生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケットWiFiをdocomoで契約するのがおすすめの人は?料金・速度を比較して解説

投稿日:2020-06-30 更新日:2020-09-23

docomo(ドコモ)のポケットWiFiは割引で料金が安くなる

「docomoのポケットWiFiを使ってみたいけど料金は高いのかな?」

「ポケットWiFiに興味があるけどdocomo以外だとどこがあるんだろう?」

docomo(ドコモ)のスマートフォンなどを使っていてポケットWiFiに興味を持った人はこのようなことを思う人もいるのではないでしょうか。

まず料金についてですが、docomoのポケットWiFiは料金が安いとはいえません

ただし、利用できる端末は高性能ですし、すでにdocomoのサービスを利用している人や家族がdocomoユーザーだと利用料金の割引があります。

docomoのポケットWiFiがおすすめの人は、「高性能の端末を使いたい人」や「docomoユーザーで、料金の安さよりも企業の信頼感を求める人」でしょう。

もし、料金の安さを重視する人ならばdocomoのポケットWiFiよりも、ほかのサービスのほうが向いているかもしれませんよ。

たとえば、DTI WiMAXやBIGLOBE WiMAXは固定回線などのインターネット通信の実績が充分にあるので、信頼度が高い企業といえるでしょう。

docomoのポケットWiFiを含めてほかのポケットWiFiと比較し、自身にもっとも合ったポケットWiFiを一緒に見つけましょう!

当編集部おすすめのポケットWiFi
  • DTI WiMAX……実質月額が3,602円とWiMAX最安級。月間のデータ容量上限が実質無制限だから、ギガ死の心配なし!
  • BIGLOBE WiMAX……WiMAX唯一の1年契約プロバイダ。口座振替払いでもキャッシュバックを受け取れることが魅力。
  • SAKURA WiFi……実質月額3,805円。データ容量上限無制限で速度制限もなし。3週間のお試し利用もできる。

記事内ではモバイル端末を用いた通信サービスを「ポケットWiFi」と定義しています。また、特別な断りがない場合金額は税別表記となっています。記載内容は精査しておりますが、実際の料金やキャンペーンなどの情報は予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください

docomoのポケットWiFiの料金プランと割引について解説

まず、docomoのポケットWiFiの料金プランは、「ギガホ」と「ギガライト」の2つのプランがあります。

それぞれのプランを簡単に説明すると、月間の通信量を7GBより多く通信量を使いたい人は「ギガホ」、月間の通信量が7GB以下のプランを結びたい人はギガライトとなります。

また、利用する回線によって料金が変わります。

docomoのポケットWiFiは「5G回線」を利用できるプランが用意されており、5G回線を利用できるプランは通常のギガホやギガライトよりも利用料金が少し高くなります。

少しややこしくなってしまったのでまとめると、

・月間データ通信量を7GB以上利用したい→「ギガホ
・月間データ通信量は7GB以下でいい→「ギガライト
・5G回線を利用したい→「5Gギガホ」または「5Gギガライト

となります。

それではそれぞれの料金をみてみましょう。

通常プラン(4G)と5Gの料金プラン

まずは、通常プラン(4G)の料金をみてみましょう。

ギガホ ギガライト
月額料金 6,980円 7GB:5,980円
5GB:4,980円
3GB:3,980円
1GB:2,980円
月間データ容量 30GB
(キャンペーンで60GB)
7GBまで

一方、ギガライトは使ったギガ量によって料金が変わります。

つづいて、5Gギガホと5Gギガライトの料金です。
 

ギガホ ギガライト
月額料金 7,650円 7GB: 6,150円
5GB:5,150円
3GB:4,150円
1GB:3,150円
月間データ容量 100GB
(キャンペーンで無制限)
7GBまで

5G回線を利用できるプランのほうが、料金が少しだけ高いですよね。

どうしても5G回線を使いたいというわけでなければ、通常のギガホやギガライトがおすすめです。

また、ギガホプランは現在通信量の増量キャンペーン実施中です。

キャンペーンの終了日は告知されていないので、動画やオンラインゲームなどの通信量の消費が多いコンテンツを楽しみたい人はいまがおすすめですよ!

