生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケットWiFiの機種変更まとめ。方法・注意点・おすすめ機種を紹介

投稿日:2020-09-17 更新日:2020-10-01

ポケットWiFiを機種変更するにはどうすればいい?

「スマホみたいにポケットWiFiも機種変更できるのかな?」

ポケットWiFiを使っている人の中には、契約してから同じ端末を長く使っている人もいるのではないでしょうか。

同じ端末を長く使っていると、「最近すぐに電池が切れる」「よくわからないけど通信速度が遅い」といった不満を感じることが増えてきやすいですよね。

もしお使いの端末に不満を感じるのであれば、機種変更も選択肢のひとつになります。

ただし、機種変更するよりもサービスの乗り換えをしたほうがデメリットは少ないんです。

この記事ではポケットWiFiの機種変更の方法やメリット・デメリットについて解説していきます。

この記事を読めばポケットWiFiを使ううえで機種変・乗り換えどちらがいいかわかりやすくなるので、気になるところだけでもご覧くださいね。

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

ポケットWiFiは機種変更できる?

機種変更というとスマートフォンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

新しいiPhoneやスマートフォンが出るタイミングで機種変更した経験のある人は多いですよね。

ではポケットWiFiは機種変更できるのでしょうか?

結論からお伝えすると、ポケットWiFiには機種変更できるサービスとできないサービスとがあるんです!

そのため、まず機種変更できるサービス・できないサービスについてをお伝えしていきますね。

機種変更できるサービス

機種変更できるサービスの代表格はY!mobile(ワイモバイル)などのスマホキャリアポケットWiFiやWiMAXです。

キャリアポケットWiFiのサービス提供元は各スマホキャリアです。

スマホは機種変更できるものなので、キャリアポケットWiFiが機種変更できるのは納得でしょう。

一方、WiMAXはプロバイダによっては機種変更サービスがあります。

機種変更も考えてWiMAXを使いたいのであれば契約プロバイダがサービス対応しているか確認しておくとよいでしょう。

レンタル契約のサービスは機種変更できない!

「キャリアポケットWiFiやWiMAXじゃないポケットWiFiを契約しているよ!」という人もいますよね。

キャリアポケットWiFiやWiMAX以外のポケットWiFiには、どんなときもWiFiのようなクラウドSIM系の端末をレンタル契約するサービスが挙げられるでしょう。

ところが、下記のような事情で端末をレンタル契約するポケットWiFiは機種変更できないことがほとんどです。

  • 取り扱い機種が1種類しかない
  • そもそも機種変更サービスを提供していない

※故障によって機種交換となる場合はあります。

そのため、端末レンタル契約のサービスで機種を変更したい場合は、必然的に乗り換えを検討することになるでしょう。

ポケットWiFiを機種変更する方法

機種変更できるのは、キャリアポケットWiFiかWiMAXであることがわかりましたが、どうすれば機種変更できるのでしょうか?

キャリアポケットWiFi、WiMAX、それぞれの場合に分けてご案内していきますね。

キャリアポケットWiFiの場合

キャリアポケットWiFiとしては下記のサービスが挙げられるでしょう。

  • ソフトバンク
  • ドコモ
  • Y!mobile
  • au

このうちauのキャリアポケットWiFiはWiMAXが中心のため、auはWiMAXの一種としてお伝えします。

そのためここでは、ソフトバンク・ドコモ・Y!mobileの3社の機種変更についてお話していきます。

ソフトバンク

ソフトバンクポケットWiFiの機種変更は、ソフトバンクショップまたはオンラインショップで可能です。

機種変更には費用として、手数料:3,000円と端末代がかかります。

なお、オンラインショップで機種変更する場合の流れは下記のとおりです。

  1. オンラインショップにアクセス
  2. ページ下部の「購入機種を探す」をクリック
  3. 「ラインナップ」というページが表示されるので、「モバイルデータ通信」のタイルを選択
  4. 機種一覧画面に切り替わるので、契約したい機種の「購入する」ボタンを押す
  5. 購入画面に切り替わるので、「機種変更」で手続きを進める(手続き自体はMy SoftBankで行う)
  6. 申し込んだ端末が届いたらSIMカードを差し替えて機種変更完了

