生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケットWiFiが繋がらない!まず確認すべき4つのポイントと原因・対策

投稿日:2020-05-28 更新日:2020-07-03

「電源を入れると使えるはずなのにポケットWiFiが繋がらない」

「ポケットWiFiはつながっているはずなのに速度がすごく遅くてなにもできない」

ポケットWiFiをはじめて利用する人はもちろん、すでに利用している人でもポケットWiFiがうまくつながらなくて困ったことがあるのではないでしょうか。

パソコンなどネットに接続する機器の通信をすべてポケットWiFiでおこなっていると、接続トラブルが起きたときなにも作業ができなくなってしまうのでなんとしても避けたいですよね。

じつは、つながりにくくなっている原因は端末や使っている環境による場合もあります。

もしユーザー側の環境に原因があった場合は、自力でつながりにくさを解消できることもあるんですよ!

この記事では、ポケットWiFi全般と代表的なポケットWiFiであるWiMAXを対象に、通信がつながらないときの対処方法を紹介しています。

すでにつながりにくくて困っている人はもちろん、これからポケットWiFiを持つ人もトラブル発生時の解決方法を知っておくといざというときに役立つはずですよ!

つながりやすいポケットWiFiを使いたい人におすすめ

  • THE WiFi」トリプルキャリアシステム採用。対応エリアが広くてつながりやすい
  • Broad WiMAX」サポートがユーザーから高評価。乗り換え費用負担キャンペーンあり


記事内では「ポケットWiFi」をソフトバンク・Y!mobile(ワイモバイル)のサービス名ではなく、モバイルルーターを用いたデータ通信サービスと定義しています。また、特別な断りがない場合金額はすべて税別表記となっています。各情報に関して細かな精査を行ってはおりますが実際の料金やプラン、キャンペーンは予告なく変更される場合があり、本文と差異が生じる場合がありますのでご留意ください。

ポケットWiFiが繋がらないときにまず確認すべきこと

ポケットWiFiがつながらないときは、まず以下の4つのことを確認してみましょう。

  • 料金は支払っているか
  • SIMカードは刺さっているか
  • 充電されているか
  • SSIDとパスワードがあっているか

それでは1つずつみていきましょう。

料金は支払っているか

「料金を支払わないと使えなくなくなるなんて当たり前でしょ」と思われる人は多いでしょう。

しかし、ポケットWiFiのクレジットカード払いは、いちいち支払いの手間がなく便利ではありますが、じつは意外な落とし穴があります。

今までと同じカードで料金を支払っていたのに、急に支払いができなくなってしまった場合は、以下の2つが原因として考えられます。

  • カードの利用限度額を超えている
  • カードの有効期限が過ぎている

サービス料金の支払い日前に月々の利用限度額を超えていると、料金の支払いができなくなってしまいます。

また、支払い登録してあるクレジットカードの有効期限が切れた場合は、登録カード情報を更新する必要があります。

買い物や食事でカードを使うときは利用限度額や有効期限を気にしても、毎月自動で支払われている料金は見落としてしまいがちになってしまうかもしれませんよね。

もちろんポケットWiFiも支払いができていないと、運営会社から未払いの連絡があります。

運営会社からの連絡はよく確認するようにしましょう。

「月が替わる昨日まで使えていたのに急に使えなくなった」という人は、まず料金の支払いがちゃんとできているのか確認するといいでしょう。

SIMカードは刺さっているか

ポケットWiFiをはじめて利用する人が、失敗しがちなのがSIMカードの差し込みです。

端末とSIMカード

ポケットWiFiはSIMカードを差して使うものが多くあります。

SIMカードは精密機械なので、取り扱いには充分注意する必要があるのですが、気をつけすぎるあまりしっかりと端末に刺さっていないことがあるのです。

また、差し込みが緩いとちょっとした振動などで外れてしまい、ポケットWiFiがつながらなくなってしまうこともあるのでSIMカードはしっかりと差し込むようにしましょう。

