生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケットWiFiの月々支払い額・費用はいくら?月額をおさえる4つのポイントも解説

投稿日:2020-09-15 更新日:2020-09-17

ポケットWiFiは月々の支払い額ではなく実質月額で比較!

「ポケットWiFiって月々いくら支払うんだろう?」

「ポケットWiFiの月々の支払いを安くする方法はあるだろうか?」

毎月月額料金を支払って利用するポケットWiFi。

せっかく利用するのであれば、月々の支払い額が安いところで契約したいですよね。

じつはポケットWiFiは「月々の支払い額」ではなく「実質月額」で考えたほうが安くてお得なサービスを選べるんです。

この記事ではポケットWiFiの月々の支払い額を安くする方法やおすすめサービスなどをお伝えしています。

ポケットWiFiの料金についての知識を付けて、自分に合うサービスを選べるようになりましょう。

当編集部おすすめのポケットWiFiサービス

  • 楽天モバイル……実質月額1,296円(MP02LNを1年間契約の場合)
    キャンペーンで1年間月々の支払い無料。対応エリア内であれば月間データ容量無制限!
  • どこよりもWiFi……実質月額3,305円
    対応エリアが広いので楽天エリア外の人向け!楽天以外のサービスで最安級。

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

ポケットWiFi料金の月々の支払い額を解説

当編集部が30社以上のポケットWiFiサービスを調べたところ、ポケットWiFiの月額料金の相場は、おおよそ以下のとおりです。

  • WiMAXの場合:3,500円~4,500円
  • WiMAX以外の場合3,000~4,000円

WiMAXかそれ以外かで月々の支払い額に大きな差が付くことはなさそうですよね。

しかし、ポケットWiFiを本当に安く使っていきたいのであれば、「実際の請求額にはどんな費用が必要になるのか」も知っておく必要があります。

実際の請求額は月額料金よりも高い

ポケットWiFiの料金は、毎月料金以外に下記の費用が必要になってきます。

ポケットWiFiの料金構成

  • 初期費用……契約手数料・端末代など
  • オプション代

「月額2,500円のポケットWiFiを契約したはずなのに、実際の請求額が思ったより高かった」という経験のある人もいますよね。

上記のように、月額料金以外にかかってくる費用があるため、ポケットWiFiの請求額は月額料金よりも高くなることが多いです。

とくに初回請求額は必要な費用が多く、思っていた金額よりも高くなりがちです。

たとえば、UQ WiMAX(独自特典のない公式WiMAX)の初回請求額は下記のようになっています。

UQ WiMAXの初回請求額
    内訳

  • 契約事務手数料:3,000円
  • 端末代:15,000円(一括払いの場合)
  • 1ヶ月目の月額料金:3,880円
  • オプション料金(任意加入)

そのため、月の始めにUQ WiMAXを契約したとすると、初回請求額は次のとおりでしょう。

3,000(契約事務手数料)+15,000(端末代)+3,880(1ヶ月目の月額料金)=21,880円

UQ WiMAXでは端末代15,000円がかかる分、初月の支払いは月額料金よりもかなり高くなってしまいます。

ちなみに、契約事務手数料や一括払いをする場合の端末代は初回請求での支払いなので、2回目以降の支払い額は「月額料金(加入している場合は+オプション料金)」と考えて大丈夫ですよ。

ポケットWiFiの料金は実質月額で比較しよう

ポケットWiFiの請求額の仕組みがわかると、「ポケットWiFiは初回支払額と月額料金が安いところを選べば間違いないんだね」と思うかもしれません。

しかし、「月額料金プランが安い=お得」と言い切れません。

たとえば、実際に次のようなサービスがあります。

  • 1年目の月額料金は最安だったけど2年目から急に高くなるサービス
  • 月額料金は最安じゃないけど高額キャッシュバックで差し引き料金が最安級
  • 料金は最安級だけど端末代が高額