ソフトバンクショップで機種変更をする場合は、来店予約をしたうえで下記の3つを持って行きましょう。

持ち物

  • 本人確認書類 ※住所確認書類不要
  • 印鑑(サインでも可)
  • 利用中のUSIMカード(紛失時は不要)

ちなみに、使える本人確認書類についてはこちらで確認しておいてくださいね。

ドコモ

ドコモポケットWiFiの機種変更はドコモショップもしくはオンラインショップでできます。

ドコモの機種変更にかかる費用は以下のとおりです。

  • 手数料
    4G→4Gで機種変更する場合:2,000円
    4G→5Gで機種変更する場合:3,000円
  • 頭金……店舗によっては必要な場合がある
  • 端末代:契約する機種による

「機種変更先が4Gか5Gで手数料が変わるのがヤダ」「頭金がかかったらどうしよう」と思う人もいますよね。

じつはドコモはオンラインショップから機種変更すると、「手数料:無料、頭金:なし」でできるんです!

そのため、ドコモポケットWiFiをお得に機種変更したい人は、オンラインショップからおこなうのがおすすめですよ。

オンラインショップでの機種変更手順は下記のとおりになります。

  1. ドコモオンラインショップにアクセス
  2. 「商品をさがす」の中から「データ通信製品」の機種画像をクリック
  3. 「機種をさがす」というページが表示されるので、契約したい機種の機種画像を選択
  4. 購入画面に切り替わるので、「機種変更」で手続きを進める(手続き自体はdアカウントマイページで行う)
  5. 申し込んだ端末が届いたらSIMカードを差し替えて機種変更完了

なお、ドコモショップで機種変更する場合は、来店予約のうえ、本人確認書類と契約中の端末を持って行きましょう。

ドコモの本人確認書類はこちらで確認しておいてくださいね。

Y!mobile

Y!mobileポケットWiFiの機種変更は、Y!mobileショップあるいはオンラインショップで可能です。

Y!mobileの機種変更には費用として手数料:3,000円と端末代が必要です。

Y!mobileポケットWiFiをオンラインショップから機種変更する流れは下記のとおりになります。

  1. オンラインショップにアクセス
  2. 「製品カテゴリ」から「Pocket WiFi」のタイルを選択
  3. 機種一覧画面に切り替わるので、契約したい機種の機種画像を選ぶ
  4. 購入画面に切り替わるので、「機種変更」で手続きを進める
  5. お客さま情報を入力する ※Yahoo JAPAN IDを利用しない場合は本人確認書類が必要
  6. 入力内容を確認する
  7. 重要説明事項を確認する
  8. 申し込んだ端末が届いたらSIMカードを差し替えて機種変更完了

なお、Y!mobileショップで機種変更する場合は、来店予約をして本人確認書類を持って行ってくださいね。

Y!mobileの本人確認書類はこちらで確認できますよ。

WiMAXの場合

20社以上のプロバイダ(販売代理店)のあるWiMAX。

では、WiMAXの機種変更はどこでできるのでしょうか?

当編集部が調べたところ、WiMAXの機種変更は契約したプロバイダによって受付場所が違うことがわかりました。

WiMAXの機種変更受付場所

  • プロバイダの機種変更ページ
    UQ WiMAX・GMO WiMAX・DTI WiMAX・Broad WiMAXなど
  • UQ WiMAXの機種変更ページ内にあるフォーム
    So-net WiMAX・BIC(ビックカメラ) WiMAX・ワイヤレスゲート(ヨドバシカメラ) WiMAX・BIGLOBE WiMAX・ASAHIネットWiMAX・@nifty WiMAX
  • ショップ店頭
    KuaLnet(エディオン) WiMAX・au WiMAX

