生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

hi-ho Let’s Wi-Fiは月間200GB以上使える!?料金・キャンペーンも解説

投稿日:2020-08-03 更新日:2020-10-14

hi-ho Let's Wi-Fiは月間200GB以上使える

月間200GB以上使える大容量ポケットWiFiの新星、「hi-ho Let’s Wi-Fi(ハイホーレッツワイファイ)」についてこの記事ではご紹介していきます。

「月間100GBの容量じゃ足りない!」

「でも無制限はいきなり速度制限になりそうで不安」

ポケットWiFiにこのような不安をお持ちの方に、hi-ho Let’s Wi-Fiはおすすめです。

hi-ho Let’s Wi-Fiを簡単に解説すると、つながりやすさと最大級の大容量通信を両立しているポケットWiFiとなります。

hi-ho Let's Wi-Fiのおすすめポイント

  • マルチキャリアシステム採用で電波がつながりやすい
  • 合計で月間200GB以上の通信可能
  • 今ならお得な0円スタートキャンペーン実施中

この記事では、hi-ho Let’s Wi-Fiのことをよくわからない人でもわかるように、特徴やお得なキャンペーン情報を紹介するだけでなく、デメリットや注意点もご紹介します。

hi-ho Let’s Wi-Fiのことを理解し、ポケットWiFi選びで後悔しないためにもぜひ役立ててくださいね。

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください。 

hi-ho Let’s Wi-Fiとは

hi-ho Let’s Wi-Fiは、株式会社ハイホーが運営しています。

株式会社ハイホーは、hi-ho Let’s Wi-Fi以外にもhi-ho WiMAXや光ファイバーのサービスを提供しており、とくに通信事業において幅広く関わっている企業です。

サービス運営元 株式会社ハイホー
契約期間 2年
初期費用 契約事務手数料:0円(0円キャンペーンで無料 ※2020/10/31まで)
月額料金 1ヶ月目:0円
2ヶ月目:2,980円
3ヶ月目以降:4,300円
取扱機種 U2s
利用までの日数 最短3日~
おすすめポイント ☑1日7GBまで利用できる大容量プラン
☑マルチキャリア対応で日本全国のほとんどの場所でつながりやすい
☑端末代0円
☑世界100ヵ国以上で対応
現在開催中のキャンペーン 0円スタートキャンペーン(※2020/10/31まで)
hi-ho Let’s Wi-Fiはこんな人におすすめ! ☑毎日長時間動画を見たい人
☑ほとんどの場所でつながりやすいポケットWiFiが欲しい人
☑月額料金を定額で支払いたい人

hi-ho Let’s Wi-Fiは、ドコモ、au、ソフトバンク3つの回線が使えるマルチキャリア対応しているので幅広いエリアで使えます

これまでもドコモ、au、ソフトバンクの回線が使えるポケットWiFiはありました。

しかも、通信量の制限がないポケットWiFiがほとんどでしたが、hi-ho Let’s Wi-Fiの通信量は無制限ではなく1日7GBの上限があります。

しかし、データ使い放題として人気だったポケットWiFiも、多くの人が大量にデータ通信した結果、サービス全体で速度が落ちて速度制限のような状態になってしまうことがありました。

hi-ho Let’s Wi-Fiは1日のデータ上限を決めることで、サービス全体が速度制限にならないように工夫されています!

hi-ho Let’s Wi-Fは1日7GB利用できる!

「hi-ho Let’s Wi-Fiは1日7GBまでなら速度制限にならずに利用できる」といわれても7GBで、どれくらい使えるのか分かりにくいですよね。

7GBでできることの目安を表にまとめたのでご紹介しますね。

メール送受信 約14,630通
ニュースサイトの閲覧 約24,430ページ
ネット動画の視聴(標準画質) 約31.5時間
音楽のダウンロード 約1,750曲
ビデオ通話(zoom) 10時間(※6GB使用)

※あくまでも目安です。利用環境やサービスによって前後することがあります。

1日に利用できる上限が決まっていると、動画やオンライン通話などの通信量が多いコンテンツを利用したい人は少し不安に思うかもしれません。

しかし、表のとおり7GBでやれることはかなり多く、通常の利用であれば通信量が多いコンテンツでも問題なく利用できるのではないでしょうか。

ただし、パソコンやスマートフォン、ゲーム機などの本体やアプリの大型アップデートがあるときは注意してくださいね。

たとえば、5GBのアップデートファイルをダウンロードして、さらにその日2GB以上利用すると速度制限になってしまいます。

もし、ゲームなどで数GBの大型アップデートをするときは、同日の通信量が7GBを超えないように注意しましょう

hi-ho Let’s Wi-Fiの月額料金とオプションを紹介

まずhi-ho Let’s Wi-Fiの月額料金をご紹介しますね。

月額料金 4,300円

hi-ho Let’s Wi-Fiの月額料金は定額制です。

ポケットWiFiは契約期間が長くなると利用料金が高くなるサービスがあるので、定額制だと「先月から支払料金額が急に高くなった」ということもなくわかりやすくていいですね。

