生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXの違約金は1,000円?プロバイダ別に解約費用と無料解約方法を解説

投稿日:2020-10-12 更新日:2020-10-15

WiMAXは違約金なしで解約できる?

「WiMAXの違約金(解約金)っていくらくらいかな?」

「自分の契約してるプロバイダは本当にホームページの金額で解約できるの?」

サービスを解約するときに支払うことの多いのが違約金(解約金・契約解除料)ですよね。

WiMAXの違約金はプロバイダで異なることが多いので、一概に「この金額!」とはいえません。

しかし、どこのプロバイダであっても更新月に解約すれば無料になることは事実です。

では、「更新月以外の解約はホームページに記載されている解約金だけを払えばいいのか」というと、端末残債などの追加の違約金を支払わなければならない場合もあるので注意が必要なんです。

この記事では、WiMAXの違約金(解約金)の金額や注意点、無料解約する方法をわかりやすくご案内しています。

ちなみに、無料解約可能や違約金の安さからおすすめになるのは次の3社です。

  • Broad WiMAX………違約金負担乗り換えキャンペーンで他社の解約金相当の金額がキャッシュバックされる。いつでも解約サポートを使えばBroad WiMAXの無料解約も可能!
  • BIGLOBE WiMAX……解約金1,000円が13ヶ月目以降無料に!契約期間が1年と短いのも利点。
  • GMO WiMAX……ピンポイントエリア判定で〇が出た人を対象とした20日間の無料解約サポートあり。

WiMAXの解約金についての知識を付けて、納得のいく解約手続きができるようになりましょう!

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

WiMAXの違約金(解約金)はいくら?

WiMAXはほとんどの場合、契約期間縛りがあります。

契約期間縛りのあるサービスでは契約期間中の解約は更新月以外の場合は違約金(解約金・契約解除料)を支払うのが一般的ですよね。

では、WiMAXの違約金はいくらなのでしょうか?

WiMAXの違約金は「1,000円のプロバイダ」と「そうではないプロバイダ」に大別できます。

1,000円のプロバイダには、次のような会社が挙げられます。

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • au WiMAX
  • など

一方、そうではないプロバイダには下記の会社が挙げられます。

  • Broad WiMAX
  • GMO WiMAX
  • So-net WiMAX
  • など

なぜこのような違いがあるのかというと、2019年10月に電気通信事業法というインターネットなどの通信に関する法律が改正されたからです。

改正された電気通信事業法では簡単にいうと「指定の大手通信企業の通信サービスの解約金の上限は1,000円とすること」などが新たに定められました。

その結果、WiMAXには電気通信事業法の改正に合わせて解約金を1,000円に変更したプロバイダとそうではないプロバイダがあるのです。

なお、WiMAXプロバイダの有名どころ7社の違約金額をまとめると、下記の表のようになります。

【違約金7社比較表】
サービス名 12ヶ月以内 24ヶ月以内 36ヶ月以内 更新月
BIGLOBE WiMAX 1,000円 0円 0円 0円
UQ WiMAX(自動更新ありの場合) 1,000円 1,000円(24ヶ月目は更新月に当たるので0円) 1,000円(25~26ヶ月目は更新月に当たるので0円) 0円
カシモWiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 0円
GMO WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 0円
So-net WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 0円
nifty WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 0円
Broad WiMAX 19,000円 14,000円 9,500円 0円

