいくべきです。ここからは、サイズと機能面の両立を果たしている商品をいくつか紹介していきます。


プラネックスコミュニケーションズ カッ飛び 11ac/n/a/g/b 866Mbps USB3.0対応無線LAN子機 ブラック GW-900D-BK

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

こちらの商品の最大の売りは、やはり高速な性能です。最新の無線LANの規格である11acを搭載していますので、大変高速な通信を気軽に楽しんでいくことができます。

対応OSもWindowsからMacまで対応しています。また値段も性能と比較しても大変リーズナブルです。長い目でみて大変使いやすい商品ですので、選択肢の一つとして考えてはいかがでしょうか。


PLANEX 無線LAN子機 KATANA

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

この商品は今まで紹介してきた、コンパクトなタイプのUSB接続タイプの無線LAN子機とは異なり、上部に伸びるタイプの商品となっています。これにより、親機から発せられる電波を大変キャッチしやすくなっています。

値段的にもお求めやすい値段ですし、本体に刻印された【刀】の文字はほかの商品にはないオリジナリティがあっていいですね。少し人目のつく場所で使っても問題なく使えます。


I-Oデータ無線LAN子機

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

この商品の特筆すべき点は「アクセスポイント」となる点です。無線lan 子機として普段から使用するかたわら、親機として使っていく機能も有しています。

メーカーも信頼性の高いI-Oデータ性の製品です。値段もリーズナブルで電波をキャッチしやすい、指向性アンテナですので、1台用意しておけば万能に使っていくことができます。

大きいけれど高性能!ハイグレード無線LAN子機

無線LAN子機は、屋外でPCなどを効率的に使っていく商品と思われるかも知れませんが実はそのような用途ばかりではありません。家でテレビなどを無線化させることで、より多くの楽しみ方が可能となります。

大画面で楽しむ映画やコンサート動画などは、休みの日の自分らしい時間を楽しんでいくうえでも大切です。

しかし、安定した機能を求めるには時にはその商品自体のデザイン性やポータビリティ性を損ねることもあります。無線lan 子機に関してもTPOによって異なる商品を選んでいけば、自分の目的に特化した楽しみ方が提案できます。

ここからは自宅で使っていくときに、大きな効力を発揮する無線LANルーターに関して紹介していきます。サイズは若干大きめな商品が多くなりますが、安定した通信環境で大容量データの通信にも十分な商品となります。


TP-Link 無線LAN子機 Archer

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

サイズ的には大きくなっていますが、スペック重視で商品を選んでいくならば問題ない商品です。伸びている2本のアンテナできちんとした電波をキャッチしていきますので、少し親機から離れた場所でも問題なく使っていけます。

またUSB3.0にも対応している商品ですので、今後のPCの買い替えにも十分たえうる製品です。値段や性能を考えても、決して割高と感じられる商品ではありません。大変コストパフォーマンスに優れたおすすめの商品です。


BUFFALO 11nagb 300Mbps 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300C

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

この商品は後で解説するイーサネットコンバータータイプの商品です。家の中の家電がゲームのようなデバイスを含めてどんどんワイヤレス化する中で、この商品を手元に用意しておけば、PCからテレビまでありとあらゆる製品を無線化させることができます。

値段面でもお求めやすい価格で幅広い使い方ができます。単身者ならいざ知らず、家庭でいろいろなかたが使っていくような場合には準備されておくことをおすすめします。


BUFFALO 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ここで紹介する商品もバッファロー社製品です。大変多くの無線LANの規格を網羅していますので、利用できる場所も多く大変使いやすい商品です。形状がアンテナタイプの商品ですので、電波感度も大変良好な商品です。

ビームフォーミングと呼ばれる独自機能で屋内の親機からはなれた場所でも高精度で電波をキャッチしてくれます。値段と機能のバランスを考えても選択肢に入れておいても良い商品かも知れません。

無線LAN子機とは違う?イーサネットコンバータとは

ここまでで、無線LAN子機に関して、具体的な商品も紹介していきながら、みてきました。普段なじみが薄いこのような無線LAN子機ではありますが、意外にも多くの商品が販売されていることがおわかりいただけただのではないでしょうか。

ここから紹介するのはイーサネットコンバータです。この製品も無線LANの本体から、パソコンなどのデバイスに電波をおくるさいに利用します。しかし、物理的な接続方法がUSBタイプの無線LAN子機で直接受信する方法とは異なりますので、ここからは少し詳しく説明していきます。

