生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXの電波が悪い!アンテナが立たない!3つの原因と7つの改善方法を解説

投稿日:2020-10-21 更新日:2020-10-30

WiMAXの電波を改善させる方法

「WiMAXの電波はつながりにくいって聞くけど本当?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

WiMAXに限らずポケットWiFiは空気中に飛ばした電波を利用して通信しています。

そのため、WiMAXの電波が他の電波や障害物に邪魔をされることによって、つながりにくくなることがあるのは事実です。

そうなると「WiMAXの電波がつながりにくくなったらどうすればいいの?」と不安に思う人もいますよね。

でも大丈夫です。

WiMAXの電波のつながりやすさは意外と簡単な方法を試すだけで改善できる場合も多いんですよ。

この記事では、WiMAXの電波が悪いと感じたときにできることや電波がつながりにくくなる原因とすぐにできる対処方法をご案内しています。

WiMAXの電波のつながりやすさを改善させる方法を覚えて、どんなときでも快適な通信を楽しめるようになりましょう!

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

WiMAXの電波が悪いと感じたら

「『WiMAXの速度が遅いけど、速度制限かな?』と思って調べてみたところ、速度制限ではなかった」という経験のある人もいるのではないでしょうか。

WiMAXの通信速度が遅いと速度制限を疑いたくなるかもしれません。

しかし、WiMAXの通信速度が落ちる原因にはさまざまなものがあるんです。

その中には「WiMAXの電波の状況が悪く(つながりにくく)なっている」というものもあります。

そのため、「いつもよりWiMAXの通信速度が遅い」と感じた場合はWiMAXの電波の状況を確かめてみるとよいでしょう。

WiMAXの電波の状況を確かめるためにチェックするべきは次の2点です。

  • アンテナの本数
  • 対応エリア圏内か(モバイルルーターの場合)

アンテナの本数

アンテナの本数は、モバイルルーターの場合は端末の液晶画面で、ホームルーターの場合は「アンテナランプ」の点灯数で確認できます。

アンテナ本数の見方

アンテナ本数が1本しかなかったり圏外の表示が出ていたりする場合は、電波がつながりにくくなっています。

また、ホームルーターの場合は「Statusランプ」がオレンジ色や赤色で点灯したり点滅していたりするのは、何らかのエラーが発生しているサインです。

とはいえ、「アンテナが全部立っているのに遅い」という人もいますよね。

そうしたときは別に原因があるかもしれません。

WiMAXが遅くなる原因についてはこちらの記事でまとめています。

電波のつながりやすさ以外の原因が疑われる場合の参考にしてくださいね。

対応エリア圏内か

お使いの機種がモバイルルーターの場合、「使っている場所が対応エリア圏内か?」というのも大事なポイントです。

なぜなら、あとでお伝えするように、WiMAXは対応エリアギリギリの場所だと電波が不安定になることがあるからです。

そのため、外出先でモバイルルーターを使っていて電波が悪くなった場合は、「今使っている場所が対応エリア圏内であるのか」を確認してみるとよいでしょう。

参考:WiMAXのサービスエリアマップ

WiMAXの電波の仕組みと繋がりにくくなる原因

WiMAXなどのポケットWiFiは以下のような仕組みでつながっています。

ポケットWiFiがつながる仕組み

そのため、WiMAXの電波がつながりにくくなる可能性があるのは「基地局~WiMAX端末までの間」と「WiMAX~スマホ・パソコンまでの間」の2通りが考えられます。

    基地局~WiMAX端末までの間

  • 電波が障害物に邪魔されている
  • 利用場所が対応エリア内ギリギリ
    WiMAX~スマホ・パソコンまでの間

  • 電波干渉が起こっている

では、それぞれ何が理由なのかを知っておきましょう。

電波が障害物に邪魔されている

WiMAXに限らずポケットWiFiは基地局から発信された電波を受信することで通信をおこなっています

WiMAXの電波はスマホで利用されているLTE回線よりも周波数の高いものを使用しています。

周波数の高い電波は通信速度が速いので、WiMAXは高速通信が可能なんです。

ところが、周波数の高い電波は障害物に遮られやすくなるという弱点があるんです。

そのため、WiMAXの基地局と端末の間に高層ビルがある場合などでは、WiMAXの電波が高層ビルに跳ね返されたり弱められたりしてしまいます。

その結果、「WiMAX端末が受け取れる電波が減ってしまっている」というわけです。

利用場所が対応エリア内ギリギリ

では、WiMAXの基地局から端末までの間に障害物になるようなものがないなら大丈夫かというと、そんなことはありません。

WiMAX端末を利用している場所が対応エリア内ギリギリである場合もまた電波がつながりにくくなる可能性があります

その理由もまた電波の性質に理由があります。

WiMAXの電波は周波数が高くて通信速度が速いものの障害物に弱いことはすでにお伝えしたとおりです。

じつは周波数の高い電波にはもうひとつ弱点があります。

それは、「届く距離が短くなる」ことです。

要するに、一番近くの基地局まで距離が離れている場合だと、「WiMAXの電波が端末まで届くかどうか」という状態になる可能性もあるということです。

その結果、電波のつながりやすさが不安定になりやすいんですね。

ちなみに、「対応エリアのど真ん中であるなら問題ないのか?」というと、トンネルや地下、建物内の奥まった場所では接続が不安定になることがあります

そのため、モバイルルーターを利用していて電波の状態の悪さが気になるのであれば、一度今いる場所が対応エリア内であるかを確認しましょう。

電波干渉が起こっている

「WiMAXがきちんと電波を拾えているのに、WiMAXにつないでいるスマホの通信が安定しない」という場合はWiMAXからスマホの間で問題が起こっている可能性が考えられます。

