生活110番ニュース パソコン&周辺機器

このエントリーをはてなブックマークに追加

WiFiを工事不要で安く使う!自宅用おすすめ無制限ホームルーター2選

投稿日:2020-02-28 更新日:2020-09-02

工事不要でWiFiを使うならホームルーター!ソフトバンクairとWiMAXがおすすめ!

WiFiを工事不要で使いたいなら端末をコンセントに挿すだけでネットに繋がるホームルーターがおすすめです。

「ホームルーターっていろんな会社があるからよくわからない」

「料金が高かったり速度が遅かったりして使い物にならないんじゃないの?」

と思う人もいるかもしれないので、最初に料金や速度の疑問や不安を解決しますね。

まずは料金についてご紹介します。

ホームルーターは固定回線と違い工事不要なので、工事費用が利用料金に上乗せされないため固定回線よりも利用料金が安くなります。

ホームルーター 固定回線(光回線)
月額利用料金 1,970円~ 2,850円~
工事費用 0円 7,600円~18,000円

この表は横スクロールできます



利用料金がとくに安いおすすめのホームルーターはソフトバンクAir(モバレコAir)です。

モバレコAirのおすすめポイント

モバレコAir
  • モバレコAirから申し込むと17,000円キャッシュバックがもらえる
  • ソフトバンク回線が利用できる
  • ソフトバンクのスマホや携帯を利用していると1,000円割引き

モバレコAirはソフトバンクAirと提携している会社が運営しているWiFiサービスです。

まったく同じサービスにも関わらず、モバレコAirでは独自の月額割引きキャンペーンを実施しておりソフトバンクAirよりも安い料金で、通信速度は最大962Mbpsで利用できるのでおすすめですよ。

では、通信速度について詳しくご紹介しますね。

ホームルーターは電波を受信する通信システムのため、ほかの電波や建物などの環境の影響をどうしても受けやすくなってしまうのです。

そのため、ケーブルを引き込む固定回線よりも通信速度が遅い傾向にありますが、WiMAXはホームルーターのなかでも高速通信が可能になります。

なぜWiMAXは高速通信できるかというと、WiMAXは機種の性能が優れているためです。

たとえば、「L02」は最大下り通信速度(理想値)が1Gbpsと固定回線並みの速度になります。

また、WiMAXにはプロバイダ(販売代理店)が20社以上あり、料金の安さやサポート体制の充実度など自身が求める特徴にもっともあったものを選ぶことができますよ。

GMO WiMAXのおすすめポイント

GMO WiMAX
  • GMO WiMAXで申し込むと高額キャッシュバックがもらえる
  • 利用機種のL02は通信速度がホームルーターの中で通信速度が最速
  • 持ち運びしたい人に向けた機種も用意されている

WiMAXプロバイダのなかでは、高額キャッシュバックがもらえるGMO WiMAXが最もおすすめですが、口座振替支払いで利用したい人は毎月支払う利用料金が最安級のBroad WiMAXがいいでしょう。

以上のように、工事不要でWiFiを利用できるホームルーターのメリットデメリットをよく理解してから契約することで、あとから後悔してしまう可能性を減らせますよ。

この記事ではおすすめの無制限ホームルーターだけでなく、実際にホームルーターを利用しているユーザーの口コミや通信速度の実測値もご紹介するので、ぜひホームルーター選びの参考にしてくださいね。

記事内の情報に関して細かな精査を行ってはおりますが、最新情報と本文中の記述に差異が生じている可能性もありますのでご留意ください。

工事不要でWiFiを使いたいならホームルーターがおすすめ

工事不要でWiFi環境を手に入れたいなら通信速度の早さと料金の安さを両立しているホームルーターの利用をおすすめします。

しかし、じつはホームルーター以外にも工事不要でWiFiをお得かつ高速通信で利用する方法はあるのです。

「こんな方法もあるんだ」と知っておくことで、より自分にあった利用方法がわかるのでご紹介しますね。

ホームルーターとは

ホームルーターは工事が必要なく、端末をコンセントにつなげるだけでインターネット回線が利用できる通信機器です。

電源を入れるだけで利用できる機種といえば、モバイルWi-Fiもありますよね。

モバイルWi-Fiは持ち運びできることが特徴で屋外でも利用できますが、ホームルーターは基本的に自宅でしか利用できません。

ただし、ホームルーターはモバイルWi-Fiよりも端末性能が優れており、電波を受信しやすいので通信性能が優れています

固定回線よりも安い料金で、通信速度とつながりやすさができるだけ高いインターネット回線を利用したい人にぴったりなのがホームルーターです!

