生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

bluetoothイヤホンを徹底解剖!お気に入りのものを見つけよう

投稿日:2018-11-16 更新日:2018-11-21

bluetoothイヤホンを徹底解剖!お気に入りのものを見つけよう

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

最近使う人が増えているのが、bluetoothイヤホンです。bluetoothイヤホンは、ケーブルを使わなくても音楽を聴くことや通話をすることができる、非常に優れたイヤホンだといえるでしょう。

近年では機能性も上がっており、さまざまな種類のbluetoothイヤホンが発売されている人気ぶりです。「使い勝手がよさそうだからbluetoothイヤホンにしてみようかな……」と考えている方も多いのではないでしょうか。

このコラムでは、bluetoothイヤホンがどのようなものかについて説明をしていきます。bluetoothイヤホンで得ることができる意外なメリットや注意したい点にくわえ、どれを購入しようか迷ったとき見てほしい、おすすめのbluetoothイヤホンも紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

bluetoothイヤホンの特徴

bluetoothイヤホンにはどのような特徴があるかをご存じでしょうか?bluetoothイヤホンはケーブルがなく見た目がスマートに見えるため興味を持つ方も多いですが、具体的な価格や機能について知っている方は多くないかもしれません。この項目では、購入する際に注目ポイントになるbluetoothイヤホンの特徴やメリット、使用目的などについて説明していきます。

販売価格

bluetoothイヤホンは、非常に値段の幅が広いです。良心的な価格のものであれば3,000円ほどで購入できますが、音質やデータ通信の速度にこだわって選べば、20,000円を超えるものもあります。満足度の高いイヤホンをお求めであれば、相場は10,000円ほどになるでしょう。

使用目的

bluetoothイヤホンに変える方の使用目的は、主に4つあります。もしここに書くことについて悩んでいるのであれば、、bluetoothイヤホンに買い替えるとよいかもしれません。それでは、bluetoothイヤホンを使う主な目的を紹介していきます。

<目的1>ケーブルトラブルを回避するため

ひとつ目の使用目的として挙げられるのが、ケーブルによるトラブルを回避することです。従来のイヤホンは、機器の本体から耳まで音を届けるためにケーブルがついています。イヤホンは音を漏らさずに音楽を聴けたり通話ができたりするので非常に便利ですが、ケーブルがあることによって、絡んでしまうことがよくあるのではないでしょうか。

頻繁にケーブルが絡むことで、線が痛んできて断線をしてしまうことがあります。断線をしてしまうと、音がとぎれとぎれになったり聞こえなくなったりしてしまうため、買い替えが必要になってくるでしょう。

しかしbluetoothイヤホンであれば、ケーブルを使わないため、断線の心配も不要です。「ケーブルが絡まって煩わしい」と感じる方や「断線による買い替えをもうしたくない」と思う方は、bluetoothイヤホンに変えることで悩みを解消できるかもしれません。

<目的2>タッチノイズを回避するため

ふたつ目の使用目的は、タッチノイズの回避です。タッチノイズとは、ケーブルが服などに擦れて、ノイズが生じてしまうことです。通話をしているときにノイズが聞こえてくると、煩わしく感じる方も多いのではないでしょうか。

bluetoothイヤホンであればケーブルがないので、タッチノイズが生じることもありません。比較的ノイズがない状態で通話や音楽を楽しむことができるでしょう。

<目的3>充電と音楽を同時に行いたいため

3つ目の使用目的は、充電と音楽を聴くことが同時におこなうことが挙げられます。

iPhone7よりあとの機種ではイヤホンと充電ケーブルをさす場所が同じであるため、音楽を聴くことと充電を同時に行うことは困難です。「iPhone7が欲しいけれど、音楽か充電のどちらかしかできないのは嫌だから購入しないでおこう」と考えている方も少なくないのではないでしょうか。

bluetoothイヤホンであれば、ケーブルが不要なため、充電をしながらbluetoothイヤホンで音楽を楽しむことができます。iPhone7への買い替えも心置きなくできるでしょう。