また、hi-ho Let’s Wi-Fiはオプションが豊富に用意されています。

オプション名 料金(月額) 内容
hi-ho Wi-Fi端末補償 500円 年間2回端末補償が受けられる。(2回目は修理費用:3,000円)
mieru-TV 900円 人気の新作映画や話題のドラマをオンラインでレンタルできるサービス。
hi-ho Wi-Fi by エコネクト 362円 日本全国最大100,000のWi-Fiスポットが使えるサービス。
お財布サポート 500円 旅行やレジャー施設、生活関連サービスの割引・優待特典が受けられる。
リモートテクニカルサポート 500円 PC・タブレット・スマーとフォンの設定やトラブルを専門スタッフが電話や遠隔操作でサポート。
データバックアップ 500円 容量無制限!マルチデバイス対応の自動データバックアップサービス。
マカフィー®マルチアクセス 500円 ウイルス対策ソフト。
マカフィー®モバイルセキュリティ 300円 ウイルス対策ソフト(スマートフォンとタブレットのみ)。

この表は横スクロールできます。

ポケットWiFiをより安全に利用するためのサポートオプションや動画配信サービスなどのコンテンツも用意されていますが、入っておいた方がいいのは「hi-ho Let’s Wi-Fi端末補償」です。

端末補償に加入すると、端末が故障・破損・水没した際に、無償で修理・交換がおこなえるサービスです。

もし、端末補償オプションに加入していない状態でポケットWiFiを故障や破損させてしまうと、「機器損害金」が14,000円かかってしまいます。

過去にスマートフォンなどを落としてしまい、故障させてしまった経験がある人は端末補償オプションに加入しておくと、もしものときに安心できるかもしれませんね。

ただし、端末補償オプションは「hi-ho Let’s Wi-Fi」を申し込んだときにしか加入できません

たとえば、契約してから故障してしまったり端末を見てから不安に思ったりしたから加入したいと思ってもできません。

少しでも不安がある人は契約時に加入したほうがよいでしょう。

hi-ho Let’s Wi-Fiのお得なキャンペーン情報

hi-ho Let’s Wi-Fiは期間限定で、0円スタートキャンペーンが開催されています。

0円スタートキャンペーンとは

  • 利用料金4,300円が初月無料!
  • 2ヶ月目も2,980円の割引価格!
  • 事務手数料3,000円が無料!

適用条件: 限定キャンペーンページからの申し込み
キャンペーン申し込み期間:10/31まで!

ポケットWiFiサービスによっては、初期費用としてポケットWiFi端末の購入や事務手数料無料の支払いが必要になります。

なんと0円スタートキャンペーンではこれらが一切無料になるんです。

しかも、月額料金の割引きもあり、初月利用料金の4,300円が無料に、利用開始2ヶ月目の利用料金が1,320円割引きの2,980円となります。

つまり、0円スタートキャンペーンは事務手数料無料などの初期費用が無料になるだけではなく、月額料金が合計5,620円も割引きされるとてもお得なキャンペーンなんです。

0円キャンペーンは期間限定なので、hi-ho Let’s Wi-Fiに興味がある人はこのチャンスを逃さずに契約することをおすすめしますよ!

hi-ho Let’s Wi-Fiの4つのメリット

hi-ho Let’s Wi-Fiには4つのメリットがあります。

hi-ho Let's Wi-Fiのメリット

  • じつは無制限WiFi並にたっぷり使える
  • 利用料金が定額制でわかりやすい
  • マルチキャリアだからつながりやすい
  • 海外利用するときに面倒な手続きがいらない

