生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケットWiFiのバッテリーは交換できる?電池の寿命・長持ちさせる方法徹底解説

投稿日:2020-09-23 更新日:2020-09-29

ポケットWiFiのバッテリーは交換できる?

「ポケットWiFiのバッテリー持ちってどれくらいなんだろう?」

「ポケットWiFiのバッテリーが膨らんできたら自分で交換できるのかな?」

ポケットWiFiを選ぶうえで「バッテリー」が見落とせないポイントのひとつになっている人もいるのではないでしょうか。

バッテリー持ちの良い機種を探しているのであれば、チェックするべきは「連続通信時間」と「バッテリー容量」の2つです。

この記事ではバッテリー持ちの良いポケットWiFi機種だけでなくポケットWiFiのバッテリーの基礎知識やバッテリー持ちを長くする方法をご紹介しています。

ポケットWiFiのバッテリーについての知識を付けて、自分の望む機種と巡り合いましょう!

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

バッテリー持ちの良い機種の選び方

ポケットWiFiの選び方には「実測通信速度の速さ」や「実質月額の安さ」などさまざまな基準がありますよね。

なかには「バッテリー持ちの良さ」を基準に据えている人もいるのではないでしょうか。

とはいえ、「バッテリー持ちの良さって、どこを見ればわかるの?」という人もいるかもしれませんね。

ポケットWiFiをバッテリー持ちの良さで選びたいのであれば、見るべきポイントは下記の2つです。

  • 連続通信時間……ポケットWiFiの電源を入れてからバッテリー残量が尽きるまでの通信可能な時間
  • バッテリー容量……mAh(ミリアンペアアワー)という単位で表す。mAhは「1時間に何ミリアンペアの電流を流せるか」という意味。数値が大きいほどバッテリー容量が大きい。

バッテリー容量が大きいからといって連続通信時間が長いとは限らないため、両方を確認することで本当にバッテリー持ちが良いかどうか判断できます。

ちなみに、一般的なポケットWiFiのバッテリー性能目安は次のとおりです。

  • 連続通信時間:9~10時間程度
  • バッテリー容量:3,000mAh程度

それでは、次にバッテリー持ちのいいポケットWiFi機種トップ5をご紹介していきましょう。

バッテリー持ちの良い機種ランキング

当編集部スタッフが代表的なポケットWiFi機種の連続通信時間を調べた結果トップ5は次の結果となりました。

【バッテリー持ちの良さランキング】
機種名 連続通信時間 バッテリー容量
FS030W 約20時間 3,060mAh
701UC 約18時間 5,350mAh
GlocalMe(G2) 約16時間 6,000mAh
Wi-Fi STATION SH-05L(LTE) 約15時間 4,000mAh
Aterm MR05LN 約14時間 2,500mAh

一般的にポケットWiFiの連続通信時間は9~10時間ほどですが、15時間以上も使える機種もあるんですね。

バッテリー持ちトップ5の機種が使えるサービスは次のとおりです。

  • FS030W:FUJI WiFi、NEXTmobileなど
  • 701UC:ワイモバイル
  • GlocalMe(G2):WiFiレンタルどっとこむ
  • Wi-Fi STATION SH-05L:ドコモ
  • MR05LN:楽天モバイル

この中でおすすめのサービスは、「FS030Wが使えるFUJI WiFi」と「MR05LNが使える楽天モバイル」です。

2つのサービスについては記事の後半でご紹介しているので、すぐ知りたい方はこちらからどうぞ!

ポケットWiFiのバッテリー基礎知識

ここでは、バッテリーのよくある疑問3つを解説していきます。

  • ポケットWiFiのバッテリー交換について
  • バッテリーの寿命について
  • バッテリーを交換するべきタイミング

ポケットWiFiのバッテリーは交換できる?

「ポケットWiFiのバッテリーって交換できるの?」という疑問を抱いている人は多いですよね。

じつはポケットWiFiにはバッテリーを交換できる機種と交換できない機種とがあるんです!

交換できる機種で代表的なのはWiMAXのWXシリーズです。

一方、交換できない機種の代表格はWiMAXのWシリーズになります。

お手持ちのポケットWiFiがバッテリー交換できるかどうか気になる人は、カスタマーサポートに問い合わせるのが確実です。

なお、バッテリー交換できない機種や自力交換を保証していないサービスの場合は最終的には機種変更するしかないでしょう。

ポケットWiFiのバッテリーに寿命はある?