3つの料金割引キャンペーン

2020年8月現在、docomoのポケットWiFiでは3つの料金割引キャンペーンがあります。

docomoの割引
  • ギガホ割
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割

まず「ギガホ割」とは、ギガホプランで契約してから半年間料金が1,000円割引されるキャンペーンです。

つまり通常のギガホ(4G)の場合は、6,980円が5,980円に、5Gギガホの場合は7,650円が6,650円となります。

つぎに「みんなドコモ割」です。

こちらは、家族内にdocomoのスマートフォンやポケットWiFiを利用している人がいると割引されます。

2回線以上なら500円、3回線以上になると月額料金から1,000円割引されますよ。

最後に、「ドコモ光セット割」です。

ドコモの光回線サービスであるドコモ光を契約しているとポケットWiFiの利用料金が1,000円割引されるキャンペーンです。

家族がdocomoユーザーの人や固定回線をドコモ光にしている人などは、みんなドコモ割とあわせて最大で毎月3,000円が利用料金から割引になりますよ。

docomoのポケットWiFiのメリット

docomoのポケットWiFiのメリットはおもに3つあります。

docomoのメリット

  • 利用する端末の性能が高い
  • docomoショップで契約できる
  • スマートフォンの通信量と合算できる

それでは1つずつみてみましょう。

利用する端末の性能が高い

ポケットWiFiは回線によって利用できるポケットWiFi端末が決められていることが多いです。

たとえば、ポケットWiFiの端末の性能が低いとネットワーク回線には問題がないのに通信速度が遅くなってしまうこともあります。

docomoのポケットWiFiはポケットWiFi端末のなかでも非常に高性能なので安心してくださいね。

PREMIUM4Gとは、docomo独自の高速通信サービスです

機種名 Wi-Fi STATION SH-52A
最大通信速度 5G
受信:4.1Gbps、送信:480Mbps
4G
受信:1.7Gbps、送信:131.3Mbps
連続通信時間 5G:290分
PREMIUM4G:280分
サイズ 高さ 約 84×幅 約 157×厚さ 約 16(mm)
価格 68,904円(新規契約の場合)
特徴 2020年6月発売の最新機種
5G対応機種

「Wi-Fi STATION SH-52A」は、docomoのポケットWiFiのなかで最新機種です。

特徴はなんといっても5G回線を使えることと、それによる高速通信でしょう。

最大通信速度がなんと4.1Gbpsとなっていますが、じつは固定回線の最大通信速度が1Gbpsのところが多いんですよ。

つまり「Wi-Fi STATION SH-52A」は、無線ルーターでありながらも自宅に通信ケーブルを引き込む固定回線よりも速い最大通信速度性能があるということです。

5G通信は5G回線対応エリア内に限ります。また通信速度性能は理想条件が整った場合の最大速度

高速通信ができる機種を使いたいなら「Wi-Fi STATION SH-52A」がおすすめですよ。

つづいて5G回線は利用できませんが、通信速度が速い端末をご紹介しますね。

PREMIUM4Gとは、docomo独自の高速通信サービスです

機種名 Wi-Fi STATION SH-05L
最大通信速度 LTE
受信:150Mbps、送信:50Mbps
PREMIUM 4G
受信:988Mbps、送信:75Mbps
連続通信時間 LTE:約15時間
PREMIUM4G:約5時間
サイズ 約2.4インチ
価格 27,720円(新規契約の場合)
特徴 大容量バッテリー
988Mbpsの高速通信

「Wi-Fi STATION SH-05L」は、5G回線に対応していないため通信速度が遅いようにみえますが、988MbpsはポケットWiFiのなかでもかなり速い部類です。