充電されているか

ポケットWiFiをスマホの通信に利用する人は、長時間電源を入れっぱなしにする人が多いのではないでしょうか。

ポケットWiFiの連続通信可能時間は機種によって違いますが、だいたい12~20時間なので最大まで充電されていれば1日中使うことができます。

ただしバッテリー残量が少ない場合は、バッテリーが切れることにより電源が切れてしまい使えなくなってしまいます。

ほんの数秒前まで使えていたのに、急にポケットWiFiの通信がつながらなくなった場合は充電不足が原因かもしれませんよ。

SSIDとパスワードはあっているか

Wi-Fiネットワークを利用したことがある人はご存じかもしれませんが、Wi-Fi機器とスマホやパソコンなどの通信端末と接続する際はSSIDとパスワードが必要です。
SSIDとパスワードの位置

SSIDとパスワードは、契約者以外のユーザーが契約者の了承なく利用することを防ぐことが目的です。

SSIDとパスワードはたいていの場合、アルファベットの大文字と小文字、数字を混ぜた、不規則な文字列となっています。

ポケットWiFiと、スマホやパソコンをはじめて接続するときにつながらないなという人は、SSIDやパスワードが違う可能性が高いのでよく確認しましょう。

ポケットWiFiが繋がらない原因と解決方法

利用料金を支払い、端末も正常に起動しているのにポケットWiFiがつながらない原因は、以下の5つが考えられます。

  • 利用している地域が対応エリア外
  • 速度制限になっている
  • 電波が届きにくい場所で使っている
  • 接続可能台数を超えている
  • 端末の性能が低い・故障

それぞれの解決方法や対策もご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

利用している地域が対応エリア外

ポケットWiFiはサービスによって利用する回線が違います。

つまり、A社のポケットWiFiだと対応エリア内だったのにB社のポケットWiFiだと対応エリア外ということがあるのです。

対応エリア外だと、当然ですがインターネットにつなぐことはできません。

ポケットWiFiサービスを提供している会社の公式サイトに、対応エリアが必ず紹介されているので契約する前によく確認しておきましょう。

解決方法

速度制限になっている

ポケットWiFiはちゃんと動いているのに通信速度が異常に遅くなったときは、速度制限になっているかもしれません。

速度制限とは、特定のユーザーによる通信の独占を防ぎ、できるだけすべてのユーザーが平等に通信できるようにするためにあります。

ポケットWiFiの速度制限は、大きく分けて決められた月間通信量を超えた場合と、月間通信量は無制限だけど1日に使える使用量を超えた場合の2パターンです。

また、WiMAXのように月間通信量は無制限だけど3日間で10GBを超えると速度制限になる少し複雑な場合もあります。

WiMAXの速度制限条件

速度制限になるとつながりにくくなり、通信速度が大幅に低下してしまうので避けたいですよね。

通信量をきちんと管理し、動画やSNSなどにどれくらい通信量がかかるのか把握しておくと、速度制限を防げる可能性が高くなりますよ。

解決方法

  • 速度制限になる条件をよく確認し、よく使うサービスの通信量を確認する
  • 速度制限条件がないかできるだけゆるい無制限WiFi自作のパラボラアンテナを利用する

電波が届きにくい場所で使っている

ポケットWiFiの電波は周囲の状況に影響されやすいです。

以下のような場所は影響を受けやすくつながりにくくなってしまいます。

  • 駅構内
  • 高層ビルが並ぶオフィス街
  • 鉄筋コンクリートのアパート・マンション

上記のような電波を遮るような建物があると電波状態が悪くなってしまいがちです。

ただし、ポケットWiFiの電波は建物を回り込む特性があるので、電波が届かなくなったと思ってもじつは近くまでに届いている場合もあります。

たとえば、ポケットWiFiをテーブルの上で使っているなら窓際に置いてみる、または自分で簡単なパラボラアンテナを作成するのも有効でしょう。

場所を変えても電波状態が改善しない場合は、回線自体にトラブルが発生している可能性もあるので運営会社のカスタマーサポートに問い合わせるといいでしょう。

解決方法

  • 電波が入りにくくなったら場所変える
  • 自作パラボラアンテナを作成し電波を集める
  • 電波障害の可能性もあるのでカスタマーサポートに問い合わせる。

接続可能台数を超えている

ポケットWiFiは同時に接続できる台数が決まっています。

機種によって同時に接続できる台数が変わりますが、だいたい5~20台ほどです。

5台でも1人で使うには充分といえますが、2人以上で使う場合は少し足りないかもしれませんよね。

同時接続台数が少ない機種を使っていて、新しいスマホなどと接続しようとしてもつながらない場合は、接続台数が超えている可能性が高いですよ。

解決方法

  • 接続台数を超えている可能性が高い場合は、すでに接続している通信機器を解除する
  • 同時接続台数が40台のホームルーターを使う(※ホームルーターは自宅のみ利用可能)