ポケットWiFiやスマホのバッテリー寿命には、次の2つの考え方があります。

  • サイクル回数……「バッテリー残量0%から100%までフル充電して0%になるまで使い切って1サイクル」が何回できるか
  • 使用期間……新品で買ってから使えなくなって捨てるまでの期間

このうち、使用期間は「自家発電機の電源用バッテリー」などの頻繫に充電や放電をしないものに対して使う考え方です。

つまり、ポケットWiFiのバッテリーの寿命は「サイクル回数」で考えていくことになります。

ポケットWiFiのバッテリーはほとんどの場合、リチウムイオン電池と呼ばれるものです。

リチウムイオン電池の寿命は約4000サイクル(約10年)といわれています。

とはいえ、実際には500回くらい充電と放電を繰り返すと寿命に近づくといわれているんです。

生き物の場合、寿命が近づくと弱っていって、やがては死んでしまいますよね。

ポケットWiFiのバッテリーの場合、いきなり死んでしまうことはありませんが、バッテリーが弱る結果、充電として蓄えられる容量が減ってしまいます

寿命の来たバッテリーの充電可能容量は、一般的に新品時の70%になるといわれています。

しかし、実際にはメーカーによる差が大きいため、一概にいうことは難しいです。

ちなみに、毎日充電する使い方なら、約1年半から2年くらい経過すると、バッテリーの交換を検討する時期となると考えられるでしょう。

バッテリー交換したほうがいいタイミングはいつ?

それでは、バッテリー交換できる機種の場合、いつがバッテリーを交換するべきタイミングなのでしょうか。

一般的にポケットWiFiのバッテリーを交換するべきタイミングは次の3つといえます。

  • バッテリー(電池)が膨らんでいる
  • 明らかに電池残量の減りが早くなった
  • 充電に時間がかかるようになった

それぞれの理由を把握しておきましょう。

バッテリー(電池)が膨らんでいる

リチウムイオン電池は充電・放電を繰り返すうちに電池自体が膨らんでくることがあります。

膨らんだリチウムイオン電池は、破裂や発火などの事故の恐れがあります

そのため、バッテリー(電池)が膨らんでいることに気づいた場合は速やかにバッテリー交換を検討しましょう。

明らかに電池残量の減りが早くなった

「スマホの充電を100%にしていたのに、気付いたら電池残量がかなり減ってた……」という経験のある人もいるのではないでしょうか。

明らかに電池残量の減りが早くなっている場合、バッテリーの経年劣化が考えられます。

電池残量の減りが早いことでポケットWiFiが使える時間が短くなってしまっては腹立たしいですよね。

以前より明らかに電池残量の減りが早くなっている場合も、新しいバッテリー(電池)に交換するべきサインといえます。

充電に時間がかかるようになった

電池残量の減りの早さ以外には、充電に時間がかかるようになっていることもバッテリー(電池)交換するべきタイミングのサインです。

バッテリーは弱ってくると蓄えられる容量が減ってきますが、同時に充電完了までにかかる時間が長くなってしまう場合があります。

「最初の頃は2時間半くらいで終わっていたのが、今では4時間くらいかかる」など充電完了までの所要時間が伸びていることに気付いたときもバッテリー交換を考えるべきタイミングでしょう。

とはいえ、機種によっては仕様上、充電完了までに時間がかかる場合があるので注意しましょう、

参考:UQ WiMAX公式サイト W03のよくある質問 充電に長時間かかるのはなぜですか?

ポケットWiFiのバッテリーを長持ちさせるためにできること

「バッテリー持ちの良い機種をもっと長持ちさせる方法はないのかな?」という人もいれば、「今使っている機種のバッテリー持ちを伸ばす方法はあるの?」という人もいますよね。

ポケットWiFiのバッテリー持ちを伸ばすためには、次の9つの方法が有効でしょう。

  • 使用しない時はポケットWiFiの電源をオフにする
  • 充電したまま放置しない・充電しながら使わない
  • 過放電しないようにする
  • 省電力設定にする
  • Bluetoothテザリングを使う
  • 高温状態にしない
  • ファームウェアの更新
  • ディスプレイ設定を調整する
  • 規格の合わない充電器などを使わない

上記はすべて今からでもできるくらい簡単なものばかりです!

どうすればいいのかをわかりやすくお伝えしていくので、できるものから試していきましょう。

使用しない時はポケットWiFiの電源をオフにする

ポケットWiFiは電源をオンにしている間中、スマホなどと通信しています。

そのため、スマホで動画視聴などをしていなくても少しずつ電池残量は消費されていってしまいます。

つまり、余計な電池残量の消費を抑えるには、動画視聴をおこなわない時間などにポケットWiFiの電源を切っておくことが有効でしょう。

充電したまま放置しない・充電しながら使わない

「寝てる間に電池残量減るのが嫌だから、充電器につないでおこう」

「充電しながら使えば使った端から充電されるから電池残量減らないよね」

バッテリーの電池残量を気にする人のなかには、上記のような使い方をしている人もいるかもしれません。

ところが、バッテリー持ちという意味ではNGな使い方なんです!