※こちらの表は、スクロールできます。

「いつまで使うかわからない」という人は、違約金が1,000円のプロバイダで契約したほうが解約金で損せず済むでしょう。

しかし、プロバイダによっては上記の表にはない独自の違約金額を設定している場合があります

そのため、お使いのWiMAXの違約金が気になる場合はプロバイダの公式サイトで確認しておくべきといえるでしょう。

WiMAXの違約金(解約金)の注意点

WiMAXは基本的にはプロバイダが提示している額の違約金で解約できます。

ただし、以下の条件に当てはまる場合は、プロバイダが示している金額に追加して料金を払わなければ解約できないので注意が必要です。

  • 端末残債が発生する場合がある
  • キャンペーンやキャッシュバック条件によっては追加違約金が発生する

それぞれどこに気を付けるべきかを把握しておきましょう。

端末残債が発生する場合がある

端末残債とは分割払いしている端末代金のうちの未払い分のことです。

そのため、WiMAXの端末代を分割払いしている場合は、解約時に未払い分を一括払いすることになります。

たとえば、家電量販店WiMAXで「端末アシストプラン」というプラン契約をしていると15,000円の端末代が月額500円の30回払いになります。

もし、端末アシストプランを5ヶ月で解約したとすると、以下の金額の端末残債を支払わなければなりません。

500円(分割払いの端末代の月額料金)×25ヶ月分=12,500円

家電量販店のWiMAXは2年契約か3年契約かを選べます。

つまり、2年契約している場合は13,500円、3年契約している場合は22,000円もの違約金を支払わなければ解約できないのです。

※端末代一括払いで契約している場合の違約金は2年契約:1,000円、3年契約:9,500円になります。

端末残債の支払いをしたくないのであれば、おすすめの方法は次の2つです。

  1. 端末代の支払い期間があとどれくらい残っているのか確認する
  2. 端末代を支払い終えてから解約する

そもそも根本的に端末残債の心配をしたくないのであれば、端末代が無料で契約できるプロバイダを契約先に選ぶことがおすすめになります。

キャンペーンやキャッシュバック条件によっては追加違約金が発生する

「端末代を分割払いしていないから安心」かというと、そんなことはありません。

端末残債の心配がなくても、キャンペーン自体に違約金とは別口の「キャンペーン違約金」というものが設定されている場合もあるからです。

キャンペーン違約金のかかるキャンペーンが開催されているのは、現状、Broad WiMAXとASAHI NET WiMAXの2社だけです。

しかし、他のプロバイダが今後採用しないという保証はありません

そのため、WiMAXユーザーであれば知っておいたほうがいいでしょう。

BroadとASAHI NETそれぞれのキャンペーン違約金は下記の表のとおりです。

サービス名 対象キャンペーン名 違約金額 条件
Broad WiMAX 初期費用無料キャンペーン 9,500円 契約開始月翌月から24ヶ月以内に解約する場合
ASAHI NET WiMAX リモートワーク支援キャンペーン 10,000円 サービス開始月の翌月を1ヶ月目とし24ヶ月目の月末までに解約する場合

※こちらの表は、スクロールできます。

どちらのプロバイダも24ヶ月以内に解約すると、1万円ほどのキャンペーン違約金を追加で支払う必要があるんですね。

つまり、Broad WiMAX・ASAHI NET WiMAXを10ヶ月目もしくは20ヶ月目に解約したと想定すると、以下の金額を払わなければ解約できないといえます。

    Broad WiMAX

  • 10ヶ月目に解約した場合:19,000円(12ヶ月以内の違約金)+9,500円(キャンペーン違約金)=28,500円
  • 20ヶ月目に解約した場合:14,000円(24ヶ月以内の違約金)+9,500円(キャンペーン違約金)=23,500円
    ASAHI NET WiMAX

  • 10ヶ月目に解約した場合:19,000円(12ヶ月以内の違約金)+10,000円(キャンペーン違約金)=29,000円
  • 20ヶ月目に解約した場合:14,000円(24ヶ月以内の違約金)+10,000円(キャンペーン違約金)=24,000円

キャンペーン違約金の対象期間を過ぎた25ヶ月目以降であれば、基本の違約金9,500円を支払うだけで解約できます。

要するに、「早期解約するとキャンペーン違約金が追加されて高くつく場合がある」ということです。

なお、キャンペーン適用中の解約は他のキャンペーン特典の受取資格を失う可能性があります

解約する前には適用中のキャンペーンの特典をすべて受け取りきっているかも確認しておくべきでしょう。

WiMAXを違約金(解約金)なしで無料解約する方法

WiMAXを違約金(解約金)なしで解約する方法は基本的に次の5つになります。

  • 更新月で解約する
  • 初期契約解除制度の利用
  • 「期間条件なし」プランで契約する
  • Broad WiMAXに乗り換える
  • 無料解約サポートの利用