端末の性能が低い・故障

ポケットWiFiの端末はスマートフォンなどと同じ小型の精密機械です。

そのため衝撃や水没に弱いので、取り扱いにはかなりの注意が必要になります。

もし、どこかにぶつけてしまうなどして「端末の調子がおかしいな」、「つながりにくい気がする」と思ったら端末の電源を一度切って再起動することをおすすめします。

それでも治らない場合は端末のリセットをしてもいいかもしれませんよ。

W06を持つ
WiMAX(W06)のリセットボタン

 

端末のリセットの方法は、リセットボタンを爪楊枝やシャープペンの芯のような細く長いものを使って押すことができます。

ただし、電源を切るときと違いリセットすると記憶されていたデータが消えてしまう可能性もあります。

たとえば、自動接続を設定しているスマートフォンは接続が解除されてしまいますし、月間通信量もリセットされてしまうこともあります。

端末の通信量の表示がリセットされるだけで、速度制限になる条件は変わりません

また、端末の調子が悪くなくても、端末性能自体が低い場合も通信がつながりにくくなってしまうことがあります。

なぜなら、端末の性能が低いと通信速度自体が遅いだけでなく、最新の回線に対応していないことがあるためです。

中古品や以前使っていたポケットWiFiを利用したいという人は、回線に対応しているのかよく確認しましょう。

解決方法

  • 「WiMAX2+」対応の機種を使う

速度制限になっている

WiMAXの速度制限の条件は少し複雑です。

まず、速度制限になる条件は3日間で10GBを超えた場合で、もし速度制限になると通信速度が1Mbpsとなってしまいます。

また、速度制限になる時間は決まっており、3日間で10GBを超えた翌日の18時~翌2時までとなっています。

丸一日速度制限になるわけではないので安心してくださいね。

しかし、1Mbpsの速度制限が出て、夕方から深夜までしか速度制限にならないとはいえ、つながりにくくなることには変わりないので避けたいですよね。

速度制限をさけるためには、自分がよく利用するコンテンツ(動画やSNSなど)はどれくらい通信量を消費するのか把握しておくことです。

たとえば、動画をよく見る人は1時間視聴するとどれくらい通信量がかかるのか知っておくといいですよ。

YouTubeを最高画質で1時間視聴した場合1.5GB、標準画質は300MB

通信量について詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてくださいね。

解決方法

  • 速度制限の条件をよく確認する
  • よく利用するコンテンツの通信量がどれくらいなのか把握しておく

電波障害が発生している

WiMAXはまれにですが電波障害が発生することがあります。

もし電波障害が発生したらWiMAX回線の運営元のUQコミュニケーションズ公式サイトで情報が公開されるんですよ。

WiMAX回線に電波障害が発生したら、UQコミュニケーションズのUQ WiMAX以外のWiMAXプロバイダも影響を受けてしまいます。

画像のようにプロバイダはユーザーと回線をつなげる手助けをするもので、WiMAX回線を使うことに関してはどれも同じなんです。

UQ WiMAXで契約している人だけではなく、WiMAX回線利用者は電波障害情報をブックマークしておくことをおすすめしますよ。

【2020年最新版】繋がりやすいポケットWiFiをご紹介

これまではポケットWiFiを利用しるときに、つながらなくなったときの解決方法をご紹介しました。

まだポケットWiFiを持っていなくてこれからポケットWiFiを持ちたいという人もいますよね。

ポケットWiFiは多数の企業がサービスを提供しているのでどれがいいのかわかりにくいと思うので、とくにおすすめのつながりやすいポケットWiFiをご紹介しますね。

※現在はポケットWiFiの需要増加により発送までの日数が長くなっていることがあります。申し込み前に必ず公式HPをご確認ください。

トリプルキャリアシステムの「THE WiFi」

サービス運営元 スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社
契約期間 2年間
初期費用 0円
2年間実質月額 THE WiFiプラン:3,922円
THE WiFiライトプラン:3,605円
取り扱い機種 U2s
利用までの日数 最短翌日~最長4日
おすすめポイント
  • 速度制限にならない
  • トリプルキャリアシステム