上記のようなサービスがあると、月額料金だけを見てどこがお得か判断するのは難しいですよね。

そこで、本当に月々の支払いがお得なポケットWiFiを知りたいのであれば、「実質月額」で比較すれば一目でわかります。

実質月額は、契約期間中の本当の月当たり支払額です。

計算式:{(すべての費用・料金を含めた総支払額)-キャッシュバック等の特典金額}÷契約期間

この実質月額をまとめて一覧にしてある表を見れば、どこが本当に月々の支払額が安いか一目でわかるということですね。

ちなみに、下記は当編集部がまとめた実質月額比較結果の一例となります。

【実質月額比較表】
サービス名 実質月額 支払い総額 キャッシュバック額
楽天モバイル 1,296円 15,546円 なし
どこよりもWiFi 3,305円 79,320円 なし
GMO WiMAX 3,532円 155,160円 31,000円
THE WiFi 3,605円 86,520円 なし
Broad WiMAX 3,672円 132,176円 なし

※こちらの表は、スクロールできます。

現在は、1年間無料キャンペーンを開催している楽天モバイルの実質月額が圧倒的に安くなっています。

また、総支払い額が15万円を超えるGMO WiMAXの実質月額が安めなことに驚く人もいたかもしれませんね。

GMO WiMAXはポケットWiFi屈指の高額キャッシュバックキャンペーンを開催していることで有名です。

キャッシュバック額が高いということは、必然的に総支払い額から差し引かれる値が大きくなるということです。

そのため、実質月額が安くなるんですね。

ポケットWiFiを安く契約するためにできること

GMO WiMAXの例から高額キャッシュバックキャンペーンのあるサービスは実質月額が安くなるということがわかりました。

では、ポケットWiFiをできるだけ安く契約するためにはどのようなことに注目すればいいのでしょうか。

ポケットWiFiをできるだけ安く契約したい場合は、下記の4点に気を配っておくとよいでしょう。

ポケットWiFiをできるだけ安く契約するためにできること
  • 実質月額の安くなるプランで契約する
  • 契約事務手数料以外の初期費用がかからないサービスで契約する
  • 必須加入オプションのないサービスで契約する
  • なるべくクレジットカード払いを選択する

それぞれのポイントを押さえにいきましょう。

実質月額の安くなるプランで契約する

すでにお伝えしているように、ポケットWiFiの料金は月額料金ではなく実質月額で比較するのがおすすめです。

そのため、基本的には実質月額が安くなるプランで契約していくのが鉄則といえます。

たとえば、GMO WiMAXには「キャッシュバック」・「月額料金割引」という2つのキャンペーン形態があります。

【GMOWiMAXの料金比較表】
キャンペーン種別 キャッシュバック 月額料金割引
契約事務手数料 3,000円
端末代 0円
月額料金 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
1~2ヶ月目:2,590円
3~24ヶ月目:3,344円
25ヶ月目以降:4,263円
総支払い額 155,160円 132,904円
キャッシュバック額 最大31,000円 3,000円
実質月額 3,532円 3,608円

2つのうち、実質月額が安いのは最大31,000円のキャッシュバックを受けられるキャッシュバックキャンペーンとなります。

つまり、GMO WiMAXの場合はキャッシュバックタイプで申し込むのが一番お得ということですね。

契約事務手数料以外の初期費用がかからないサービスで契約する

ポケットWiFiでは契約事務手数料や端末代をひとまとめにした初期費用というお金で料金を考えることもあります。

ポケットWiFiをできるだけ安く契約したいのであれば、初期費用を抑えることも実質月額を安くする方法のひとつです。

初期費用を抑えるには、端末代がかからないサービスで契約するのがおすすめです。

なぜなら、初期費用の中でもポケットWiFiの端末代は高めだからです。

【端末代早見表】
サービス名 端末代
UQ WiMAX
家電量販店系WiMAX
15,000円
BIGLOBE WiMAX 19,200円
au WiMAX 22,000円
ドコモ 12,672円~27,720円
ソフトバンク 27,000円
ワイモバイル 28,800円
(オンラインショップ購入の場合:10,800円)
楽天モバイル 12,546円~21,637円