<目的4>スマートフォンが遠くても音が聞こえるようにするため

4つ目の使用目的は、遠い場所でも音を聞こえるようにするためです。bluetoothイヤホンは無線でデータを発信・受信することができる「bluetooth」という機能を使うことで、ケーブルがなくても音を耳まで届けることが可能です。

そのためスマートフォンが近くにない状態でも音を聞くことができます。たとえば、家事をしていて手元にスマートフォンを置いておけないという場合には非常に便利なのではないでしょうか。

機能

bluetoothイヤホンはものによって機能が違います。音楽を聴くことができる機能、電話をする機能など、機能はさまざまです。

そのため購入する前には、自分が使う機能に応じてbluetoothイヤホンを選ぶ必要が出てきます。そこで購入前に機能のチェックができるように、どのような機能かについて定めた「プロファイル」について説明をしていきます。

【プロファイルの種類】

A2DP
Advanced Audio Distribution Profileを省略してA2DPと呼びます。ハイクオリティな音を聴くための機能です。接続先の機器がA2DPに対応してなければ利用することはできませんが、ほとんどの携帯電話はA2DPに対応しています。不安に感じる方は、念のため確認をしてみるとよいでしょう。

AVRCP
Audio Video Remote Control Profileを省略してAVRCPと呼びます。再生や停止といった、音楽を聴くときに音をコントロールする機能がこのAVRCPです。再生や停止以外にも、スキップ、一時停止、早送り、音の大きさの調整などができます。A2DPとセットであることが多いです。

HSP
HeadSet Profileを省略してHSPと呼びます。通話の音などをヘッドセットに届ける機能を持っています。音はモノラルで届くため、右と左で違う音が出るようになっています。

HFP
Hands Free Profileを省略してHFPと呼びます。名前にハンズフリーとあるとおり、ハンズフリーで電話の発信や受信ができるようになっています。bluetoothの機能がついているスマートフォンにはほとんどこのプロファイルに対応しています。

bluetoothのバージョン

bluetoothイヤホンは、イヤホンによってbluetoothのバージョンが異なります。バージョンにより、速度や使う電力が異なってくるため、購入するときはbluetoothのバージョンがどれにあたるのかを検討するとよいかもしれません。

<バージョン1.0>
1999年に発表された、一番最初のbluetoothのバージョンです。

<バージョン2.0>
バージョン1.2の約3倍の速さでデータを送ることができるバージョンです。

<バージョン3.0>
今までの速度と比べて、約8倍の速さでデータを送ることが可能になったバージョンです。

<バージョン4.0>
2009年に発表された多くのプロファイルに対応できるように改良されたバージョンです。たくさんのプロファイルに対応するだけでなく、省電力もできます。

<バージョン5.0>
バージョン4.0と比べて速度が2倍になっています。

以上のように、バージョンの数字が1違うだけでもスピードや性能が格段に違うことがわかります。通信速度は使用時の快適性に大きくかかわるため、購入の事前にバージョンの違いは把握しておくと比較が楽でしょう。

コーデック

音をbluetoothの電波で送るときに、音声データを圧縮する必要があります。圧縮したときに使う方式の名前をコーデックと呼び、どのコーデックを選ぶかで音質が異なってきます。

ただし、イヤホンと機器の両方に対応したコーデックでないと使うことができません。機器に合ったコーデックのイヤホンを購入することで、高音質を楽しむことができるでしょう。

電波の届く距離

「bluetoothイヤホンを買いたいけど、どれくらいの距離まで電波が届くんだろう」と疑問に思う方も多いでしょう。bluetoothイヤホンの電波が届く距離は、「Class」によって分けられています。

Class3では、電波が届く距離は1メートルですが、Class2では10メートルになり、Class1では100メートルという規模の大きさになります。

数字がひとつ違うだけでも距離が10倍変わってくるのには驚いてしまいますよね。このClassを見るときに注意しなければならないことが、機器とbluetoothイヤホンでClassが違う場合です。