それぞれどのような理由で無料解約できるのか知っておきましょう。

更新月で解約する

当たり前かもしれませんが、更新月に解約すれば無料解約できます

とはいえ、WiMAXはプロバイダや契約プランによって更新月が何ヶ月目であるのかが異なります

※一般的には2年契約の場合:24~26ヶ月目、3年契約の場合:37ヶ月目が更新月に当たります。

更新月での解約を考える場合は、事前に自分の契約しているプロバイダの更新月がいつであるのかを確認しておきましょう。

初期契約解除制度の利用

初期契約解除制度はサービス利用開始もしくは契約書の受け取りから8日間以内であれば、契約者都合で解約できるサービスです。

初期契約解除制度を利用すると、「つながるといわれて契約したのに、実際はサービス提供の対象エリア外だった」などの場合でも違約金を支払うことなく解約できるんですよ。

ただし、WiMAXプロバイダによっては以下のような注意書きが公式サイトに載せられている場合があるので、気を付けましょう。

端末着荷から8日以内にご返却いただくと端末代金のご請求はございません。
WiMAX 2+のご返却が確認できない場合、端末代金20,000円(税抜)をご請求いたします。

引用元:引用元:GMO WiMAX公式サイト 注意事項■初期契約解除について

 
要するに、「初期契約解除制度を利用する場合は、プロバイダへの端末未着に注意」ということですね。

なお、初期契約解除制度を「お試し利用の代わりに使える」とするインターネットの情報がありますが、「悪質なサービスから消費者を守る」という本来の目的から外れた使い方になります。

初期契約解除制度は「契約したけど実際は利用できなかった」などの本当に必要な場合にのみ使うことを推奨します。

ちなみに初期契約解除制度の詳しい内容は総務省のサイトから確認できますよ。

「期間条件なし」プランで契約する

更新月であれば、WiMAXの無料解約は可能です。

しかし、「更新月を狙って解約するのって、なんか面倒くさい」と感じる人もいますよね。

更新月での解約を手間に感じるのであれば、おすすめは「期間条件なし」という契約期間縛りのないプランで契約することでしょう。

期間条件なしプランは契約期間縛りがないので、いつ解約しようともタダでできます

ただし、契約できるプロバイダがUQ WiMAXや家電量販店プロバイダに限られるので、お得度はあまり高くありません

【料金比較表】
サービス名 契約期間 月額料金 実質月額
GMO WiMAX 3年 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
3,518円
UQ WiMAX 2年(自動更新あり) 3,880円 4,630円
UQ WiMAX 期間条件なし 4,050円 4,800円

※こちらの表は、スクロールできます。

当編集部調べで実質月額が最安のGMO WiMAXと比較すると、その差は月1,282円にもなります。

実質月額とは費用やキャンペーン金額すべて含めた契約期間中の月あたり支払い額のことです。

つまり、「料金のお得さと解約のしやすさを両立させたい」という人は、別の方法での無料解約を検討するべきでしょう。

Broad WiMAXに乗り換える

期間条件なしプランが魅力的に映らないのであれば、Broad WiMAXへの乗り換えを検討するのもありでしょう。

なぜなら、Broad WiMAXでは「違約金負担乗り換えキャンペーン」というキャンペーンが開催されているからです。

違約金負担乗り換えキャンペーンでは、解約元のサービスに支払った違約金に相当する金額(最大19,000円)をBroad WiMAXの運営元である株式会社Link Lifeがキャッシュバックしてくれます。

つまり、解約元に違約金を支払っても、19,000円までならLink Life社からのキャッシュバックで相殺されて実質0円になるというわけです。

とはいえ、hi-ho WiMAXなど独自の違約金を設定しているプロバイダからの乗り換えでは、違約金負担乗り換えキャンペーンを利用しても足が出てしまうケースがあります