WiMAX・通信端末間の問題で代表的なものには電波干渉が挙げられます。

WiMAXはスマホなどの通信端末とはWiFiやBluetoothといった短距離向きの電波で通信をおこなっています。

WiMAXは2.4GHzもしくは5GHzのWiFiを利用できます。

ところが、2.4GHzという周波数はWiMAX以外にもさまざまな電気製品で利用されているんです。

そのため、2.4GHzWiFiを利用しているWiMAXの近くで2.4GHz帯の周波数を使う電気製品を利用するとWiMAXのWiFiと電気製品の2.4GHz帯とがぶつかって、電波がつながりにくくなることがあります。

すぐできる!電波を改善する7つの方法

WiMAXの電波が悪く(つながりにくく)なる原因がわかれば、いざというときの対処法も知りたいですよね。

WiMAXの電波の状態を改善させるために有効な方法は次の7つでしょう。

  • 再起動
  • Wi-Fi周波数のチェック
  • ファームウェア更新
  • 建物が密集していない場所で使う
  • 屋内では置き場所を工夫する
  • クレードルを利用する
  • パラボラアンテナを自作する

それぞれ何をすればいいのかを把握しましょう。

再起動

WiMAXの電波の状態が急に悪くなった場合には、WiMAX端末自体に何か不具合が発生した可能性も考えられます。

WiMAXの端末自体の不具合が疑われる場合は再起動させてみると良いでしょう。

なぜなら、WiMAXに限らず電子機器では再起動させることによって発生している不具合が自然解消されることが多くあるからです。

そうはいっても、不具合の種類によっては再起動では解決できないものもあります。

試しに再起動したものの、状況が改善しないという場合は次の手段を試しましょう。

Wi-Fi周波数のチェック

WiMAXの電波の状態が悪くなった理由には電波干渉の発生も考えられます。

そのため、「今自分が何GHzのWiFiを使っているのか」ということを確かめておくのも大切です。

WiMAXが利用しているWiFiの周波数は2.4GHzあるいは5GHzです。

この2つはどちらもマイクロ波と呼ばれる電波の1種ですが、2.4GHzの周波数帯はさまざまな電気製品でも利用されています。

そのため、WiMAX端末と2.4GHz帯を利用する電気製品が近い場所にある場合は電波干渉の発生に気を付ける必要があります。

WiMAXのWiFiを2.4GHzで利用しているのであれば、管理画面でチャンネル(周波数帯内のより細かな接続設定)が何番であるのかを確認しておきましょう。

もしも近い番号のチャンネルを使っている製品がある場合は、4~5番離れたチャンネルに切り替えると電波干渉の不安なくWiMAXを使っていけるはずですよ!

ファームウェア更新

端末の不具合を解消する方法は再起動だけではありません。

ファームウェアというWiMAXのOSのようなプログラムを更新することでも端末の不具合の解消が可能です。

WiMAXのファームウェアの更新は端末に通知されるようになっています。

ファームウェア更新の通知は管理画面で確認できるので、こまめに確認するようにしておくと、いざというときも慌てずに済むでしょう。

建物が密集していない場所で使う

外でモバイルルーターを使っているのであれば、建物が密集していない開けた場所で使ったほうがつながりやすくなります

なぜなら、WiMAXの電波は直進する性質があり、障害物があるとつながりにくくなるためです。

屋内では置き場所を工夫する

モバイルルーターでもホームルーターでもWiMAXを屋内で使う場合は「置き場所」が重要となります。

なぜなら、屋内では建材や家具・電気製品など通信時の障害物となるものが数多くあるからです。

置き場所としておすすめなのは次の3ヵ所と考えられます。

  • 家の中心……WiMAXのWiFiは端末から同心円状に発信されるから
  • 高さのある場所(例:机の上など)……周りに高さのある障害物(たとえば箪笥)があっても電波が遮られにくくなるから
  • 窓のそば……ガラスは比較的電波を遮りにくい素材だから