せっかくClass3のbluetoothイヤホンを購入しても、スマートフォンなどの機器側がClass2では、Class2の距離まで電波は届きません。距離が短いほうに合わせてClassは決定されてしまいます。

現在の主流はClass2であるため、Class3であるbluetoothイヤホンの購入を検討されている方は、お使いの機器がClass3であるかどうかをご確認のうえ、購入するとよいでしょう。

マルチポイント機能

bluetoothイヤホンには、マルチポイント機能が備わっています。マルチポイント機能とは、ひとつのイヤホンを複数のデバイス機器に接続するものです。イヤホンとデバイス機器を接続できるようにする「ペアリング」を行うことによってイヤホンが使用できるようになるのですが、このペアリングを複数のデバイスと行うことで、ひとつのイヤホンで複数のデバイスと接続できるようになるのです。

たとえばiPadで音楽を聴いているときにスマートフォンから着信がくると、通常であればイヤホンを付け替えなくてはいけません。しかしマルチポイント機能を活用することで、イヤホンを付け替えることなくデバイスの切り替えができるようになるのです。

デバイス機器をいくつも持っている方であれば非常に便利な機能ではないでしょうか。

このように、bluetoothイヤホンはさまざまな特徴を兼ね備えています。少々難しい用語が並びがちですが、購入するときにこれらの特徴を押さえておかなければ自分に合ったイヤホンを選ぶことができないおそれがあります。

イヤホンは長期間使うものであるため、希望通りでないイヤホンを購入してしまっては辛い気持ちになってしまいますよね。自分はどういったイヤホンがいいのかをあらかじめ確認したうえで、購入を検討することをおすすめします。

bluetoothイヤホンの特徴

bluetoothイヤホンの注意点

bluetoothイヤホンは、ケーブルを使わなくても音を聞くことができて非常に便利です。しかし、ケーブルがないことによって不便になってしまうこともあります。

注意点は、人によって大したことに感じないこともあれば、非常に重視している場合もあります。注意点を紹介していくので、bluetoothイヤホンの機能性と注意点を加味したうえで、自分に合うかどうかを検討していきましょう。

充電を頻繁に行わなくてはいけない

bluetoothイヤホンは、イヤホン自体の充電も必要です。bluetoothイヤホンは最大でも8時間ほどしか使うことができず、短ければ3時間ほどで充電が切れてしまうこともあります。もしうっかり充電を忘れてしまえば、イヤホンを使うことができなくなってしまうため注意が必要です。

音質が劣ってしまうことがある

機器の本体と、bluetoothイヤホンの通信速度やコーデックが違うことで、音質が悪くなってしまうことがあります。コーデックとは音声を圧縮したり伸長したりする機能のことです。

しかし、新しいbluetoothイヤホンでは音質がよいものも出ているため、音質にこだわりたい方でもbluetoothイヤホンを使用することができるでしょう。

音が途切れやすい

bluetoothは電波によって音を送っているため、電波が多い環境だと音が途切れてしまうことがあります。また、充電が残り少なくなってしまうことでも通信状況が悪くなり、音が飛んでしまうおそれがあるので注意してください。

bluetoothイヤホンは、優れたメリットがある反面、デメリットも生じてしまいます。ケーブルによるトラブルを回避できますが、同時に音質が悪くなってしまうといったことも起こりがちです。bluetoothイヤホンのメリットとデメリットを加味したうえで、ケーブル付きのイヤホンとどちらがよいかを考えるといいかもしれません。

bluetoothイヤホンの注意点

【完全独立型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

完全独立型とは、ケーブルが全くついていないbluetoothイヤホンのことです。耳栓をするような感覚で、イヤホンをつけることができます。一切ケーブルがついていないため、垂れているコードを煩わしく感じることもなく、快適な気分で音楽を聴いたり通話をすることができます。

完全独立型でおすすめのbluetoothイヤホンをピックアップしたので、順にご紹介をしていきます。ケーブルがまったくないイヤホンを希望される方は、確認してみると自分に合ったイヤホンが見つかるかもしれません。