また、バッテリー性能が優れているので長時間使いたい人にぴったりですし、価格が「Wi-Fi STATION SH-52A」の半額以下なので安く端末を買いたい人にもおすすめですよ。

docomoショップで契約できる

ポケットWiFiを初めて持つという人は、いろいろと気になることが多く相談したい人も多いのではないでしょうか。

docomoのポケットWiFiはドコモショップ店頭でも契約が可能です。

ポケットWiFiは、インターネットでしか申し込み受付をしていないところが多いので、安心感を重視する人は気になることを直接店員さんに聞けるのは嬉しいですよね。

とはいえ、現在は店頭での対面契約は不安に思う人もいるかもしれません。

そういう人は、ドコモオンラインショップのチャットサポートを利用すると安心して契約を進められるでしょう。

スマートフォンの通信量と合算できる

docomoのポケットWiFiは「データプラス(月額:1,000円)」に加入することで、スマートフォンで契約したデータ通信量とシェアできます。

たとえば、docomoスマホをギガホで契約していてポケットWiFiも使う場合、わざわざポケットWiFiでプランを新規契約する必要はありません。

つまり、月額1,000円払えばスマホとポケットWiFiあわせてギガホ上限の30GB(現在は60GB)まで使えるようになるということです。

ただし、ポケットWiFiを使わずにスマホでモバイルデータ通信してしまうと、両方でギガ消費することになるのでデータ上限に引っかかりやすくなります。

そのため、スマホもできるだけポケットWiFiルーターを使ってネット利用するようにしましょう。

docomoのWiFiのデメリット

つぎにdocomoのポケットWiFiのデメリットをご紹介しますね。

docomoのデメリット
  • 利用料金が高い
  • 端末を購入する必要がある
  • キャンペーンが終了したら月間30GBまでしか使えない

それでは1つずつ解説していきますね。

利用料金が高い

docomoのポケットWiFiはほかのポケットWiFiの利用料金と比較すると料金が高めです。

たとえばdocomoのポケットWiFiのギガホプランは6,980円~7,650円です。

家族割や光回線セット割はありますが、逆に言うと割引が効かない場合はかなり割高になってしまいます。

一方、ポケットWiFiのCMでよく流れるUQ WiMAXは月額料金が3,880円です。

WiMAXはさらに安く使う方法もあります

しかも、WiMAXは月間無制限で使えます。

3日間で通信量が10GBを超えると短期間の速度制限になるという条件はあるものの、毎月無制限は魅力ですよね。

docomoのポケットWiFiは、基本的に月間の通信量の上限がありますし、ほかのポケットWiFiと比較して料金が高いといえるでしょう。

端末を購入する必要がある

docomoのポケットWiFiは契約時に端末を購入する必要があります。

ほかのポケットWiFiでは、端末代無料で契約できることがありますし、そもそもレンタル契約で端末代が不要なこともあります。

docomoのポケットWiFiは高性能なのでしょうがないとはいえ、数万円の端末を購入する必要があることは少し気になりますよね。

キャンペーンが終了したら月間30GBまたは100GBまでしか使えない

2020年現在、ギガホプランでは月間通信量の増量キャンペーンがおこなわれています。

通常プラン(4G)の場合は月間通信量の上限が30GBだったのが60GB、5Gギガホの場合は月間通信量の上限が100GBだったのが無制限となっています。

しかし、キャンペーンの終了日は告知されていないのでいつ終わるかわかりません。

キャンペーンが終わると通常プラン(4G)の場合は月間通信量の上限が30GB、5Gギガホの場合は月間通信量の上限が100GBとなります。

いつキャンペーンが終わって月間データ容量が減るかわからないのは少し不安ですよね。

docomoのポケットWiFi利用者の口コミをご紹介

当編集部では実際にdocomoのポケットWiFiを利用しているユーザーにアンケート調査を実施しました。

良いところと悪いところを正直に答えてもらったのでぜひ参考にしてくださいね。

avatar

商社勤務男さん(40代・男性)沖縄県

他社より若干高くても安定した回線を希望する人、途中で画像が止まることに必要以上にストレスを感じる人はdocomoをおすすめします。あと、地方の山奥などではdocomoが強いなんて話もよく聞きます。

料金
通信速度
通信安定度
サポート満足度
おすすめ度

avatar

ころころさん(30代・男性)兵庫県

仕事で利用しているが、タブレットを5台通信契約して使うより、こちら1台を契約して通信するため、通信料金がかなり安くて済む。また、通信も安定して使える。ただ、接続台数や接続時間によってはバッテリー残量に注意が必要。気が付くと使えなくなっている。