※受付状況が変わる場合がございますので、実際の手続きの前に必ずご契約のプロバイダをご確認ください。

また、WiMAXはプロバイダにより機種変更にかかる費用が異なる場合があるため、合わせて確認しておきましょう。

Webから機種変更手続きをする場合の流れはおおよそ下記のとおりです。

  1. 機種変更ページにアクセスする
  2. 機種変更の申し込みをする
  3. 申し込んだ端末が届いたらSIMカードを差し替えて機種変更完了

au WiMAXで機種変更する場合は、来店予約のうえ、下記の3つを用意して行きましょう。

au WiMAXの持ち物

  • 本人確認書類
  • 支払い先が分かるもの
    クレジットカード払いの場合:クレジットカード
    口座振替払いの場合:キャッシュカード・通帳+銀行印など
  • 印鑑 ※シヤチハタやサインも可

レンタル契約のサービスの場合

レンタル契約のサービスは機種変更に対応していないことが一般的です。

そのため、レンタル契約サービスで機種変更する場合は、「一度解約して再契約」もしくは「他社への乗り換え」が選択肢となるでしょう。

ただ、どちらの方法でも契約期間縛りがある場合は更新月以外では違約金(契約解除料)を払わなければなりません。

そのため、更新月以外で機種変更したい場合は、違約金を負担してくれるBroad WiMAXに乗り換えるのがおすすめです。

「更新月まで待てるのでまた端末レンタル型ポケットWiFiで契約したい」という場合は、機種性能や料金面がより優れた類似サービスに乗り換えるとよいでしょう。

機種変更するメリット

ポケットWiFiはサービスによっては機種変更できます。

しかし、「機種変更するとどんなメリットがあるの?」と思う人もいますよね。

ポケットWiFiの機種変更には次のようなメリットがあります。

  • 端末の古さからくる不具合が解消される
  • 必要費用が新規契約よりかからないことが多い

それぞれ何がメリットなのか見ていきましょう。

端末の古さからくる不具合が解消される

「充電の減りが早くなった」「よくわからないけど、通信速度が遅くなって困っている」という場合は、端末が古いことに原因があるケースも考えられます。

とくに4~5年以上前の機種を使っていて速度が遅い、という場合は最新機種に変えるだけで不満が解消される可能性が高いですよ。

必要費用が新規契約よりかからないことが多い

ポケットWiFiを新規契約すると月額料金以外に契約事務手数料や端末代、オプション代などの費用がかかって思ったよりも出費が大きくなることがあります。

ワイモバイルを新規契約する場合の費用
  • 契約事務手数料:3,000円(オンラインショップの場合:無料)
  • 端末代:28,800円(オンラインショップの場合10,800円)
  • アドバンスオプション代:684円

しかし、機種変更であれば、サービスによってはひとつの費用だけで可能な場合もあります

GMO WiMAXで機種変更する場合の費用

手数料:3,000円

なかには、DTI WiMAXのように機種変更時の費用が一切かからないサービスもあります

そのため、ひとつのサービスを長く使っていきたいと考えている人はお得に機種変更できるサービスを契約しておくのがおすすめになりますよ。

機種変更のデメリット・注意点

ポケットWiFiの機種変更には下記のようなデメリットや注意点があります。

  • 指定の契約期間が経過しなければ利用できない
  • 機種変更後の月額料金は高くなる
  • 端末が有料の場合がある
  • 機種変更しても速度制限は解除されない
  • 機種変更すると契約期間のカウントがリセットされる場合がある