・アップル(Apple) AirPods MMEF2J/A
【完全独立型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

bluetoothイヤホンといわれてこの商品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。iPhoneやiPad、MacBookやapple watchといったAppleで発売されている製品であれば、対応しているbluetoothイヤホンです。

加速度と光を利用した特別なセンサーにより、イヤホンの着脱を認識してくれます。センサーを利用することで、耳に着用すると音楽が流れはじめ、外すと音楽が止まるようになっています。わざわざ自分で再生や停止を操作しなくても、自動で音楽が流れてくれるのは非常に便利ですよね。

音楽を聴くときだけでなく、通話でも加速度を感知して周りのノイズを消してくれる機能を持っています。音楽だけでなく、通話でも快適にイヤホンを使用できるところが魅力的でしょう。

また、充電ケースも存在しており、1回の充電で5時間という長時間の利用が可能です。充電ケースは複数回使用することができるため、充電ケースを持っていることで1日中 bluetoothイヤホン
を利用することができます。

Appleの有線イヤホンと似たようなイヤホンなので、今までappleの有線イヤホンを使用していた方であれば馴染みやすい商品なのではないでしょうか。


・[Bluetooth5.0進化版] 72時間連続駆動 IPX7完全防水 BluetoothイヤホンBluetoothイヤホン 完全 ワイヤレス イヤホン Pasonomi ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 自動ON/OFF 高音質 充電ケース付き タッチ式 マイク付き Siri対応 左右分離型 両耳 iPhone Android 対応
【完全独立型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

最新のbluetooth5.0が利用できる最先端bluetoothイヤホンです。音質の面でも非常に優れており、高音質であるAACオーディオのも対応できるようになっています。ステレオサウンドで音が届くため、音楽を聴くときでも臨場感のある音を楽しむことができるでしょう。

また、雨が降ったときでも気軽に使うことのできる完全防水機能付きです。万が一水たまりに落としたということがあっても、故障して買い替えるというトラブルを防ぐことができるでしょう。ランニングなどの運動中に汗をかいても問題なく使用できるため、非常に魅力的ですね。

つけ心地にも優れており、人体の構造に基づいて、振ってもイヤホンが外れにくいような仕組みになっています。耳に上手にフィットするでしょう。


・ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900 : Bluetooth対応 左右分離型 防滴 防塵 4GBメモリ内蔵 2018年モデル ブラック WF-SP900 BM
【完全独立型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

中には「外の音をシャットアウトしてくれるのはいいんだけど、必要なアナウンス音まで聴き取れなくなって困る……」という悩みをお持ちの方もいるでしょう。外の音が聞き取れなくて困っているというトラブルに対応できるように、このbluetoothイヤホンでは外の音を取り込む機能がついています。

この機能はオンオフで切り替えることができるため、必要に応じて使用するとよいでしょう。音に集中したいときと、外に気を配りたいときで使い分けをすることができるため非常に便利です。

また、ファッション性にも優れていることが特徴です。黒色・黄色・白色の三色があるため、ご自身のファッションに合った色を選ぶことができます。服に合わせて選びたい方や、自分の好みの色を購入したい方には非常におすすめです。


・Jabra Elite Active 65t コッパーブルー 北欧デザイン Alexa対応完全ワイヤレスイヤホン BT5.0 マイク付 防塵防水IP56 2台同時接続 2年保証 【国内正規品】
【完全独立型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

北欧でデザインされた、ネイビーカラーでおしゃれなbluetoothイヤホンです。右耳に着用するイヤホンの中心部を押すと、アシスタントを呼ぶことができます。非常にスマートな使い方ができるでしょう。

専用アプリである「Jabra Sound+」を利用することで、音源を自由に調整することができます。たとえば、プロファイルのカスタマイズやバッテリーの残量の確認、アシスタントを選ぶことも可能です。アプリがアップデートされることでイヤホンの性能もより向上し、イヤホンがどんどん新しくなるでしょう。