料金
通信速度
通信安定度
サポート満足度
おすすめ度

 

docomoのポケットWiFiを実際に利用している人は、通信速度と安定度を高く評価しているようですね。

また、docomoのポケットWiFiはほかのポケットWiFiよりも少しと比較すると少し高いことがわかっていても企業への信頼感で選んだようですね。

最安のポケットWiFiではありませんが、通信速度や通信安定度を求める人にとってdocomoのポケットWiFiはおすすめといえるでしょう。

docomoのポケットWiFiが向いている人

ここまでdocomoのポケットWiFiの特徴や口コミをご紹介してきました。

では、つづいてdocomoのポケットWiFiが向いている人をみてみましょう。

docomoのポケットWiFiが向いている人は以下の通りです。

  • docomoで契約している人
  • 5Gルーターを使ってみたい人
  • 高性能な機種を使いたい人
  • ほかのポケットWiFiを使いたくない人
  • 料金の安さより安心感を求める人

それでは1つずつ解説していきますね。

docomoで契約している人

docomoでスマートフォンやタブレットを契約している人や、家族がdocomoユーザーの人はdocomoのポケットWiFiが向いているでしょう。

料金の支払いをまとめることができますし、ポケットWiFiの料金割引キャンペーンは契約している台数が多くなると割引される額が大きくなります。

docomoのポケットWiFiは料金が少し高いですが、月額料金が最大3,000円割引されるので、docomoで契約している台数が多い人は向いているといえるでしょう。

5Gルーターを使ってみたい人

5G回線を使えるポケットWiFiは、現状docomoのポケットWiFiただひとつです。

現在5Gを使えるのは一部の商業施設や駅、スポーツ競技場などとなっています。

高速通信や最新の技術をいち早く楽しみたいという人はdocomoのポケットWiFiにしてみてはいかがでしょうか。

高性能な機種を使いたい人

docomoのポケットWiFiは高性能の端末を利用します。

通信速度が速く、バッテリー性能も優れているので、高性能の端末を使うことが目的でdocomoのポケットWiFiを利用するのもいいでしょう。

docomo以外のポケットWiFiを使いたくない人

スマートフォンや携帯をずっとdocomoで利用している人は、ポケットWiFiもdocomo以外考えられないという人もいるかもしれませんね。

もちろんこのような人はdocomoのポケットWiFiが向いています。

ポケットWiFiは基本的に数年間利用するものなので納得して使えるかが重要ですよ。

料金の安さより安心感を求める人

docomoのポケットWiFiはほかのポケットWiFiよりも料金が高いです。

しかし、docomoといえば携帯キャリアの大手で企業の信頼感がありますよね。

ほかのポケットWiFiより料金が高くても、信頼できる会社でポケットWiFiを利用したい人もおすすめですよ。

docomoと他社のポケットWiFiを比較

「より安いポケットWiFiを使いたいけどどこがいいかわからない」

「ほかのポケットWiFiと違いがあるのか知りたい」

上記のような人のために、ここでは他社のポケットWiFiと簡単に比較していきますね。

ポケットWiFiを選ぶうえで大事なのは「料金」「月間データが無制限か」「速度制限があるか」です。

そこで上記の重要なポイントについて、docomoとほかのポケットWiFiが一目で比較できるよう表にしてみまた。

比較の対象となるポケットWiFiはdocomo、au、ソフトバンクと、ポケットWiFiのCMでよくみるWiMAXと楽天モバイルアンリミットです。

【5社比較表(料金プラン・容量・速度制限)】
キャリア名 プラン名 月額料金 月データ容量上限 速度制限条件
docomo ギガライト
ギガホ2
3,980円~6,150円
7,150円
1~7GB
60GB
あり
au モバイルルータープラン   毎月のスマホ代+4,462円 上限なし あり
ソフトバンク ミニフィットプラン forデータ
データシェアプラン
メリハリプラン forデータ
980円
7,480円
3,980円~7,480円
1~5GB
50GB
あり
WiMAX(DTI) ギガ放題プラン 1カ月目~2カ月目:0円
3カ月目:2,590円
4カ月目~3,760円
上限なし 短期間の制限のみあり
楽天モバイル 2,980円
(1年間無料キャンペーン中)
楽天回線:上限なし
パートナー回線:5GBまで
楽天回線:上限なし
パートナー回線:5GB以上の利用