なお、WiMAXなどのポケットWiFiの電波がしっかり届く距離は屋内では10mほどといわれています。

そのため、WiMAXの設置場所だけでなく設置場所から接続したい通信端末の距離にも注意を払っておきたいといえるでしょう。

クレードルを利用する

WiMAXにはクレードルという充電台兼補助アンテナとして利用できる専用周辺機器があります。

クレードルにはアンテナパーツが組み込まれているので、電波の送受信を安定させられます。

WiMAXのクレードルはなくても困らないものですが、通信状況を安定させてWiMAXを使いたいのであれば、契約時に一緒に購入しておくと良いでしょう。

パラボラアンテナを自作する

家でWiMAXを使う場合、簡単なアンテナを作ることで電波を改善できます。

窓際でステンレスボウルの内側に端末を置くと、電波が集まりやすくなるのでつながりやすくなる可能性がありますよ。

不満があっても解約しやすいWiMAXプロバイダ

「もし電波が不安定だったらすぐ解約したい」と思うかもしれませんが、WiMAXは基本的に契約期間縛りがあります。

そこでここでは、不満があったときに解約できるサポートサービスのあるプロバイダを紹介しますね。

  • GMO WiMAX……新規契約者かつピンポイントエリア判定で〇が出た人を対象に20日間無料解約サポートを用意。
  • Broad WiMAX……いつでも解約サポートで解約金の心配なく乗り換え可能!

GMO WiMAX

GMO WiMAXはGMOインターネット株式会社がサービスを提供しているWiMAXです。

契約期間 3年
月額料金 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
初期費用 事務手数料 3,000円
3年実質月額 3,518円
契約解除料(解約金) 12ヶ月目まで:19,000円
24ヶ月目まで:14,000円
36ヶ月目まで:9,500円
更新月:0円
更新月以降:9,500円
取扱機種
  • モバイルルーター:W06・WX06
  • ホームルーター:L02・HOME 02
現在開催中のキャンペーン 最大31,500円キャッシュバックキャンペーン

GMO WiMAXでは、ピンポイントエリア判定で〇が出た新規契約者を対象に20日間の無料解約サポートを展開しています。

初期契約解除制度での対象期間が契約もしくは契約書を受け取ってから8日以内であることを踏まえると、20日間という期間の長さには安心感がありますよね。

そのため、初めてWiMAXを使うという人はGMO WiMAXを候補に加えておくと良いでしょう。

Broad WiMAX

Broad WiMAXは株式会社Link Lifeがサービスを提供しています。

契約期間 3年
月額料金 利用開始月:2,726円の日割り 1日あたり約91円
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
初期費用 事務手数料 3,000円
3年実質月額 3,672円
契約解除料(解約金) 1~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25~36ヶ月目:9,500円
更新月:0円
それ以降:9,500円
取扱機種
  • モバイルルーター:WX06・W06
  • ホームルーター:HOME 02・L02
現在開催中のキャンペーン
  • 契約解除料負担の乗り換えキャンペーン
  • 初期費用0円!WEB割キャンペーン
  • 全端末無料キャンペーン

Broad WiMAXでは契約者を対象に、契約期間に関わらず利用できる「いつでも解約サポート」というサービスを用意しています。

いつでも解約サポートを利用するとBroad WiMAXが指定するモバイルや固定の通信サービスに解約金の負担なく乗り換えられます

そのため、突然Broad WiMAXに対して不満を覚えた場合でも安心して利用できるサービスであるといえるでしょう。

「万が一の事態にも備えておきたい」と思っている人は、Broad WiMAXで契約しておくと安心できるかもしれませんよ。

まとめ

WiMAXの電波が悪くなっていると感じたときはまずこれらをチェックしましょう。

  • アンテナの本数
  • 対応エリア圏内か(モバイルルーターの場合)

WiMAXの電波がつながりにくくなる原因で代表的なものは次の3つです。

    基地局~WiMAX端末までの間

  • 電波が障害物に邪魔されている
  • 利用場所が対応エリア内ギリギリ
    WiMAX~スマホ・パソコンまでの間

  • 電波干渉が起こっている

WiMAXの電波の状態を改善させるためにすぐにでもできることは以下の7つでしょう。

  • 再起動
  • Wi-Fi周波数のチェック
  • ファームウェア更新
  • 建物が密集していない場所で使う
  • 屋内では置き場所を工夫する
  • クレードルを利用する
  • パラボラアンテナを自作する

なお、いざというときでも安心できるおすすめプロバイダは下記の2社になります。

  • GMO WiMAX……新規契約者かつピンポイントエリア判定で〇が出た人を対象に20日間無料解約サポートを用意。
  • Broad WiMAX……いつでも解約サポートで解約金の心配なく乗り換え可能!

WiMAXの電波の状態の改善方法を覚えて、いつでも快適にインターネットが楽しめると良いですね!

おすすめWiFi記事

WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年11月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較

2019.03.27

2020年11月ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較

2020.02.14

ポケットWiFiの通信距離はどれくらい?屋内でもつながりやすくする方法を解説

2020.08.06

ポケットWiFiが繋がらない!まず確認すべき4つのポイントと原因・対策

2020.05.28

ポケットWiFiのクレードルを使うメリットは3つ!おすすめの人と必要ない人

2020.08.20

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-30 18:19:45
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/210098/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!