メリットに対してデメリットが多く見えますよね。

はじめにお伝えしておくと、機種変更するよりも乗り換えるほうがお得なことが多いです。

なぜなら、乗り換え契約の場合は、キャンペーンで端末代が無料になったり割引特典で月額料金がお得になったりとメリットが多くあるからです。

それでは、機種変更のデメリットや注意点について解説していきます。

指定の契約期間が経過しなければ利用できない

機種変更は一定の契約期間が経過して初めて利用可能になる場合がほとんどです。

契約期間の指定はポケットWiFiのサービスで異なる場合がありますが、WiMAXの場合、20ヶ月~32ヶ月経過で機種変更可能になることが多いです。

20ヶ月~32ヶ月というと1年8ヶ月~2年8ヶ月ですよね。

WiMAXの新機種が1~2年周期で出ていることからすると、妥当な期間設定といえそうです。

とはいえ、「20ヶ月とか32ヶ月とかそんなに長く使うつもりないんだけど!」という人もいるかもしれませんよね。

長く使うつもりのない人は、契約期間の短いサービスを乗り換えていくほうが合っているでしょう。

機種変更後の月額料金は高くなる

新規契約の場合、GMO WiMAXは次の月額料金で使えます。

  • キャッシュバックタイプ
    1~2ヶ月目:3,609円
    3ヶ月目以降:4,263円
  • 月額料金割引タイプ
    1~2ヶ月目:2,590円
    3~24ヶ月目:3,344円
    25ヶ月目以降:4,263円

一方、機種変更後の月額料金は4,263円の定額となります。

GMO WiMAXは32ヶ月で機種変更できるので、機種変更後の月額料金はキャッシュバックタイプの3ヶ月目以降、月額料金割引タイプの25ヶ月目以降と同じです。

しかし、1ヶ月目の料金で考えるとキャッシュバックタイプでは654円、月額料金割引タイプでは1,673円も高いといえます。

つまり、安くポケットWiFiを使い続けたいと考えている人は機種変更よりも端末代無料で月額が安くなるプロバイダへ乗り換えたほうがよいでしょう。

端末が有料の場合がある

当編集部が調べたところ、端末代が必要な機種変更サービスには以下のサービスが挙げられます。

【要端末代の機種変更サービス一覧】
サービス名 端末代
UQ WiMAX 15,000円
So-net  WiMAX 15,000円
BIC(ビックカメラ)WiMAX 15,000円
ワイヤレスゲート(ヨドバシカメラ) WiMAX 15,000円
BIGLOBE WiMAX 15,000円
ASAHIネットWiMAX 15,000円
@nifty WiMAX 15,000円
ソフトバンク 27,000円
ドコモ 機種による
ワイモバイル 28,800円
(オンラインショップの場合:10,800円)

要するに、端末代を抑えて機種変更したいという人は最新端末が無料でもらえるサービスに乗り換えてしまったほうがよいでしょう。

機種変更しても速度制限は解除されない

「速度制限を早く解除したいから機種変更してみようかな」と思っても、機種変更では速度制限を解除できません

たとえば、DTI WiMAXの機種変更ページには下記のただし書きがありました。

機種変更前のプランで月間7GB制限が適用されている場合、利用開始月の翌月1日に解除されますので、あらかじめご了承ください。

引用元: DTI WiMAXの機種変更ページ

 
つまり、「モバイルプラン(DTI WiMAXでの7GBプランの名称)で上限に達している場合、あるいはギガ放題プランでハイスピードプラスエリアモードを使って制限に引っかかっている場合は、機種変更しても即座に速度制限が解除されるわけではない」ということですね。

要するに、「機種も古くなってるし、月間速度制限にも引っかかってるから、機種変更すれば一気に問題解決だよね!」というわけにはいかないんです。

端末が古いことに原因のある通信速度の遅さは解消されても、速度制限による遅さは解消されないことは知っておきましょう。

機種変更すると契約期間のカウントがリセットされる場合がある

契約更新月での解約を検討しているのであれば、機種変更はしないほうがよいでしょう。

なぜなら、機種変更をすると契約期間のカウントがリセットされる場合があるからです。

たとえば、WiMAXには次のようなただし書きがありました。

機種変更申込月の翌月を1ヶ月目として36ヶ月間を契約期間とし、37ヶ月目の更新月に解約のお申し出がない場合、更新月から36ヶ月間が自動更新されます。

引用元:GMO WiMAXの機種変更ページ

 

最低利用期間の計算において、機種変更前のご利用期間と、機種変更後の「DTI WiMAX 2+ モバイルプラン(機種変更3年)」または「DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(機種変更3年)」のご利用期間は合算いたしません。

引用元:DTI WiMAXの機種変更ページ

 
つまり、GMO WiMAXやDTI WiMAXの場合、契約期間32ヶ月が0ヶ月目になってしまうということです。

どちらのサービスも契約更新月は37ヶ月目なので、「無料での解約・乗り換えがしたい」と考えるのであれば、機種変更しないほうがよいでしょう。

今機種変更するのにおすすめの機種は?