防水機能だけでなく防じん機能も備えているため、シャワーやプールといった今まででは使うことのできなかった環境でも使用することができます。


【左右一体型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

左右一体型とは、イヤホンとイヤホンが短いケーブルでつながっているタイプのものです。bluetoothイヤホンの中でもっとも使われているタイプだといわれています。

左右一体型は、非常に種類が多く、自分の希望価格や性能に応じて自由に選ぶことができます。こだわりがある方であれば、左右一体型から探すと希望に沿ったものが見つかるかもしれません。

また、ケーブル部分に音量を調整できるコントロール機器がついていたり、マイクがついているものもあるため使い勝手がよいかもしれません。この項目では、左右一体型のbluetoothイヤホンを4点選んだので、ご紹介していきます。


・Anker SoundBuds Slim Bluetoothワイヤレスイヤホン(カナル型)【マグネット機能 / 防水規格IPX4 /内蔵マイク搭載】 iPhone、Android各種対応 (ブラック)
【左右一体型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

利用できる時間が非常に長いことが特徴のイヤホンです。
bluetoothイヤホンは、短ければ3時間ほどで充電が切れてしまうものもあります。しかしこのイヤホンであれば、充電をしなくとも連続で7時間利用することができるのです。ほかのイヤホンと比較すると、倍ほどの時間連続で利用できることは非常に魅力的ですよね。

「左右一体型のイヤホンってコードがついてるし、有線のときみたいに絡まりそう……」と不安に感じる方もいると思います。しかし、こちらのイヤホンは絡まることを防止するために、付属のポーチにマグネットがついています。付属のポーチにイヤホンを入れることで荷物とイヤホンが絡まることを防いでくれるでしょう。


・ARKARTECH T6 イヤホン イヤフォン ハイレゾ 高音質 重低音 hi-res 有線 マイク付き カナル型 リモコン ノイズキャンセル 遮音 ジャック 携帯 スマホ PC ジム スポーツ androidに対応 T61
【左右一体型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

こちらのイヤホンは、音が原音に近いことが特徴です。原音に近い音が出る秘密は、音質において非常に重要である「ドライバー」が握っています。
ドライバーとは、イヤホンで音を出す役割を持っている部分のことです。機器から発信された音の信号を、ドライバーで振動に変化させることで、耳が音を受け取り音として聞こえるようになります。

このイヤホンは高音域用と低音域用にふたつのドライバーが搭載されています。ふたつのドライバーを使ってバランスよく音を流すことによって、臨場感のあふれる音を再現することができるのです。

コードがイヤホンについていると、断線してしまうことに不安を感じてしまいますが、従来のコードよりも丈夫にできているため、引っ張りに対する耐性も強いです。「せっかく買ったのにすぐに断線してしまった」というトラブルも少ないでしょう。


・【 AAC & aptX 上位 高音質コーデック対応 】高遮音性 BluetoothイヤホンBluetoothイヤホン 有線でも使える (JPRiDE) JPA2 MK2 [1年保証] クリアな高音質 6時間連続 トラベルポーチ付 マグネット搭載 IPX4 防水 ブルートゥース 両耳 ワイヤレスイヤホン CVC6.0 ノイズキャンセリング マイク付 ハンズフリー通話 iPhone 対応 (黒 有線モード & AAC & aptX 対応)
【左右一体型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

状況によっては、「通話をしたいから音のズレが少ない有線イヤホンで音を聞きたい」「音楽を聴くときは圧縮されていない音が聞きたい」といったこだわりが出てくるのではないでしょうか。そんな方にピッタリなイヤホンがこちらです。

こちらのイヤホンでは、有線にすることができることが特徴です。ほかのイヤホンとは少し異なり、有線と無線を切り替えることができます。状況によって使い分けたい方におすすめのイヤホンです。

また、イヤホンのみで音を操作することが可能です。イヤホンのコード部分に、ボリューム調節や再生を操作できるコントロール機器がついており、気軽に調節することができます。そのため、音量を調節するためにスマートフォンを取り出して操作をするといった手間も省くことができるでしょう。