また、端末アシストプランなどが理由で発生した端末残債は、解約元の違約金金額として扱われません

そのため、違約金が独自設定されているプロバイダで契約している人や端末を分割払いしている人は、違約金が安くなるまで待つ、端末代を支払い終わるまで待つなどタイミングの調整をしてから乗り換えたほうが損を減らせるかもしれませんね。

無料解約サポートの利用

Broad WiMAX・GMOまたはSmafi WiMAXでの契約であれば、無料解約サポートの利用も可能です。

無料解約サポートは契約者や指定期間内であれば、違約金を支払わずに解約ができます。

※ただし、乗り換え先がプロバイダ指定のサービスになる場合がありますので、ご了承ください。

各プロバイダの無料解約サポートのおおよその内容は以下のとおりです。

  • Broad WiMAX:いつでも解約サポート……Broad WiMAX契約者であれば、契約期間にかかわらずいつでも利用できる。
  • GMO WiMAX:20日間無料解約サポート……ピンポイントエリア判定で〇が出ていた場合、申し込みから20日以内であれば、無料解約できる。
  • Smafi WiMAX:20日間無料解約サポート……ピンポイントエリア判定で〇が出ていた場合、申し込みから20日以内であれば、無料解約できる。

GMOとSmafiはどちらもサービス提供元がGMOインターネット株式会社のため、同じサポートが受けられるんですよ。

WiMAXの利用に不安を感じている人は、上記3社のサービスを知っていれば安心できるかもしれませんね。

無料または1,000円で解約できるWiMAXプロバイダ

「結局解約しやすいプロバイダってどこ?」と思っている人は多いですよね。

「解約にかかる違約金が無料になる、もしくはかかっても1,000円で収めたい」と考えている場合におすすめとなるのは、次の3社でしょう。

  • Broad WiMAX………違約金負担乗り換えキャンペーンで他社の解約金相当の金額がキャッシュバックされる。いつでも解約サポートを使えばBroad WiMAXの無料解約も可能!
  • BIGLOBE WiMAX
    ……解約金1,000円が13ヶ月目以降無料に!契約期間が1年と短いのも利点。
  • GMO WiMAX……ピンポイントエリア判定で〇が出た人を対象とした20日間の無料解約サポートあり。

それぞれのプロバイダの要点を押さえておきましょう。

Broad WiMAX

すでにお伝えしているとおり、Broad WiMAXは株式会社Link Lifeがサービスを提供するWiMAXです。

契約期間 3年
月額料金 利用開始月:日割り 1日あたり約91円
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
初期費用 事務手数料 3,000円
3年実質月額 3,672円
契約解除料(解約金) 1~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25~36ヶ月目:9,500円
更新月:0円
それ以降:9,500円
取扱機種
  • モバイルルーター:WX06・W06
  • ホームルーター:HOME 02・L02
現在開催中のキャンペーン
  • 契約解除料負担の乗り換えキャンペーン
  • 初期費用0円!WEB割キャンペーン
  • 全端末無料キャンペーン

Broad WiMAXの強みは下記の2つでしょう。

  • Broad WiMAXへの乗り換え……違約金負担乗り換えキャンペーンで負担ほぼなし!
  • Broad WiMAXからの乗り換え……いつでも解約サポートで解約金なし!

いつでも解約サポート利用の乗り換え先はBroad WiMAXの指定先サービスとなります。

しかし、Broad WiMAXはさまざまな回線を乗り換え先に用意しているので、あなたに合った乗り換え先を提案してもらえるでしょう。

乗り換え負担の少ないプロバイダを探している人は、Broad WiMAXを第一候補にしておくのがおすすめですよ。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXはビッグローブ株式会社が運営しているWiMAXです。

契約期間 1年
月額料金 3,980円
初期費用
  • 契約事務手数料:3,000円
  • 端末代:800円/月(分割払いの場合。支払い期間は24ヶ月)
1年実質月額 4,580円
契約解除料(解約金) 1,000円
取扱機種
  • モバイルルーター:WX06・W06・WX05
  • ホームルーター:HOME L02・HOME 02
現在開催中のキャンペーン 15,000円キャッシュバックキャンペーン