「新しいサービスに乗り換えたいんだけど、どの端末を選べばいい?」という人もいれば、「今契約しているサービスに不満はないから、ポケットWiFiの端末が新しくなるだけで満足だよ」という人もいますよね。

ここでは機種変更対応サービスであるWiMAXとキャリアポケットWiFiのおすすめ機種を簡単にご紹介していきますね。

WiMAX

WiMAXにはポケットWiFiとして使うモバイルルータータイプと屋内でコンセントに差して使うホームルータータイプの2種類の端末があります。

このうちモバイルルータータイプの端末のおすすめ機種は次の2つです。

  • W06……WiMAXモバイルルーター最速機種
  • WX06……WiMAXモバイルルーター最新機種

それぞれの特徴を知っておきましょう。

W06

WiMAXのW06は2019年に発売されたWiMAXモバイルルーターの最速機種です。

W06の汎用画像

【W06スペック表】
正式名称 Speed Wi-Fi NEXT W06
メーカー HUAWEI
発売年 2019年
カラーバリエーション ブラック×ブルー
ホワイト×シルバー
対応回線 WiMAX 2+
au 4G LTE
最大通信速度 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
サイズ 約128×64×11.9mm
重さ 約125g
バッテリー容量 3,000mAh
連続通信時間 約540分(9時間)
同時接続台数 最大16台

W06の特徴は下り最大1.2Gbpsという最速クラスの通信速度にあります。

最大速度が実際に出ることはまずありませんが、W06は実際の通信速度も優れているんですよ。

W06の実測通信速度

  • 下り平均速度: 39.09Mbps
  • 上り平均速度: 5.61Mbps

実測平均速度は全国の通信速度を集計しているサイトみんそく様を参考にしています。

ポケットWiFiで高画質での動画視聴を楽しむ場合でも通信速度は約20Mbpsも出ていれば十分といわれます。

参考:YouTubeのヘルプページ

そのため、高性能なポケットWiFiを探しているのであれば、WiMAXのW06は良い候補となるでしょう。

WX06

通信速度よりも使いやすさを大事にするのであれば、WiMAXのWX06でも悪くはないでしょう。

WX06は2020年発売のWiMAXモバイルルーターの最新機種です。

WX06汎用画像

【WX06スペック表】
正式名称 Speed Wi-Fi NEXT WX06
メーカー NECプラットフォームズ株式会社
発売年 2020年
カラーバリエーション ライムグリーン
クラウドホワイト
対応回線 WiMAX 2+
au 4G LTE
最大通信速度 下り最大440Mbps
上り:75Mbps
サイズ 約111×62×13.3mm
重さ 約127g
バッテリー容量 3,200mAh
連続通信時間 約8.3時間
同時接続台数 最大16台

WX06はQRコードを使った簡単設定などW06よりも使いやすさの面が優れています

そのため、WiMAXを初めて使う場合はWX06のほうが扱いやすいかもしれません。

また、WX06も20Mbps以上の実測通信速度が出ているので使ううえでの不便もないでしょう。

WX06の実測通信速度
  • 下り平均速度:21.89Mbps
  • 上り平均速度:3.48Mbps
実測平均速度は全国の通信速度を集計しているサイトみんそく様を参考にしています。

使いやすさと通信速度で選ぶなら、WX06も良さそうですね。

キャリアポケットWiFi

キャリアポケットWiFiのおすすめ機種は以下の表のとおりです。

【キャリアポケットWiFiのおすすめ機種一覧表】
機種名(キャリア名) 価格 最大通信速度
802ZT(ソフトバンク) 27,000円 下り:988Mbps
上り:37.5Mbps
Wi-Fi STATION SH-05L(ドコモ4G) 27,720円 下り:988Mbps
上り:75Mbps
Wi-Fi STATION SH-52A(ドコモ5G) 68,904円
  • 5G時:下り最大4.1Gbps、上り最大480Mbps
  • 4G時:下り最大1.7Gbps、上り最大131.3Mbps
803ZT(ワイモバイル) 28,800円
(オンラインショップでは10,800円)
下り:988Mbps
上り:37.5Mbps
801HW(ワイモバイル) 28,800円
(オンラインショップでは10,800円)
下り:972Mbps
上り:37.5Mbps