・【防水進化版 IPX6対応】SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus BluetoothイヤホンBluetoothイヤホン 10MMドライバー搭載 高音質 [メーカー1年保証] 低音重視 8時間連続再生 apt-Xコーデック採用 人間工学設計 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン IP6X防塵 ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン (ブラック)
【左右一体型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

音質が非常によく、音の遅延も少ないといわれているapt-Xコーデックに対応できるイヤホンです。コーデックは、イヤホンが対応しているものでないと、聴くことができません。音質にこだわりたい方であれば、高音質を聴くことができるコーデックに対応しているイヤホンは嬉しいのではないでしょうか。

音楽の音質を高めるだけでなく、ノイズキャンセリング機能によって通話時の相手の声も聞き取りやすくなっています。音楽も通話も快適に楽しむことができるでしょう。

【ネックバンド型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

ネックバンド型とは、首周りにU字型のバンドが装着できるようなタイプです。バンドの先端からケーブルがつながっていて、耳にイヤホンがはめれるようになっています。バンドでしっかりと固定されるため、少しの振動では外れづらいようになっています。ジョギングやスポーツの練習にイヤホンを使用する方は、ネックバンド型を使うとよいかもしれません。

また、バンド部分にバッテリーが搭載されているものもあるため、ほかのbluetoothイヤホンと比べて再生時間が比較的長いことが特徴です。

以下におすすめのネックバンド型bluetoothイヤホンを紹介しているため、興味のある方は見てみるとお気に入りのbluetoothイヤホンが見つかるかもしれません。


・ソニー SONY ワイヤレスイヤホン h.ear in 2 Wireless WI-H700 : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大8時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル トワイライトレッド WI-H700 R
【ネックバンド型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

色が5種類ある、バリエーション豊かなイヤホンです。自分好みの色が選べるため、自分のファッションに合わせてイヤホンを選ぶことができます。

また、ケーブルをバンド部分から取り外してクリップでまとめること、スマートに収納することができるようになっています。全体の総量は40gほどと非常に軽く、持ち運びも楽々できます。デザイン性を重視する方や、装着性を重視する方には非常におすすめです。


・Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン
【ネックバンド型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

このイヤホンでは、ノイズの音を調節することができます。たとえば、外の音も聞こえるようにしたいような場合は、ノイズ音を調整することでちょうどよい大きさになります。状況に応じてノイズキャンセリングのレベルを変えることで、イヤホンを快適に楽しむことができるでしょう。ただノイズ音を消すだけでなく、ノイズ音の大きさを調節するという新しい技術が体感できます。

また、人間の構造に基づいて、首にしっかりとフィットするように設計されたネックバンドも魅力のひとつです。ネックバンド自体も、やわらかい素材のものが使われているため、長い時間使っていてもさほど負担に感じないのではないでしょうか。


・PHILIPS SHQ4300 イヤホン カナル型 防水 ホワイト/オレンジ SHQ4300OR 【国内正規品】
【ネックバンド型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

こちらのイヤホンは、運動時に優れた設計になっています。防水に優れた素材を使用しているため、雨や汗に強いイヤホンとなっています。

激しい運動をしているときであれば、ネックバンドがぶらついて煩わしく感じることを心配される方もいらっしゃるかもしれません。そのようなときに備えて、バンドがぶらつかないようにクリップで固定できるような仕組みになっています。

また、重さは11.4gという驚きの軽さです。運動をしているときであれば、体に何かを装着していると負担に思えがちですが、この重さではさほど気にならないでしょう。ランニングや、スポーツの練習をするときに音楽を楽しみたい方に非常におすすめのイヤホンです。


・【 12時間連続 AAC & aptX 上位コーデック対応 】5つの音色切り替え可能 ~ 高音質 BluetoothイヤホンBluetoothイヤホン (JPRiDE) 412 大口径 10mm HD ドライバ 搭載 iPhone対応 着信バイブレーション付ネックバンド – IPX4 防水 CVC6.0 マイク内蔵 ハンズフリー通話 技適認証済 (AAC APT-X コーデック 対応 黒)
【ネックバンド型】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