この表は横スクロールできます。

docomo、au、ソフトバンクは全体的に利用料金が高めですよね。

料金の安さで言えば楽天モバイルアンリミットがもっとも安いですが、楽天回線のエリア外だと速度制限になってしまいます。

楽天回線のエリアは都市圏のみ

そこでおすすめなのが、WiMAXです。

WiMAXは利用料金が安いですし、月間のデータ容量の上限がありません。

WiMAXはプロバイダ(販売代理店)が20社以上あり、なかには長年固定回線のサービスを提供している企業もあります。

料金の安さにこだわりたいけど信頼できる企業がいいという人は、WiMAXのなかでインターネット回線において実績がある企業を選ぶといいですよ。

おすすめポケットWiFiをご紹介!

料金が安いポケットWiFiを利用したいけど、企業の信頼感も重視したいという人のためにWiMAXプロバイダのなかでインターネット関連の実績がある企業をご紹介しますね。

DTIWiMAX

サービス運営元 Dream Train Internet株式会社
契約期間 3年
月額料金 1ヶ月目~2ヶ月目:0円
3ヶ月目:2,590円
4ヶ月目~:3,760円
3年実質月額 3,435円(キャッシュバック適用時)
3,602円(キャッシュバック非適用時)
初期費用 契約事務手数料:3,000円
解約金 1~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25~36ヶ月目:9,500円
37ヶ月目(更新月):0円
それ以降:9,500円
キャッシュバック額 最大6,000円(NTTグループカード払いの場合)
取扱機種 WX06・W06
最大通信速度 下り最大:1.2Gbps
上り最大:75Mbps

(W06の場合)
利用までの日数 3~7日ほど
おすすめポイント ☑キャッシュバックキャンペーンを利用しなくても月額料金がお得
☑独自の会員優待サービス「DTI Club Off」がある
☑20ヶ月利用で新機種へ乗り換えられる
現在開催中のキャンペーン NTTグループカード新規入会キャンペーン
DTI WiMAXはこんな人におすすめ!
  • 実質月額料金のお得なプロバイダで契約したい人
  • 会員優待サービスを利用したい人
  • ひとつのプロバイダで長く契約したい人

DTI WiMAXはWiMAXプロバイダのなかでも料金の安さが特徴的です。

また、Dream Train Internetは設立が1995年とインターネット通信会社のなかでは歴史がある会社となります。

実績がある会社だけあって当編集部が募集した口コミでもサポートの満足度が高かったです。

avatar

orange.08さん

サポートの早さは、他社を使用している友人よりも早いイメージがあるので、困ったときに直ぐサポートを受けたい人はオススメ。


avatar

カナさん

電話口での対応が良く、料金に関しても不満はありません。自宅ではノートパソコンとスマートフォンに接続して使用しています。TVがないので、BGM代わりに動画をよく見ているのですが、動作に関してもほとんど問題が起きた事はありません。

DTI WiMAXはWiMAXプロバイダのなかでもサポートの評判が良いです。

料金の安さだけではなく、企業の安心感の両立を目指すならDTI WiMAXがおすすめですよ。

DTI WiMAXの評判/口コミは実は高評価。おすすめの理由7つと本当の注意点

2019.11.21

BIGLOBEWiMAX

サービス運営元 ビッグローブ株式会社
契約期間 1年
月額料金 3,980円
※端末購入の場合:毎月800円×24ヶ月の支払いも必要
初期費用 契約事務手数料:3,000円
1年実質月額 4,580円
契約解除料(解約金) 1,000円
取扱機種 WX06・W06・WX05
最大通信速度(ベストエフォート値) 下り最大:1.2Gbps
上り最大:75Mbps