それではひとつずつ解説しますね。

じつは無制限WiFi並にたっぷり使える

ポケットWiFiには速度制限になる条件のない無制限WiFiがあります。

動画視聴などの通信量が多いコンテンツを楽しみたい人は、無制限WiFiを使いたくなりますよね。

しかし、hi-ho Let’s Wi-Fiも1日7GBの制限こそありますがヘビーユーザーにもおすすめなんです。

たとえば動画視聴の場合、7GBで見れるのは標準画質で約31.5時間です。

つまり1日流し続けても7GB上限を超えません。

メール送受信 約14,630通
ニュースサイトの閲覧 約24,430ページ
ネット動画の視聴(標準画質) 約31.5時間
音楽のダウンロード 約1,750曲
ビデオ通話(zoom) 10時間(※6GB使用)

※あくまでも目安です。利用環境やサービスによって前後することがあります。

hi-ho Let’s Wi-Fiは、速度制限になる条件こそありますが無制限WiFiと同じように通信量を気にせずに利用できるポケットWiFiといえるでしょう。

利用料金が定額制でわかりやすい

hi-ho Let’s Wi-Fiは利用料金が最初の割引以降は4,300円の定額料金でずっと変わりません。

ポケットWiFiのサービスによっては、利用料金は利用期間が長くなると高くなることがあります。

そのため「あれ?今月のポケットWiFiの支払いがいつもより多いな」ということもあるんです。

毎月決まった料金を支払うと家計の管理もしやすくなるので嬉しいですよね。

マルチキャリア対応のクラウドSIMだからつながりやすい

hi-ho Let’s Wi-Fiの通信システムは、ドコモ、au、ソフトバンクの回線を利用するクラウドSIMです。

クラウドSIMとは、そのとき一番つながりやすい回線に自動でつないでくれる通信システムです。

クラウドSIMのしくみ

たとえば、docomoの電波が入りにくい場所では、auやソフトバンクのよりつながりやすい回線で通信してくれるんですね。

そのため1つの回線しか対応していないポケットWiFiよりもつながりやすくなります。

通信エリアに不安がある人や、出張や旅行が多くさまざまな場所で利用する機会が多い人はマルチキャリア対応のhi-ho Let’s Wi-Fiがおすすめですよ。

海外利用するときに面倒な手続きがいらない

hi-ho Let’s Wi-Fiは海外でも利用できます。

海外で利用する際はとくに手続きなどをする必要はなく、いつも通りの使い方で利用できますが2つ注意点があります。

海外利用時の注意点

  • 速度制限になる条件が1日1GBになる
  • 時差や移動時にリセット時間(※日本時間AM:9時)超えると2日分支払うことになる

国内で利用するときは速度制限になる条件が1日7GBですが、海外利用時は速度制限になる条件が1日1GBになります。

そして、リセット時間が現地時間や日付が変わったらではなく日本時間の午前9時なのも注意しましょう。

たとえば帰りの飛行機や国をまたいで移動するときに、日本時間の午前9時を超えてしまいそうな場合は通信を切るといいでしょう。

また、海外利用時は利用する場所によって料金が変わります。

利用エリア1 利用エリア2
利用料金(日額) 970円 1,600円
エリア 東アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、北米など 南アジア、ニュージーランド/フィジー、グアム、中東、中米/南米、アフリカなど

この表は横スクロールできます。

※正確なエリアは公式サイトのこちらをご確認ください。

利用料金は、1ヵ国ごとに加算されるのでたとえばオーストラリアとニュージーランドで1日の間に利用すると2,570円の利用料金を支払うことになるので注意してくださいね。

hi-ho Let’s Wi-Fiのデメリットと注意点

hi-ho Let’s Wi-Fiのデメリット・注意点は次の4つです。

hi-ho Let's Wi-Fiのデメリットと注意点

  • 利用料金が割高
  • 2年契約の縛りがある
  • 速度制限になると低速
  • 端末がレンタルだから返却する必要がある
  • 端末補償オプションに盗難や紛失が含まれていない

それではそれぞれ解説していきますね。

利用料金が割高

hi-ho Let’s Wi-Fiの利用料金はポケットWiFiのなかで料金が安いほうではありません。

ポケットWiFiの料金を比較するときは、まず実質月額を計算することがおすすめです。

実質月額とは
公式サイトの複雑な料金プランをより正確にわかりやすく計算するための考え方。
この記事での実質月額の計算式は、
{初期費用+(月額料金×契約期間)}÷契約期間

hi-ho Let’s Wi-Fiの場合は、0円スタートキャンペーンで初期費用と月額料金が割引きされるので実質月額は、4,066円となります。

ポケットWiFiの実質月額表を見る(クリックで開閉できます)
9月最新 月間データ使い放題のポケットWiFi実質月額
プロバイダ名
契約期間中の総支払額
キャッシュバック額
契約期間中の実質月額
GMO とくとくBB WiMAX
評判・口コミを見る
155,160円
(3年契約)
27,600円
3,532円
SAKURA WiFi
91,320円
(縛りなし・2年利用の場合)
3,805円
STAR WiFi
92,300円
(2年契約)
3,846円
NOZOMI WiFi 無制限プラン
111,500円
(2年契約)
4,646円