キャリアポケットWiFiの最大通信速度はW06に負けず劣らずのものが多いですね。

そのため、通信速度を求めるのであれば、キャリアポケットWiFiも候補としてはありでしょう。

とはいえ、端末代が高いのがネックかもしれません。

要するにキャリアポケットWiFiでの機種変更は、スマホキャリアでないと困る理由がない限りは避けたほうが無難かもしれませんね。

各キャリアのおすすめ機種の詳細はこれらの記事で確認できますよ。

機種変更可能なおすすめポケットWiFi

「結局、機種変更して使うんなら、どこのサービスがおすすめなの?」という話ですよね。

機種変更できるポケットWiFiサービスはいくつもありますが、当編集部がおすすめするのは下記のWiMAX2社です。

  • Broad WiMAX……解約金負担乗り換えキャンペーンがあるので、機種変更できないサービスから乗り換える場合におすすめ。
  • DTI WiMAX……新規契約から機種変更可能までの所要期間が20ヶ月と他社より1年ほど短い。機種変更にかかる費用負担がない。

それぞれのポイントを押さえていきましょう。

Broad WiMAX

Broad WiMAXは株式会社Link Lifeがサービスを提供しているWiMAXです。

サービス運営元 株式会社Link Life
契約期間 3年
月額料金 利用開始月:2,726円の日割り 1日あたり約91円
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
初期費用 事務手数料 3,000円
3年実質月額 3,672円
契約解除料(解約金) 1~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25~36ヶ月目:9,500円
更新月:0円
それ以降:9,500円
取扱機種
  • モバイルルーター:WX06・W06
  • ホームルーター:HOME 02・L02
最大通信速度(ベストエフォート値) 下り最大:1.2Gbps
上り最大:75Mbps

(W06の場合)
現在開催中のキャンペーン
  • 契約解除料負担の乗り換えキャンペーン
  • 初期費用0円!WEB割キャンペーン
  • 全端末無料キャンペーン

Broad WiMAXでは最大19,000円までの解約金を負担してくれるキャンペーンが開催されています。

そのため、「今解約すると解約金を支払わなくちゃいけない」という人でも軽い負担で乗り換えられますね。

また、Broad WiMAXでは32ヶ月経過以降次の料金で機種変更できるようになります。

手数料 3,000円
端末代 0円
送料 500円
解約手数料 0円
月額料金 とくトク割で300円引き
※Elenoセット割を適用させるとさらに100円引き
取扱機種
  • モバイルルーター:WX06・W06・WX05
  • ホームルーター:HOME 02・L02

機種変更サービスのページ

契約事務手数料と送料の合わせて3,500円で機種変更できるのであれば、Broad WiMAXを長く使っていく選択肢もありかもしれません。

また、月額料金が割引されるのも嬉しいですよね。

ひとつのサービスを長く使っていきたい人はBroad WiMAXでの契約を検討してもいいでしょう。

DTI WiMAX

DTI WiMAXは光回線のプロバイダ(接続事業者)として知られるDream Train Internet株式会社がサービス提供するWiMAXです。

サービス運営元 Dream Train Internet株式会社
契約期間 3年
月額料金 1ヶ月目~2ヶ月目:0円
3ヶ月目:2,590円
4ヶ月目~:3,760円
初期費用 契約事務手数料:3,000円
3年実質月額 3,435円(キャッシュバック適用時)
3,602円(キャッシュバック非適用時)
契約解除料(解約金) 1~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25~36ヶ月目:9,500円
37ヶ月目(更新月):0円
それ以降:9,500円
取扱機種
  • モバイルルーター:W06・WX06
  • ホームルーター:L02・HOME 02
最大通信速度(ベストエフォート値) 下り最大:1.2Gbps
上り最大:75Mbps