なぜなら、充電率100%の状態で充電器につなげっぱなしにしていると、「満充電保存」という状態になって、バッテリーを劣化させる原因になるからです。

そのため、WiMAX WX03のように製品によっては満充電されないような充電の仕方を採用しているポケットWiFiもあるんですよ。

また、充電しながらの使用も、電池の消費と充電を同時におこなうことが負荷となるのでバッテリー劣化の一因となります。

さらにバッテリーが熱くなることによって、ポケットWiFiが熱暴走するなどの悪影響が考えられます。

加えて熱くなったポケットWiFiが原因で火傷を負うなど、自分の身体に被害が及ぶことがあるかもしれません。

バッテリーの劣化防止や安全のためにも、充電したままほったらかしにしたり、充電しながら使ったりという使い方は避けましょう

過放電しないようにする

電池残量が0%のままほったらかしにするのもバッテリー持ちにはNGです。

バッテリーを0%のままほったらかしにすると「過放電」という状態になります。

過放電状態で長期間放置すると、バッテリー内部の素材自体が劣化してしまうんです。

内部素材自体が劣化してしまったバッテリーは、最悪の場合充電できなくなる恐れがあります

そのため、電池残量が0%になった場合はすぐに充電するべきといえます。

とはいえ、スマホの場合は「電池残量が20%くらいになったら充電したほうがいい」とも聞きますよね。

つまり、よりバッテリー持ちを良くしたいのであれば、スマホのように電池残量が0%になりきる前のタイミングで充電していくことが肝心でしょう。

ちなみに、「ポケットWiFiをしばらく使いそうにないからしまっておこうかな」という場合は、定期的に充電して電池残量を30%~50%に保つことで、過放電による影響を減らせるかもしれませんよ。

省電力設定にする

ポケットWiFiの機種によっては、電池残量消費の少ない「省電力モード」で通信できる場合があります。

機種やメーカーによって「省電力モード」や「エコモード」のように名称が異なるかもしれません。

しかし、名称が違っても電池残量消費が少ない通信設定が利用できることに変わりはありません。

省電力設定が利用できるか知りたい場合は調べてみるとよいでしょう。

ちなみに、当編集部スタッフが調べたところ、WiMAX WXシリーズの通常設定と省電力設定では、省電力設定のほうがほとんどの場合で連続通信時間が長いことがわかりました。

【WXシリーズの連続通信時間比較表】
機種名 通常設定時の連続通信時間 省電力設定時の連続通信時間
WX06 約11.5時間 約10.5時間
WX05 約11.5時間 約14時間
WX04 約11.5時間 約13.8時間
WX03 約10時間 約12.3時間
WX02 約7.3時間 約10時間
WX01 約6.7時間 約8.7時間

Bluetoothテザリングを使う

機種によってはWiFiやUSBケーブルを利用した接続だけでなくBluetoothを利用した接続方法を選べる場合があります。

Bluetooth接続はWiFiやUSBケーブルで接続する場合に比べて通信速度が出づらい、同時接続可能台数が少ないなどの欠点があります。

しかし、WiFiやUSBケーブルでの接続に比べて電池残量の消費が少ないので、バッテリー持ちを優先するのであれば、良い接続方法といえます。

なお、Bluetooth接続と通常設定時のWiFi接続の連続通信時間を比較したのが下記の表です。

【Bluetooth接続とWiFi接続の連続通信時間比較表】
機種名 WiFi接続時の連続通信時間 Bluetooth接続時の連続通信時間
FS030W 約20時間 約24時間
MR05LN 約14時間 約30時間
WX05 約11.5時間 約18時間
WX04 約11.5時間 約16.7時間
WX03 約10時間 約15時間
WX02 約7.3時間 約9時間
WX01 約6.7時間 約8時間