WiFi完備のアパート・マンションもある

工事不要でWiFiを使うもう1つの手段として、「インターネット・WiFi完備のアパートやマンションに入居する方法」についてご紹介しますね。

賃貸物件の情報をみていると「インターネット完備」や「インターネット無料」と書かれていることがありますよね。

「完備」や「無料」というワードがある物件は入居してからすぐにインターネットが利用できる可能性が高い物件です。

「インターネット接続可」と書かれている場合は工事が必要な場合があります



たとえば大手物件情報サイトのSUUMOで、JR山手線沿線の賃貸物件を探すと約163,599件ありますが、「インターネット無料」の物件で絞ると約31,264件とかなり少なくなります。

物件を選ぶ際は、家賃や立地などインターネットがすぐに使えるかどうかよりも気になる条件がたくさんありますよね。

「すごくいい物件があったけど、すぐにインターネット使いたいのにインターネット完備物件じゃないからどうしよう」

という人は条件のいい物件で契約してインターネット回線はホームルーターを利用する方がおすすめですよ。

無制限おすすめホームルーター2選

最初にご説明したとおり、当編集部がおすすめしているホームルーターはソフトバンクAir(モバレコAir)とWiMAX(GMO WiMAX)です。

上記の2つのサービスがおすすめの理由を、これから比較して紹介していきますね。

現在ホームルーターを提供している会社はおもに「ソフトバンクAir(モバレコAir)」、「WiMAX」、「NEXT mobile」の3社です。

まず、3社の利用料金、動画や画像の読み込みに関係する最大下り通信速度利用回線をそれぞれ比較しました。

なお、利用料金は実際にいくら払うのかわかりやすくするために、実質月額を計算しているのでぜひ参考にしてくださいね。

実質月額とは
公式サイトの複雑な料金プランをより正確にわかりやすく計算するための考え方で、キャンペーンや初期費用を含めた本当の月額のこと。
この記事での実質月額の計算式は、
[{初期費用+(月額料金×契約期間)}-キャッシュバック]÷契約期間

ソフトバンクAir
(モバレコAir)
WiMAX
(GMO WiMAX)
NEXTmobile
月額料金 1~2ヶ月目:1,970円
3~24ヶ月目:3,344円
1~2ヶ月目:3,609円
3~36ヶ月目:4,263円
1~24ヶ月目:3,280円
キャッシュバック
キャンペーン
17,000円 27,600円 なし
実質月額料金 2,646円 3,543円 3,225円
契約期間 2年間 3年間 2年間
通信速度 最大962Mbps 最大1.0Gbps 最大150Mbps
利用回線 ソフトバンク WiMAX、au ソフトバンク

この表は横スクロールできます



最も利用料金が安いのはソフトバンクAir、最も通信速度が速いのはWiMAXとなりました。

NEXTmobileは料金が安いですが、通信速度で少し心もとないですね。

今回は、料金が安いソフトバンクAirと通信速度が速いWiMAXについて詳しくご紹介していきますね。

ソフトバンクAir(モバレコAir)はホームルーター最安

まずソフトバンクAirとモバレコAirについて解説しますね。

モバレコAirは、ソフトバンクAirと業務提携しているグッド・ラックという会社が運営しています。

「じゃあモバレコAirってソフトバンクAirと別物じゃないの?」と思ってしまう人もいるかもしれませんよね。

ではモバレコAirとソフトバンクAirの違いを見てみましょう。

モバレコAir ソフトバンクAir
運営会社 グッド・ラック ソフトバンク
利用回線 ソフトバンク ソフトバンク
取り扱い機種 Airターミナル4 Airターミナル4
キャッシュバック
キャンペーン
17,000円
実質月額料金 2,188円 4,465円(ソフトバンク光未加入)