(W06の場合)
現在開催中のキャンペーン NTTグループカード新規入会キャンペーン

DTI WiMAXは実質月額が安いことからおすすめのWiMAXとなります。

WiMAXの実質月額表を見る(クリックで開閉できます)

9月最新 wimax実質月額比較表
プロバイダ名
契約期間中の総支払額
キャッシュバック額
契約期間中の実質月額
GMOとくとくBB
評判・口コミを見る
155,160円
28,000円
3,532円

DTI WiMAX

評判・口コミを見る
129,670円
(NTTグループカード払いのみ6,000円)
3,602円
GMOとくとくBB
月額割引タイプ
132,904円
3,000円
3,608円
Broad WiMAX
評判・口コミを見る
132,176円
3,672円
Smafi WiMAX
評判・口コミを見る
132,240円
3,673円
カシモWiMAX
評判・口コミを見る
135,668円
3,769円
So-net WiMAX
評判・口コミを見る
148,656円
4,129円
BIGLOBE WiMAX
※1年契約・端末なし

評判・口コミを見る
50,760円
4,230円
家電量販店WiMAX
キャンペーンを見る
157,680円
4,380円
au WiMAX
※2年契約N適用時

評判・口コミを見る
106,008円
4,417円
BIGLOBE WiMAX
※1年契約・端末込み

評判・口コミを見る
69,960円
15,000円
4,580円
UQ WiMAX
※2年契約

評判・口コミを見る
111,120円
4,630円
@nifty WiMAX
評判・口コミを見る
179,002円
新規契約終了
JP WiMAX
評判・口コミを見る
134,100円
新規契約終了

 
また、DTI WiMAXは新しい物好きの人にもおすすめといえます。

なぜなら、DTI WiMAXは20ヶ月経過で機種変更が可能になるからです。

GMO WiMAXやBroad WiMAXなど他のWiMAXでは一般的に32ヶ月経過後から機種変更が可能になります。

つまり、DTI WiMAXは他のWiMAXプロバイダ(販売代理店)よりも1年早く機種変更ができるようになるんです!

さらにDTI WiMAXは一切の費用負担なしで機種変更ができます。

手数料 0円
端末代 0円
送料 0円
解約手数料 0円
月額料金 4,000円
取扱機種
  • モバイルルーター:W06・WX06
  • ホームルーター:L02・HOME 02

機種変更サービスのページ

月額料金4,000円は少し高いと感じるかもしれませんが、手数料や端末代などをかけずに機種変更できるのはありがたいといえますよね。

そのため、費用負担なしで機種変更したいと考えているのであれば、DTI WiMAX以上の契約先はないでしょう。

機種変更をして使っていくことも視野に入れて契約先を探しているのであれば、DTI WiMAXも忘れずに候補に加えておきたいですね。

まとめ

機種変更できるポケットWiFiはWiMAXまたはキャリアポケットWiFiとなります。

機種変更の流れはどのサービスで契約しているかで変わってくるので、機種変更前に確認しておきましょう。

ポケットWiFiを機種変更するメリットは以下の2点です。

  • 端末の古さからくる不具合が解消される
  • 必要費用が新規契約よりかからないことが多い

とはいえ、これらのデメリットや注意点があるので、おすすめは機種変更ではなく乗り換えといえます。

  • 指定の契約期間が経過しなければ利用できない
  • 機種変更後の月額料金は高くなる
  • 端末が有料の場合がある
  • 機種変更しても速度制限は解除されない
  • 機種変更すると契約期間のカウントがリセットされる場合がある

機種変更か乗り換えか。

自分に合った方法で機種を新しくして、ポケットWiFiと長く付き合っていけると良いですね!

おすすめWiFi記事

WiMAXは乗り換えればお得に使い続けられる!乗り換え3パターン徹底紹介

2019.09.20

ポケットWiFiの解約方法・注意点まとめ。違約金・端末の返却・必要書類を徹底解説

2020.06.24

ポケットWiFiの契約方法まとめ。受付場所・必要書類・申し込みの流れを解説

2020.05.27

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-01 16:32:36
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/207711/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!