Bluetooth接続のほうが連続通信時間が長くなっていますよね。

またWiMAX WXシリーズの場合は、省電力設定時よりもBluetooth接続時のほうが連続通信時間が伸びている機種がほとんどです。

バッテリー持ちを抑えると同時に連続通信時間も確保したいのであれば、Bluetooth接続は試してみるべき接続方法といえるでしょう。

高温状態にしない

ポケットWiFiのバッテリーはリチウムイオン電池であることは、すでにお伝えしたとおりです。

じつはリチウムイオン電池には我慢できる周囲の最高温度というものがあるんです。

リチウムイオン電池が我慢できる周囲の最高温度は45℃になります。

つまり、45℃を超える場所にリチウムイオン電池を置くと、それだけで劣化の原因となるといえるんです。

対策としては、ポケットWiFiが熱くなるほど負荷のかかる通信をしない、直射日光の当たる炎天下の屋外で使用しないなどを心がけると良いでしょう。

ファームウェアの更新

ファームウェアとはポケットWiFiを動かすための基本的な仕組みのソフトウェアのことをいいます。

いうなれば、スマホやパソコンにおけるOSのようなものです。

ファームウェアの更新をすると、バッテリー持ちが良くなることがあります。

なぜなら、ファームウェアが更新されることによって、充電に関わるポケットWiFiのプログラムそのものの不具合が修正されるからです。

また、ファームウェアの更新はポケットWiFiを安心して使っていくためのセキュリティ面でも欠かせないものといえます。

そのため、定期的にファームウェアの更新の有無は確認しておきたいものといえるでしょう。

ディスプレイ設定を調整する

スマホやパソコンは設定画面から画面の輝度(明るさの具合)やロック・スリーブまでの時間を調整できますよね。

ポケットWiFiには液晶画面のある機種とない機種とがありますが、ある機種の場合、輝度やロックされるまでの時間を調整できることがあります。

バッテリー持ちを優先する場合は、画面の輝度を下げてロックまでの時間を短くすると良いでしょう。

とはいえ、あまりにも画面の輝度を下げてしまうと、かえって見づらくなってしまいますし、ロックまでの時間を短くし過ぎると操作が間に合わないこともあるかもしれません。

自分が使いやすい最低限のところで調整は収めておきましょう。

規格の合わない充電器などを使わない

ポケットWiFiのメーカーの機種ページには、充電時間が記されていることがあります。

とはいえ、記されている充電時間にはちょっとした注釈がついていることがあるので、注意が必要です。

例:WX06の充電時間
約160分(TypeC 共通ACアダプタ01U (0601PQV)(別売)使用時)

引用元:NEC Speed Wi-Fi NEXT WX06 製品仕様ページ

 
WX06の約160分(約2時間40分)という充電時間は別売りのTypeC 共通ACアダプタ01U (0601PQV)という充電器を使った場合の話です。

つまり、それ以外のものを使って充電する場合、もっと時間がかかる場合もあるわけです。

充電に時間がかかるということは、ほったらかしにし過ぎると満充電保存でバッテリーを劣化させてしまう可能性も考えられます。

また、規格の合わない充電器を使うと、電圧の違いなどからバッテリーに負荷がかかり、劣化につながる恐れもあります

バッテリー持ちを考えるのであれば、ポケットWiFiに合った充電器を用意するのが基本といえるでしょう。

バッテリー持ちの良い機種が契約できるおすすめポケットWiFi

では、バッテリー持ちの良い機種はどこで契約するのがおすすめなのでしょうか。

当編集部調べのバッテリー持ちの良さランキングはこちらでしたよね。

【バッテリー持ちの良さランキング】
機種名 連続通信時間 バッテリー容量
FS030W 約20時間 3,060mAh
701UC 約18時間 5,350mAh
GlocalMe(G2) 約16時間 6,000mAh
Wi-Fi STATION SH-05L(LTE) 約15時間 4,000mAh
Aterm MR05LN 約14時間 2,500mAh

このなかから、FS030WAterm MR05LNが契約できるおすすめサービスをご紹介していきます。

それぞれが契約できるおすすめサービスは下記のとおりです。

  • FUJI WiFi……FS030Wが契約できる。おすすめは月間データ容量100GBのデポコミコース。
  • 楽天モバイル……Aterm MR05LNが契約できる。現在300万人を対象とした月額料金1年間無料キャンペーン中。対応エリア内なら月間のデータ容量上限を無制限で使えるのも魅力!

それぞれの特徴を見ておきましょう。

FUJI WiFi

FUJI WiFiは株式会社レグルスがサービスを提供するレンタルポケットWiFiサービスです。

サービス運営元 株式会社レグルス
契約期間 縛りなし
月間データ容量上限 最大100GB
月額料金 3,100円~4,400円
初期費用 契約事務手数料:3,000円
契約解除料(解約金) なし
取扱機種
  • FS030W
  • FS040W
最大通信速度(ベストエフォート値) 下り:300Mbps
上り:50Mbps