イコライザ切り替え機能という、音色を切り替えることができる機能がついています。切り替えのモードは5種類あり、ロック調な音や、しっとりとした音色に変化させることができます。ひとつの音楽で5つの音楽を楽しむことができて、今までにはない楽しみ方ができることが魅力です。

イヤーピースの種類が豊富なこともポイントです。イヤーピースは、4種類あり、イヤホンの使用するシチュエーションや、好みの音質によって選ぶことができます。

また、ネックバンドにはスマートフォンと同様にバイブレーション機能を搭載しており、着信があっても気づくことができるような仕組みになっています。仕事で重要な電話がかかってくるようなかたであれば、バイブレーション機能が役立ってくれるでしょう。

【片耳イヤホン】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

片耳にだけ着用するタイプのbluetoothイヤホンです。イヤホンが片側だけであることから、音楽や通話をしながら別の作業をすることができます。「周囲に気を配りながら音楽を聴きたい!」といったようなケースにはぴったりです。外のアナウンスを聞きたいとき、育児で赤ちゃんの声に反応したいとき、料理中で沸騰音を聞き取れるようにしたいときなど、音を楽しみながら周りを察知することができます。

おすすめの片耳イヤホンをまとめたので、スマートに音楽も通話も楽しみたいという方や、周囲に気を配りながらイヤホンをしたいという方はぜひご覧ください。


・FOCUSPOWER F10 Bluetooth V4.1 ヘッドセット 軽量ミニ型 ブルートゥース イヤホン ワンボタン ワイヤレス マイク内蔵 片耳  高音質 iPhone&Android対応 ブラック 6時間連続再生 日本語音声ガイド&日本語マニュアル 18ヶ月保証付き
【片耳イヤホン】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

 

「電源のオン・オフ」「アシスタントの起動」「音楽の再生・停止」「通話の応答・終了」「リダイヤル」などの機能が、ボタンひとつで操作できるようになっています。操作は、ボタンを何秒押したかで決定できるようになっているため、シンプルな操作でさまざまな機能が使えるようになっています。

充電は、マグネット式USB充電器でできるようになっています。イヤホンだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、多数のデバイス機器を持っていると、充電ケーブルも増えてしまって大変です。マグネット式USB充電器であれば、ケーブルがない仕組みの充電器であるため、管理も楽なのではないでしょうか。


・ZEN 2017年発売 小型 水泳可能 ブルートゥース ワイヤレス イヤホン bluetooth 防水 高音質 ip68 お風呂 水泳 スポーツ 片耳 マイク スマホ iphone android pc イヤフォン DSP音楽通話 水泳アクセサリー付き ブラック 【6ヶ月保証/日本語説明書あり】
【片耳イヤホン】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

 

イヤホンでよくあるトラブルとして「服のポケットに入れっぱなしにして、洗濯してしまった」ことが挙げられるのではないでしょうか。こちらのイヤホンでは、洗濯をしてしまっても壊れないよう、防水に対して非常に優れている機能を持っています。

そのため、水中などでの使用にも強く、水中専用アクセサリーを着用した状態であれば2時間ほど連続での使用が可能です。

また、温度差にも強く、低くてマイナス10度、高くて60度まで対応できるようになっています。もし頻繁に海外へ行くような方であれば、気温差に対応できるイヤホンを使うと、温度の変化によるトラブルを防ぐことができるかもしれません。


・SOL REPUBLIC 完全ワイヤレスイヤホン AMPS AIR Bluetooth SBC 対応 最大45時間再生 スマホ充電約1回可能 18,650 mAh フルワイヤレス ゴールド SOL AMPS AIR GLD 【国内正規品】
【片耳イヤホン】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

bluetoothイヤホンの難点として、充電の必要があるため、連続使用時間が短いことが挙げられます。しかしこのイヤホンでは、短い使用時間をカバーするために専用の充電ケースが存在するのです。