この表は横スクロールできます



モバレコAirはソフトバンクAirと利用回線や機種などはまったく同じなのに、利用料金が安く、キャッシュバックが受け取れます

もちろん、ソフトバンクAirの特典のソフトバンクのスマホ・ケータイの利用料金が1,000円安くなる「おうち割 光セット」はモバレコairでも適用されるので安心してくださいね。

実質月額が安いモバレコAirは自宅でWiFiが使いたい人ならだれでもおすすめですが、スマートフォンの利用料金が割引きされるソフトバンクユーザーにはとくにおすすめですよ。

WiMAXは通信速度が高速

ホームルーターを検討している人は、

「料金の安さは大事だけど、オンラインゲームや高画質動画をたくさんみたいから通信速度に妥協したくない

という人もいるのではないでしょうか。

WiMAXはホームルーターのなかでは料金が最安ではありませんが、機種の性能が優れています。

WiMAX(L02) モバレコAir(Airターミナル4) NEXT mobile(HT100LN)
通信速度(実数値) 下り平均速度: 41.34Mbps
上り平均速度: 5.96Mbps
下り平均速度: 26.22Mbps
上り平均速度: 4.17Mbps
下り平均速度: 25.86Mbps
上り平均速度: 9.4Mbps
同時接続台数 42台 64台 10台
LANポート 2個 2個 1個

この表は横スクロールできます

💭:通信速度の実数値は通信速度共有サイト「みんそく」様から引用しています



オンラインゲームや動画視聴をする際に重要なのは、動画や画像などデータを読み込む下りの通信速度ですがWiMAXが圧倒的に速いですよね。

AmazonプライムビデオやNetflixを最高画質でみるために必要な通信速度は20Mbpsといわれているので、ソフトバンクairやNEXTmobileでも充分かもしれません。

しかし、上記で紹介した通信速度は3カ月間を合計した平均速度です。

ストレスなく使えるWiFiを探すなら、利用する人が多くなる夕方以降の時間帯の速度も見ておくことが重要です。

WiMAX(L02) モバレコAir(Airターミナル4) NEXT mobile(HT100LN)
夕方の下り通信速度
(実数値)
44.99Mbps 25.15Mbps 36.99Mbps
夜の下り通信速度
(実数値)
35.31Mbps 8.26Mbps 20.03Mbps

この表は横スクロールできます

💭:通信速度の実数値は通信速度共有サイト「みんそく」様から引用しています

WiMAXはネットが混雑しやすい時間帯も20Mbps以上となっていますが、ソフトバンクAirとNEXTmobileは20Mbpsを切る時間帯があるようですね。

今回ご紹介した速度レポートは全国からデータ取っているので、安定した通信速度で使いたい人はWiMAXがおすすめです。

また、利用環境によってはソフトバンクAirを夜に利用しても20Mbps以上の速度が出ることがあります。

モバレコAirを使いたいけど通信速度が気になる人は、公式サイトで無料の速度調査をしてもらうことをおすすめしますよ。

通信速度にこだわりたい人はWiMAXのL02を選択すると快適に利用できる可能性が高くなるでしょう。

ホームルーターのメリット

ホームルーターのメリットは3つあります。

ホームルーターのメリット

  • 固定回線(光回線)よりも料金が安い
  • 工事不要だから利用まで早い
  • 引越ししてもそのまま使える

それではひとつずつ見ていきましょう。

固定回線(光回線)よりも料金が安い

「固定回線よりも料金が安いからホームルーターで検討している」という人は多いのではないでしょうか。

しかし、じつは月額料金だけをみれば固定回線のほうが安いことがあります。

ホームルーターで料金が最安のモバレコairと、光回線のなかで最も利用者が多いフレッツ光で月額利用料金を比較してみましょう。

モバレコAir フレッツ光
月額利用料金 1970円(1~2ヶ月)~
3344円(3~24ヶ月)
2,850円(マンション)~
5,200円(戸建て)

この表は横スクロールできます



あれ?フレッツ光のマンションタイプってモバレコAirの3ヶ月目以降の料金より安いんだ」と思われた人もいるのではないでしょうか。

ただ、表の料金だけ見て光回線に決めてしまうというのはちょっと待ってください!