ポケットWiFiの端末代は安くても1万円以上となっていますね。

また、サービスによっては端末代が無料であっても送料がかかってくるなど他の費用が必要な場合もあるかもしれません。

そのため、初期費用を抑えたい場合は、「月額料金以外にどんな費用がいくらかかるのか」も確認しておくとよいでしょう。

必須加入オプションのないサービスで契約する

契約事務手数料以外の費用がかからなくとも、オプション加入が必要なサービスは月額が上がりやすくなってしまいます

ただ、申し込み時にオプション加入が必須でも端末が届いたら即解約可能なサービスであれば損することはありません。

「解約する手間もかけたくない」という人は、オプション加入の必要がないサービスに申し込んだほうがよいでしょう。

※端末補償オプションに入らず端末を破損させてしまうと修理代が高くなる可能性もあるため必ずご自身でオプション内容をご確認ください。

なるべくクレジットカード払いを選択する

ポケットWiFiには口座振替に対応しているサービスもありますが、主流の支払い方法はクレジットカードになります。

口座振替払いはクレジットカードを持っていない・使えない人にとってはありがたい選択肢といえますが、ポケットWiFiをできるだけ安く使いたいのであれば、クレジットカード払い一択といえます。

なぜなら、口座振替払いはより費用がかかりがちだからです。

口座振替払いで必要な費用には、次のようなものがあります。

口座振替費用の例

  • 口座振替手数料(毎月200円ほど)
  • 端末受け取りにかかる費用
  • 代引き手数料

また、クレジットカード払いでは適用される割引キャンペーンが口座振替払いでは適用されず月額が高めになることもあります。

お得なキャンペーンはほとんどがクレジットカード払い対象となっているため、ポケットWiFiを安く使いたいならやはりカードは最低でも一枚は持っておきたいところでしょう。

口座振替でもポケットWiFiを安く使いたい場合は、下記の記事でできるだけ安いサービスを紹介しているので参考にしてくださいね。

実質月額の安いおすすめポケットWiFi

月額料金よりも実質月額で見たほうが安さがわかりやすいポケットWiFi。

当編集部調べの一例は以下の表のとおりでした。

【実質月額比較表】
サービス名 実質月額 支払い総額
楽天モバイル 1,296円 15,546円
どこよりもWiFi 3,305円 79,320円
GMO WiMAX 3,532円 155,160円
THE WiFi 3,605円 86,520円
Broad WiMAX 3,672円 132,176円

そこでここでは、比較表の実質月額の安さで上位2位をそれぞれおすすめとしてご紹介していきますね。

当編集部おすすめのポケットWiFiサービス
  • 楽天モバイル……実質月額1,296円(MP02LNを1年間契約の場合)
    キャンペーンで1年間月々の支払い無料。対応エリア内であれば月間データ容量無制限!
  • どこよりもWiFi……実質月額3,305円
    対応エリアが広いので楽天エリア外の人向け!楽天以外のサービスで最安級。

楽天モバイル

楽天モバイルは楽天モバイル株式会社がサービスを提供するスマホキャリアになります。

しかし、スマートフォンだけでなくポケットWiFi端末も商品として取り扱っているので、この記事ではポケットWiFiサービスの1社としてご紹介していきます。

サービス運営元 楽天モバイル株式会社
契約期間 縛りなし
月額料金 1年間0円
(通常2,980円)
初期費用
  • 契約事務手数料:3,000円
  • 端末代12,546円~21,637円
1年実質月額 1,296円(Aterm MP02LNで契約の場合)
契約解除料(解約金) なし
取扱機種
  • Aterm MP02LN
  • Aterm MR05LN RW
最大通信速度(ベストエフォート値) 下り:150Mbps
上り:50Mbps
現在開催中のキャンペーン 300万人限定月額料金1年間無料キャンペーン

楽天モバイルでは現在、300万人を対象とした1年間月額料金無料キャンペーンが開催されています。

このキャンペーンを利用してAterm MP02LNというポケットWiFiを契約した場合、1年間での実質月額は1,296円とポケットWiFi最安なんです!