BIGLOBE WiMAXはWiMAXプロバイダで唯一1年という短期契約ができます

※契約期間は1年ですが端末代は分割24回払いとなっている点のみご注意ください。

そのため、端末代を一括払いしていれば1年以内の解約で支払う違約金が1,000円で済むのが魅力といえます。

そうはいっても、無料解約できるのであれば、もっと良いですよね。

当編集部スタッフがBIGLOBE WiMAXに更新月について問い合わせたところ、以下の回答をいただきました。

avatar

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX2+のご契約期間につきましてはサービス開始月とその翌月を1カ月目として、12カ月目の末日までを最低利用期間としております。
あくまで最低利用期間となっておりますので契約更新等の概念はございません。
1年未満でご解約されても、1年以上ご継続されても問題ございませんのでお客様のタイミングでご解約いただけますと幸いです。

つまり、BIGLOBE WiMAXは最低利用期間さえ過ぎてしまえば無料解約できるんです!

要するに、12ヶ月以上使う予定で解約しやすいプロバイダでの契約を望むのであれば、BIGLOBE WiMAXも十分おすすめですよ!

GMO WiMAX

GMO WiMAXはGMOインターネット株式会社がサービスを提供するWiMAXプロバイダのひとつです。

契約期間 3年
月額料金 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
初期費用 事務手数料 3,000円
3年実質月額 3,518円
契約解除料(解約金) 12ヶ月目まで:19,000円
24ヶ月目まで:14,000円
36ヶ月目まで:9,500円
更新月:0円
更新月以降:9,500円
取扱機種
  • モバイルルーター:W06・WX06
  • ホームルーター:L02・HOME 02
現在開催中のキャンペーン 最大31,500円キャッシュバックキャンペーン

GMO WiMAXでは、WiMAX初心者かつピンポイントエリア判定で〇が出た人を対象に20日間無料解約サポートを展開しています。

サポート期間が20日もあれば、初期契約解除制度の8日間を過ぎてから通信トラブルが起こった場合でも安心できますよね。

「WiMAXを初めて契約するんだけど、どこが解約しやすいのかな?」と思っている人はGMO WiMAXの20日間無料解約サポートを知っておくと安心できるかもしれませんよ。

まとめ

WiMAXの違約金や更新月は、契約しているプロバイダによって異なります

そのため、WiMAXの解約を考える場合は、自身の契約しているプロバイダの公式サイトで確認しておくべきといえるでしょう。

WiMAXは基本的には公式サイトに記載されている違約金を支払えば解約できます。

ただし、以下の場合は追加の違約金を支払わなければ解約できないので要注意といえます。

  • 端末代を分割払いしている
  • キャンペーン違約金が設定されている

なお、WiMAXが無料解約は下記の5つの方法で可能です。

  • 更新月で解約する
  • 初期契約解除制度の利用
  • 「期間条件なし」プランで契約する
  • Broad WiMAXに乗り換える
  • 無料解約サポートの利用

また、解約時の違約金を抑えられるプロバイダは次の3社です。

  • Broad WiMAX………違約金負担乗り換えキャンペーンで他社の解約金相当の金額がキャッシュバックされる。いつでも解約サポートを使えばBroad WiMAXの無料解約も可能!
  • BIGLOBE WiMAX……解約金1,000円が13ヶ月目以降無料に!契約期間が1年と短いのも利点。
  • GMO WiMAX……ピンポイントエリア判定で〇が出た人を対象とした20日間の無料解約サポートあり。

WiMAXの違約金がいくらになるかを把握して、後悔のない解約ができると良いですね!

おすすめのポケットWiFi・WiMAX記事

WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年10月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較

2019.03.27

2020年10月ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較

2020.02.14

ポケットWiFiの解約方法・注意点まとめ。違約金・端末の返却・必要書類を徹底解説

2020.06.24

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-15 15:31:03
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/209526/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!