じつはフレッツ光をマンションタイプの2,850円プランで利用するためには、” マンション1棟で16件以上フレッツ光の契約が見込める”と条件が決められています。

つまり、もし契約数が満たなかったり今後契約を見込めないとNTT東日本が判断したりすると2,850円プランでは利用できないのです。

また、インターネットを利用するためには、フレッツ光回線と契約するだけでなくプロバイダ(販売代理店)というインターネットへの接続を手助けするサービスを介さなければいけません。

プロバイダの利用料金は、フレッツ光の月額利用料金とは別に支払うことになります。

大手プロバイダの「So-net」「OCN」「BIGLOBE」は月額利用料900円



新規に光回線でインターネットを利用するために必要な料金はまだあります。

それは回線工事費です。

回線工事費は7,600円~18,000円となっており、部屋への引き込み以外に建物の全体に及ぶ配線作業の必要がある場合は高額になります。

工事料金はキャンペーンなどの割引きがない場合は、分割で支払うことになり毎月の月額利用料金に加算されます。

では、光回線を利用するとどれくらいの料金がかかるのか計算してみましょう。

プラン(2,850円プラン)、プロバイダ(So-net)、屋内配線工程なし
2,580円(フレッツ光利用料)+900円(プロバイダ利用料)+317円(工事費24回払い)
3,797円
プラン(5,200円プラン)、プロバイダ(So-net)、屋内配線工程あり
5,200円(フレッツ光利用料)+900円(プロバイダ利用料)+750円(工事費分割料金)
6,850円

月額料金が最も高くなるケースと、最も安くなるケースを計算しました。

どちらもモバレコairの料金より高くなってしまいますね。

光回線は月額利用料金以外にも必要な費用があるので、やはりホームルーターよりも料金が高くなりがちです。

工事不要だから利用まで早い

まず固定回線の開通までの流れを確認しましょう。
開通工事までの流れ
上記の流れに比べるとホームルーターは電源を入れるだけで利用できるので、「開通工事」と「引き込み機器の設定」がないですし、当然工事の予約も必要ないですよね。

開通工事は通常であれば、申し込みから3週間ほどで受けられます。

しかし、2~4月の繁忙期は2~3カ月前から予約しておかないとインターネットが使えない環境が数ヶ月続いてしまいます

ホームルーターは端末さえあれば、コンセントにつなぐだけでネット接続できるのですぐに使いたい人におすすめです。

引越ししてもそのまま使える

アパートやマンションによっては個人で固定回線を引いていると、引っ越し前に10,000円~28,000円の撤去工事が必要になることもあります。

なぜなら、物件契約時に交わす「賃貸契約書」にほとんどの場合「原状回復」という条項が定められているからです。

原状回復とは、退去する際に入居時と同じ状態にすることで、たとえば飲み物をこぼしたことによるシミや、水回りの水アカやカビなどは綺麗にする決まりのことで、物件によっては回線設備の撤去が必要になることがあります。

しかも引っ越し先で固定回線を契約する場合は、また新たに工事費などの費用や手間がかかる可能性もありますよね。

一方、ホームルーターはコンセントに差すだけで利用できるので、開通工事も撤去工事も必要ありません

引越しが多い人は固定回線を利用するための工事費や手間が大きな負担となるでしょう。

ホームルーター利用者が引越し時にする手続きは、カスタマーサポートに新しい住所を連絡するだけなので面倒がありませんよ

ホームルーターのデメリット

ホームルーターのデメリットはおもに3つあります。

ホームルーターのデメリット

  • 固定回線(光回線)よりも速度が遅い
  • 通信が安定しないこともある
  • PS4やSwitchはカクカクになることも

上記のようなデメリットがありますが、利用する目的によってはデメリットにならないこともあります。

詳しく紹介していきますので、自分にとってデメリットとなるかどうかチェックしてみてくださいね。

固定回線(光回線)よりも速度が遅い

ホームルーターはモバイルタイプのルーターより通信性能が優れているとはいえ、光ケーブルを直接自宅に引き込む光回線と比較すると通信速度が遅いです。

それではそれくらい違うのか、ホームルーターのなかで最も通信速度が速かったWiMAX機種のHOME L02と光回線のなかでも最も利用されているフレッツ光ネクストを比較しましょう。