 
料金の安さにこだわるならhi-ho Let’s Wi-Fiよりも、楽天モバイルのポケットWiFiなどの料金の安いポケットWiFiのほうが向いているかもしれません。

しかし、現在最安の楽天モバイルのポケットWiFiは都市圏以外では無制限で使えません

また、対応エリアもhi-ho Let’s Wi-Fiのほうが広いです。

ポケットWiFiはサービスによって一長一短があります。

hi-ho Let’s Wi-Fiは無制限WiFi並みの通信容量があり、対応エリアも広いので、郊外でも安心してネットをたくさん使いたいならおすすめですよ。

安さを最優先にポケットWiFiを選びたい人は下記の記事を参考にしてくださいね。

2年契約の縛りがある

hi-ho Let’s Wi-Fiは契約期間があります。

契約更新月以外で解約すると違約金を支払うことになります。

hi-ho Let’s WiFiの違約金は下記のとおりです。

hi-ho Let's Wi-Fiの違約金

  • 1年目(0~11ヶ月目):18,000円
  • 2年目(12~24ヶ月目):9,500円
  • 3年目以降(26ヶ月目以降):9,500円
  • 更新月(25ヶ月目、37ヶ月目):0円

解約時に1~2万円ほどの違約金を支払うことになる事態は避けたいですよね。

hi-ho Let’s Wi-Fiを契約する前に、最低でも2年間は使い続けるかよく考えてから契約するといいでしょう。

速度制限になると低速

hi-ho Let’s Wi-Fiは1日の通信量が7GBを超えると速度制限になってしまいます。

ただし、7GBを超えた瞬間に速度制限になるのではなく、翌々日に速度制限になります。

たとえば、1月1日に10GBデータ通信してしまった場合は、1月3日の通信速度が制限されるということです。

速度制限になると通信速度が128kbpsに制限されてしまいます。

128KbpsはWebサイトを見るのもイライラする速度なので、1日の通信量が7GBを超えそうだなと思ったらその日は利用を控えることをおすすめしますよ。

端末がレンタルだから返却する必要がある

hi-ho Let’s Wi-Fiの端末はレンタル制なので、端末購入代金を支払うことなく利用できるのはメリットです。

ただし、レンタル品であるため、解約時は使用に問題ない状態で返却する必要があります

購入した端末なら解約間際に端末が故障しても、修理して返却する必要はありません。

しかし、hi-ho Let’s WiFiの場合は端末が故障したら費用を払って修理または交換しなければなりません。

端末の購入代金なしで利用できるのはメリットといえますが、返却のことを考えると取り扱いには充分注意する必要がありますよ。

端末補償オプションに盗難や紛失が含まれていない

端末補償オプションに対応しているトラブルは、故障・破損・水没のみです。

つまり盗難や紛失は端末補償のオプションの対象外となります。

たとえば、海外に行く機会が多く、盗難や紛失のリスクを考えてオプションに入っても補償の対象外なので意味がなくなってしまいます。

端末が盗難にあったり紛失したりしてしまうと機器相当額を支払わなければならない可能性があるので、気を付けましょうね。

まとめ

hi-ho Let’s Wi-Fiはドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線が使えるので広いエリアで使うことができます。

また、1日7GBまで、月間では実質200GB利用できるので無制限WiFiのように通信量をほぼ気にすることなく利用できるでしょう。

しかし、hi-ho Let’s Wi-Fiは正直なところポケットWiFiのなかで月額料金が高めです。

ただしhi-ho Let’s Wi-Fiは期間限定で「0円スタートキャンペーン」を開催しています。

いま、キャンペーン中に申し込むと月額料金が、初月無料・2ヶ月目1,320円割引きになります。

hi-ho Let’s Wi-Fiのつながりやすくて大容量通信が魅力に思っていても、料金の高さが気になるという人はキャンペーンを見逃さずに申し込むことをおすすめしますよ!

【ポケットWiFiのおすすめ記事】

2020年10月ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較

2020.02.14

ポケットWiFiは店舗で即日購入可能!ネット契約とメリットデメリットを比較

2020.08.12

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-14 10:41:20
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/205208/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!