※現在想定以上の申し込みにより、1ヶ月程度の出荷遅れが発生しているようです。

まず、THE WiFiの通信システムはトリプルキャリアシステムです。

トリプルキャリアシステムとはドコモ、au、ソフトバンクのなかからその場で自動的にもっともつながりやすい回線を選ぶシステムです。

利用できる回線が多いことは、使える対応エリアが広いことを意味するので、広い範囲でつながりやすくなります。

また、THE WiFiには速度制限になる条件がなく無制限で使えるポケットWiFiです。

悪質な大容量通信で回線を占有すると速度制限になる場合があります。

通信エリアの広さだけではなく、速度制限にならないこともポケットWiFiを選ぶ際につながりやすさを重視している人にとって嬉しいですよね。

THE WiFiについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

au、WiMAX回線を使える「WiMAX」

KDDI社のポケットWiFiサービス「WiMAX」が利用する回線はauのLTE回線(スマホの高速データ通信で使われる回線)とWiMAX2+回線(データ通信専用のKDDI社独自高速回線)です。

また、WiMAXはプロバイダが20社以上あります。

当編集では、WiMAX利用者を対象にアンケート調査しており、つながりにくいときに大きく関わるサポート面についても調査しました。

WiMAXプロバイダのなかで、つながりにくいときのサポート評価が高かったのは、ずばり「Broad WiMAX」です。

WiMAXを使いたい人でつながりにくいときに安心してサポートしてもらえるかどうかを重視する人はBroad WiMAXがおすすめですよ。

サービス運営元 株式会社リンクライフ
契約期間 3年間
初期費用 3,000円
3年間実質月額 THE WiFiプラン:3,672円
THE WiFiライトプラン:3,605円
取り扱い機種 モバイルルーター WX06、W06
ホームルーター HOME02.L02
利用までの日数 3週間
おすすめポイント
  • 実際に利用しているユーザーから高評価
  • お得なキャンペーン開催中(乗り換え違約金負担キャンペーン)

それではアンケート結果の一部をご紹介しますね。

若い男性のアイコン
osykさん
契約する前に使用する場所がエリア障害になるか問い合わせをして調べて貰いました。


女性のアイコン
naokinさん
以前に使っていた機種から、無料で新しい機種に変更してくれました。当方は気づいていなかったのですが、お電話をいただき、変更することができました。


スーツを着た男性のアイコン
彗星さん
現在の通信量のお知らせがくるなど、サポートがしっかりしている。



ポケットWiFiがつながらない原因として多い「対応エリア」、「端末(機種)の状態」、「速度制限」どれもケアされていますよね。

また、Broad WiMAXでは「乗り換え違約金負担キャンペーン」というお得なキャンペーンが実施されています。

「乗り換え違約金負担キャンペーン」は現状のインターネット回線に不満があり、Broad WiMAXに乗り換えたいというユーザーを対象にしたキャンペーンです。

「今のポケットWiFiが繋がらないから乗り換えたい」というユーザーにはぴったりですね。

乗り換え希望のユーザーが現在利用中のインターネット回線の違約金を最大19,000円負担してくれるキャンペーンなので、Broad WiMAXに興味がある人にぜひおすすめですよ。

まとめ

ポケットWiFiがつながらないときは、自力で解決できることもあります。

まずは、「利用料金」をきちんと支払っているか確認し、端末(機種)が正常に作動しているか確認しましょう。

それでも解決しない場合は、「対応エリア」、「速度制限」、「同時に接続している台数」などを改めて確認しましょう。

もし、確認しても不具合が見つからない場合は、回線元自体に問題が発生していることもあるのでカスタマーサポートに問い合わせることをおすすめしますよ。

つながりやすいポケットWiFiを使いたい人におすすめ

  • THE WiFi」トリプルキャリアシステム採用。対応エリアが広くてつながりやすい
  • Broad WiMAX」サポートがユーザーから高評価。乗り換え費用負担キャンペーンあり

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-07-03 13:51:14
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/198903/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!