WiMAX(L02) フレッツ光
通信速度の実数値 下り平均速度: 41.34Mbps
上り平均速度: 5.96Mbps
下り平均速度: 191.02Mbps
上り平均速度: 171.25Mbps

この表は横スクロールできます



ホームルーターのなかで速かったWiMAXのL02もフレッツ光と比較すると大きく差をつけられてしまいました

通信速度は20Mbps以上あればだいたいのことはできるといわれています。

しかし、高額質動画などの大容量ファイルをダウンロードするときは通信速度が速いほうが短時間でダウンロードが完了しますし、画像が大量にある重いサイトはより早く表示されます

大きなデータの通信を多くするユーザーは、ホームルーターだと通信速度に物足りないこともあるかもしれませんね。

通信が安定しないこともある

ホームルーターは空気中を飛ぶ電波で通信するため、建物などの周りの環境に通信の安定度が左右されることが多いです。

たとえばスマートフォンや携帯は普段は速いのに、地下鉄や人混みだと急に遅くなったなって思ったことありますよね。

光回線をはじめとした固定回線はケーブルを直接室内に引き込むので安定度が高いですが、電波塔から受信するホームルーターはどうしてもつながりにくくなってしまいがちです

PS4やSwitchはカクカクになることも

ホームルーターを検討している人はPS4やSwitchなどのオンラインゲームを自宅でやりたい人も多いのではないでしょうか。

まず結論からいえば、プレイは可能ですが画面がカクついたりラグ(遅延)の発生は覚悟しなければならないでしょう。

カクつきやラグは通信安定度だけではなく、Ping値という処理速度も重要になるのです。

Ping値は通信の送受信が行われるまでの「反応の速さ」を表しています。単位は「ms」で表し、数値が低いほど処理速度が速い(カクつきやラグが発生しにくい)です。



では、ホームルーターと光回線ではPing値がどれくらい違うのかWiMAXのL02とフレッツ光ネクストを比較してみましょう。

WiMAX(L02) フレッツ光
Ping値 平均Ping値: 76.18ms 平均Ping値: 23.54ms

この表は横スクロールできます



オンラインゲームをプレイするために、Ping値は最低でも50ms以下であることが望ましいです。

さらに、勝ち負けに処理速度が大きく影響するオンライン対戦ゲームでは30ms以下が推奨されています。

たとえば囲碁や将棋のように順番にプレイするような対戦ゲームであれば多少カクついても問題ないのでWiMAXでも問題なくプレイできます。

しかし一瞬の判断が大事な格闘ゲームやほかのプレイヤーと協力して敵を倒すようなゲームは快適なプレイは難しいでしょう。

ここまでご説明したとおり、ホームルーターのデメリットは通信速度や通信の安定度です。

しかし、上記のデメリットも固定回線と比較対象にした場合のことなので、オンラインゲームなどの大容量通信をしなければデメリットとはなりません

ホームルーターは、動画視聴やSNS、インターネットサーフィンをする人にとっては、モバイルWi-Fiよりも通信速度と安定感があり、固定回線よりも利用料金が安いおすすめのインターネット回線サービスといえるでしょう。