FS040Wの場合

FUJI WiFiは月間のデータ容量上限が30GB~100GBまでで設定された5つのプランから自分に合ったものを選べます。

さらに契約期間縛りもないので、自分に合った容量のプランを好きな期間使える自由度が魅力です。

月間データをたくさん使いたいのであれば、おすすめは100GBのデポコミコースです。

ちなみに、FUJI WiFiはFS030Wの後継機であるFS040Wも取り扱っています。

バッテリー持ちは変わらないうえ、最大下り通信速度が倍の300Mbpsとなっているので、在庫があればFS040Wを選んだほうが満足度が高いでしょう。

楽天モバイル

楽天モバイルは楽天モバイル株式会社がサービスを提供しているスマホキャリアです。

しかし、スマホだけでなくポケットWiFi端末も取り扱っているので、この記事ではポケットWiFiサービスの1社としてご紹介していきます。

サービス運営元 楽天モバイル株式会社
契約期間 縛りなし
月額料金 1年間0円
(通常2,980円)
初期費用
  • 契約事務手数料:3,000円
  • 端末代21,637円
1年利用の実質月額 2,053円(Aterm MR05LN RWで契約の場合)
契約解除料(解約金) なし
取扱機種
  • Aterm MP02LN
  • Aterm MR05LN RW
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
現在開催中のキャンペーン 300万人限定月額料金1年間無料キャンペーン

楽天モバイルで契約できるAterm MR05LNは正確にはAterm MR05LN RWといいます。

しかし、通常のAterm MR05LNと性能に大きな違いはありませんよ。

楽天モバイルでは現在、300万人を対象とした月額料金1年間無料キャンペーンが開催されています。

このキャンペーンを適用すると、1年間の実質月額は2,053円と最安クラスになります。

無制限WiFiの実質月額表を見る(クリックで開閉できます)

9月最新 月間データ使い放題のポケットWiFi実質月額
プロバイダ名
契約期間中の総支払額
キャッシュバック額
契約期間中の実質月額
楽天モバイル
詳細記事を見る
15,546円
(縛りなし・1年利用の場合)
1,296円

GMO とくとくBB WiMAX
評判・口コミを見る
155,160円
(3年契約)
27,600円
3,532円
SAKURA WiFi
91,320円
(縛りなし・2年利用の場合)
3,805円
STAR WiFi
92,300円
(2年契約)
3,846円
NOZOMI WiFi 無制限プラン
111,500円
(2年契約)
4,646円

 
表ではMP02LNを契約した場合の実質月額を記載していますが、MR05LNを契約した場合でも最安となることがわかりますよね。

また、楽天モバイルは楽天モバイル回線の対応エリア内であれば月間のデータ容量上限を無制限で使えることが魅力です。

楽天モバイルの対応エリアはこちらで確認できますよ。

参考:楽天モバイルの対応エリア

まとめ

ポケットWiFiをバッテリー持ちの良さで選ぶのであれば、注目すべきは「連続通信時間」と「バッテリー容量」といえます。

なお、バッテリー持ちの良い機種トップ5はこれらです。

【バッテリー持ちの良さランキング】
機種名 連続通信時間 バッテリー容量
FS030W 約20時間 3,060mAh
701UC 約18時間 5,350mAh
GlocalMe(G2) 約16時間 6,000mAh
Wi-Fi STATION SH-05L(LTE) 約15時間 4,000mAh
Aterm MR05LN 約14時間 2,500mAh

ポケットWiFiにはバッテリー交換できる機種とできない機種があります。

また、ポケットWiFiのバッテリーであるリチウムイオン電池には「サイクル回数」で表される寿命があります。

ポケットWiFiのバッテリー交換を検討するべき目安は下記の3つの状態いずれかが発生したタイミングでしょう。

  • バッテリー(電池)が膨らんでいる
  • 明らかに電池残量の減りが早くなった
  • 充電に時間がかかるようになった

なお、現在ご使用中のポケットWiFiのバッテリー持ちを伸ばしたいのであれば、これらを試してみるといいでしょう。

  • 使用しない時はポケットWiFiの電源をオフにする
  • 充電したまま放置しない・充電しながら使わない
  • 過放電しないようにする
  • 省電力設定にする
  • Bluetoothテザリングを使う
  • 高温状態にしない
  • ファームウェアの更新
  • ディスプレイ設定を調整する
  • 規格の合わない充電器などを使わない

バッテリーの特性を知って、ポケットWiFiと上手に長く付き合っていけるといいですね!

おすすめWiFi記事

ポケットWiFiの機種変更まとめ。方法・注意点・おすすめ機種を紹介

2020.09.17

WiMAXは乗り換えればお得に使い続けられる!乗り換え3パターン徹底紹介

2019.09.20

2020年10月ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較

2020.02.14

WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年10月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較

2019.03.27

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:1

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-29 10:58:14
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/208021/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!