USBタイプの無線LAN子機がパソコンなどの本体に直接接続することとは異なり、イーサネットコンバータは中継的な役割を果たします。まずは無線LANルーターから発せられる電波をイーサネットコンバータが受信します。

そしてそこから、パソコンなどのデバイスへはLANケーブルを使って通信をおこなうのです。今更ながらLANケーブルの説明ですが、LANケーブルは一般的に水色をしたケーブルで先端が突起がたの商品のことです。オフィスや家庭でも頻繁に見かけるのではないのでしょうか。

このようにイーサネットコンバータは、デバイス側にUSBポートなどの接続方法がなく、LANケーブルの接続が難しいような場合に使用されます。またLANポートの数が多い場合、イーサネットコンバータを選んでいけば、複数のデバイスに対して使っていくことができます。

イーサネットコンバータを選択肢と考える場合でも、無線LANの親機とイーサネットコンバータ間の通信は無線でおこないます。その点からもやはり無線の規格に関してはきちんと理解をすべきです。11aなどの用語の意味は同じです。

後は自分の無線LANの親機と、イーサネットコンバータの無線の規格が同じであることを確認してから購入をしてみてはいかがでしょうか。また形状や大きさに関してもきちんと自分なりの判断の軸を持って商品の購入をしていきましょう。

家やオフィスで使うさいに、大きなサイズのイーサネットコンバータを使用するときには気をつけなければならないポイントもあります。ほかの家電製品が多い家庭の場合、部屋のレイアウトが損なわれ、また配線関係で部屋が乱雑な印象となってしまいます。自分が家でどのような家電をワイヤレスで使っていきたいかを考えたうえでイーサネットコンバータを導入されることをおすすめします。

まとめ

家で無線環境を利用することが当たり前の時代となってきました。パソコンを家で使う家庭は昔からありますが、インターネットが普及し始めたときの主な接続方法は、有線による接続でした。

しかし、スマートフォンやタブレットが急速に普及するプロセスにおいて、無線LANも同時に普及していくようになりました。またそれと並行するようにテレビなどのデバイスもどんどんワイヤレスで楽しめるようになりました。

しかし、デバイスによっては無線をキャッチする機能があらかじめ内蔵されていないような製品もあります。オンラインでコンテンツを楽しめないと諦めるのではなく、是非、一度無線LAN子機対応かどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

本コラムでもいくつかの商品を紹介していきましたが、自分の用途にあわせて選ぶべき商品は異なってきます。接続方法によってもUSBタイプから形状まで、大変多くの選択肢があるのです。お持ちのデバイスのインターフェイスや形状にあわせてまずは、予算などを参考にしていきながら製品を選んでいきましょう。

しかし、ただやみくもに製品を選んでいけばよいというわけではありません。電波には規格が存在します。普段の生活でききなれない言葉ですが、11aや11nなど、通信速度にも大きく関係するこのような用語をきちんと理解したうえで、親機と子機の接続に関しても留意していかなければなりません。

通信関連の機器は難解な用語が多く、素人判断ではとっつきにくいと感じることも多いかも知れません。また数多くある製品の中でどのような製品が一番自分の用途に適しているかも判断に迷う要素です。

このようなときには本コラムで紹介させて頂いた商品を軸に、より専門的な知識を求めるならば最寄りの家電量販店に足を運んで情報を精査されたうえで購入されることをおすすめします。

パソコン修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、くわしくは「生活110番」の「パソコン修理」をご覧ください。

パソコン周辺機器修理はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
パソコン周辺機器修理はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
10投票,  平均評価値:4.4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-24 15:09:31
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_peripherals/129090/
パソコン&周辺機器
パソコンやスマートフォンが世に出てから、長い年月がたとうとしています。情報革命により、私たちの普段の生活は大変大きく変わってきました。今までかかっていた仕事の時間を大幅に短縮させるてくれる画期的な製品として、広く普及しました。また生活に必要な情報や商品が以前までとは、比較にならないスピードで手に入る時代となりました。インターネットは大変便利な反面、使いこなすために必要な知識が多岐に渡ります。通信キ...
シェアリングテクノロジー株式会社

お住まいの地域のパソコン周辺機器修理業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
関東
  • 東京都0
  • 神奈川県・横浜市0
  • 埼玉県0
  • 千葉県0
  • 栃木県0
  • 群馬県0
  • 茨城県0
  • 山梨県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県0
  • 長野県0
  • 静岡県0
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

パソコン周辺機器修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

パソコン周辺機器修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!