モバレコAirを利用する手順

料金の安さにこだわりたい人におすすめのモバレコAirの申し込み手順をご紹介しますね。

モバレコAirの申し込手順

1.手元に運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を用意

2.こちらのモバレコAir公式サイトから「お申込み」と書かれたボタンをクリック

3.プランを選択し、現在利用しているインターネットの状況をチェック

おすすめはキャッシュバックがもらえる購入プランです。現在利用しているインターネットは、スマートフォンのみなら「自宅ネット利用なし」を選択しましょう。

4.個人情報を入力します

5.オペレーターが利用可能か確認して電話で連絡

6.本人確認書類を提出し、支払い方法を選ぶ

注意するべきポイントは支払い方法です。

モバレコAirのキャッシュバックを受け取りの条件に、支払い方法がクレジットカードのみとあり口座振替払いだとキャッシュバックがもらえません

そのためクレジットカード支払いをおすすめしていますが、口座振替でないと支払えないという人もいますよね。

ここでモバレコAirと、口座振替ができるWiMAXプロバイダと料金を比較しますね。

モバレコAir WiMAX(Broad WiMAX)
実質月額料金
(振込手数料除く)
3,354円 4,195円

この表は横スクロールできます



モバレコAirは口座振替支払いだとキャッシュバックがないので、クレジットカード支払いと比べて実質月額が1,000円以上高くなってしまいます。

クレジットカード支払いの実質月額は「2,188円」



しかし、口座振替料金がWiMAXプロバイダ中最安のBroad WiMAXと比較すると利用料金はかなり安いですよね。

口座振替支払いの人も安さにこだわりたければ、モバレコairがおすすめですよ。

WiMAXのホームルーターを利用する手順

WiMAXはプロバイダ(販売代理店)が20社以上ありますが、WiMAXはプロバイダによって通信速度の差はありません

WiMAXプロバイダの違いは料金プランやサポート体制の充実度にあるので、自身の重視するポイントが強みとなっているプロバイダを選ぶといいでしょう。

当編集部がもっともおすすめするWiMAXプロバイダは高額キャッシュバックが受け取れるGMO WiMAXです。

GMO WiMAXの申し込み手順を見てみましょう。

GMO WiMAXの申し込手順

1.GMO WiMAX公式サイトへアクセス

2.「今すぐ簡単お申込み」と書かれたボタンをクリック

3.希望する端末を選択

おすすめ機種は通信速度の性能が優れているL02

4.プランの選択

おすすめは「ギガ放題プラン」。安心サポートこれまでに電子機器を壊してしまった経験がある人は加入おすすめします。

5.お客様情報の入力・確認

6.申込みの完了

となります。

翌月にキャッシュバックが受け取れるモバレコAirと違って、GMO WiMAXのキャッシュバックはやや受け取りにくいので、受け取り損ねを防ぐためにこちらの記事も参考にしてくださいね。

口座振替ならBroad WiMAXがおすすめ

WiMAXのプロバイダは20社以上ありますが、口座振替に対応しているのは3社しかありません。

Broad WiMAX UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
実質月額料金
(振込手数料除く)
4,195円 4,505円 5,030円

この表は横スクロールできます



今回は口座振替支払いができるWiMAXプロバイダのなかで実質月額料金が最も安いBroad WiMAXの申し込み手順を解説しますね。

Broad WiMAXの申し込手順

1.Broad WiMAXキャンペーンサイトへアクセス

2.ピンクの「申し込み」ボタンをクリック

3.端末・プラン・サポートオプションの選択

おすすめの選択は、機種「L02」・プラン「ギガ放題」・サポートオプション「未加入(これまでに電子機器を壊してしまった経験がある人は加入を推奨)」。

4.「お客様情報の入力画面」に進み入力

5.申し込み確認

Broad WiMAXの特徴は利用料金の安さです。

当編集部がBroad WiMAXユーザーを対象にしたアンケートを募集したところ約75%が「利用料金の安さ」を契約理由に挙げていました。

OL風の女性のアイコン
るるさん
神奈川県
(30代)
るるの端末
固定回線がいらないので面倒な工事も設定もいらないにも関わらず、利用料金がとても安いからです。また通信量や月々の支払い等、オンライン上で簡単に確認できる点も良いです。


サラリーマンのアイコン
るるさん
鹿児島県
(30代)
おおけんの端末
固定回線を引くか迷っている方にはとても勧めできると思います。手続きをしてから3,4日でルーター自体が届き接続も簡単にできてすぐ使用することができます。



料金の安さだけでなく、サポート体制の評判も良いのでおすすめのWiMAXプロバイダです。

Broad WiMAXについて興味がある人はぜひこちらの記事もご覧ください。

まとめ

ホームルーターは工事不要でWiFiを利用できます。

工事の必要がない最大のメリットは、工事費用が発生しないことでしょう。

工事費用が発生しないため、固定回線よりも安い料金で利用できますし、開通までの期間が速いです。

ホームルーターを決められない人は、料金の安さにこだわりたいなら「モバレコair」、通信速度にこだわりたいならWiMAX(GMO WiMAX)の「L02」がおすすめですよ。

おすすめWiFi記事

SoftBank Airの評判/口コミの真実。実際の評価は悪くないけど速度制限は注意

2020.09.01

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-02 18:24:54
https://www.seikatsu110.jp/pc/pc_network/189836/
パソコン&周辺機器
シェアリングテクノロジー株式会社

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!