ケースの前面にはバッテリーの残量が確認できるようになっており、ケースにしまうことで充電ができるような仕組みです。ケースにしまうと自動的に充電がされるようになっており、ケースから外したときは自動的に充電がされるようになっています。充電可能回数は15回と多めで、旅行に行くときでも安心してイヤホンが利用できるでしょう。

充電のわずかな手間が省けるようになっているため、細かい作業が面倒に感じてしまう方には非常に便利な機能なのではないでしょうか。


・[70時間音楽再生] Bluetoothイヤホン 片耳 ブルートゥース ワイヤレス 超小型&軽量 Hi-Fi 高音質 充電式収納ケース付き マイク内蔵 自動ペアリング iPhone/Android適用 運動イヤホン(ブラック)
【片耳イヤホン】bluetoothイヤホンのおすすめ4つ

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

充電面において優れていることが特徴のイヤホンです。付属のワイヤレス充電ボックスでは、フルで充電するためにかかる時間が30分と、非常に速いペースで充電をすることができます。頻繁に充電をしなければならないぶん、充電時間が短いことは快適性に大きく響くでしょう。

充電ボックスを駆使すれば、70時間音楽を聴くことも可能です。ほかのイヤホンと比べても、非常に長い時間イヤホンを利用することができます。

また、サイズも非常にコンパクトであるため、イヤホンを装着していることがさほど目立たないようになっています。主さも4gしかないため、気軽に装着をすることができるでしょう。

イヤーピースも、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズがあり、自分の耳に応じたものを選ぶことができます。運動などの揺れが生じるときでも、自分に合ったイヤーピースを選ぶことで、ズレ落ちることを防いでくれるでしょう。

まとめ

bluetoothイヤホンといっても、イヤホンごとに機能性は大きく違ってきます。イヤホンの耐久性なども購入するときに検討した方がよいポイントのひとつですが、bluetooth自体もイヤホンによって異なります。bluetoothのバージョンやClassで速度や届く範囲は非常に変わってくるため、購入するときは気をつけて選ぶようにしましょう。

また、bluetoothイヤホンには「完全独立型」「左右一体型」「ネックバンド型」「片耳イヤホン型」の4つがあります。ネックバンド型であれば運動をするとき、片耳イヤホン型であれば通話をするときなど、それぞれのタイプごとに得意な場面があります。どのようなときにbluetoothイヤホンを使用するかで、購入するタイプを決めてもよいでしょう。

音質、再生ができる時間、重さ、防水機能など見るべきポイントはたくさんあります。種類も非常にあるため、結局どのイヤホンを選ぶべきか迷ってしまう方も多いでしょう。購入で迷ったときに、このコラムを参考にしていただければ幸いです。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ことね
家で飼っているペットのブログを始めたのがきっかけで、ライターの道へ!もともとパソコン関連の趣味もあるため、ペット・パソコン関係の記事を担当することが多い。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-21 15:34:55
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_peripherals/124104/
パソコン&周辺機器
最近使う人が増えているのが、bluetoothイヤホンです。bluetoothイヤホンは、ケーブルを使わなくても音楽を聴くことや通話をすることができる、非常に優れたイヤホンだといえるでしょう。近年では機能性も上がっており、さまざまな種類のbluetoothイヤホンが発売されている人気ぶりです。「使い勝手がよさそうだからbluetoothイヤホンにしてみようかな……」と考えている方も多いのではないでしょうか。このコラムでは、bluetoothイ...
シェアリングテクノロジー株式会社

お住まいの地域のパソコン周辺機器修理業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
関東
  • 東京都0
  • 神奈川県・横浜市0
  • 埼玉県0
  • 千葉県0
  • 栃木県0
  • 群馬県0
  • 茨城県0
  • 山梨県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県0
  • 長野県0
  • 静岡県0
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
  • 広島県0
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

パソコン周辺機器修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

パソコン周辺機器修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!