無制限ポケットWiFiの実質月額表を見る(クリックで開閉できます)

9月最新 月間データ使い放題のポケットWiFi実質月額
プロバイダ名
契約期間中の総支払額
キャッシュバック額
契約期間中の実質月額
楽天モバイル
詳細記事を見る
15,546円
(縛りなし・1年利用の場合)
1,296円

GMO とくとくBB WiMAX
評判・口コミを見る
155,160円
(3年契約)
27,600円
3,532円
SAKURA WiFi
91,320円
(縛りなし・2年利用の場合)
3,805円
STAR WiFi
92,300円
(2年契約)
3,846円
NOZOMI WiFi 無制限プラン
111,500円
(2年契約)
4,646円

 
加えて楽天モバイルは楽天モバイル回線の対応エリア内であれば月間データ容量上限が使い放題になります。

「動画視聴やオンラインゲームをたくさんしたいよ!」という人はお住まいの地域が楽天モバイルの対応エリアになっているかを確認しておくとよいでしょう。

楽天モバイルの対応エリアはこちらから確認できますよ!

楽天モバイルの対応エリア

どこよりもWiFi

どこよりもWiFiは株式会社Wizが運営しているポケットWiFiサービスになります。

サービス運営元 株式会社Wiz
契約期間 2年
月間データ容量上限 最大100GB
月額料金 3,180円
初期費用 契約手数料:3,000円
2年実質月額 3,305円
契約解除料(解約金) 9,500円
取扱機種
  • U2s
  • U3
最大通信速度(ベストエフォート値) 下り:150Mbps
上り:50Mbps

どこよりもWiFiはドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応したクラウドSIMシステムを利用したポケットWiFiです。

クラウドSIMシステムを利用したポケットWiFiは今その場でもっともつながりやすい回線に自動でつながります。

クラウドSIMの仕組み

つまり、「できるだけつながりにくい場所が少ないポケットWiFiが使いたい」という人はどこよりもWiFiでの契約がおすすめです。

また、どこよりもWiFiは月間データ容量に上限のあるポケットWiFiサービスの中では実質月額の安さがトップクラスであるといえます。

そのため、「使い放題ほどデータ容量はいらないけど、安いポケットWiFiが使いたいよ!」という人にもおすすめとなるでしょう。

まとめ

ポケットWiFiは月々の支払い額や月額料金ではなく実質月額で比較をすると、本当に安いところが見つかります。

実質月額計算式: {(すべての費用・料金を含めた総支払額)-キャッシュバック等の特典金額}÷契約期間

また、ポケットWiFiをできるだけ安く契約したいのであれば、下記の4点に気を付けてサービスを選ぶとよいでしょう。

  • 実質月額の安くなるプランで契約する
  • 契約事務手数料以外の初期費用がかからないサービスで契約する
  • 必須加入オプションのないサービスで契約する
  • なるべくクレジットカード払いを選択する

なお、当編集部が安さでおすすめするポケットWiFiは次の2社です。

  • 楽天モバイル……実質月額1,296円(MP02LNを1年間契約の場合)
    キャンペーンで1年間月々の支払い無料。対応エリア内であれば月間データ容量無制限!
  • どこよりもWiFi……実質月額3,305円
    対応エリアが広いので楽天エリア外の人向け!楽天以外のサービスで最安級。

料金についてのポイントを押さえて、自分に合うサービスで契約できるとよいですね!

おすすめWiFi記事

2020年9月ポケットWiFiのおすすめTOP5!【安さ・容量・速度・制限】を徹底比較

2020.02.14

WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年9月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較

2019.03.27

ポケットWiFi端末を購入できる場所と方法を解説!WiMAXなら端末代無料!

2020.05.28

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-17 09:44:32
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/207511/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!