(W06の場合)
現在開催中のキャンペーン 15,000円キャッシュバックキャンペーン

BIGLOBE(ビッグローブ)は固定回線だけではなく、格安スマホのサービスも提供している大手プロバイダです。

それではBIGLOBEが提供するBIGLOBE WiMAXの口コミをみてみましょう。

avatar

ゾーロクさん

わからない事があり、問い合わせフォームから質問したら、それほど時間をかけずに丁寧な返答をメールでくれた。


avatar

Minoru666さん

契約当初に付けていたオプションを解約する際、ネットからの対応させてもらったのですが、その後のオペレーターの方の対応がとても迅速で、気持ちよく対応して貰えました。

大手だけあって、上記のようにサポートについて評価する口コミが見られました。

BIGLOBEWiMAXの特徴はなんといっても1年契約ができることです。

WiMAXプロバイダの多くは3年契約なので、1年間だけ試してみたいという人におすすめです。

また、WiMAXを利用したことがあり、端末が手元にある人はSIMカードのみの契約もできます。

SIMカードのみの契約は端末代金がかからないので、支払うのは毎月3,980円のみです。

ただし、SIMカードのみの契約だと15,000円のキャッシュバックは受け取れないので注意してくださいね。

BIGLOBE WiMAXの口コミと評判が好評!料金や速度の詳細、注意点も紹介

2019.06.14

SAKURAWiFi

サービス運営元 BALDIA株式会社
契約期間 なし
月額料金 3,680円
初期費用 契約事務手数料:3,000円
2年実質月額 3,805円
契約解除料(解約金) なし
取扱機種 FS030W・ARIA2・602HW・601HW・G3000
最大通信速度(ベストエフォート値) 下り最大187.5Mbps~150.0Mbps
利用までの日数 最短翌日~遅くとも申し込みから4日ほど
おすすめポイント ☑契約期間の縛りなく利用できる
☑3週間のお試し利用ができる
☑データ容量上限無制限で利用できる
現在開催中のキャンペーン なし
SAKURA WiFiは
こんな人におすすめ!
  • 契約期間縛りを望まない人
  • すぐにポケットWiFiを使い始めたい人
  • わかりやすい月額料金のほうが嬉しい人

SAKURAWiFiは、ほかの企業と比べるとあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、3週間無料でお試し利用ができることと契約期間の縛りがないことからご紹介します。

新しい回線に乗り換えるときは、今までと変わらず使えるのか少し不安になるので試したい人もいるのではないでしょうか。

いきなりポケットWiFiを契約するのではなく、これまでの回線を利用しながらSAKURA WiFiでポケットWiFiをお試しで利用することをおすすめしますよ。

SAKURA WiFiの評判/口コミ・料金・最新の注意点。契約縛りなし&3週間お試しがお得

2020.08.20

まとめ

docomoのポケットWiFiは高性能の端末を使っていますが、料金がやや高めです。

すでにdocomoのスマートフォンや家族がdocomoを使っている人は割引キャンペーンがあるため料金が安くなるのでおすすめですよ。

ただし、それでもdocomoのポケットWiFiよりも料金の安いポケットWiFiがあるので、安さにこだわりたい人は、ほかのポケットWiFiが向いているでしょう。

当編集部おすすめのポケットWiFi

  • DTI WiMAX……実質月額が3,605円とWiMAX最安級。月間のデータ容量上限が実質無制限だから、ギガ死の心配なし!
  • BIGLOBE WiMAX……WiMAX唯一の1年契約プロバイダ。口座振替払いでもキャッシュバックを受け取れることが魅力。
  • SAKURA WiFi……実質月額3,805円。データ容量上限無制限で速度制限もなし。3週間のお試し利用もできる。

ポケットWiFiのおすすめ記事

2020年10月ポケットWiFiのおすすめTOP5!安さ・容量・速度を徹底比較

2020.02.14

WiMAXおすすめプロバイダTOP5【2020年10月】キャンペーン込み料金・評価を徹底比較

2019.03.27

ポケットWiFiのエリアは回線で違う!確認・検索方法と対応エリアが広いサービス紹介

2020.05.13

ポケットWiFiをソフトバンクで契約するのは料金プラン・無制限・速度を比較

2020.06.26

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-23 14:04:21
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/202648/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!